2017年9月10日 (日)

二日目

新しい朝が来た。

26

希望の朝だ。

喜びに胸を開け 大空仰げ・・・

あ、

これ、ラヂヲ体操の歌。。。

27

夜の間中風の音もせず、(たぶん)

虫の音だけが響き続ける素晴らしい静夜、(たぶん)

完全熟睡の、晴れ晴れとした目覚めだった。

 

気付けば、

背後の山並を越え

湾の奥に陽が差し始めている。

28

快晴。無風。

今日も安定の天気予報だ。

久々連休の週末に、二日続けての

在り得ない程の好条件。

こんな素晴らしい自然にいざない受け容れて下さった神様に

感謝。感謝。

 

ちゃんと休めと言ってくれた上役。

快く送り出してくれたお嫁ちゃん、

同行者の存在、

こんな土地に住まう境遇・・・

感謝。

幸福感に満ちた朝でした。

 

 

温めるだけの豚汁や素麺など、

簡素な朝食をとっていると・・・

今日も!

飛翔体が頭上に来襲し、素敵な映像をプレゼントしてくれました。^^

29
( ↑ 拡大します。 )

30
俯瞰で見る、我等の幸福の図。

 

朝っぱらから、とりあえず、

美しい海に身を投げ出して泳ぎました。

31
気持ちイイっ!

20170912125744

もう一日ここで過ごしても良い位の気分でしたが、

水分・食料の残量が心もとない。

のと、

まあ、

明日は仕事だから・・・ (--;) 撤収。

 

素敵浜を後に

32
出発。

33
先ずは最寄の集落へ向かい、

上陸して

自販機で水分を購入。

 

民宿っぽい玄関でお喋り中のマダムに酒はないかと尋ねたが、

集落内には、酒屋もビールの自販機も一切無く

峠のトンネルを越えて

2~3Km先のお店まで行かなければならぬとの事。

 

冷えたビールが最高に美味しい青空なのになぁ。。。

致し方なし。

今日は諦める。

 

再び離岸して、無人島へ渡ることにしました。

34

貸切岩場で生物観察会♪^^

35

36

37

38
休憩しに、波打際で腰を下ろせば、

すぐ傍らの岩の下から魚が顔を出し、ヤドカリが這い回る。

生物数、種類、密度、実に豊かな島でした。

39

 

さて、

の~~~んびりと、

戻ります。

40

41

42

43
今日もあそこ潜っとくか。

44

45

46
『岩の中をくぐる』という、実に単純なアトラクションだが、

この遊びは

何だか楽しくてわくわくするんだよね。

47
  

あ~~~。イイ天気♪

48

 

さいこーーーっ!!!

49

 

顔も手脚も、真っ黒に焼けました。

二ケ月分を二日で取り戻したような、

そんな濃密な夏(?)休みでした。

50

ありがとうございました。(^^)

充実。

癒。

満足♪

 

 

(おまけ)  

帰着した浜に咲いていた花。

50a

50b
ありがとうございました。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 9日 (土)

ばけぃしょん

00
(真ん中で泳いでるの ↑ ボク。)

 

 

この夏前から、

重~く重く私に圧し掛かっていた懸案事項(仕事)に

ようやく目途が立ってきて、

憂鬱で不安な気持ちが少し軽くなった。

 

時間と戦い焦りながら、

一つ一つ手探りで積み上げてきたものが

やっと、形を成したような、

そんな感じ。

 

この歳になって初めて勉強したり

挑戦するような内容が多く含まれていたので、

技術職としてのプライドと

将来へ繋がる様々な意味もあって引き受けはしたものの、

正直、

気力・意欲の維持が大変厳しかった。

そんな、

四拾六歳の夏。

 

が、

過ぎ、

久々に連休♪

01
夏休みの間中、子供と自然の中で遊ぶ事も全く無かったので、

海が久々の末っ子、気が逸ってしまい

出廷前にもうはしゃいで泳いでいた。(^^)

 

仲間との時間も久々♪

02
今日は先輩船長と一緒。

 

褶曲の地層が素晴らしい奇岩の景色の中を進む。

03
水の透明度も最高♪

04

05
探検探検。。。

06

07

08

09

 

の~んびりと楽しんだら、、、

 

夕方前に

程好い浜へ♪

10
上陸し、

小一時間程泳いで遊びました。

身も心もクールダウン。リフレッシュ。。。

11
さあ、

カンペ~♪だ。(^^(^^(^^)

12
だぁ~~~れも来ない(来れない)こんな場所で飲む酒は

最高の御褒美。

 

 

今宵のお宿が設営完了した処へ

14

未確認飛行物体が襲来!

14a
何とコノ飛翔体は、

素敵な映像を沢山撮ってプレゼントしてくれました。^^

14b
わお!

14c

14d

14e
  

黄昏~暮れ行く海を眺めながら・・・

15
素敵な時間が流れます。

16
早くも、宴もたけなわ(笑)

17
  

素晴らしいね。

18

19
ハラヘッタ?

積載量の関係で、今日の食事はカップ麺に・・・

あとはツマミばっかだな(^^;)

20

21
お腹が落ち着いたら、

灯りを消して、

焚き火を楽しもう。

22
この上なし。

極上の贅沢な時間。

23

24
陸から海へと向かって風が吹いているので安心。

自然の浜には流木が多く在るので、

焚き木の補充も苦が無い。

25
こんなに美味い酒は久々だ。

 

こんな時は、

疲労感すら心地良く感じられる。

 

気持ち良~く

シュラフへ滑り込み、

深い深い眠りへと落ちる事が出来ました。 

 

 

1日目 終了

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«週末