2018年1月14日 (日)

止んだ

01_2
今朝も早起きして、

凍てついた車を溶かし、

娘を試験会場へ送ってゆく。

02
空模様は緩やかに流れる様に好転。

 

徐々に広がる青空を恨めしく眺めながら・・・

 

無事、娘を送り届け

背中を見送ったら、

仕事へと向かう。

 

素晴らしい日昇。

03
今日の雪山遊びは最高だろうなぁ。。。

なんて、

友人達のことを思いながら、

仕事の現場へと向かいました。

04
昨晩電話が入って、

ライフラインに関わる設備なので

休日承知でとの要請。

30km先の現場へ、全速力の徐行で。

  

不具合原因は直ぐに特定できて、現場作業は1時間足らずでしたが

道路状態がこんな状況なので、

移動自体が大仕事。

 

 

運転に疲れ果てて帰宅したら、

お嫁ちゃんが、

「お願い♪(^^)灯油買ってきて!」

 

・・・だってさ。

(--;)

 

ゆっくりしてーなぁ。。。 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月13日 (土)

今夜もまだ降る

Dsc_0186
今シーズン一番の寒波が来たぞ!

って、真っ只中の昨日は

外仕事の現場でした。

どうしても早急に復旧する必要のある設備だったので

天候の事など言っておられず、

しんしんと降る雪の中、

吹雪の中、

作業箇所をシートで覆って

その中に埋もれるようにして仕事をした。

シートの上から、どんどん積もる。

 

現場の往復道中、何台もの車が道路脇へ落ちていました。

 

暗い時間に落ちちゃう車は、

大概が

空いた道でのスピードの出し過ぎ + 凍結路面。

でも、夜だけではなく、

昼間も相当危険。

田園風景の中の田舎道は、

一面の雪景色になってしまうと、新雪は

ヘッドライトで凹凸を浮かび上がらす事が出来ない

明るい時間こそ尚、

ホワイトアウトまでならない程度の視界でも、

道と、道の外との区別がつき辛くなるんですよね。

Dsc_0195
交差点を見落とし易くって、思わず急ブレーキになってしまったり、

対向車が来た時に

どこまでが舗装面か分らないので横へ寄り過ぎて、

傾斜面へとずってしまったりする。

ほんのちょっとの事で滑り出したら

簡単には止まらないし立ち直せないのが雪道、凍結路面。

とにかく、

そろりそろりと、ゆっくり走るか、

視界が悪くなったら、止まるのが賢明。

 

そんな天候の中、

この週末は

大学入試センター試験。

今朝は、

どうにか無事、

娘を試験会場まで送り届けて、仕事へと向かいました。

 

公共交通機関と違って、

何かがあった時に

マイカーでは遅延証明書が出ないので、

本来は

リスク回避の観点からは電車かバスを使うのが正解なのでしょうが

当事者の気持ちとしては、

何はともあれ、

とにかく試験会場へ間に合う事が一番。

これだけ降ると、

バスは絶対遅れる。アウト。

電車利用では、ありえない距離を雪の中歩く事になるし、

事実、実際、電車も運休が出ていた。

 

もし、父ちゃん号にトラブルが起きてもバックアップ出来る様に

母ちゃん号もちゃんと出動できるように待機させて、

かなり早い時間に家を出た。

 

無事。

OK。

安堵。

 

明日もまた、

同じ様に娘を送り届け、

休日出勤です。

(T-T)

 

むすめがんばれ。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«降った