2017年10月 9日 (月)

秋深まる

01

土曜日は、お嫁ちゃんが友人達とお出掛けだったので、

私が家守。主夫をしたり仕事をしたりでした。

まあ、主夫ったって、

子供に飯食わせたり、駅への送迎程度ですが。

02

 

日曜日は、

お嫁ちゃんのリクエストでお出掛け。

03
お気に入りを逃さない為には

早い時間じゃなきゃダメだからと、

普通に早起きして、オープン時間の30分前に到着。

 

彼女は様々な手工芸品を見て回るのが目的ですが、

私は散歩がメイン。

04
静かな、森の奥の方へ。

05
あまり人が来ないエリアへと歩いて、

目立たぬカフェを訪ねましたが・・・

06
あれまぁ。

07
また今度。

08

 

クヌギなど、ドングリの木が多い森。

この辺りを歩いていると、

里山から薪を調達していた時代の名残で、

何度も切られては成長を繰り返した、特徴的な姿の広葉樹が

ちらほらと見られます。

上へ伸びている幹に比べて、根元がやたらゴッツイ。

08a_2
(↑こんな感じのヤツ↑)

伐採 → やがて切り株から生えたひこばえが成長

 → 数十年後に、利用できる太さになったらまた切って利用

  → 再びひこばえが出て再生

のサイクルで成り立っていた時代、此処は瓦の産地だった。

09

10
へ~~~ 北海道にまで福井の瓦が。

 

お昼御飯は

イベント会場で買ったお弁当。

11

12
  

彼女はちゃんと、戦利品をゲットできた様です。

13

14
  

穏やかな休日。

15
は、あっという間に終わり、

祝日の月曜は、休日出勤でした。

 

今週末の日記、

おしまい。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 1日 (日)

海蛇成敗

 

この週末、土曜日は普通に仕事だった。

休みの日曜はまずまずの天気だったものの

海は波が高い予報で、父ちゃん外遊びの予定を入れなかった。

お嫁ちゃんは仕事で夕方まで居ないので、デートも無し。

さぁ、どうすっかな・・・

 

とりあえず朝食を食べ、パソコンへと向かった。

 

正直、ず~~~っと疲れているので

せっかくの休みが来ても、

『 さあ!どっか遊びに行くぞっ!』 って気力が中々湧いてこない。

朝は早起き出来ないし、(したくないし)

『山いいなぁ。行きたいなぁ。。。』 とは思っていても、

『自転車気持ちえぇ季節やな~』 となっても、

とにかく腰が重いのである。

 

大抵、週末を迎えて 『 明日は休み!』 となっても、

明日の事を考える気力・体力が絶対的に不足した状態での帰宅なので

「明日は?」 と聞かれても、

「起きたら考える・・・」 になってしまう。

 

『前夜準備して・・・』 なんてのは、それだけでもう重大ストレス。

その上 『 早起きして出動!』 なんて事やらかしたら、

このオッサンはもう、故障してまう。

 

『休みたい、でも遊びたい。でも、とりあえず休みたい。』

寝たいけど、時間を無駄にするのは大嫌い。

もう、自分がどうしたらいいのか分らないんだ。

 

 

昼が近付いても

娘はいつまでも起きてこなかったので放っておいて、

男児二人に飯を食わせながら会話。

久々に、三人で釣りへ行く話になった。

高1の長男と遊ぶのはいつ以来か分らない程久々。

昨日は末っ子の学校行事だったが、仕事で行けなかったので

その埋め合わせの意味もあって、重い腰を上げる。

 

昼を回ってからの出発で、

餌をワンコイン分だけ買い、

自宅から20分の川へ。

01
潮は干潮へ向かう時間帯。

入れれば直ぐにアタリがあるが、小さな餌取りが多い様で

乗ってくるのは、

スズキの子、クロダイの子、ヒイラギなど。

黒鯛ベイビーは結構な数が釣れたが、

幸いどの子も掛かり方が良かったので、

上手く針が外せて魚体が痛まず、元気に帰す事ができた。

 

魚焼きグリルに入る程好いサイズが1匹だけ釣れたので、

脳天ぶっ叩いて痙攣したのをクーラーBOXへ。

02

塩焼きだな。^^

掛かったのは末っ子の竿。

道具が一番ちゃっちい(笑)ので、父ちゃんが巻くのに難儀する位

めちゃくちゃ良く引いた。

足元岸際がテトラ帯なので

取り込み時に元気良く走ったり潜られてしまうと、ラインが切れてしまう。

長男が網を持ち、ちょいと興奮のやり取りだった。

 

長男はルアーロッドを振ったりしているが、

私は、投げっ放しのぶっ込み竿先眺めボーっとスタイルなので、

いつもならば、の~んびり午後からの出動なら

アオイソメ500円分で夕方まで遊べるはずが、

次から次へとアタリがあって、

短時間で餌が無くなってしまった。

これでの帰宅では、子供達が全然納得してくれなかったので、

再び釣具屋へ行き、餌をもうワンコイン。

場所を変えて、海へ。

03

04
此処でも小さなものが多く、

リリース。リリース。リリース。。。

 

夕暮れになってきて

そろそろ帰ろうかという時に、

また手応えのある物が掛かった。

上がってきたのは長尺物。

05
この辺りでは夜釣りでよくアナゴが釣れるので

珍しくは無い。

帰宅後に捌く労力や時間を考えて、

黒鯛の塩焼きならば大した手間では無いのだが、

やはりアナゴは少々強敵。

この時間にこんなのを持ち帰ると

夕飯の準備をするお嫁ちゃんの邪魔になるので、

夕飯が済んでからの作業(捌き、下ごしらえ)で、

明日のおかずになってしまうのだ。

(明日からも帰りが遅い私は、食べられない。)

しかも、こういった長尺ものは、

持ち帰っても相当な時間活き続けているので、

クネクネ動いたり噛み付いたりするヤツをやっつけなければならず

大変なのである。

疲れている今日は気が進まなかった。。。

それなのに、

コイツ、

針を飲んじまっている。(--;)

うん。責任もって、

ちゃんと命を頂こう。

 

同じく針を飲んじゃったカワハギも合わせて、

3匹のお持ち帰りとなった。

06

今日三人で釣れたのは、

・クロダイ

・スズキ

・ヒイラギ

・フグ

・カワハギ

・オニオコゼ

・アナゴ?(×)

五目どころか、七目釣り。^^

にしてもなぁ・・・

まだクネクネと動くコイツ、

07
見慣れたアナゴと違うんだよなぁ。。。?

顔周りの感じとか、身体の側線に沿った模様とか、尻尾とか、

違うよな~~~?

って、

ネットで調べたら、

アナゴではなくて、ウミヘビでした!(笑)

『 ホタテウミヘビ 』 という種。

 

ウミヘビと呼ばれるものには大きく二種類あって、

いわゆるヘビ(爬虫類)の仲間のウロコが在るヤツは

噛まれたら毒が命にかかわるヤバイやつなのだが、

もう一種の方はウナギ目ウミヘビ科で、魚類。

ホタテウミヘビはウナギの仲間。

 

味もウナギそっくりで美味なのだが、とにかく骨が強力で

ハモのような骨切りをしても、食べるのが面倒だとの情報が多い。

レシピを検索しても、圧力鍋で煮て・・・とか。

私は、あんま手間掛けたくないので(^^;)

失敗の少なそうな唐揚げに決定。

 

まだ動くヤツを丈夫なビニール袋に入れ、

粗塩と酢を投入し、よ~~~~~く揉んでやったら、

三途の川を渡ってくれた?よう。

袋から出すと、体表面のヌメる部分が酢で白く変色しているので

スチールたわしで洗えば綺~麗~に取れて、

ヌルヌルは無くなり、すべすべキュッキュの気持ち良い肌になる。

後は他の魚と同じ様に開いて処理。

なのだが、やっぱ驚くほど骨が硬い!!!

中骨は、キッチンばさみを使ったりしなければ

身から綺麗に分離できませんでした。

この骨も、低温でじっくり揚げて

二度揚げしたら美味しくならんかな?

とりあえず、使える材料にして、冷凍保存です。

あとは揚げるだけ。

 

カワハギは、

その名の通り

嘘みたいに綺麗に剥けて、とっても処理が簡単。

08

これは味噌汁の具かな。

 

黒鯛は、ウロコを取って、

お腹の中を綺麗にして、頭も落として、冷蔵庫へ。

09
明日、塩焼きになってくださいな。

     

あぁ。。。疲れた。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«SKY! Ocean! with Beer!