2018年2月14日 (水)

通勤

Dsc_0266
一昨日~また降ったが、

連休中に除雪も少しは進んで、車での出勤。

しかし、頑張って早起きしたのに、

連休明けの昨日は

案の定

酷い渋滞。

Dsc_0276
出社に3時間以上掛かった。

30分程の遅刻。

 

只でさえ疲労している日々で、

渋滞の中に長時間居るのは本当に辛い。

おまけに、気を張る雪道だ。

心身共に疲れが増し増し。

 

県知事から、

休業や時間差通勤などの提言があったが

Photo
仕事って、そう簡単にはいかない。

イレギュラーな事が起きまくって

只でさえ遅れているのに、出ない訳にはいかないです。

 

 

今朝は天候が回復したが、

積雪が消える訳ではない。

本来2車線が1車線になってしまっていたり、

幹線道路を外れれば相変わらず除雪不十分で

すれ違い困難箇所多数。

渋滞要素満載だ。

朝一でお客さんと待ち合わせの約束があった今日は、

『 車は出せる 』 けれど、

電車通勤にした。

 

電車さえ予定通りに運行されていれば

『念の為』なんて必要以上に早起きする必要も無いし、

何より、時間が読めるので安心。

車よりも圧倒的に、

気持ちが楽。

 

 

文化財の無人駅には、今朝は二人の臨時駅員が置かれていました。

Dsc_0279

Dsc_0278

職場最寄り駅からの道中、

街の道は想像通りの大渋滞だったが、

問題なく業務を遂行できて、安堵。

 

 

前回、昭和56年の豪雪時に

今回と同様全運休となった路線バスは、

全てが通常運行に戻るまでに約一ヶ月要したそうだ。

これだけ積もった雪は、

思ったよりも長期間に渡って渋滞を引き起こし続ける。

明日以降の朝も怪しいなぁ・・・

やっぱ電車がいいかなぁ・・・

とは言え、

掛かる経費は

片道390円。 往復780円である。

車の燃費と比べれば倍以上~3倍近い。

これが毎日では、庶民にはちょっと・・・結構痛い。

思い切って、回数券か定期にでもした方が良い?

 

大雪の影響は、

生活の隅々まで、

色々と。

 

疲弊感。

です。

 

 

そんな中でも、

毎日超早起き寝不足で

朝食・お弁当を作ってくれるお嫁ちゃんに

感謝、感謝。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月12日 (月)

混乱続く

朝食をとりながら鉄道会社のホームページを確認し、

車よりは確実だろうと、

今朝も、頑張って駅まで徒歩移動。

 

が、

『んっ?』

とっくに行ってしまっているはずの逆方向行きが

ホームに停車したまま。

Dsc_0257
普段は無人駅なのに、今日は駅員が居て

運転士と何やら相談中。

 

状況を聞くと、

「すみません、今チョット・・・どうなるか分らないです・・・ 」

一つ向こうのポイントが上手く切り替わってくれず、

反対からやってくるはずの列車が向こうの駅で待機中で、

そのすれ違いを待つコッチも待機中。

との話。

 

暫しの時間の後、

このまま運行停止が決まってしまい、

「申し訳ありません、今からラッセル車を通す事になりましたので

 別の移動手段を確保して下さい・・・ 」

 

慌てて妻に電話。

 

昨晩の間に相当除雪を頑張ってもらえた様だが、

未だ自宅周辺の道路は悪い状況が続き、

私がここまで歩いてくるまでにも

すれ違い困難や、

深雪で進めずバックで戻っている車などが数台見られた。

妻が途中ではまってしまわないかと、相当心配したが、

どうにか無事幹線道路まで車を出せた様で

駅まで来てくれた。

 

運転を代わり、妻を乗せたまま

何とか、無事出勤。

 

妻は灯油を買って帰るそうだ。

運転慎重にね。。。

 

 

帰宅時には鉄道が復活していたので、

駅へと歩く。

Dsc_0260
歩道に除雪が入ってくれた。感謝。

 

普段は車移動ばっかりの田舎生活。

面倒で不便だと思っている公共交通機関も、

こんな時はその存在が本当にありがたい。

Dsc_0261
大雪の場合、路線バスは完全運休なので

鉄道の威力は大きいなぁ。

 

今夜からまた降るので、

明日のえちぜん鉄道は

始発~10時までは除雪作業での運休が決まってしまった。

今朝の状況を受けての判断だろう。

 

明日は車での出勤。

連休明けの朝、子供達の学校も再開。

通勤時間の混雑が、不安で恐ろしい。

 

ここのところ、

『 仕事へ出る 』 事が一番の大仕事。

 

今日もまだ、給油の不安などが全然解消されず。

Dsc_0264
結構、

生活に疲れてきました。

 

さて、

明日も相当、

早起きしなきゃ。。。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«雪中生活