« 今日は海 | トップページ | 健康第一! (の長い日記) »

2014年2月 2日 (日)

White Valley

    

先週は地元の山に出撃したのだけれど、雪不足で入山前にリタイヤ。

で、今回は集合時間を早めて(AM5:30)遠征と相成った。

しとしとと雨が降る高速を、雪を求めて奥美濃へ。世界遺産の裏山で遊ぶ。

       

現地に到着しても雨。

午後に向けては一応回復予報なのだが、レーダー画面をチェックすると

未だ雨雲本体が抜け切っていなくて西に残っている為

周囲の山や谷の様子をパトロールしながらフラフラして、入山を1時間繰り下げ。

       

暦の上では厳寒期のど真ん中。

例え里で雨でも山の中は雪が当たり前のはずなのだが、

南風で生温く、今日は標高1,600m超の稜線でも雨が雪になることはなかった。

雪質も、体感の雰囲気も、完全に春山。

湿ったザラメ雪がしつこく板にまとわりつくような

そこそこにハードコンディションの雪質だったみたいだケド、

そもそも、まだまだスキー修行中の僕にとっては(^^;)ソコは大した問題じゃない。

どんな山でも行けば身になる。充分過ぎる程楽しかった♪

『The Day』には程遠かったケド、

The Little Day a little day』

(littleには否定的な意味を含むので、the little day では『残念な日』になっちゃうかも?

 と、御指摘受けました(^^;) a little に訂正しましたが、 微妙な表現かも?すんません。)

今日も幸せな一日。

山はホント、山の雪は、行く度にその日その時で全然違う表情を見せてくれる。

また一つ、新たな世界に連れて行って貰えて、

本当に、この愉快な仲間と居られる事に、この時間に、心からの感謝。^^

01

(今日は、hamd、mita、goto、fumi の4人パーティー)

       

ナチュラリストgotさんが、車を停めた脇の草むらに同化していた子ダヌキを発見。

02

雨に濡れて震えていた。

近寄っても逃げていかないので、余程弱っているのか、人に慣れているのか。

mitaさんが優しく接していた。^^

       

さて、入山。

先ずは林道歩行~目当ての谷へと進みます。

03

お、青空が見え始めた♪

04

前日までのものと思われるトレースは尾根に取り付いて上がっている。

簡単な相談の後、我々は谷を進むルート。

hamdさん 「今日はアナログトレーニング!」 って、何を宣言してるのかと思ったら

 「GPS画面は見んぞ!くじらヒゲ高度計と読図で行く!」 (笑)

 何度も地形図とにらめっこ。

ほほ~♪ ^^ 山の楽しみ方は、色々あるね。

05

雪が少なく、川との間のスペースが頼りない箇所が見られ

右岸か左岸かどちらを進むのが良いだろうか?と悩む会話など。

序盤の堰堤を巻くのに1箇所板を脱いで這い上がる必要があった。

05g

このまま降雪が少ない状態が続けば、

このルートはもう1~2週間でエントリーが困難になるかも?

根雪も少ないので、相当ドカッと降ってくれないと安定した感じにならないね。

06

         

やがて谷が埋まってきたら、あとは只々登るのみ!

07

小雪崩なんて、毎日当たり前に起きている。日常茶飯事。

そのデブリが転がる中を進んでゆく。『こんなの普通(^^)』ってみんな。

そ、そぉほぉなの?(^^;)

僕にはデブリランドにしか見えない景色も、

gotoさんにとってはネズミーランドよりもわくわくするパラダイスだそうな。

08

序盤は小さな谷に思えたが、

右へ左へと何度か折れ曲がりながら奥へ進むにつれて

稜線へ向けてなだらかに広がる扇の様に、徐々に景色が大きくなってくる。

09

         

↓こんな景色の中に居ると、

わくわくしてるんだか?ドキドキしてるんだか?自分でもよく分らん。

10

でも、目の前に 『バーン!』 とこんな↓景色が見えてくると急激に嬉!嬉!嬉!

11

さぁ!登ろう♪登ろう♪

12

毎度の事だけど、こんな大きな地形の中では、雪景色では、

脳が正確に距離感を掴んでくれてなくて

もうすぐ近くに見えているはずの稜線が、進んでも中々近付いてこない。

14

結合が弱く崩れる雪面なども現れ始めたので、

アドバイスを貰いながらルート取り。

雪崩れの本流になると予想されるコースを確認し、エスケープを考えて。。。

本谷よりも南側の谷の方が安定していそうなので、左鞍部へとコースをとる。

15

徐々に傾斜が増してゆくので辛いが、慎重に丁寧に1歩1歩を置く。

15g

         

やっと来た♪ もう少し!

16

         

ついたぁ~~~

先ずはやっぱコレ♪(^^(^^(^^(^^)

17

食料を分け合ったり、

温かいものをくれたり、

色々な優しい気遣いを頂く。

いつもこんな感じだから、なんか甘えちゃうなぁ。^^;

       

登り上げて直ぐのビールは超美味い♪

が、直ぐに汗が冷えて体温急降下

さ、さむぅぅぅ~~~い(笑)

18

ガスが掛かってきてしまって視界が無くなった。震えながら切れ目を待つ。

お喋り。お喋り。

       

よし!明るくなってきた♪

20

21

ちゃぁーんす! 出動♪

19

今日は一人が滑っただけでもデブリがたっぷり転がるだろうからと、

少しでも滑り易い斜面をどうぞ♪と

優しい皆が私にファーストを譲ってくれた。^^

22

わぁ~い♪(^O^) いくぞぉーっ!

       

・・・。難しいぃぃぃ(ToT) 足がとられるぅ~

        

でも、みんなはやっぱ凄い。

この間までのパウダーでの、ネジが外れちゃった(笑)様な滑りではないけれど

ちゃんと丁寧にセーフティでありながら、綺麗な弧で滑ってゆく。

23

あ~(笑)行っちゃった。^^

24

今日は入山時からしてノンビリモード。

景色や会話や諸々を楽しむように時間を使った。

皆の滑りも、パウダー時の様な殺気立った(笑)感じが抜けて(^^)

私の目には、どちらかというとカッコ良さよりは優雅な感じに映りました。

25

デッカイ景色の中のスキー♪ ホント贅沢だね~ぇ。。。絵になるなぁ。。。

26

        

僕は相変わらず必死の滑り(^^;) 優雅さの欠片も無い。

27g_2

        

標高差300m程を滑り下って、小一時間の登り返し。

再び稜線に立った頃には、またまたガスの中。

真っ白けで何も見えんが! (↓痩せ尾根の上)

28_2

引き返し(下山開始)リミットを午後2時と決めて、

お喋りタイム。

みんなやっぱ、話題は道具の事ばかり。要は物欲談義ね。^^;

        

結局タイムオーバーで、仕方なく腰を上げる。

視界が不足しているので、安全第一撮影無しで下り始め。

標高が下がってくるとガスが切れてくれたので、

お楽しみ再開♪

29_2

30_2

山スキーヤーは、気持ちイイとついつい大きな声が出る。奇声♪

(^^;)えっ?山スキーヤーみんなじゃないの? この仲間だけ?

31_2

mitaさんの鳴き声にも色々なバージョンがあるようだ。

只、活字で書くと全部 『ほー♪』 だけどね。^^

下の方はデブリが増えてきて雪面も固目になってくるけれど、

難儀する程ではなかった。多少のでこぼこや起伏は、楽しいアトラクション。

31g_2

goto & hamd さんはハーフパイプに入って遊んでいた。^^

32_2

貪欲に良い斜面を探して移動しながら

33_2

思い思いにゴールを目指して下ってゆく。

34_2

35_2

やがて谷が絞られて狭まってきて

36_3

堰堤が見えてきちゃうと

頭の中に終了の鐘が寂しく鳴り響く。

37_2

谷が割れてきて

上からは見えないギャップや穴ぼこがあるよ。

先行者に教えて貰いながら、注意して下る。

危険な場所を過ぎたら、

雑木林の中を滑って

林道へ出て

余韻に浸る間も無く、あっという間にゴール。

38_2  

あ~。。。

終わっちゃった。。。

今日もたのしかった♪(^^)

     

     

山の神と、

いつも快く送り出してくれる家族と、

素敵な仲間と先輩に、

感謝。感謝。

        

往きも帰りも、車中で寝てしまって、

本当に皆に申し訳なし(^^;;;)

またお願いしますぅぅぅ m(__)m

(写真・動画も感謝♪です。^^)

|

« 今日は海 | トップページ | 健康第一! (の長い日記) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1797052/54839202

この記事へのトラックバック一覧です: White Valley:

« 今日は海 | トップページ | 健康第一! (の長い日記) »