« 本格的春山シーズン始動 | トップページ | 久々のガーデナー »

2014年4月26日 (土)

GW1発目!

00

仲間との山はサイコー♪

  

ココのところ不完全燃焼な山が続いたが、

久々に胸の空く 『 山スキー 』 満喫!!

『 ざ!でいお 』 伝説再び降臨。

今日は、天気も雪質も、このロケーションも、

文句無しの 『 The Day 』 です!!!

   

はぁ~い♪ 撮ってるよぉ~♪ 動いてぇ~♪

01

(爆)(^^) だからボクは、仲間との山大好き(笑)

あ、止まったと思ったらまだ動くのね(笑)

02

わはは~♪

あ、まだ動くの?

はい~(笑)フレームアウト~(笑)

03

そんなこんなの、

超素敵な想い出の1日。

     

頑張って早起きして、暗い内から福井を出発して、

高速飛ばしながら日昇を眺めながら・・・

04

着いた先は、

日本海側から剱岳への登山口となるココ。

05

     

ftya総監督のお見送りを受けながら、

ルンルン♪の入山(^^)

06

07

   

今回は、立山川の谷を詰めて稜線を目指します。

序盤の河川敷にはカワヤナギ?ネコヤナギ?ふわふわのお花♪

08

フキノトウも今が見頃食べ頃。

09

     

さて、私、このコースは初めて。

実は私、他の方の記録を色々拝見させて頂いて、

上の広大斜面へ出るまでの序盤の厳しさを予習していたので

超緊張してのドキドキの入山です。

10

案の定、落石やデブリに覆われた雪面や、

11

バランス崩せば激流にドボンでさようならな箇所とか

12

そんなのの連続ですが、

今年は思っていたより雪が多くて、

綱渡りの様なスノーブリッジや、難所迂回の為の高巻きは無しで進めました。

13

とはいえ、

それでも慎重さや強引さを要する行程が続きます。

14

いつ落石が降ってくるか、

半分は運を天に任せて。。。

     

緊張の難所を過ぎれば、

やがて谷の奥が広がり始めて

15

うわぁ~~~♪

テンションあっぷあっぷ!

16

東大谷との出合へ来ると、

雪崩で埋まった谷が剣岳方面へと繋がっているのが見える。

17

我々は右を向き、

室堂乗越の稜線を目指す。

18

広大さを増す景色の中を進みます

19

やがて右手奥に、奥大日の迫力ある雪屁が見えてくる。

20

どんどん広大さを増す雄大な景色

目指す斜面、その先に続く稜線の鞍部が見えてきて、

わくわく感とヤル気が湧き上がってくる。

21

おっ!

先行者1名発見。

22

逸る気持ちを抑え・・・       

ここから先は傾斜が増してゆく頑張り処。

ちょいと小休で鋭気を養う。

23

最高の景色の中で、Liar-tacy 御満悦のおやつタイム♪

まっちゃんもおやつ。

24

   

さて、

行くべ!

25

雪崩れのデブリを眺めながら、

26

右側の支尾根へ登り上げる。

27

左側には雪崩れの迫る谷だが、

28

この尾根の上はセーフティーゾーン。

29

     

いよいよ、

急傾斜となる最後の扇の斜面へ取り付く。

例の如く体力アリアリ超元気印のまっちゃん・goto両氏に引っ張られ

先行者に追付く。お礼を述べて追い抜かせていただく。

30

相変わらず雪崩の景色が続くが、

31

臆せずガシガシ行こう!

32

33

がんば!

34

(笑)ふざけてると滑落するよ。

35

景色が大き過ぎて、遠近感が掴み切れなくって、

中々近付いてきてくれない稜線だけど・・・

もう少し!あと一息!

まっちゃんがラストスパートでぶっ飛ばして、小さくなって行った。

36

ラストー! がんばぁーっ!

37

汗だくで登り上げた稜線の向こう側には、

一大観光地が広がっていました。

38

ここがいわゆる、

あの有名な観光山岳の 『 立山 』 です。

(↓拡大します)

39

人工物が多いとは言え、雄大な素晴らしい眺め。

宇宙感すらおぼえます。

    

40

剣御前方面へは、

通常の雪山では考えられない人口密度。

テン場も大賑わいです。

41

観光施設が建ち並ぶ中に、

硫黄臭い黄色い噴煙を上げる地獄谷。

42

・・・そんな賑わいを尻目に、

我等はわれらのワールド♪

43

わ~い♪

44

     

宴会後は、

昼寝♪

45

強い日差しが強烈で、

雪の上に寝ていても身体かポカポカと温かくて、超気持ち良かった♪

   

さて、

頑張って登り上げたこの谷へ、

広大斜面へ滑り込むよ♪(^^)(^^)(^^)(^^)

46

1番手 gotoさんピョ~ン♪

47

かっけー

48

49

    

Fumiも行くよ~

50

51

    

まっちゃんもエントリー

52

ひょ~~~

53

54

相変わらず天性の運動神経!

55

超楽しそうに、

谷の奥へ吸い込まれてゆきました。^^

56

57

     

テレマーカーtacyさんも、超気持ち良さそう(^^)

58

67

68

59

ほんと、

超贅沢なスキー場ですね♪

69

     

でっかいでっかい景色の中に、自分のレールを敷いて

それに乗って滑り落ちてゆくgotoさん。

60

カッコ良すぎます。

61

超憧れる。^^

62

貪欲に、

デブリの向こうの綺麗な斜面へ渡って

63

行くよ~♪

64

Go~!

65

ホント、気持ち良さそう♪(^^)

66

     

ボクも、

今日は超気持ち良かった♪♪♪

70

わぁ~い♪

71

ドテっ!(笑)

72

ひゃっほーーーっ!

73

いぇ~い♪

74

ばほーん!

75

どてっ(笑)

76

超楽し~~~い♪♪♪

     

超広大貸切スキー場大満喫!

77

こんなにも楽しかったんだけど・・・

只でさえスキーへたっぴなのに、登りでほぼ脚が売り切れてて

全然思うような滑りが出来なくて

gotoさんに

「(前回までは不完全燃焼だったでしょうが)今日は滑走満足度どう?^^」

と聞かれた時、

素直に笑顔で『満足♪』と答えられなかった。

ロングルートになると、

まだまだ全体のペース配分などが未熟で、体力もかなり不足気味。

終盤はヘロヘロで脚の踏ん張りが効かなくて

皆と同じペースでデブリ帯を抜けてゆく事が出来なくて

待ってもらう場面が二度三度。

身の程を思い知り、反省点も色々。

今日も大切な、良い経験ができました。

スキルアップしなきゃ!

78

79

危険箇所では、相変わらず優しいgotoさんが後ろへ回ってくれて

さり気なくサポートしてくれた。

ホント、優しいね(^^)

今日は、スッポ抜けてしまってロスト已む無しと諦めた

まっちゃんのストックのバスケット・リングを、

頑張って発掘して見つけてあげたり、

自分以外の人への労力を厭わない彼を、いつも尊敬する。

下山後も、

携帯を忘れてきた私が妻への無事下山の連絡が出来る様に、

さり気なく自分の携帯を差し出してくれた。

ありがとね。^^

    

下山途中、

疲れた脚にキツイキツイ消化試合の中で・・・

おりょ!

なんと!

意外な奥地で!

こんなトコまで総監督ツボ足で登って来たんだ(^^)

ftya師匠のダイイングメッセージ(笑)発見!

80

(^^)

    

そんなこんなで、

超幸せな1日でした。

82

終日快晴♪

   

今日も快く受け入れて下さった山の神と、

素敵なみんなと、

いつも快く送り出してくれる家族に、

感謝。

感謝。 m(__)m

|

« 本格的春山シーズン始動 | トップページ | 久々のガーデナー »

コメント

去年から念願の場所に行くことができて、皆さんに感謝です。思っていた以上の広大なバーン、素敵な景色にうっとり。そして頂上にいったら都会の景色とのギャップにビックリ。
これから春のロングツアー楽しみでならぬですsmile

投稿: goto | 2014年4月28日 (月) 20:33

gotoさん、こんばんは。happy01
念願の場所でしたか。
私にとっての念願の・・・は・・ニャー♪smileかな。
写真や記録でどれだけ眺めても、
やっぱ現場で感じる緊張や感動の上を行くものは無いでしょうね。
結局、その場で感じていた気持ちや楽しさが宝物で想い出かな。(^^)
今シーズンも残り1ヶ月程?
楽しみ楽しみですconfident

投稿: Fumi | 2014年4月28日 (月) 21:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1797052/55963077

この記事へのトラックバック一覧です: GW1発目!:

« 本格的春山シーズン始動 | トップページ | 久々のガーデナー »