« 1日庭仕事 | トップページ | 郷帰りの日記 »

2014年5月 3日 (土)

GW2発目!

  

GW後半は毎年帰郷します。

 

私の両親は二人共既に七十代半ば、

正月、GW、盆は実家へ帰るのが恒例ですが

年に三回顔を見るとしても、あと100回はギリギリ?かなぁ・・・

と、

最近は

そんな事を考えたりする様になりました。

まあ、私も年々歳を重ねています。

福井の自宅~岐阜の実家は滋賀県~関ヶ原回りで約150Km。

旧北国街道の栃ノ木峠を通った場合、

最大標高差535m、登りの累積標高が約800mの道程ですが、

(自転車で)以前なら不安のなかったこのコースも

近年ではかな~り気合と頑張りが必要になってきました。

歳ってより、

仕事が忙し過ぎて(を、言い訳に)、単純に運動不足です。(^^;)

 

AM5:50自宅発

四ヶ月振りのロングライド・・・どころか、

何と今年初めての100Km超ライドです(笑) 何か恥ずかしい(汗)^^;

嬉しさと、不安と、色々で、妙なハイテンションで九頭竜川を渡る。

Imgp1415

家族はお嫁ちゃんの運転で後から来ます。(^_^;)

カーナビという文明の力に感謝!

(それでも、高速乗る前と降りた後に電話3回ずつほどあったけど。。。

 どのインターで降りるの ?とか、

 お土産売ってるサービスエリアどこ?とか、

 インター降りたらどっちへ曲がる?とか、

 私はコンシェルジュじゃないし(笑)カーナビでもないですが。。。)

 

九頭竜サイクリングロードから旧清水町方面へ市街地を外れ

日野川沿いに南下します。

旧武生~南条町に入る辺りで日野山の眺めが良くなり

田圃道を深呼吸しながら流していたら、

貨物列車がゆ~っくりと追い越してゆきました。

Imgp1416

走りながら背中のポッケからカメラを取り出し、パチリと1枚。

 

自宅からず~っと、強い向かい風に悩まされながらヘロヘロの状態でした。

国道ではなく、旧北国街道を出来るだけ使います。

多少走行距離は伸びるのでしょうが、交通量が殆ど無くて安全ですし

自然と走行速度が落ちるので、身体も楽です。

旧道をなぞるように走って、

今庄宿まで来ました。

Imgp1418

Imgp1422

本陣跡

Imgp1423

昔の旅人は、男十里・女八里が一日の旅程として基準だったそうで、

福井から約八里の今庄宿は丁度宿泊地に当たり

また、山中峠・木ノ芽峠・栃ノ木峠・湯尾峠、いずれの道を選んでも

此処を通る事となる要所であった為、

天保年間(1800年代半ば)には

旅籠55件、茶屋15件、酒屋15件、他多数を数え賑わったとのことです。

Imgp1425

 

この先はR365に沿って南下を続け、延々と登り坂になります。

次に立ち寄ったのは、メインルートの国堺として関所も設けられていた板取宿。

Imgp1426

北国街道、栃ノ木峠を大改修して整備したのは柴田勝家です。

Imgp1427

今も昔の民家が残り、往時を偲ばせます。

少なくとも一軒のお宅には、まだ人が住んでおられる様。

Imgp1429

独りだとペースメイキングが自由な分、

意外と休憩するタイミングが無い。

自宅から60Km近く走ったここでようやく大休憩としました。

石畳の地べたにお尻を下ろして、ブドウパンをかじる。

 

ここから先は九十九折の坂、坂、坂・・・

汗がポタポタと落ちて辛い行程ですが

山の新緑が美しくて、未だ山桜が満開だったりして癒されました。

Imgp1433

 

9:15 栃ノ木峠 県境

Imgp1434

あぁ~~~疲れた。。。

 

滋賀県に入り、中河内の集落まで豪快にぶっ飛ばして下ったら、

椿坂峠へ向かって少しだけ登り返しがあります。

その取り付き、集落外れの切り通しにある冷水。

Imgp1437

福井・滋賀両側共、町からは遠く離れた山中、

暑い季節は特に、貴重なオアシスです。

 

椿坂峠から余呉へ向かって

暫くは緩やかにアップダウンを繰り返しますが、やがて下り基調で快適、

長閑な山道が続きます。

沢水が流れる様な湿潤斜面の道端には、

ニリンソウやイチリンソウの群落が点在し、目を愉しませてくれました。

同じ白花でも一際大きなものが目に付いて思わず急停車。

Imgp1441

葉の形や佇まいからして、

ニリンソウと同じキンポウゲ科のキクザキイチゲの仲間と思いますが

花弁の形が明らかに違います。初めて見るものでした。

う~ん? まあ、イチゲの仲間で間違い無いですよね?(^^;)

 

木之本宿まで下って来ました。

Imgp1442

写真撮影だけでスルー。

 

高月まで来ると、

田園風景の集落の向こうに、大空を泳ぐ魚が沢山見えて

思わず寄り道。

多くの人が流れる方へつられて進みます。

Imgp1445

以前にも来た事がある、高時川の『こいのぼりまつり』です。

人々が向かう先の広場の向こうには、

全長50mの超巨大コイ!

Imgp1446

下に居る人影と比べると、その巨大さが判るかな?

Imgp1457

以前は赤色のコイだったはずですが、新調されたみたいです。

風が強い今日、クレーンが倒れないか?ちょっぴり心配になった。^^;

 

何だかのどかで、

雰囲気の良いおまつり。

Imgp1448

 

良さ気ロード♪な桜並木をくぐり抜けて、R365へと戻りました。

Imgp1459

 

長浜まで走ったら、

国道を離れて伊吹山の麓へ。

Imgp1461

道の駅伊吹の里へ寄って、上着とレッグウォーマーを脱いで軽装になる。

気温が上がってきて、下はレーパンでOKになりました。

油断してて、未だ無駄毛処理をしていないので(^^;)毛むくじゃらの脚です。

超おっさんな見た目で、レーパンでもロード乗りに見えない。。。

 

山沿いのアップダウンを爽快に走って、再びR365に合流すると関ヶ原。

ここも狭い国道を嫌って市街地を外れ

合戦の史跡などを眺めながら

Imgp1463

R21の関ヶ原バイパスへと出ます。

下り一辺倒の広い道が4Km以上続き、路肩も余裕があるので

信号に引っ掛からなければ50Km/h巡航でぶっ飛ばせます。

 

バイパスが終わってR21へ合流させられるのが嫌なので

脇道へ逸れて、垂井の旧い街の中へ進みます。

毎年GWの5/2~4は、垂井の曳山車祭です。

旧中山道の町並みに露店が建ち並び、賑わっていました。

路地のアスファルトには曳山車を引き摺った跡が至るところに残っていて

わくわくしながら狭い路地を抜けて行くと

丁度、三基が並べられて子供歌舞伎の真最中でした。

Imgp1467

昔ながらのお祭りは良いですね。^^

暫し見入ります。

Imgp1468

 

垂井から、中山道のバイパスであるR21を南へ横断すると

そこが南宮大社の参道です。

Imgp1471

こちらも伝統と由緒ある場所。 12:30

Imgp1473

こちらは5月5日に大きな例大祭があるので、

その準備がされていました。

Imgp1475

道中の無事を感謝し、御参り。

Imgp1476

 

南宮さんから東へは田舎道を走って、(県)31に乗って大垣へ。

松尾芭蕉奥の細道終焉の地で、水の都

Imgp1478

市街中心部にも、河川や水路が多いです。

 

大垣城へ寄って 13:00

Imgp1481

後はひたすら(県)31を東進し、

揖斐・長良の二つの川を渡って、墨俣の城を眺めながら走って、

実家まで目と鼻の先ってトコまで来て 13:50

ようやく遅い昼食にしました。

Imgp1482

CoCo壱番屋

印度カレーのチキンにしました。

超空腹で美味しかったのは勿論ですが、

一緒に付いてくるピクルスの酢が、疲れた身体に超良い感じでした。

 

そんなこんなで、

とっても不安な久々のロングライドでしたが、

序盤はとにかく体が重くて辛かったものの、

100Kmを過ぎた辺りから調子が出てきて

150km完走後も、身体の疲労感は意外に少なく、お尻も全く痛くなく、

どうにか無事終了でした。

まあ、アベレージ22Km/hの超スローペースだったんだけど(^^;)

 

実家へ着いたら、

シャワーを浴びて

直ぐにビール飲みました♪

 

夜は一家で宴会。

何食っても、どれだけ飲んでも、

最高に美味しかったです。(^^)

 

めでたし。

|

« 1日庭仕事 | トップページ | 郷帰りの日記 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1797052/56043575

この記事へのトラックバック一覧です: GW2発目!:

« 1日庭仕事 | トップページ | 郷帰りの日記 »