« 連休最終日は、花の白山。 | トップページ | 花の白山、下山編。 »

2014年7月21日 (月)

花の白山、続き。

高山の短い夏を謳歌するのは、人間だけでなく

その他の生物達もいっしょ。 昆虫が沢山見られます。
30

花の周囲を飛び回っているものの殆どは蜂の姿をしていて

ソコソコ大きなものなので、近くへやって来ると大騒ぎする人も多いですが

ここらに居るものは殆どがハチではなくハナアブの仲間。

人は刺さないから大丈夫。^^

子供の前で手で触れて、指先にとまらせて見せる。

33
砂防新道の十二曲がり下は、別当谷へ落ちてゆく沢の源流部になるので

雪解け水が流れていて、湿潤な場所を好む種の高山植物も多いです。

『 ミソガワソウ 』

31

谷の冷んやりとした空気に癒されながら、

リフレッシュしながら登り、

34

延命水までやって来たら、喉を潤すついでに

空いたペットボトルに水を汲む。

32
今回は、20年分くらい余命が延長できたハズです。目指せ120歳!^^

 

なんだかんだで、子供達、順調順調。

登ってきたな~

35
ほら、

もう黒ボコ岩は目の前。^^

36
長男は今回が三度目の白山。行程が分っていて、

『ココまで来たか!』 と、テンションが上がる♪

長女は初めて来る場所。初めて見る景色にテンションが上がる♪

一緒に岩に登って記念撮影♪(長男が撮ってくれた)

38
で、長男も。(^^)

37

 

道を挟んだ反対側の岩の上に陣取って

わ~い♪

39

ガス(雲?霧?)が流れてきて、気持ち良く肌をなでる。

見下す景色も素敵な雰囲気。

長女は何度も、「ここに住みたいぃ~」って言ってました。^^

おやつタイムにしよう♪ 9:50

40
お約束の、

「パンがパンパン(笑)」

41
長男、嬉しそうに勢い良く『バンッ!』って握りつぶして

周囲の視線とザワつきを集めていました(^^;) 

ははは♪パン潰れちゃったじゃん(笑)

 

この先は弥陀ヶ原、空が大きく広がって、木道の素敵ロード。

42
ナナカマドの花が満開です。

 

本当なら

目指す頂上が『バーン!』と見える場所ですが、

今日はチラリズム。

でも、その、やんわり見える雪渓でも、子供を元気付かせるのに充~分。^^

43
「天国みたいやろ?」

「うん。」

「木道ではストック使っちゃアカンぞ。」

「うん。」

 

木道脇には 『 チングルマ 』

この小さな可憐な花が、草ではなく木だと知った時は本当に驚きました。

44
花後に出来る綿毛が可愛くて、風に吹かれて揺れる姿は、

高山植物を愛でるようになった方なら、誰でも一度は虜になるよね。

 

『 アオノツガザクラ 』 も混じって見られます。

45
当たり前だけど、

高山植物だなぁ~♪

 

ノンビリ後は、もうひと頑張りの五葉坂をやっつける。

46
ハイマツの足元には、

『 ベニバナイチゴ 』 や、

47
『 ゴゼンタチバナ 』

48
?(^^;) アケビみたいな花のコレ↓何だ? 知らない。

49

    
       

長男、ちょいと休憩。

50
脇のハイマツへ目をやると、

赤い雄しべ雌しべが満開で鮮やかです。

51
隣の枝には、昨年の花が結んだ実。マツボックリ。

52
当たり前だけど(笑)ハイマツはやっぱ松だ。

背が低く這う様な松だから這う松でハイマツ。

 

『 ミヤマキンポウゲ 』 の群落が現れたら

53
室堂到着です。 10:30

54

   
         

先ずはお参りを・・・と思いましたが、

老朽化による修繕?建て替え?の為に

55
仮のお社が設けられていました。

56

植生を痛めないように、参道が組んであります。

57

  
       

参拝後は、

トイレを済ませたら、

子供達のザックは室堂でデポします。

寒い時用の上着を各々取り出させて、父ちゃんの背中へ格納。

さぁ、

上へ行くぞ。^^

 

『 クロユリ 』 の群落がお出迎え♪

58
『 クルマユリ 』 も♪

59
ハイマツ以外の木は無くなって森林限界の上へ。

岩場が増えてきます。

花達も、小さく可憐な姿で

グラウンドカバー的な佇まいや、岩の間や裂け目に『生き残ってる』って雰囲気。

『 イワツメクサ 』

60
        

涼しい高い山でも、まだ秋の一歩手前で、

今回見られた青花は 『 イワギキョウ 』 だけでした。

61

トリカブトやリンドウなど青花が増えると秋の気配になりますね。

 

花には相変わらず丸々としてモコモコと可愛い姿が多いです。

62

そして、

そんなのを狙っているのか?イワヒバリが沢山見られます。

63
岩の上で二羽がイチャイチャしてるのも見ちゃった~ *^^*

短い夏は恋の季節。

 

11:35 無事頂上到着。 感謝の御参り。 無事に帰れますように。

64

  
      

で、

大混雑の頂上(--;)

標柱前の長い長い列に並んで・・・

記念撮影♪

65
皆、列に並ぶ次の人、次の人へとカメラを渡して撮って貰う。

 

この直ぐ近くに居る隠れキャラを長女に紹介、、、

オタク長女は隠れキャラ大好き。

「えっ?何!それ何♪そんなのあるの?」 って、見事に喰い付いた(笑)

66
いつもの様にナデナデ・・・。

 

達成感と充実感を共有しながら、

大汝~剣ヶ峰の絶景を堪能 (↓拡大します)

67
長男は、アノ池に興味津々。

68
「ねぇ、お父さ~ん、アソコって深い?魚居るぅ~?」

お前、釣りの事ばっか考えてるやろ(--;)

魚は居るわけないっしょ(笑)

第一、国立公園内では、一切の採取・捕獲は厳禁だぞよ。

 

さて、お昼ゴハンにしよう♪

って準備に掛かろうとする父ちゃんに、長女からストップが掛かった。

今日の頂上、とにかく虫が超多い。

私は全然平気だが、長女はダメみたい。

てことはよ、お、おいおい!

じゃ、父ちゃんは何でこんな重い装備背負って頂上に来たんだ?(TT)

報われないじゃん。。。

 

今日は暑くなることを想定して、

出発段階の量で言うと、一人当たり1.5Lの飲料(×三人分)が、

父ちゃんの背中の中。

プラス、昼食給仕用の水が2L。プラス食材等。プラス応急処置用の・・・など。

ガソリンバーナーやら諸々色々ひっくるめて、、、はてさて、

一体何Kgの装備重量なのか?(^^;)

涼しい顔して、結構頑張ってんだぜ(TT)

なのに、ちょ、頂上で食べないの?

折角なのに?(TT) なのに?なのに?なのに?なのに?

まあ、頂上人多過ぎだし・・・ 落ち着かないし・・・ そうか。それでイイか。。。

 

室堂まで下って

69
カップ麺を作りました。

やっぱ山メシはコレが定番。

70
昼食後、

長女は少し昼寝。。。

しばしまったりと過ごします。。。

 

 

つづく

|

« 連休最終日は、花の白山。 | トップページ | 花の白山、下山編。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1797052/56872963

この記事へのトラックバック一覧です: 花の白山、続き。:

« 連休最終日は、花の白山。 | トップページ | 花の白山、下山編。 »