« 大潮 | トップページ | 週末、1日目。2日目。までの日記。 »

2014年7月13日 (日)

お魚天国♪

 

昨晩はキッチンのPCの前で撃沈してしまい、

朝方4時過ぎにガタリッ!!!と蘇生。

超びっくりした。(++;)

 

布団へ移動して、ちゃんと目覚ましセットして横になる。

 

1時間半後、アラームが鳴って

慌てて身支度をして、

町内の公園の草刈りへ。(TT)

子供会行事。

 

1時間程の作業の途中で、ポツリ、ポツリと雨が落ち始めた。

帰宅後は本格的な雨。

 

帰宅後しっかりと朝食を採ったが、

眠たくて仕方が無い。

子供(男児二人)が未だ起きていなかったので、

二度寝。

2時間余り寝た。

 

空腹に耐え切れなくなった末っ子に起こされて、

男児二人の朝食は、短時間で出来る素麺を作ってあげた。

具・薬味無し。只茹でて、濃縮ツユを水で薄めて出すだけ。^^;

 

グダグダしてる内に、直ぐに昼を回った。

昼食はチャーハン。

コレは、主夫の日の昼食の定番。

バリエーションも味付けも自信が在る。

 

本当は海へ行く約束だったが、

雨が止む気配は一向に無く、レーダー画面も今日一日絶望的。

一服後は子供達と一緒に買い物へ出掛けて、

お酒だけでなく、昆布も買出し。

 

午後からは、

昨日釣った魚をいじくって遊ぶ事にしました。

何故か、私のその宣言に、

子供達も大喜び。(^^)?な、なんでだ?

『さかな』のキーワードを喜び過ぎだぞよ(笑)

 

帰宅後、

昼間酒をやりながら、魚を捌きに掛かった。

三枚に下ろす様な魚を釣ったのは久々だったので、

やはり、

随分と腕が鈍っていた。

包丁も、思わず途中で研ぎ直しをした。

 

一晩以上経っても未だ魚体はしっかり硬く、

刃を入れても身のプリプリ感が素晴らしい♪

熟成が足りないかと思う位。

 

私は、大振りの魚を釣った際には、

『叩き棒』と称する道具や(自作の只の木の棒 ^^;)、そこらにある物で

魚の脳天(目と目の間の上辺りの一番硬そうな所。脳味噌がある。)を、

バカンッ!っとたたく。

本当は適切な血抜きが最上なのだろうが、

清潔な刃物の確保など、それは面倒なので、

私は手軽にそうして叩いている。

即座に痙攣して大人しくなるので、

クーラーボックスに入れても暴れて魚体が痛まない。

子供達も、

この『命を戴く』儀式を良く理解しているので、

自分がやりたい!と、魚が釣れるといつも取り合いになる(笑)

でも、意外とコツが要って、父ちゃんがやり直す事も多い。^^

でもね、コレが、

美味しくいただく為に大切な事。

内臓類も釣った昨晩の内に処理しているので、1日経っても

腹焼けも無く、良コンディションだ♪

 

只、殴って命を貰うだけならダメなのだろうが、

その後、実際に食べるトコまでがセットなので、

子供自身も喜んで食べてくれるので、

私は、

この行為がとても良い教育だと思っている。

 

『 いただきます 』 の、実感。

 

先ずは腕慣らしに一番大きなイシモチから。

01_2
美しい、程好いピンク色が早速食欲を刺激しまくり。

皮を引く時に残った尻尾近くの身を削ぎ取って、思わず口へ放り込む。

うん。♪

 

(↓)スズキは超美しい見事な白身。

02_2

コレは、普通に刺身にしても良いのだろうが、それでは物足りない。

料理のし甲斐があるね。^^

 

自分用ならばそこまではしないのだが・・・

とりあえず、

焼き用によけた物以外は・・・

側線に沿った横骨が残っていると、子供が嫌がってしまうと困るので

五枚下ろしにして、背と腹の身に分ける。

横骨を取るために切り取った部分を思わず口へ。^^;

 

捌き終わったら、柵の両面に塩を振る。

この段階での塩は、味付けではなく水分抜きの意味合いなので

結構強めに塩を振ってもOK。

と、

ネットで調べたレシピに書いてあった。^^;;;

03_2
今日は初めて、『昆布締』に挑戦。

クックパッドで調べたレシピも無数に在って、

本格的な日本料理店の店主が書いた様なブログ記事の内容も色々で、

何を信じればイイの!? 状態だが、

自分が『美味しそう♪』と思うようにやれば良いかな。^^

04_2
正月や天神講以外では普段あまり買わない日本酒で、

昆布の表面を拭き掃除し、

そのお布団の中に、塩で出た水分をしっかり拭き取った切り身を並べる。

05_2

で、掛け布団。

06_2
三層重ねの昆布ミルフィーユを作りました♪

パッキングして冷蔵庫へ。

07_2
余った日本酒は飲めばよい♪♪♪

08_2
料理って楽しいね♪(*^^*)

 

刺身に造ったスズキを

そのままワサビ醤油で食べるのが何だが勿体無く感じたので

これまたネットで調べて、オリジナルポン酢を作る事にしました。

フグとか綺麗な白身は、ポン酢が美味しいもんね。

きっとスズキも一緒。

09_2
醤油7 : 酢5 : みりん3: 柑橘果汁好みで

がベーシックみたいだったのですが、

冷蔵庫の中を漁って出てきたのは、すし酢と酒みりんと干からびかけたレモン。

私の妻は、管理能力がかな~りアバウトなので(^^;;;)

しばしば冷蔵庫の野菜室内から化石が発掘されたりするのですが、

このレモンはギリギリOK。かな?^^;;

すし酢は砂糖が加えられていると思うので、その甘さの分みりんは少な目に、、、

おまけに酒みりんだし。^^;

本当はレモンとかユズの皮なんかも微妙に入れれば相当美味しそうですが

干からびてシワシワなので皮はむきました。(--;)

10_2
果汁を念入りに絞って、

11_2

混ぜ混ぜして、味見をしたら、

相~当~極上の味でした♪

12_2
うわ! 超うまいっす! コレで鍋食いたいっす!

鶏でも豚でも海鮮でも何でもイケます!

 

スズキの造りにもレモンを添えて、

あぁ・・・早く食べたい。。。つまみ食いしたい。。。食って白ワイン飲みたい。。。

13_2

危険なので、とりあえず、冷蔵庫へ格納しました。

 

焼き用の魚に塩を振ります。

塩は、味付け以外にも

浸透圧の関係で水分を移動させる働きをします。

肉ならば肉汁が出てしまうとダメなので、出来るだけ焼く直前に塩をしますが

魚の場合は、より味を濃縮させる為に

塩をしてから時間をおきます。

塩の使い方が全くの逆。

14_2

水分が出るのを待つ間、

子供達と三人麻雀を打ちました。

 

既に白ワイン飲んでます(^^;)

15_2

(いつも、桐のちゃぶ台でやってる。↑)

 

実は我が家では、それほど頻繁では無いものの

随分前から男児達と三人マージャンを打っています。

もちろん、勝ち負けによる何がしかの遣り取りなどありませんし、

点数も付けていません。

それでも、

男児達はいつも 『 まーじゃんしよ! 』 とせがんできます。

複雑なルールや、

役を作る・揃えるための思考や、諸々が、

また、『おとうさんが好きなその遊び』への憧れが、

子供達には魅力的なようです。

そして何より、

本来のマージャンでは在り得ませんが、

子供達が度々『見てや!』『どうすればいい!?』と相談してくる度に、

子供の手の内を覗き込みながら

様々な会話を交わしたり、

思考方法の複雑なアドバイスをする遣り取りが、

とても良い。

のです。(^^)

ポン、チー、カンなど、子供の能力を超えそうな複雑なルールは極力排除。

でも、唯一、自分が捨てた牌で上がる『フリテン』だけは厳禁にしました。

子供の頭はフル回転です。

また、

末っ子はハンデがあって手の機能などにも難があるので、

リハビリ的な意味も兼ねています。

 

リーチをかける、

それでも上がれなかったりする。

相手の心や手の内を読む。

イーピンを切る時は『ケツの穴!』と言いながら場に出す(笑)

キューピンなら『タコヤキ!』って言う(笑)

そんなバカ笑いの会話。超楽しいっす。超MAXな子供の笑顔。^^

そして、

自分の思いが叶って上がれた時の嬉しさ、

無邪気な笑顔と歓声。

子供とのマージャンは、

結構、かなり、微笑ましくて、彼等の為にもなって、楽しい時間です。(^^)

 

そうこうしている内に、夕飯の時間が迫ってきました。

昆布の布団をめくる。

16
未だ三時間程しか浸かっていませんが

ねっとりと糸を引いていて、

あめ色になり始めている身が超イイ感じです♪

17
食べて良さ気な大きさに切って盛り付けます。

18

 

焼き魚が仕上がったら、

「メシ食うぞ~~~!」 子供達に号令♪

19

(実は、大食いな私に合わせて、我が家の茶碗やお碗は大きめなので、

 その他の皿が小さく見えてしまいますね。^^;)

「いただきま~す!」

我が家では、子供じみているかもしれませんが、

いまだに、

小学校のような、

全員揃っての『いただきます』を終えなければ食べさせません。

私は、

様々なルールを家族に強いています。

 

ポン酢が大人気になって、

スズキはあっという間に無くなって、

子供達は昆布締めもポン酢でバク食い。

昆布〆は、時間的にまだ浅いかと思っていましたが、

想像以上にねっとりとした食感で、旨みが濃縮された味で、

これは、

たまりません。^^ ♪

今日は三段積みの上一段を食べただけなので、

明日以降、二段以下の更に熟成したのを頂くのが楽しみ♪

 

焼き魚は、スズキとイシモチを1匹づつ焼きましたが、

淡白過ぎるかも?と思い、

実は仕上げにバターを塗って焼きました。

余程美味しかったと見えて、

自分で上手に骨を取り除ける長男が

黙って独り占めするように爆食いしていたので(笑)ストップをかけました。

ふわふわ食感で甘いイシモチは特に、

超美味でした♪

日本酒!もっと飲みたかった!

 

そんなこんなで、

幸せな夜が更けて、

途中で女子チームが帰ってきて、

賑やかな夜でした。

 

やっぱ、

お母さん(嫁さん)が居ると、

気持ちが楽です。^^;

 

主夫開放!

主婦に感謝!

 

です。

 

長い週末。

おしまい。

|

« 大潮 | トップページ | 週末、1日目。2日目。までの日記。 »

コメント

ホントいつ見ても感心しますgood
魚、上手に捌かれますね


私も淡白で味気の無い魚は昆布〆にしますhappy01
昆布の旨味が染込んで、めちゃくちゃ美味しくなるんですよね!(飲み過ぎ注意報beer

『オリジナルポン酢作り』キニナル~~~lovely
酸味を強くするのがミソなんでしょうか?

水分多いイシモチは一夜干ししての塩焼きが美味いですよねgood


貴兄の家は器も素敵ですね
ますます食欲が増すんじゃないでしょうかdelicious


>全員揃っての『いただきます』を終えなければ
我が家も一緒ですpaper
家族4人が揃ってから手を合わせて「いただきます」です
御喋りしながら団欒することが大切だと思っているので・・・wink

投稿: taizo | 2014年7月14日 (月) 17:39

taizoさん、coldsweats01昆布締めも、
以前にtaizo兄ィから戴いたコメントの提案に乗っただけっす(笑)
初めてやってみましたが、
想像以上の美味しさにsign03upupup
アレは危険です!(^^;)

ポン酢作りは密かに『ド!はまり。』な感じです。
あまりの美味しさに、完全にハマっちゃいました。^^;
色々とバリエーションに挑戦してみたいですhappy01

最近は中々出来ていませんが、学生時代から
越前焼きの作家さんとお二人程お付き合いがあって、
窯焚き(薪の)を手伝っていたので
頂き物の器が色々あったり、
夫婦揃って焼き物自体や生活雑貨も好きだったりするので
テーブルウェアにはお気に入りを使っています。^^

で、
そうですよね♪(^^)
『いただきます』と、食卓の団欒は、
私も特に大切に思っていますwink

投稿: Fumi | 2014年7月14日 (月) 23:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1797052/56783247

この記事へのトラックバック一覧です: お魚天国♪:

« 大潮 | トップページ | 週末、1日目。2日目。までの日記。 »