« 長男と自転車二人旅 前編 | トップページ | 三国花火。雨。 »

2014年8月31日 (日)

長男と自転車二人旅 後編

 

前夜早々にブラックアウトしちゃったので

睡眠時間充分で、AM5時半起床。

6時に長男を起こし、荷物の整理やシャワーを済ませて、

6:45 から朝食バイキング。

01
食い意地張った庶民は、ついつい食べ過ぎです(^^;)

子供もバイキングが楽しそう。

 

コーヒー飲んで一息ついたら、出発準備。チェックアウト。

駐車場の隅、自転車ちゃんとあってよかったね(^^)アタリマエカ

ワイヤーロックを外して、サイコンやライト等を再装着して、

パニアバックへ荷物をパッキング。リュックも荷台にしっかりストラップで固定。

 

二人とも体調は良好♪

さあ、今日も楽しもう!

ゆるゆると走り始めます。 8:10

 

スタート、の前に、

宿のすぐ前に在ったこんなお店。

02
昨日は夕方で既に閉まっていた。今日は未だ開店前。

覗き込むと様々な装備が見えて、ちょっぴり気になるお店でした。

縁が在ったら、また寄ろうっと。^^

 

浜大津港まで坂を下って、湖岸のトレースを再開します。

03
天気もまずまず♪ 朝の空気が気持ち良い。

04
なぎさ公園は、釣り・散歩・ジョギング・自転車・・・

朝から多くの方々がそれぞれに楽しんでおられました。

そんな雰囲気を、我等も楽しみながら、ゆるゆると流す。

 

近江大橋 8:30

05
8:40 とうとう最南端、瀬田の唐橋

06
長男、どこまでホントなのか?よく分りませんが、

昨日の疲れも大丈夫で、まだまだ全然平気だと言っています。

07

       
       

9:00 朝見ていた景色が対岸に見えて、

08
あ~・・・周って来たね。^^ って実感。

この先は、

湖岸沿いのサイクリングロード(兼歩道)が延々と続きます。

09
昨日のように、車の往来によるプレッシャーが無いので

精神的にうんと楽♪

お喋りしながら走れます。

 

約21Km程走って、最初の休憩  9:40

10
琵琶湖博物館です♪ 我が家はココ大好き(^^)超リピーター

11     

大人750円 中学生以下無料 

チケット購入したら、水族展示エリアへ直行!

12
エアコン効いてるし(^^;) 心身とも癒されて、疲れが消えてく~

13
小さな頃から『魚とり』で遊んできた我が家、

雑魚、淡水魚が愛おしい。

 

『ビワコオオナマズ』 でかっ! 可愛い♪

14

15

フナ、タナゴ、モロコ、長男も随分と区別や名前を分っている。

17

18
婚姻色の出たタナゴは綺麗だな~~~

魚は見ていて飽きないねぇ。

19

 

ん? 学名にjaponって入ってるんだね。

20
大きな水槽内のドコに居るのか?

全然気付かなかったが、流木の下に居るのを長男が発見、

そのデカさ、貫禄に驚いた。

21
全っ然!動かんな。

 

アユとかビワマスとか美味しそ~

22

 

海外の淡水魚を展示しているエリアも。

24

25

チョウザメでかっ!

26

        
        

まだまだ先の長い旅なので、

今回は水族展示以外はパスしました。

全部楽しんでたら3時間くらい掛かっちゃうもん。

27
楽しかったね。^^ また来ような。

 

延々サイクリングロード。

28
快調♪快調♪

 

琵琶湖大橋 東側   10:40

29

        
        

昨日の湖西序盤ほどではありませんが、

湖周道路沿いはやはりお店が少ないです。

サイクリングロード側は当然湖岸で土地が無いので、

貴重な道の駅や土産物屋的ドライブインも湖周道路を挟んだ向こう側に在って

往来の激しい道を渡るのが億劫。

コンビニはそれなりにあるのですが、近江八幡までの間に2箇所?かな。

琵琶湖大橋の東詰にあるヤツはこちら(湖)側

もっと走った先にあるのは道の反対側。

信号も横断歩道も無いので、CRに自転車を置いて・・・

左右をよく見てダッシュ!!!

補給食の買い出しには危険が伴います。

今回はフラットペダルにスニーカーだったから良かったものの

クリート付だと危なくてメンドクサくて

コンビニが視界に入っても無視して走り続けてたかも。。。

何はともあれ、

無事補給♪  11:15

30

        
        

ウィンドサーフィンの大会?やってるな~~~って眺めながら走ってたら

31
ポツリ・・・ポツ・・・・・・ポツリ・・・ と降ってきて、

雨宿りを兼ねて寄ったのが、こんなトコ。

32

『藤ヶ崎竜神』

相~当~歴史は古く、万葉集や古今集の時代からの神様だそうです。

普通に湖周道路を走っていては見つけられない場所にあります。

私が此方を初めて訪れたのも自転車の時でした。

湖周道路のこの部分はちょっとした山(丘?)越えになっていて、

その陰になる部分に在ります。

 

先ずは湖の方を向いて、祠にお参り。

ちっちゃ!鳥居もちっちゃ!(笑)

33

大人はかがんでくぐらないと、頭ゴッチン。

ちゃんと御賽銭を御上げして。。。

 

藤ヶ崎竜神の祠はこちらだけじゃなく、もう一つ山側にもあります。

34
知らなきゃ絶対に参ろうとは思わない雰囲気だよね(^^;)

でも、地元の方?のお供えが絶えないのか、この網戸はカラス避けみたいです。

「御参拝の折りは金網をどけて・・・」 と案内書きが貼り付けてあります。

独りしか入れないスペースで、

更に大人では、前進で入ってそのまま後退しないと出てこられない感じです。

35
交替で御参り。

遊ばせて頂きます。道中の無事を、お力添えをお願い致します。

お参りの御利益あってか、

雨は本降りになる事無く上がってくれました。

 

白鳥川まで来たら一旦湖岸を離れて内陸へ舵を取ります。

川沿いにサイクリングロードがある。

36
この辺りは先程まで相当な雨が降っていた様で、路面はびしょ濡れ。

我等は降られず、カッパを着る必要も無く、

竜神様、ありがたや。m(__)m

 

サイクリングロードを途中で離れ、

何度か走っていて憶えのある道、町並みを抜け、

近江八幡の、八幡堀。

37
何度訪れても、この街の雰囲気は本当に良いね。

堀に掛かる橋を渡って、鳥居を潜って

八幡様へ御参り。

38
ここも御賽銭御上げして真面目に御参り。  12:05

39
お目通りは初めてではなく家族共々何度も参拝させて頂いているので、

この付近を訪れた際には何だか此処を外せないんだよね。

このお宮さんは、長男もちゃんと憶えていた。

門前のクラブハリエは自転車装束での入店が何だか気が引けて、

美味しいパンやバームクーヘンは今回はおあずけ。

 

お宮さんを後にしたら

裏路地抜けながら湖周道路方面へ戻る。

車通り人通りの少ない道を選びながら・・・

不慣れな息子を気遣わず速度を充分に落とさずに曲がった私が悪かった。

『父についてゆく』 意識で走っていた長男が

少々オーバースピードになったのだろう、

濡れた路面でスリップして転倒!落車!

(あ、やべぇ。) 内心、相当焦った。

「だいじょうぶか!!!」

幸い、転び方上手で、一気に滑ったのも幸いしたのか、

車体も本人も重大な損傷は無く済んだ。

40
でも、

本人相当落ち込んでる(^^;;;)

 

そりゃそうだ・・・

昨日も100km以上走って、

疲れてるよな。

 

本人の口から一切弱音が出なくて、

道中何度も、

『疲れてないか?』 とか、『大丈夫か?休むか?』 とか度々聞くのだが、

『うん。大丈夫。』

『まだ全然余裕やぞ。』 って返事が返ってくる。

んだけど、

やっぱ、どう考えても、

強がりか(笑)(^^)

いいぞ。さすが俺の子。

男だもんな。

 

以後、

休憩タイミングやペースメイクには細心の注意を心掛けました。

 

近江八幡の街を抜けたコンビニで、リセットと小腹満たしの為に休憩。

41
ややテンション下がり気味なのはバレバレなのに

決して弱音を吐かない長男にちょいと感心。

12歳!ナイスファイト!

 

再び湖岸沿いに出れば、彼のテンションは瞬く間に回復。

42

余程水面が好きなんだな(^^)

 

湖岸沿いのCRは単調な景色、道程で、

経験豊富なサイクリストには、実は、ビワイチは結構退屈なのだろうと思う。

でも、例えばタイム的な目標があったりするのならば話は別だし、

何より、『1周』ってのはとにかく分り易い設定で、

やり終えた達成感・疲労感は十分だから

自転車乗りが取敢えず此処に憧れ、好きなのは、とても良く分る。

私自身も、こちら方面のツーリングを行うならば

ある一区間だけもでよいから、

琵琶湖の水面を眺めながら走る部分を組み込みたいと、やっぱり思う。

 

14:05 彦根の城下町へやって来ました。

43
京橋~本町への城下町らしい賑やかな通りを押し歩きで散策しながら、

暑さを凌ぐ為、良さ気な店内へ。

44
今日は親子揃ってカキ氷。

45
宇治に、白玉をプラス。

長男はメロン。

 

汗が引いたら、お城の堀端をふらふらと流します。

46

おいで♪おいで♪

47
白鳥が人懐っこく、

そこらの草をちぎって差し出すと、それを更に細かくちぎる様にして

食べてくれました。

48
これには長男喜び、一生懸命写真撮影。

 

昨日もそうでしたが、

彼には『1日70Kmの壁』があるようです。

口では強がりながら、やはり長い距離を走ると、終盤ペースが落ちます。

そろそろ走りは惰性な感じ。

注意力が散漫になる時間帯。

事故やアクシデントが無いように、引率者は気を張りました。

声掛けを多目にする。

49
徐々に陽が傾いてくるのを感じる時間帯。

水面の煌きが増してきて、目を細めて景色を眺める感じになってきます。

 

だいじょうぶ。(^^)

時間は余裕だよ。

景色楽しんで行こう。

 

15:30  長浜城

50
お~~~、来たね。

これが最後の街だ。

後はもう、

サイクリングロードを・・・ って感じだよ。

終了への雰囲気か感じられ始めて、

達成感が込み上げて来るのが半分、

終わっちゃう寂しさが込み上げて来るのが半分。。。

51b
彼の写真を何枚も何枚も撮った。

51c

 

16:17  とうとう、出発地点に帰着!

52

   
      

そりゃもう、

何とも言えない、素敵な心持ちでした。

 

2日目の走行距離 101.83km

二日連続での100Km越え!よく頑張った!

心から彼を讃える。  〈こんなコースでした〉

 

お互い『グーパンチ』

53
そしてハイタッチ。

 

撤収には、何だが時間を掛けました。

車に乗って、

また、

思わず、がっちりと握手。

 

お母さんに無事達成の電話を入れる長男、嬉しそうで誇らしげでした。

 

帰りの車内では寝てしまうのかな?と思っていましたが、

テンションの落ちない彼は、

「今度は100×3(100Km3日連続)に挑戦したい」 とか、

「次はどの山登る?」 とか、

帰宅まで、モチベーションの高い会話が。。。(^^)

嬉しい事言ってくれるなぁ。

 

まだまだ夢が広がるね。

そう。人生は楽しまなきゃ。

素晴らしい想い出をありがとう。

54
またどっか行こうな。

 

 

2014 夏休み

おしまい。

|

« 長男と自転車二人旅 前編 | トップページ | 三国花火。雨。 »

コメント

お父様のエゴにしっかり付いて来る息子さん
素敵です~素敵です~素敵です~heart04

最後の一行なんですよねpaper
『素晴らしい想い出をありがとう』
今回の旅行の素晴らしさが、この一文で全て伝わって来ます

それにしても内容濃いですね!
すご~~~く下調べしたんじゃないですか?
それかFumiさんが過去に琵琶湖走りまくっていたかcoldsweats01

本当にお疲れ様でした


私も娘とこんな旅行がしてみたいな~・・・アコガレルcoldsweats01

投稿: taizo | 2014年9月 9日 (火) 18:06

いい。すごくいい。

私の一番憧れるスタイル!!

投稿: goto | 2014年9月 9日 (火) 19:17

taizoさん、こんばんはぁhappy01

親のエゴで親バカで(笑)
で、自己満足なんだけど、大満足なんです。^^
たぶん彼も。
長女の時もそうでしたが、やっぱ二人で共有できる想い出って良いですね。
雨や、アクシデントも、全て大切な想い出の一部です。confident

下調べは・・・
(^^;;;)ぜんぜん(汗)
今回走ったり立ち寄った場所は行ったコトあるトコばっかだったんで(笑)例の如く、漠然とした大まかな構想だけで臨んで、その場の気分や、息子との相談で走りました。^^;

ありがとうございます。^^
taizoさんトコ、山登ったり何やかんやで、かなりアコガレルんですけど~(笑)

投稿: Fumi | 2014年9月 9日 (火) 23:19

gotoさん、ありがとうございますconfident

私、そんなにナイスバディですか?
スタイルには自信が無いんですが・・・(^^;)えっ?違うの?

投稿: Fumi | 2014年9月 9日 (火) 23:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1797052/57265017

この記事へのトラックバック一覧です: 長男と自転車二人旅 後編:

« 長男と自転車二人旅 前編 | トップページ | 三国花火。雨。 »