« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月28日 (日)

続・うみんちゅうぃぃぃけん

 

昨日(土)は朝の内波風が強く、午後から凪いできた。

今日(日)はその流れで朝の内穏やかなのだが、お昼を回る頃からダメなのだそう。

 

海の遊びは、山同様、慎重な気象分析が必要。

海の女神の御機嫌伺いは、かな~り微妙で繊細みたいだ。

まだまだ超初心者の私でも経験している事だが、

岬一つ回っただけで風や波の様相が全く違ったりする。

一般的な天気予報の様な大きな地域で捉えるのではなく、

もっと狭いエリアで、地域・地形の特色を加味した予報が必要。

データだけではなく、『経験値』 も重要なのは、やはり山と同じか。

 

例えば島一つとっても

風の表になる方向と風裏になる海岸線では

全く波の立ち方が違う。

風裏で遊んでいて、さあ帰ろうかと表へ出てみたら既に大荒れ・・・

なんて事も在りうる。

波は怖くないレベルであっても、特に風には注意が必要で、

無動力の船では容易く影響を受け、帰られなくなる。

荒れた海上ではビバークなんて出来ないしね。

自由はやっぱ、自己責任。

海は、常に命の危険が隣り合わせ。

 

そんな訳で今日は、

お昼までに行程を終了させる為

頑張って早起きして、早朝の行動開始。

白砂青松♪の浜で、釣り人に遠慮しながら、わくわくの準備。

01
早朝の海へ漕ぎ出す。

02

03
完全無風。ありえないベタ凪。

04
自分達のパドルが水面を撫でる音以外は何も聴こえない程の静寂。

鏡のような水面に雲の姿が映ります。

05
スーッ。。。ス~ッ。。。。。と、滑るように

なんと気持ち良く船が進むことか。

この時点で既にもう、今日は大満足♪

 

深呼吸を繰り返すように、

ゆ~~~っくりとしたパドリングで、のぉ~~~んびり進む。

06
今日もまた、出舟後直ぐに・・・(*^^*)

08
ぼーーー。。。。。。。

09
最高の日曜日っすね♪

10
あ、真面目に行きます

11
     

素晴らしい透明度で、

自分の舟の下を泳ぐ魚たちがいっぱい見られる。

岩場の海岸沿いは、海中観察が面白くて、寄り道ばかりで

中々前に進めなかった。

13

14

16

17
時々目につく、蛍光色のパープルな海藻?が綺麗。

19
      

あ、進みます、進みます(^^;) 何度も待たせてしまった。

14a
こじんまりとした、

家族BBQにもってこいのプライベートビーチもあって、また寄り道。

15
『隠れ家』って表現がピッタリ。素晴らしいリゾート♪

 

今日はミズクラゲが沢山見られた。

優雅に美しく舞う姿に魅了される。

20

帰ってから、クラゲの動画を何度も何度も見て癒されました。

21
こんなのに、命があって動くんだから、凄いなぁ。

 

さて、程よいプライベートビーチに舟を上げて

早目のランチ。

22

かんぱぁ~い♪

24

25

26

         
ほんっと、水綺麗。砂綺麗。

23

 

さて、お喋りを楽しんだら、

アソコまで行きましょう♪

27

27a
コッチからくぐりたくなるけど、

28

きっとやっぱ日の出を眺める海に面してのあっちが正面だと思うので、

向こう側へ迂回。

29

30

結界の前で手を合わせてお参り。

31

今日も有難う御座います。

これからも、

無事に楽しく、この遊びが続けられますように。

 

さて、

ボチボチ戻りますか。

33

32
達人の予報通り、

沖に近い方は、昼が近づくにつれて風と波が徐々に強まる。

34
      

変わった色の鳥を見つけたり

37
また岩場を徘徊したりしながら

35

36

の~~~んびり戻る。

38
あ~~~

終わっちゃうんですかぁ~~?

 

帰りたくないっすぅ~~~~~

39
    

あ~~~

おわり。

 

40
今日も素晴らしい日を

ありがとうございました。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月27日 (土)

うみんちゅうぃぃぃけん

 

カラータイマーが鳴っている。

頑張り過ぎちゃアカン!活動限界を見誤ると遭難するぞ!

ちゃんと休もうよ。。。仕事(^^;) まだまだゴールの見えない状況だけど、

本当にいつもお疲れ様ですm(__)mな職場の方々と申し合わせて

この週末は思い切って休みにしました。

お嫁ちゃんにも最大限に甘えて、二日とも自分の時間にして貰った。

Imgp3791_00_00_13_00_78

子供の道標になるように、

家族の為に頑張る親の姿。いざって時にはちゃんと踏ん張る姿。逃げない姿。

そんな背中を見せ続けなければならないと思っている。

そして、

それと同じ位、

子供が将来に夢を持てるように、

人生って、生きるって、物凄く楽しいんだって思ったまま大人になれるように、

大人は、ちゃんと、楽しんでる姿も見せ続けなきゃいけない。

そう思っている。

(えっ?それを言い訳に自分の遊びを? え、いや・・・え? ^^;)

 

「きょうドコ行ってきたぁ?なにしたのぉ?」 と聞いてくる子供に、

とびっきりの想い出を、景色を、自然を、友人との時間を、

心の底からの思いで、笑顔で語って聞かせる。

この週末は、久々にそんな父親になることができた。

それが、とても嬉しい。

 

パソコンの画面の中の写真を眺めながら、子供の目が輝く。

「いいなぁーp(><)q いいなぁー」

「いきたい!いきたい!」

彼らの頭の中には、また一つ大きな夢が芽生えたに違いない。

 

 

何をもってして『幸せ』とするかの定義や指標はさておき、

生きる喜びを具現化するような人生が送れている人は、

日々そんな思いでいられる大人は、極少数だろう。そんな人は本当に幸せ。

若い内は勿論の事だが、

例えば定年を迎えて多くの時間や経済的余裕を手にしても

決して『不本意』ではない、目標や生甲斐の伴った時間を過ごせる人は、

メディアがあおって伝える程には、実はそんなに多くないのではないかと思う。

確かに憧れではあるが、半分は現実より遠いこと・・・

そう感じてしまう私に、

素敵な笑顔で話して聞かせて下さった先輩の言。   

「初めて海に漕ぎ出した時に、そりゃもう『見つけたーっ!』って思った♪(^^)」

そんなふうに活き活きと語る人生の達人。

幸せの実感を知っている数少ない大人だ。

こんな方が近くに居て、出逢えて、本当に嬉しい。(^^)

ボクも、

将来に夢を見られる。

自転車でも、山でも、海でも、見るぞー♪

 

見つけたヘヴンズドアの在り処へ惜しみ無くいざなって下さる達人に甘えて、

その扉の向こうへまた行かせてもらう事が出来て、       

ほんと!人生って、なんてわくわくするんだ♪

只海に漂ってるだけで、何でこんなに気持ち良くって心が全開になるんだ!

海と空眺めながら仲間と一緒のお酒は、何でこんなにウマイんだ!

心からそう思えた週末の時間。

そんな時間を下さった仲間に大感謝しつつ、

動画の中ではしゃぐ自分の姿が何て子供なんだと恥ずかしくなりつつ、、

馬鹿笑いのじゃれ合いを思い出してニヤけつつ、、、

前文が長過ぎるなと思いつつ、、、、

そんな、

想い出の日記です。

 

さあ、出発♪

01
出舟したら直ぐに、まず一杯。

02a
袖の下を贈り合う様に回し飲み。

 

青い空に碧い海、正に絵に描いた様な世界へ。

03

04

05

海は何て自由なんだ!

広い海原の方ばっかへ視線が向いてるからか?

目標方向から逸れて、ついつい陸から離れ過ぎる。

06

 

あの島行きますか♪

07
隊長!ドコ上陸しますか?

08
     

プライベートビーチ♪

10
泳ごう♪泳ごう♪泳ごう♪

11
素晴らしい透明度

12
1匹だけですが、ソラスズメダイも見られました。

14

良い画像が抑えられなくて残念。

 

外気は完全に秋の空気ですが、水温は未だ真夏並み。

素潜りでも充分に楽しめます。

16
       

暫く遊んだら、ランチ♪

17
水から上がるとさすがに身体が冷えるので、

メインディッシュは熱々のおでん。

18
何て素敵な遊び。愛すべき自然。

19

20
お腹が膨れたら、もうひと泳ぎ。

21
       

 

充~分楽しんだら、

ボチボチ移動。

再び自由の水面へ。

24

25

26

27
      

そんな気分になったら、そんなものを飲んで。

27b
目に入ってきた自然に吸い寄せられて、

遊んでもらう。

28

29

30

31

気ままに、

人工物の無い世界を、漂う様に移動する。幸せ。

32

33

34

35

36

37

39

進学で故郷を離れ、伴侶と出逢って、家庭を持って、

気付けば厄年も過ぎ、

私の人生の時間は、こちらの県へ移り住んでからの方が長くなった。

第二の故郷が、

こんなにも美しい素晴らしい場所で良かった。

だからこそ此方に住み続ける事を選んだのかもしれないけど。^^

 

そして、

人との縁もまた宝物。

私は本当に恵まれている。

 

40

40a
人生って、ホント素晴らしいな。

40b

43
この海の神様は

その懐に今日も優しく穏やかに私達を迎え入れて下さって、

夕暮れの時間帯は、見事なベタ凪の中で

長く続く余韻を愉しませてもらえた。。。

43a

44

45

46

48_2

48a
あ~ぁ。。。 帰るの?

49
どこまでも、いつまでも、こんな贅沢な時間が続けばいいのに。

50_2

51_2
帰りは前に座ってた私、

度々サボってうつらうつら・・・随分と御一人様労働が続いた筈なのに

最後までニコニコと漕ぎ続けてくれたイケメン船長に感謝。。。

52_2
今日もこりゃまた、素敵な想い出。 海でも、『ざ・でいお』

 

とうとう、

終わり・・・か。

53_2
          

笑顔でゴ~ル♪ (笑)

54_2
    

色々と、ありがとうございました。感謝。感謝。

55
このままココに泊りません?

56
そんな気分の、

素敵余韻黄昏でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月21日 (日)

久々家族の時間

 

9月に入り、先週の末っ子の運動会以外はず~っと無休だったので

久々にちゃんとした休みをとりました。

平日はMAXに残業で、帰宅~出勤までの自宅滞在時間が8時間程度。

その中で入浴やら睡眠やら朝食やらなんやかんやなので、

深酒+朝寝が出来るってだけで、夢のような週末♪

昨晩はキッチンで寝てしまった父ちゃんを、

お嫁ちゃんと長女で運んだ(引きずった?)そうです。(^^;)

 

今朝は延々と寝ていたい気分でしたが

末っ子が起こしに来てしまい、渋々起床。

ゆ~っくりと朝食を採ったら、長女以外の4人で出動♪

Imgp3622
向かった先はココ↓

Imgp3626

スカイフェス開催中の福井空港。

以前は、空の日(9月20日)辺りの週末に毎年行われていたのですが

隔年での開催となって、昨年はお休みでした。

Imgp3629
この秋は、

毎年楽しみにしていた小松基地の航空祭も、

駅前の自衛隊パレードも、駐屯地行事も、

テクノポートでの艦艇公開も、み~んな仕事で行けなかったので、

ローカル空港の、こんなのどかなイベントでも

我が家の男児達には貴重な愉しみで、癒しとなりました。

Imgp3633

他の民間機に比べてローターがでかくてカッコいいな~

Imgp3630

 

県警のヘリはピッカピカの新車みたい♪

Imgp3634

Imgp3636
   

県の防災ヘリ、ブルーアロー。

Imgp3635
救助訓練を披露してくださいました。

Imgp3638

エンジンの始動~ローターの回転が上がってゆく音が素敵♪

実際に隊員の降下~要救助者の吊り上げを見せてくれます。

Imgp3639

Imgp3641

Imgp3642
中々気合の入った飛び方で(笑)アクロバティックな超急旋回など。

乗ってる人は、ジェットコースターみたいな感じかな?(^^;)

エプロン脇の吹流しがほぼ真横になるほど結構な横風がある中でしたが、

見事なホバリングで止まります。

Imgp3644
隊員の降下にはホイストは使わず、

垂らしたロープでシューっと落下。

Imgp3646
お見事! いやはや、おっとろしい。

Imgp3647
ロープを撤収。要救助者に装具を取り付けて吊り上げ。

Imgp3649
二人目の吊り上げは、

「えぇぇーーーっ!!!そんな高いトコからぁ!!!」

って高度までヘリが上昇してから行われました。

見ているだけでドキドキ。。。救助される役の人、怖かったろうなぁ(^^;)

実際の救助現場は、こんな開けた場所とは限らない。

山岳遭難等ならば、

狭い稜線上であったり、谷間であったり・・・なんて事も当たり前に想定される。

気流も安定しないであろう場所。

正に命懸けのお仕事です。

以前、山岳遭難の講習会に参加した時に、

県下一円概ね30分以内

嶺北に限れば20分以内でどの山域にも飛んでゆけるとの話であった。

本当に頼もしい存在。

あ、いや、、、

山で、このヘリのお世話になる様な事があってはならないのですが(^^;)

ホント、気をつけよぅっと(^^;;;)

で、

無事収容完了。

Imgp3653
隊員の方々、カッコ良かったです!

男児大満足。

Imgp3637
          

セスナ機の離発着など、

エプロンの目の前で眺めていられるのも、ローカル空港ならでは。

Imgp3657
この距離感って、結構貴重な幸せなのかも(^^)

 

その後、15km程の距離をサイクリングして

Imgp3662
一旦帰宅。

 

父ちゃんはそのまま寝たかったですが(--;)

男子チームで再出動。夕方の九頭竜川へ。

Imgp3663
5時過ぎから、1時間半ほど竿を出しました。

 

夕飯に間に合うように、帰宅後直ぐに釣果を捌きます。

Imgp3665
1匹の〆が甘かった様で、

まな板に載せても、まだ動いていました。(^^;;;;;)スズキ君、ゴメン!

そんな、超新鮮な距離感、行動範囲で遊べる僕等って、

本当に幸せだね。

在り難く、命を戴く。

いつもならば下処理をして冷蔵庫で1日寝かすところですが、

男児達が「食べたい」「食べたい」と煩いので、

手間の掛からない料理。

Imgp3671
頭を落とし、お腹の中も綺麗に掃除したら、強めの塩をして30分程置く。

流水で洗い流したら、水分を拭き取って、

キャベツと、刻んだネギで覆って、味噌とバター。

オーブンへ。

冷蔵庫に在り合わせの材料で、ちゃんちゃん焼き風にしました。

Imgp3673
骨を丁寧に取り除きながら、身を適度に解す感じで

味噌バターにからめて食べます。

淡白な白身のスズキなので、バターのコクがイイ感じ♪

白御飯に合う♪

男児喜んでバクバク。

見事に売り切れました。^^

Imgp3674
美味しくお酒も頂いて、

今夜も見事なフェードアウト(オートマチック睡眠導入)でした。

 

あっという間に、

お休み終了。

 

めでたし。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年9月15日 (月)

三連休だったんですか、そうですか。

 

13日(土)

末っ子の、小学校最後の運動会でした。

6年生は親子競技があるので、この日ばかりは仕事よりコッチ。

Imgp3543_00_00_08_06_52
ドベじゃなかったから、まあ、よし。^^;

Imgp3543_00_00_12_05_75
よく頑張りました。^^

 

親も知らなくって驚きましたが、(聞いてないョ)

応援合戦では学ラン着て旗振り回してました。

Imgp3544_00_00_21_03_128
よく頑張りました。^^

Imgp3544_00_00_39_02_235

 

お父ちゃんは主に、体育館で荷物の番しながら

ここぞとばかりに惰眠をむさぼっていましたが、

親子競技はちゃんと頑張りました。

Imgp3545_00_01_23_09_503
ドベじゃなかったから、まあ、よし。^^;

Imgp3548
ちゃんと楽しみました♪ ^^

 

これでもう、

子供と一緒に運動会に出る事なんて無いでしょう。

分り易い想い出を創れる機会なんて、意外と少ないんだ。

末っ子と肩組んで走って、

中学生の長女・長男も一緒に、家族揃って体育館でお弁当食べて、

何だか、

一区切り着いた気持ちになりました。

    

運動会の日は、何でだか、

外食するのが我が家の恒例です。

朝早くから気合入れてお弁当を作るお母ちゃんが、

夕飯までエネルギー持たないんだよね。^^

 

頑張った子供のお疲れさん会なのに、

大人主導で居酒屋へ。。。^^;

Imgp3549
いやはや・・・散財散財。

久々に贅沢させて戴きました。

太っ腹切ってくれたお嫁ちゃんに感謝。m(__)m

Imgp3552
飲んだ飲んだ。。。

 

14日(日)

仕事

 

15日(祝)

仕事

 

 

以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 6日 (土)

三国花火。雨。

 

台風の為一旦は順延~中止になった三国花火大会が、

地元の強い要望で、一ヶ月近くも後の日程で復活となりました。

それはそれで嬉しかったのですが、

只、開催日が

こちらも毎年訪れていた北潟湖の花火大会『観月の夕べ』と重なってしまい、

『なんだかな~(--;) 

  隣の自治体なんだから・・・ 遠慮とか配慮ってモノが・・・

   後出しジャンケンで日程邪魔しちゃダメなんじゃね~の?』って、思っちゃった。

北潟のお客さん、随分減っちゃったろうなぁ。

とか言いながら、、、我等も三国へ(^^;)

 

休日出勤だったので、定時で上がってダッシュで帰宅。

お嫁ちゃんが用意しておいてくれた食事と飲み物を車に積んで、家族揃って出発。

 

ネットの雨雲レーダー画面でチェックしたら

7時位から降り始めて、今夜はもう止まない感じ。。。(--;) ほ、本降りだぁ。

例年の場所でテーブル広げての食事は諦めて、

九頭竜川堤防に車を停めての観覧にしました。   

時間の関係で現地入りが間に合わない場合

(遅くなると会場周辺の渋滞が酷い)や、

天気がイマイチな時は

いつも此処、保険の様な場所です。

道路上ではなく、往来の邪魔にならないように、

尚且つ水面に面してベストな視界で停められるスペースには限りがあるので

早目の判断でココへ直行することが大切。

 

上手い具合に特等席が確保出来て、

食べ食べ、飲み飲み、、、超賑やかな車内。。。窓開けてるんだけど(^^;)

続々と、前後周辺も他の車で埋まり始めたのだが、

我が家の車中から漏れてた騒音(汗)迷惑じゃなかったのかな?(^^;;;)

注意しても、子供達うるさい(滝汗)

 

定刻通り始まった様で・・・

00
わぁ~い♪

 

音が10秒以上遅れてやって来る。

音速を、だいたい約340m/秒として、河口から4Km弱、、、うん。計算合うな。

01
適度に、充分に離れているお陰で、水中花火もちゃんと見える♪

02
海岸ではなく川の水面だけど、反射する光の美しさは一緒。

波のうねりが無い分、こっちの方が鏡的かな。

03
おっ!二尺球♪

04
遅れてやって来る音もドカン!と大迫力。

ゆ~っくり落ちて消えてゆくのかと思ったら、時間差で変化した!

05
最近の花火は技術のバリエーションが凄いな。

昔からの古い文化、伝統技術なのに、

未だに年々進化・試行錯誤してるのが素晴らしい。

毎年、新作があったりするもんね。

 

雨に煙る生憎の条件でしたが、

フィナーレまで、しっかりと堪能させて頂きました。

06
今度こそ本当に、

夏、おわった。

07
なんか・・・

本当に、

短い夏だったなぁ。

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »