« 久々家族の時間 | トップページ | 続・うみんちゅうぃぃぃけん »

2014年9月27日 (土)

うみんちゅうぃぃぃけん

 

カラータイマーが鳴っている。

頑張り過ぎちゃアカン!活動限界を見誤ると遭難するぞ!

ちゃんと休もうよ。。。仕事(^^;) まだまだゴールの見えない状況だけど、

本当にいつもお疲れ様ですm(__)mな職場の方々と申し合わせて

この週末は思い切って休みにしました。

お嫁ちゃんにも最大限に甘えて、二日とも自分の時間にして貰った。

Imgp3791_00_00_13_00_78

子供の道標になるように、

家族の為に頑張る親の姿。いざって時にはちゃんと踏ん張る姿。逃げない姿。

そんな背中を見せ続けなければならないと思っている。

そして、

それと同じ位、

子供が将来に夢を持てるように、

人生って、生きるって、物凄く楽しいんだって思ったまま大人になれるように、

大人は、ちゃんと、楽しんでる姿も見せ続けなきゃいけない。

そう思っている。

(えっ?それを言い訳に自分の遊びを? え、いや・・・え? ^^;)

 

「きょうドコ行ってきたぁ?なにしたのぉ?」 と聞いてくる子供に、

とびっきりの想い出を、景色を、自然を、友人との時間を、

心の底からの思いで、笑顔で語って聞かせる。

この週末は、久々にそんな父親になることができた。

それが、とても嬉しい。

 

パソコンの画面の中の写真を眺めながら、子供の目が輝く。

「いいなぁーp(><)q いいなぁー」

「いきたい!いきたい!」

彼らの頭の中には、また一つ大きな夢が芽生えたに違いない。

 

 

何をもってして『幸せ』とするかの定義や指標はさておき、

生きる喜びを具現化するような人生が送れている人は、

日々そんな思いでいられる大人は、極少数だろう。そんな人は本当に幸せ。

若い内は勿論の事だが、

例えば定年を迎えて多くの時間や経済的余裕を手にしても

決して『不本意』ではない、目標や生甲斐の伴った時間を過ごせる人は、

メディアがあおって伝える程には、実はそんなに多くないのではないかと思う。

確かに憧れではあるが、半分は現実より遠いこと・・・

そう感じてしまう私に、

素敵な笑顔で話して聞かせて下さった先輩の言。   

「初めて海に漕ぎ出した時に、そりゃもう『見つけたーっ!』って思った♪(^^)」

そんなふうに活き活きと語る人生の達人。

幸せの実感を知っている数少ない大人だ。

こんな方が近くに居て、出逢えて、本当に嬉しい。(^^)

ボクも、

将来に夢を見られる。

自転車でも、山でも、海でも、見るぞー♪

 

見つけたヘヴンズドアの在り処へ惜しみ無くいざなって下さる達人に甘えて、

その扉の向こうへまた行かせてもらう事が出来て、       

ほんと!人生って、なんてわくわくするんだ♪

只海に漂ってるだけで、何でこんなに気持ち良くって心が全開になるんだ!

海と空眺めながら仲間と一緒のお酒は、何でこんなにウマイんだ!

心からそう思えた週末の時間。

そんな時間を下さった仲間に大感謝しつつ、

動画の中ではしゃぐ自分の姿が何て子供なんだと恥ずかしくなりつつ、、

馬鹿笑いのじゃれ合いを思い出してニヤけつつ、、、

前文が長過ぎるなと思いつつ、、、、

そんな、

想い出の日記です。

 

さあ、出発♪

01
出舟したら直ぐに、まず一杯。

02a
袖の下を贈り合う様に回し飲み。

 

青い空に碧い海、正に絵に描いた様な世界へ。

03

04

05

海は何て自由なんだ!

広い海原の方ばっかへ視線が向いてるからか?

目標方向から逸れて、ついつい陸から離れ過ぎる。

06

 

あの島行きますか♪

07
隊長!ドコ上陸しますか?

08
     

プライベートビーチ♪

10
泳ごう♪泳ごう♪泳ごう♪

11
素晴らしい透明度

12
1匹だけですが、ソラスズメダイも見られました。

14

良い画像が抑えられなくて残念。

 

外気は完全に秋の空気ですが、水温は未だ真夏並み。

素潜りでも充分に楽しめます。

16
       

暫く遊んだら、ランチ♪

17
水から上がるとさすがに身体が冷えるので、

メインディッシュは熱々のおでん。

18
何て素敵な遊び。愛すべき自然。

19

20
お腹が膨れたら、もうひと泳ぎ。

21
       

 

充~分楽しんだら、

ボチボチ移動。

再び自由の水面へ。

24

25

26

27
      

そんな気分になったら、そんなものを飲んで。

27b
目に入ってきた自然に吸い寄せられて、

遊んでもらう。

28

29

30

31

気ままに、

人工物の無い世界を、漂う様に移動する。幸せ。

32

33

34

35

36

37

39

進学で故郷を離れ、伴侶と出逢って、家庭を持って、

気付けば厄年も過ぎ、

私の人生の時間は、こちらの県へ移り住んでからの方が長くなった。

第二の故郷が、

こんなにも美しい素晴らしい場所で良かった。

だからこそ此方に住み続ける事を選んだのかもしれないけど。^^

 

そして、

人との縁もまた宝物。

私は本当に恵まれている。

 

40

40a
人生って、ホント素晴らしいな。

40b

43
この海の神様は

その懐に今日も優しく穏やかに私達を迎え入れて下さって、

夕暮れの時間帯は、見事なベタ凪の中で

長く続く余韻を愉しませてもらえた。。。

43a

44

45

46

48_2

48a
あ~ぁ。。。 帰るの?

49
どこまでも、いつまでも、こんな贅沢な時間が続けばいいのに。

50_2

51_2
帰りは前に座ってた私、

度々サボってうつらうつら・・・随分と御一人様労働が続いた筈なのに

最後までニコニコと漕ぎ続けてくれたイケメン船長に感謝。。。

52_2
今日もこりゃまた、素敵な想い出。 海でも、『ざ・でいお』

 

とうとう、

終わり・・・か。

53_2
          

笑顔でゴ~ル♪ (笑)

54_2
    

色々と、ありがとうございました。感謝。感謝。

55
このままココに泊りません?

56
そんな気分の、

素敵余韻黄昏でした。

|

« 久々家族の時間 | トップページ | 続・うみんちゅうぃぃぃけん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1797052/57536261

この記事へのトラックバック一覧です: うみんちゅうぃぃぃけん:

« 久々家族の時間 | トップページ | 続・うみんちゅうぃぃぃけん »