« 午前券 | トップページ | 晴れ晴れ »

2015年1月12日 (月)

幸福にタイトルは要らないです。

 

今日は7時集合。ちゃんと眠れた。身体が楽だ。

向かう道すがら、東の空が美しく開けて気持ちが高まる。

01
ここのところず~っと天気が悪かった(北陸の冬では当たり前だけど)ので、

雲の上の空が見えて陽光が感じられると無条件に嬉しくなる。

 

そこそこ安定的な予報、

今季は序盤から雪に恵まれたシーズンスタートなので山の選択種が多い。

途中のコンビニで作戦会議をしながら目的地へ。

今日は Okd,Hmd,Fumiの三人パーティー。

わくわくの入山♪

02
美しいブナの森♪

大好きな雰囲気に心が浮きまくります。

が、冬には初めてのコースだったので、ついつい甘えて

Okd & Hmd 両氏どちらかに先頭を任せて着いて行く状態になってしまう。^^;

03

(標高が上がってくると、素晴らしく美しい白い森♪ ↑ )

新雪が積もる雪山では、

余程人気の山の遅い時間でなければトレイルは創られていなくて、

ラッセルが必要になる。

深雪の先頭を歩く者の負荷は、後続に比べて極端に大きい。

おまけに、急傾斜地や難所ではライン取りを上手くしないと

後続者に無駄な体力を使わせてしまう。

まっさらの雪面に自分の道を刻んでゆくのは気持ち良いものだが

先行者は相応の責任と負担を負う事になるのだ。

次々と変化しながら現れる視界の情報から的確に判断し

最善のラインを決めてゆくのは、

経験に裏打ちされた自信と、センスが必要。

私は、

まだまだ、自信を持って前を歩くことができない。

 

美しい天蓋の上に時折青空が覗く。

04
抱かれるような森の雰囲気が

たまらなく素敵です。

05
       

先頭を歩かせて頂く際に指示や助言を仰いだり、

隊列がばらけてチョイ不安になる状況などでは

適切な指示やアドバイスがもらえたり、

斜面でのピット試験による弱層チェックなど、

頼れるリーダーや先輩と一緒だと、やはり安心感が大きいです。

でも、それに甘え切ってては自分の成長が無く、

いつまでたっても初心者レベルのままになってしまうので

積極的に技術を吸収し、助言を欲して身にする心を忘れたくないですね。

 

さて、汗掻きながら登り上げた頂上で、

先ずは御褒美タイム♪

06
深めに掘って風除けを上手くして、

使い勝手の良い快適なスペース♪

07
なんだけど、

この宴会場の気温はマイナス9℃以下でした。

08

風が吹けば当然、体感温度はマイナス10℃を大きく下回る。

ガタガタ震えながら飲むビールは・・・美味しいのか?辛いのか?微妙。

 

ガスが次々上って来て視界がイマイチ。

切れて視界が開けたら好機を逃さず行かなきゃ!

って思いながらのランチ。

 

幸せの太陽が顔を覗かせてくれるタイミングが出始めたら撤収!

09
さて、

頂上直下からドキドキのエントリー。

Okdさんが、念入りに雪の状態をチェックして下さって

雪崩れた時の(雪崩の)走路を、地形から丁寧にレクチャーしてくれて、

先頭を切って先ず一本刻んでくれたので

幾分不安は減りましたが

やはり、本日最初の滑降は緊張します。

10
恐々ヘッピリ腰でのスタートです。

 

Hmdさんは、ガスの切れ間を慌てず待って、余裕のエントリー

11
     

樹木への着雪(霧氷ではなく)が酷いので

谷筋へ降りるまでの序盤は特に

暖簾(のれん)や簾(すだれ)が多くて、

へっぽこスキーヤーの私はライン取りに苦労しました。

12

Okdさんは流石、相変わらず滑らかな動きで

タイトな森も綺麗に無理無く抜けてゆきます。

13

14
私は見事に踊らされて(↓) ^^; か、カッコ悪!

15

綺麗な意味ではなくて、

暴れてのパウダー巻上げ(笑)

16
名カメラマンのお陰で、この写真だけ見ると見事なフェイスショット(笑)

 

その名カメラマン、相変わらず巻き上げるスプレーがキメ細やかで、

量もハンパ無い

17

18
カメラを構えるHmd氏を狙いすまして、

わざと!(爆)おもいっきりぶっ掛ける!(笑)

19

やられちゃった(笑)Hmdカメラには

当然、超カッコ良いショットが♪

20
    

で、そのやられちゃったHmdさんも、

しっかりとやっちゃってくれてます♪ かっけー♪

21

22

23

こんな先輩方をいつも身近に見られるルーキーの私は

超、超、幸せです♪ ^^

 

Okdカメラの定点観測。

完全に地に足が着いていない、身体が伸びきっちゃって

次の斜面変化を吸収する余地が無い私(↓)

24

に比べて、

しっかりと板が下を向き、次の斜面に備えて体勢が準備万端のHmdさん(↓)

25
この違いがどんな事を生むのかというと・・・

私は、僅かなギャップ一つに見事に弾かれて

27
飛んで♪

28
ズドン!と突き刺さる(TT)

まあ、無事生還できたケド。^^;

29
      

Hmdさんは自由自在にクイクイ曲がるクイックターンの持ち主。

いつも楽しそうに何も考えずにひょうひょうと滑っている様に見えるけど

その身体能力・運動神経あってこその

あの自由自在な雰囲気なんだよね。

26
楽しそうに跳ね回る様に滑るHmdさんとは少々違って、

Okdさんは、いつもその滑らかさ・身体の柔らかな雰囲気に魅了されます。

お二人共超達人なのに、

スキーの基本はおんなじ筈なのに、

それぞれのスタイルがある。全然違う。

それが素敵。

ボクも、いつか自分のスタイルを持ちたいな。

 

さて、その滑らかOkdさん。

30

板が一番活きる弧の深さを探り当てる、

板が喜ぶ状態を引き出す能力は特筆すべきものがあると思います。

31
それ故に、

力でねじ伏せるような無理な雰囲気が一切無くて、

大回りでも、小さな弧のターンであっても、

あれ程までに滑らかに見える。

あそこまでリラックスして滑られる様になるのは、大きな憧れで目標。

32
私も、

無駄な緊張無く、

こんなふうに山を楽しんで満喫出来る域へ、早く近付きたいです。^^

33

ほんと、心から楽しんでるのが素敵過ぎる♪

34
まあ、

結局みんな、

ボクも、

嬉しくて楽しくて仕方が無いんだ(笑)

35

36

37
下手なボクでもね、あの気持ち良さは、理屈抜きに本物だった。^^

 

でね、

いつまで下手下手言ってんだ、いつまでヘッポコなんだ!って言われても

こんな方々には、絶対に追い付けない気がします。

38

39
でもね、

その背中を追いかけてるだけで、

凄く楽しくて幸せなんです。

 

おまけに、

そんなイマイチな私の中から、

今回もこんなに沢山の素敵な瞬間を切り取って頂いて・・・

40
感謝

41

42
感謝

43
ぶほっ!

大感謝!

 

今日も素敵なトコへ同行が許されて、

本当に幸せだった。

44
カモシカが頑張ってラッセルする姿まで見られて、

本当に幸せだった。

45
     

お二人様、

本当に、

感謝。。。

46
    

まだまだこの先も、

楽しみだなぁ~~~♪

47
雪山バンザ~イ♪

|

« 午前券 | トップページ | 晴れ晴れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1797052/58584704

この記事へのトラックバック一覧です: 幸福にタイトルは要らないです。:

« 午前券 | トップページ | 晴れ晴れ »