« GW後半スタート | トップページ | 帰省2日目 »

2015年5月 3日 (日)

帰省1日目

 

盆、暮・正月、GWは、家族で私の実家へ帰省するのが恒例ですが、

今年は長男が部活の関係で居残り。

それに付き合うお母ちゃんも自動的に居残り。

長女・末っ子・父ちゃん3人での郷帰りとなりました。

 

子供の成長と共に

段々と、こうやって

家族揃っての時間は、細切れに減ってゆくのでしょうね。

 

実家へは直行せず、

ついでに、折角なんで観光に寄ります。(^^)

夕方前に、羽島の竹鼻をフラフラと楽しみました。

毎年GW期間に重なって

竹鼻の氏神である八剱神社のお祭りが執り行われています。

その中で、5月3日だけは、山車の巡行があるので

とても街の雰囲気が高まって、良いです。(^^)

01
それぞれの区が運行する山車は13基ありますが、

約半数ずつの隔年で運行されます。

02

濃尾大地震(明治24年・1891年)

の震災で失われてしまったものもあるそうですが、

焼失を免れた約半数は宝暦より天保年間の製作のものです。

昔からの地場産業が繊維どころであるからか、垂れ幕類が素晴らしく、

唐繰り人形も山車もあり

全13輌が県指定重要有形民俗文化財に指定されています。

03
04
私は、山車の背中に掛けられる 『 見送り 』 と呼ばれる幕が

其々の粋が感じられて好きです。

05

『 竜王の舞 』

 

竹鼻の街は割とこじんまりとしているので、

頑張って歩かなくても充分堪能できます。

06

立派な構えの造り酒屋さんもあります。

07

08
  

風情があるね~(^^)

09

10

11
『 鶴一番図 』

 

街道を西へ入ると、

12

竹鼻別院(真宗大谷派)

13
上町のカラクリ山車

14
境内には、

有名な立派な藤棚が在ります。

15

16
  

帰りは、

静かな、一本裏の通りを戻りました。

17
路面には山車を曳いた痕。

おっ、

また来た♪

18

19

『 張良靴を捧げる図 』 故事ですね。

20

太鼓や笛のお囃子はお約束、幕に囲まれた下の中。

この山車は製作年代が不明だそうですが、

嘉永と明治に改修された古いもの。

伝統あるお祭りは良いものですね。^^

 

祭りの雰囲気を堪能したら、

実家へと向かいます。

 

夜は、御馳走でした。

良い感じに酔って、おやすみなさい。

  
1日目、終了。

|

« GW後半スタート | トップページ | 帰省2日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1797052/59887962

この記事へのトラックバック一覧です: 帰省1日目:

« GW後半スタート | トップページ | 帰省2日目 »