« 我が家の女子様に奉仕 | トップページ | 海。小川。 »

2015年5月10日 (日)

春山満喫

 

つい先日はアッチからコッチを眺め♪

20
今日はコッチからアッチを眺め♪

19
幸せだなぁ。(^^)

 

そろそろ春山スキー最終章。

それならば、とりあえず我らが思いつくのは(↓)コノ感じ。

00
板を履きたかったら、

雪を求め、奥地へ奥地へと

己の脚で、体力振り絞って、力技で、そこまで行かなきゃなんない。

それが、

スタンダードでノーマルなやつだと、先輩方から教え込まれている。

だから、私は、何の疑いも持たずにやってきた。

が、

改めて・・・やっぱ・・・(^^;)一体この遊びのドコがノーマルなんだ!

めちゃくちゃアホくさい程に辛かったです。

 

帰りには、超ハッピーで忘れちゃってるんだけどね。^^

 

今日は Tcy,Hmd,Fumi の3名パーティー。

おっ!王子は流石高級車ですな。

01
私は毎度のAフレーム。

先ずは、重い重い装備を背負って

ヒィコラヒィコラと1時間程のヒルクライムをやっつけます。

02

既に脚は充分満腹な感じですが、ここがやっと入山口。

 

いつもの様に、一礼して鳥居をくぐりました。

03
今日も宜しくお願いします。

 

吊り橋渡って、いざ!

04
1年振りのこの感じ、

いいね~来たなぁ~~~って、幸福感が込み上げる。

 

斜面の雪が繋がってきたら

靴をデポして、スキー装備に履き替えます。

05
帰りにちゃんと見つけられる様に、

入念に地点確認。

 

そして、更に登行。

06
    

避難小屋休憩。

07

今回も、2時半起きの3時間睡眠だったので

眠いのか?低酸素か?二日酔いか?只単に疲れか?

自分の辛さの原因がよく分からない感じで、ぼ~っと・・・。(++;)

回復。回復。。回復。。。

 

急斜面のトラバや藪漕ぎなどをやっつけて

08

尾根の上まで登り上げると、目指す峰がど~ん♪

09
気持ちが一気に上がってきます。

10
      

広大な平原をテクテク歩いて

11

いつもとは違う方からのアプローチ

12

13
雪があると、どこを歩くのかは自分が決めればよい。

この自由さも、雪山の大きな魅力の一つ。

 

2,000mより上は風が強く、上空の雲は物凄い速度で流れていました。

北東方向から押してくる風の上昇気流により、

頂上付近には断続的にガスが造られています。

14
とにかく風が強くて寒いので、

気持ちが萎える。

火のある小屋に入って、

『この後どうする?』って相談。。。

15
補給食をとったり、仮眠をとったりしながら、

『上まで行く?行かない?』

中々決断がつかず、ダラダラと過ごす。。。風止んでくれないかなぁ。。。

 

結局、とりあえず、

広大斜面を戴かずに帰っちゃうのも何なので

『雪が繋がってる肩の方までは行こうよ』

(滑り優先で、登頂にはあんまり興味が無い面々 ^^;)

『とりあえず』は大事だよ『とりあえず』は。

最終結論はね、行って見てから決めれば良いのさ。ね。

 

ね。

 

ほら、

 

すんげ~縦溝 (TーT)

16
こりゃ、滑りはアカンか(笑)

 

それでも、

とりあえず、

雪が切れるトコまで登って

17
(^^)♪(^^)♪(^^)♪

18
上手い具合に、ハイマツの陰で風が無い場所を見つけて

絶景ランチテラス♪

21

22
相変わらず物凄いスピードで雲が流れるのを眺めながら

食べて食べて、お喋りお喋り。^^

24
  

そろそろ行く?

23
撤収。

 

先ずは王子。

26
テレる♪ テレる♪

27
Hmdさんも我慢し切れず(^^)直ぐ後に続く♪

29
ボクも続く♪

30
雪質は申し分ない上質なのに、折角の広大斜面なのに、

縦溝の凸凹が実に残念。。。

でも、ライン取りに注意して

端っこの方を選べば結構平坦で、この辺りはまずまず楽しめました(^^)

31
    

斜面を移動して、

更に楽しむ♪

32
目まぐるしくガスが流れて変化する絶景を楽しみながら

33
わ~い♪

34
  

ホント此処は何度来ても

素晴らしい絶景のスキー場だね。

35

    
なんだけど・・・

37
凄まじいシワシワ(笑)

今更新雪は降らないし、リセットされる事はないだろうから

今シーズンはもう、終了っぽい雰囲気だね。。。(T-T)

 

の~んびり、戻ります。

38
  

最後の最後の大きな斜面。

39
帰るべき尾根へ滑り込む。

40

41

42

43
    

標高を下げると、

目にも鮮やかな新緑。

44

無事、シューズを回収し、

スキーを背負って帰路へ。

45

 

吊り橋渡って

46
再び鳥居を潜って

47
脱帽一礼。

 

今日もありがとうございました。

 

自転車でばびゅ~~~ん!と下って、

無事終了。

 

毎度毎度、

素晴らしいその懐に受け容れてくれた山の神と、

快く送り出してくれる家族と、

仲間に、

感謝。

感謝。^^

 

雪山はやっぱ、

ホント、

最高♪

|

« 我が家の女子様に奉仕 | トップページ | 海。小川。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1797052/59968817

この記事へのトラックバック一覧です: 春山満喫:

« 我が家の女子様に奉仕 | トップページ | 海。小川。 »