« 末っ子、中一の夏を迎える。 | トップページ | 末っ子と自転車二人旅 往路 »

2015年8月15日 (土)

末っ子と自転車二人旅 出発

00
『 行く 』 と、

私の心の中では随分前から決まっていましたが、

行先、コースについては直前まで悩みに悩みました。

 

やはり様々な不安があり、

いざという時には妻が車で駆け付けられる距離感、土地勘の範囲に居たい。

 

トンネルや、交通量の多い国道などは極力避け、

安全に移動できる道、区間が出来るだけ長く・・・といったコース設定は、

リスクを減らす安全の観点からは勿論、精神的に『楽』である事にもつながる。

楽しめる道中であることは、子供にとって物凄く重要。

また、目的地や、到着先の『わかりやすさ』 『実感の得易さ』 も欲しい。

子供は、只漫然と長い距離を走らされても苦痛でしかないから

出来れば、走る目的があって、

その先に、『ついたぁー!』 とか 『やったー!』 という実感が湧くのが理想。

 

体力的負荷については、長女・長男の時もそうであった様に、

『これなら大丈夫』 という想定の範囲内で遊んでも余り意味が無いと思うので

ぶっつけ本番無謀承知で、それなりに長い距離に挑戦させたい。

 

そんな様々な想いは、

長女との初めての挑戦の前も、

ぐるぐるぐるぐると頭の中で巡らせて、地図と睨めっこして悩んでいた

あの時と重なる。

結果、『このルートがベスト』 と導き出される結論はやはり同じで、

金沢往復となった。

 

只、自宅発着としてしまうと

坂井平野の先、県境を挟んだ丘陵地帯に結構なアップダウンが在るので

ハンデのある末っ子には少々辛い。

あの辺りは、何所を通っても、坂が在る。

あまりに余計に長くなる迂回は嫌だし、、、

車で何処かまで行ってからの発着とするか・・・

行先が決まってからも随分と悩んだのだが、

最終的には、

やっぱ家からかな・・・それが、やっぱよかろう・・・。

 

帰った時に、家の玄関を開けて、

そこにお母さんが待っていてくれる事が、

彼にとって、最高の旅の締めくくりになるに違いない。

 

覚悟を決めて、自宅から。

坂道もゆくこととした。

歩けばいいんだ。歩けば。

時間を掛けて。  

子供の能力は、絶対に親が思っている以上。

長女の時も、長男の時も、そうであった。

この事は、自信を持って、間違いない。

 

ちゃんと、

ゴールさせてみせるよ。

 

 

朝6時、お母さんに写真を撮ってもらって

01
(良い笑顔。^^)

 

さあ、行くよ。

02

 

     
 

家族にとって大切な想い出なので、

記憶と感激が薄れぬ内に、ちゃんと記録に残したいと思うのですが、

中々時間がとれず

まとめて日記を書くことが難しいので、

少しずつ、小分けにでも進めてゆこうと思います。。。

 

出発!

|

« 末っ子、中一の夏を迎える。 | トップページ | 末っ子と自転車二人旅 往路 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1797052/61237208

この記事へのトラックバック一覧です: 末っ子と自転車二人旅 出発:

« 末っ子、中一の夏を迎える。 | トップページ | 末っ子と自転車二人旅 往路 »