« 秋の社会科見学 | トップページ | 海・川 »

2015年10月 3日 (土)

01

長らく通行止めだった林道がようやく開き、

いつもの仲間といつもの山で、

いつものレクリエーションを楽しんできました。

 

ほんのり色付き始めた山道を、

02
あの一番奥地まで。

03
アップダウンの尾根を行きます。

 

見晴らしの良い峠で一服していると

04
南側の谷から尾根を越えて北側へと、

次から次へと沢山のアカトンボが渡ってゆきました。

05
ペアで繋がったままのものが半数程を占めています。

アキアカネ(赤トンボ)は、

里で生まれ ~ 暑い夏は涼しい高山へ移動し ~

秋になって気温が下がると再び里へ下って生殖活動 ~

といったライフサイクルで、

大変長距離の移動(渡り)をする生態である事が知られていますが

ここは里地までまだ距離のある山奥、

交尾しながらの長距離移動? (^^;)

 

目指す山容は、中々に雄大で魅力的な眺めで

徐々に近付いてきます。

06
振り返った方には、

これまた魅力的なトンガリが望める。

07
  

爽やかな秋の空気の中、

汗して尾根道を進みます。

08

09
高度感が出てくると、

リンドウの花が見頃を迎えていました。

10

11
黄花は、アキノキリンソウ?ミヤマアキノキリンソウ?

12
道中、ナナカマドの赤い実もそこかしこで見られました。

葉の色付きは未だありません。

13
  

幾つかの小さなピークを結ぶ稜線の道を進み、

14

15
4時間近く掛けて山頂へ到着。

16
  

汗を掻いた後の語らいは、とても清清しく大好きな時間です。

17
皆さん次のシーズンへ向けて、早くも山スキー新機材の情報交換。

物欲トーク全開! 楽しそうですね(^^)(笑)

 

帰りもまた、

アップダウンの辛い道。

18
運動不足の中年には、本当に辛い辛い行程でした(T-T)

コリャあかん!

こんな脚じゃ雪山行けん!

今度こそ本当に、トレーニングの必要性をひしひしと実感。

ヘロッヘロでの下山でした。

 

にしても、

山はいいですね。(^^)

素晴らしい自然に癒され、

19

また直ぐにでも山へ行きたい気持ちになりました。

    

身体はとっても疲れたけれど、

行ってみればやはり、

山は、

とっても幸せな場所、時間でした。^^

 

山の神、家族、仲間。

感謝。

感謝。

 

 

やりたい事、

予定、

欲しいもの、

あれもこれも・・・

いっぱいだ。

全く、

幸せな事だ。^^

|

« 秋の社会科見学 | トップページ | 海・川 »

コメント

金草岳からの景色、素晴らしいですねgood
冠山峠までの通行止めが解除になったので
私もその山か冠山に近々登りたいな~っと思っていたところですhappy01

しかし超強脚の貴兄でも山頂まで4時間も掛かるんですねbearing
ちょっとビビってしまいました(。>0<。)

投稿: taizo | 2015年10月 9日 (金) 12:54

taizoさん、どうもぉhappy01

標高の数字以上に、『山らしい』山ですよ。^^
玄人好みというか・・・
その分、反対側に在るトンガった山よりも人がうんと人が少なくて静かなのも良いと思います。
華やかさは無いですが(笑)何度も訪れる内に、魅力が増して来ました。

調べて頂くと簡単に分る事ですが(^^;)
コースタイムはもっとうんと短いです(笑)
今回は、いつもの作業をしながらだったので・・・。

投稿: Fumi | 2015年10月 9日 (金) 22:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1797052/61894921

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 秋の社会科見学 | トップページ | 海・川 »