« 三連休 | トップページ | そろそろ山スキーはじまるよの会2015 »

2015年10月18日 (日)

越えた向こうに在る幸せ

00

最高のシエスタ。

ナポリの空に、ナポリタン♪

18
意味は無いです。

ナポリ行ったこと無いです。。。(^^;)青空が余りにも青かったので。。。

  

 

風邪が内臓に来てしまい、土曜の日中から急に体調不良になった。

下からも上からも・・・(ToT)ゲロゲロ~ 結局頭痛も・・・って感じになってしまい

職場を早退。。。すんませ~ん m(__;)m

幸い、インフルエンザや、ヤバイやつではありませんでした。

ちゃんと安静にして、気合で!一晩で直す!

 

だって、

雪山ばかりか海でもやっぱ自由人な先輩仲間からの、

嬉しいお誘い。

 

自由な心は軽い。大きな行動をたやすくする。

何も、事も無気に、まるで特別な事では無い様に、

普通ならば中々越えられない一線、その一歩を

あっさりと踏み出して、越えて、その先へ行ってしまう事ができる。

自由な心を持った人は、何事も、自分の中のハードルが低い。

御本人は全くそんな事を意識している訳では無さそうで、

気負った雰囲気など微塵もまとっていないのだが、

穏やかでひょうひょうとした人間性に隠されて見えないだけで、

誰にもそうそう簡単には真似出来ないレベルの

並外れた行動力と価値観を潜在している。

 

そんな、自由人な方々に縁が頂けた事が、

その生き方、価値観に触れられる事が、

私の人生にとって

本当に尊い、幸せな事だと実感している。

 

そのお陰で、この週末もまた

一緒にガハハと笑わせてもらえて、子供みたいに遊んで、

素晴らしい時間、素敵な癒しを頂くことができました。

そんな幸せに、

感謝に堪えない。

01
朝の内は雲が多かったですが、

気象条件的には不安ゼロ♪ この上ない日です。

01a

出船!

 

出入りが舟に優しいのはやはり砂浜ですが、

漕いで巡るならば複雑な地形の方が魅力的。

荒々しい岩場、人口物の無い森の海岸に心が躍ります。

02
素晴らしい透明度の海、海中を眺めて徘徊するように、

気の向くまま、の~んびりと進みます。

03
気付けば頭上はどんどん快晴!

無風!ベタ凪♪

鏡の様とまで言い切るにはもう一歩ってトコですが、

パドリングで、すーっと滑るように軽く舟が進む感じは、

こんな、凪いだ時だけの気持ち良さです。^^

04
気持ちいい~~~♪

05
  

「あの洞窟入ってみましょう♪(^o^)」

06
微速前進!

07
行き止まり!(^^;)

意外に奥まで入れたケド、狭いのでそのままバックで出なきゃ。

 

次行ってみよう♪

 

わお!

水海月♪大量(笑)

08

綺麗♪ボク嫌いじゃないです(^^)
08a

 

徘徊、徘徊。探検、探検。

09a
あれ?狭い?と思ったけれど、

09b
右奥へ繋がっていて、通り抜けられました。頭上注意!

10

いいなぁ、

自然相手は。

11
昨晩までの辛さは何処へやら。

純粋にわくわくする子供の男の子みたいに戻って、

身も心も、嬉々として・・・。

 

『 海月 』 と書いて 『 クラゲ 』

『 水母 』 と書いても 『 クラゲ 』

これは、訳す際に参考とした元の言語の違いで、

クラゲを海の月と見たのがポルトガル人の感性、

水の母と表現したのは中国の感性なんだそうだ。

12

素晴らしい芸術的な演出♪

13
綺~麗~♪

 

さて、

プライベートビーチへ上陸!

14
集落も道も無い奥地の海岸。

貸し切りです♪

15

わぁ~い(^^)(^^)(^^)

16
ランチタイム

17

 

楽しいお喋りと食事で満腹になったら・・・

極上のお昼寝。

22
    

少し散歩へ出掛けます。

23

水面から1~2m以上ある高い場所の水たまりに、

小魚やエビ達がいて、ちょいとびっくり。^^

24

 

砂浜の奥地も凄かった。

25
可愛い赤ちゃんの手の様な、サルの足跡。

26
  

これは、

控え爪(後ろ側の副蹄)の跡が無いから、イノシシじゃなくって・・・シカでも・・

27

カモシカの形だと思うけど、この辺りにも居るのかな?

海にも来るのかな?

 

犬に似た形で、一直線に歩くこの感じは

キツネかタヌキ。二つ揃うこの感じはタヌキっぽい。

28

 

人里離れた奥地の浜は、

まるで野生の王国でした。

29
↑ コレ全て、野生動物の足跡です。(^^)スゴイね。

完全に、ボク達人間の方がストレンジャーだ。

 

そんな場所をお借りして、

遊ぶ♪

29a
強い陽射と砂利浜で温められた水温が意外に快適で、

10月も半ば過ぎだというのに、

気持ち良く泳いで楽しむ事ができました♪

29b
完全にガキに帰った(笑)

29c
クソガキ。

 

プライベートリゾートを満喫したら、

再び海を越えてゆく。

30

次はアノ島行きましょう♪ 洞窟見えてる。

31
舟を降りて洞窟探検。

奥へ進むと、人一人分の体の厚み程度の隙間になって、引き返し。

32
もうちょっとで向こう側へ出られそうなんだけどな・・・

 

島を周り込む

33

徐々に陽が傾き始めていますが、

時間なんて気にしない。もっと遊びたい男児達。^^

34

水面に居ると、本当に自由感が素晴らしい。

当初話していた感じよりも、随分と延長・・・(^^)

35

探検、探検。
36

 

この辺りも素晴らしい透明度。

37
視線を下ろして、ふと脇へ目をやれば、

こんな感じです。

38

岩場を泳ぐイカの姿も、手に取るような距離で見られました。

 

そして、

この島の地形も素晴らしかった。

39
地形ってより、地層が。

40

帰宅後調べたら、ここの岩は『頁岩(けつがん)』といって

長い年月を掛けて水底に堆積したものが固まっていったもの。

41
積み重なった層がそのまま岩になっている。

そして、

理科の教科書で習ったでしょ? 『 褶曲 』

地層が、地殻変動によって見事に折り畳まれています。

42
すげーなー♪ ほんと、見事。

 

さて、そろそろ戻ります? もっと居たいけど・・・

43
ゆる~く、ぼちぼち。。

44

 

ミズクラゲは刺さない。

45
( と、思っていたら、

 ウィキペディアによると、

 『刺されてもほとんど痛みを感じることはない』だってさ。^^

 平気だと思ってたけど、実はボクも刺されてるのか。^^; )

 

な~んて感じで、

ついつい後ろでサボってたボク。^^;

 

帰りたくないなぁ。。。

46
  

仕方なく、

 

帰還。

47
  

最後まで無風。

 

青空。

 

今日も素晴らしい1日だった。(^^)

 

 

 

後片付けが、

大変なんですよね・・・(^^;)

48
いつもほんと、

ありがとうございます。。。m(__)m

 

今日もまた、

その懐に優しく受け容れて下さった自然の神と、

優しく受け入れてくれる仲間と、

快く送り出してくれた家族に、

感謝。

 

感謝。

|

« 三連休 | トップページ | そろそろ山スキーはじまるよの会2015 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1797052/62124899

この記事へのトラックバック一覧です: 越えた向こうに在る幸せ:

« 三連休 | トップページ | そろそろ山スキーはじまるよの会2015 »