« 白い幸せ。極上のスタート。 | トップページ | ここ一週間程の日記まとめ »

2016年1月24日 (日)

A面から始まる恋

 

今季一番どころか、40年に一度の寒気らしい。

奄美大島では115年振りの雪らしい。   

 

『不要不急の外出は控えてください。』 の

ニュース アナウンスは聞いていても・・・

 

それでもね、

寒気が入るって事は、

幸福の白い粉。

だよね。^^

 

気象条件が厳しい時ほど

雪質には期待を持たせるので・・・

 

行っちゃうんだよね。^^;

01

 

風も雪も止む気配無し。

ってか、そんなことは

そこまで期待してない。

穏やかなになってくれたら・・・まあ、だったらラッキー♪

って感じ(^^)

 

当然、自然相手の事だから、

無理なら深入りは禁物。

こんな気象条件でも

「〇〇までの斜面で遊ぶのもアリですね。」

「稜線の手前のコッチの斜面でも風裏でいいんじゃない?」

なんて相談しながら遊べるのは、

気心知れた信頼できる仲間と、

勝手知ったる山域だからこそ。

 

スキーがメインのメンバーは、

斜面にしか興味が無いんだよね(笑)

 

結局、こんな日でも

楽しくワクワクの入山♪

02

03
雪の森は、

本当に美しくて癒されますね。^^

04
仕事を言い訳にブランクが長く、友人達よりも体力が劣っている私。

今日は、Hmd、Got と三人パーティーだったが、

ず~っと二人の背中に甘えっきりで

非常に申し訳ない気持ちで一杯だった。

ホント、

ありがとうございます。

05

 

車が在ったのに

駐車位置までの轍も消えていた事から

我々よりもかなり早い時間のスタートと思われる先行者がいて、

そのお陰で

トレースを最大限に使わせて戴けて、

本当に有り難かった。

只、

(^^;)

超超直登系の無駄無いライン取りで、

(キツイ傾斜も巻かずに一番効率的なルートだが、

 相応の体力とスキルが無ければ行けないコース。)

この新雪ラッセルの状況で只者じゃない事がありありと判る道。

トレース使わせて貰ってるのに辛かった(笑)

06
こんなにラッセル頑張って下さった方、

「是非顔を見てお礼を言いたいね。」 

って話しながら進んでいたら、

人の声が近づいてきて・・・

吹雪の向こうから近付いてきた顔は・・・

「ゲンちゃん!(^^)」

その顔を見て、

納得。

そりゃぁ、

そんなラインでも登っちゃうわな(笑)

納得。

ほんと、

こんな日にこんなトコ来るのは

好き者(笑)

山岳会のパーティーの方々、

先行でのお働き本当に感謝。

ありがとうございました。^^

 

今日の天候では、

ソコまで行けないと思っていたのだが

トレース使わせていただけたお陰で、

奥の斜面へ入る事が出来た。

 

先ずは、

雪は、

滑ってみなきゃ分らない。

スキー場のゲレンデじゃない自然の雪は、行くたんびに必ず違って、

想像を超える喜びがあったり、

その逆もあったり(^^;)

斜面へ入る前は、

まるで、

初めての女の子とデートの待ち合わせをしたような、

そんな状況。(*^^*)

 

面に恋して、

めっちゃドキドキするんです。

面を前にすると、

飛び込みたくなるんです♪

 

でもね、

デートや合コンには外れもある訳で、

今日のはちょっと重かった。(^^;;;

 

それでも、

結局やっぱドキドキは楽しい♪(^^) んだよね。

 

とりあえず、ひとまず滑走をして納得したら、

やっぱ、

ビール♪

07
背中に格納していた補給用の飲料が

凍ってシャーベット状になっていた程の低温でしたが、

ガタガタ震えながらでも、

やっぱ仲間と乾杯!

 

むちゃくちゃ寒かったぁーーーっ!(笑)

 

その後も、

本能に任せるメンバーと一緒に

美味しそうな斜面を物色しながら、

満喫♪

 

ゴツイ、厳冬用のグローブでは細かな作業が億劫なのと、

厳冬期の雪山で私自身に余裕が無いので

全然、仲間の滑降シーンを撮影出来なかったのだが、

いつも優しく気遣いの Got が押えてくれていたので

その画像を貼っておきます。

(私のシールトラブルにも心遣いをくれたり、

 まだまだスキル不十分な私でも安全な様に配慮して

  隊列の前後を行き来しながら、細やかに動いてくれる事に

  いつも、本当に、感謝。^^)

 

で、

そんな Got が残してくれた

今日のボク達の

幸福ショット!

08
Hmd さん、どんな雪質でも流石に楽しんでますね♪

タイトな林間でもスゲー!!!

09

10_2
片栗粉的な、

いかにも北陸な重いパウダーだったのですが、

ボクは、それでも充分幸福でした(^^)

11

重くても、

フカフカなんだもん♪

12_2

急斜面でも、

『ふわり』 と下りられる。^^

13

やっぱ、

どんな時に行っても、

雪山は、

素晴らしいです。

 

感謝。

 

感謝。

|

« 白い幸せ。極上のスタート。 | トップページ | ここ一週間程の日記まとめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1797052/63622618

この記事へのトラックバック一覧です: A面から始まる恋:

« 白い幸せ。極上のスタート。 | トップページ | ここ一週間程の日記まとめ »