« 出動準備 | トップページ | A面から始まる恋 »

2016年1月17日 (日)

白い幸せ。極上のスタート。

 

ようやく、

地元に近い山にそれなりの降雪があった。

皆、待ってましたとばかりに、

週末が近付くにつれてメールの遣り取りや情報交換が頻繁になって、

自分も、

どんどんと気持ちが盛り上がる。

 

 

放射冷却で冷え切った日曜の朝。

路面がツルツルでスピードが出せない。

逸る気持ちが、更に逸る。逸る。

01
『 ザ・ディ男で晴れ男で正月のおみくじが大吉な男  』 の今シーズン初出動は、

見事な快晴の朝焼けでした。^^

 

向かう道すがら、

北陸ではよくある道路脇の温度表示(外気温や路面温度)は、

-7℃! や -9℃!!!

山間の目的地は心底凍える現場でしたが

02
気持ちの熱さがそれを上回って、気にならない。

 

駐車場所の路面には、

低温が創り出した芸術作品。

03

04
   

新雪パウダー時期に

気温が低いのは喜ばしい事。

融け始めてグズグズに腐った雪は滑っても全々楽しくないからね。

 

今日の雪質は期待できる。

 

問題は、

雪の量。

早く確かめに行きたい!

 

ハイクアップ!

05

 

残念ながら

序盤はやはり薮が目立ちました。

06
まだ埋まってないなぁ。

標高が低い場所では、

まだまだ滑れる箇所・面積が限られるね。

 

それでも、

低温が創った雪面の美しさが素晴らしくて、

心はうきうき。嬉々として進む♪

07
やっぱ、

雪山最高です。^^ ♪

 

青空も最高ーっ!

08
今日同行が許されたメンバーは、Okd、Got、Tcy,、Hmd、そしてボク。

白い山で仲間と過ごす久々の時間。

久々に眺める頼もしい背中。

嬉しくって仕方が無い。

09
雪山に居るだけでも幸福感は溢れ出る程ですが、

+α

やっぱ、みんなと一緒が、

最高に、

幸せです♪

10
   

そして、

斜面へ飛び込む快感♪

11

13

14
皆に続いて、

ボクもおっかなびっくり。

ドキドキで。。。

15
例年なら、

シーズン初め、クリスマス頃にはゲレンデ(スキー場)で初滑りを終えているが

今年はぶっつけ本番。

今日が初滑り。^^;

16
ドキドキでの1本目でした。

17
素晴らしい雪質に助けられて、

気持ち良くって♪

楽しくって♪

やっぱ、

自然のままの雪面は、

超難しいけど、

超楽しい!

 

入ってみなきゃ分らないその雪質、難しさ、地形、

毎回が初体験のような

そんな新鮮なドキドキとワクワクが、

山にはいつも、何回行っても

ある。

 

たまらない。^^

 

失敗しても、悔しくっても、

それでも楽しい。

次への気持ちがむくむくと超ポジティブに湧き上がってくる。

 

こんなに、心臓止まりそうな程に心拍が上がっているのに

何故か超々プラスの浮いた気持ち、心。

普段の生活の中では、

こんな感覚には

中々出逢えない。

 

山スキーは、

本当に魅力的なスポーツ、遊びです。

 

そして、

ボクがこんな気持ちになれるのは

純粋な雪山の魅力は勿論だけれど、

とにかく、

身近に居る先輩仲間の技術の凄さと、人間性の魅力によるところが大きい。

皆の背中を追いかける気持ち。憧れ。

一緒に過ごせる時間への感謝。

今日もそれを改めて思った。

 

そんな仲間達は、  

貴重な斜面を食い荒らさない様に、

ちゃんと大事に大切に戴く為に、

お行儀良く端っこから食べてゆく(笑)

19a
人工の圧雪ゲレンデとは全く違う深いシュプール。

新雪へのお絵描きは一発勝負で、

上書き・描き直しはありえないから、

1本1本が無駄に出来ない。

なにせ、

自分の脚で、汗掻いて登って稼いだ標高差だからね。

『1本』 に掛ける想いは、格別。

 

頑張って登り返して、

また、

わくわくの1本。

それの繰り返し。

 

1本1本が、

無駄には出来ない。

 

 

登行と滑降では装備の変更が必要なので

登り上げたら一旦板を脱ぐ。

その途端、

浮力を失った足元が不安定に一気に沈。

19
この、フカフカの雪だからこその幸せ♪

今日の雪質は、

随分と贅沢なものでした。^^

 

 

こんなに高負荷な、まともな運動をするのは半年以上振り。

始めの内は気持ちが身体を引っ張っていて気になりませんでしたが、

やはり体力低下は顕著。

オッサンの脚は、あっという間にMPP(ももパンパン)

(T-T) 

四本目の滑走へ入ろうとする仲間を羨望の眼差しで見送りながら

ランチテラスの設営係に変身しました。

20_2
早く出られない者。

帰りのリミットが決まっている者。

皆それぞれが終日一緒の行動は難しい1日だったのですが、

お昼は一緒に、^^

新年会♪

22_2
カンパーイ!!!!!

氷点下だってビールは美味い!^^

 

こんな、雪の上でのお喋りも半年振り。

楽しいなぁ。。。

21
  

お喋り満喫したら、

帰りのバスの時間が迫ってるメンバーは早目の撤収。

23_2
  

午前中は青空快晴最高のお天気でしたが、

午後へ向けて徐々に曇り。

それが幸して、午後からも雪は腐らず

最後まで幸せな滑りでした。

 

久々に見る Got の滑りはやっぱり圧巻。

24_2
そして彼もまた、

ようようシーズンが始まった事が嬉しくって仕方が無いみたい(^^)

25_2

24a_2

26_2
  

そして相変わらず流れる様に滑る Okd さん。

28_2

29_2
 

新板だった王子も嬉しそう。^^

30_2
パウパウ♪

32_2
  

ボクは相変わらずケツが引けていて(^^;)

33_2
まだまだ精進が必要です。

34_2

初めてのスキーがいきなり山でどうなるかと思いましたが、

昨シーズンの感覚は簡単に蘇りました。

また直ぐに、山行きたいなぁ。

 

問題は、

体力だな(笑) ^^;
  

 

午後からはハロが出て高曇り。

35
とてもとても幸せな一日でした。

 

山の神と、

家族と、

仲間に、

日々感謝する季節がまた始まった。

 

皆様、

今シーズンも宜しくお願いいたします。(^^)

|

« 出動準備 | トップページ | A面から始まる恋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1797052/63530813

この記事へのトラックバック一覧です: 白い幸せ。極上のスタート。:

« 出動準備 | トップページ | A面から始まる恋 »