« ここ一週間程の日記まとめ | トップページ | 悪天週末の過ごし方 »

2016年2月 7日 (日)

冬の休日の幸せな過ごし方

00

 

明日のあなたは、一日自由に過ごす事が出来る。

 

夜半までは雪がちらついて、ぴゅーぴゅーと風の音が気になって

すんなりとは眠りに就けない。

 

でも、

明日の天気予報は良い。

夜が明ければ・・・

そんな休日がやってきたら、

頑張って早起きをしましょう。

 

眠い目をこすりながら玄関を出てみれば

路面は凍て付いていて、

危うく転びそうになるので注意が必要です。

 

車のフロントガラスには霜がおり、

薄っすらと粉雪が乗っていれば、

それは、

幸福を約束するサインです。

さあ、

山へ向かいましょう。

01

車は、

どんどん膨らみ続けるわくわくを乗せて走ります。 

 

さあ、

山へ入りましょう。

02

一緒に過ごす事の出来る気の置けない友人が居れば、

あなたの幸せは更に増します。

 

昨晩までの新雪で真っ白にリセットされた景色の中へ歩みを進めるのは

寒さを忘れるほどの爽快感です。

03
あなたはきっと、

上へ上へと、気が逸るのを押えられなくなる筈です。

04
  

危険だったり、辛い場面もありますが、

それが山です。

頑張って。

05
友と声を掛け合いながら、

焦らず、

危険な場所では、

出来るだけ距離をとって進みましょう。

 

協力して助け合いながら進む行程で、

きっとあなたは、

声を掛けてくれる存在の在り難さを思い、

友人の背中の頼もしい大きさを知る事が出来るでしょう。

06
  

眺めの良い場所では、足を止めて

心をほどいて

友との会話を楽しむのも良いです。

07
  

そうして、汗して進む内に

やがて、

白く美しい森があなたを包んでくれている事に気付いて

08
登りの辛さなんて忘れてしまうはずです。

09
天蓋を見上げて、

報われたあなたは、

間違いなく、

幸せを実感し、噛み締めます。

10
  

友人からも、笑顔が湧き出ているに違いありません。

11

 

さて、

美しい景色に癒されながら時を忘れて進みますが、

神様は、

誰でも受け容れてくれる訳ではありません。

 

あなたを試す

試練を与えます。

 

氷化して滑落しそうになる急斜面に敗退せず、

是非、打ち勝ってください。

12
そうすれば、

その先に、

御褒美の絶景が待っています。

13
立ち止まって、

上がった息を整えながら、

緊張の行程を乗り越えた事を振り返りながら、

目の前の光景を、

心に、

脳味噌の隅々に、

焼き付けましょう。

14

15
 

我に返ったら、

山の神が 『 おいでおいで 』 している様に感じられる筈です。

16
迷わず進みましょう。

17

ふと振り返れば、

あなたは

天国に限りなく近い場所に居る事に気付いてしまいます。

18

19

20
この、

白い神に魅入られたら、

きっと、

もう、

あなたは、

この幸せから逃げられなくなります。

21
この先は、

どこまで進んでも、

天国です。

22
気持ちは、

心は、

高揚を通り越して、

どんどん開放されてゆきます。

23
  

頑張って頂上に辿り着いたあなた達を

神様は、

粉雪の紙吹雪で祝福してくれるかもしれません。

24
  

山の中では、

あなた達は自由です。

心に任せて、景色の良い方へ向かって、

25
是非、

友と一緒に乾杯し

26
食を共にしましょう。

 

きっと、

絆が深まるはずです。

 

どうですか?

会話は充分楽しみましたか?

腹の底から、

一杯

ガハハ!ワハハ!と笑いましたか?

心もお腹も満腹になりましたか?

27
ならば、

OKです。^^

 

雪山の幸せ、

充分過ぎる程実感しましたね。

 

 

それなのに、

 

更に欲張りな人は、

『 雪山は尾根を歩け 』 の教科書の言葉を知りつつも、

斜面へ入ってしまうのですか。。。

28

29
まあ、

それも良いでしょう。

欲するのなら、

止めません。

30

31
あなたは

粉まみれになって転げ回るかもしれませんが、

きっとそれも

楽し過ぎて仕方が無い筈です。

32
友の滑りに歓喜の声を上げ、

33

34

35

36
自分自身も気付けば楽し過ぎて叫んでいる。

37

38
  

時を忘れて遊び、

 

驚くほど早く時計の針が進んでいて、

 

黄昏が迫る気配を感じたら、

 

きっと、

名残惜しくて

寂しくてどうしようもなくなるでしょう。

39
仕方ないです。

帰らなきゃね。

40
  

そうそう、

気遣って撮影に徹してくれて、

本人の滑走シーンが1枚も無い優しい友人への感謝を忘れてはいけません。

 

 

友人達は、何であんなに普通に滑る事が出来るのか?

自分は全く思う様に曲がる事が出来ず、

羨望の思いを改めて感じ、

何度も何度も粉まみれになって、

身の程を思い知らされて、

『 自然の雪 』 『 自然の雪山 』 の奥深さ、厳しさを知ってしまったあなたには、

① もうやめたい

② もっとやりたい

の二択が準備されています。

 

チクショーッ!!!

 

技量不足。

筋力不足。

 

私は、

早く次の山へ行きたくって仕方が無いのです。

 

雪山には、

底無し地獄の天国があるのですよ。

 

(^^)

やめられないね。

 

|

« ここ一週間程の日記まとめ | トップページ | 悪天週末の過ごし方 »

コメント

いいな・・真っ白!
かっこいいし!(^^)!
見ていると行きたくなってしまうけど
雪山は綺麗ですね

投稿: みれ | 2016年2月12日 (金) 10:45

みれさん、こんにちはぁhappy01
何だかんだで、銀杏荒島と、普通に冬山行っちゃってるんですね(笑)
調子良さそうで(^^)

昨日の祝日も猛烈にピーカンの山日和でしたが、
ボクは休日出勤でした(T-T)

滑ってますかぁ?

投稿: Fumi | 2016年2月12日 (金) 12:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1797052/63855563

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の休日の幸せな過ごし方:

« ここ一週間程の日記まとめ | トップページ | 悪天週末の過ごし方 »