« 多忙週末 | トップページ | 行灯水母 »

2016年8月11日 (木)

三国花火

01
此処のところ巡り合わせが悪かった三国花火・・・

一昨年は雨に泣かされ、

( 悪天により中止

  → その後、多方面からの要望により一ヶ月後に復活再開催

   → にもかかわらず、またも酷い雨 )

昨年は仕事が忙しくて残業生活。

平日に早く帰る事が困難で、行くことが出来なかった。

 

三国花火大会は、

地元に路線を構える鉄道会社主催で始まったのが起源だそうで

今年で36回目となる伝統あるイベントです。

毎年曜日に関係なく8月11日開催なので、

平日に当る年とそうでない年があったのですが、

今年からは何と、

改正祝日法により新たに追加された国民の祝日 『 山の日 』 になりました。

おまけに今年は、

『 坂井市制10周年記念大会 』 とうたわれ、

例年の約1.5倍の打ち上げ数、内容がアナウンスされていたので

混雑は必至。

天気予報も、晴れ100%!!!

 

自宅から会場までは車で15~20分程なので

いつもならば裏道を走って直前に会場入りする感じなのですが、

今年は余裕を持って2時間前に現地入り。

02
心地良い風に吹かれながら、

の~んびりと夕飯をとりながら過ごしました。

03
家族揃っての、こんなゆったりと流れる時間は久し振りです。

04

05
振り返れば・・・

満員御礼

06

 

良い感じに酔いが回ってきた頃に・・・

 

きた~~~♪

 

07

08

09

10

11

12

 

三国といえば、地の利もあって

他の花火大会ではあまり見られない、盛大な水中花火が有名です。

13

これは、火を点けた玉を舟から海へ投げ込んで逃げるという

何とも分かり易い驚きの方法で行なわれています。

 

そして、もう一つの名物が

二尺球。

14
目の前で見ていると、

身体を突き抜けて後ろへ飛んでゆく衝撃波が爽快です。^^

15

ドカン! と開いた華は、

携帯のカメラでは画角に収まらないサイズ、視界いっぱいを覆います。

16

17

18
こんなふうに開いた球は、

19
こんなふうに変化

20
素晴らしい!ニッポンの美♪

21

22

23

24

25

26

27
代々打ち上げを担当しているのは、長野県の煙火店だそうです。

創業は明治時代の老舗。

無論技術力も高く、

今回は、昨年の全国新作花火競技大会の優勝作品が披露されていました。

ドカン!と開いて

A

飛び散った、控え目に青緑色に輝く星が、

不規則な方向へと、す~っと弧を描きながら飛び回ります

B

すんません。。。静止画では全く伝わりませんが(^^;)

その姿が正に、蛍の乱舞そのもの。

予想だにしなかった光景に

観客からは様々な感嘆の声が沸き上がっていました。

  

そして、

例年よりも『盛っている』今年の花火、

フィナーレへ向かってが素晴らしかったです。^^

28

29

30

31

32

33

おぉ~~~

34

35
伊那火工堀内煙火店さん、やり過ぎです(笑)

36
最期はもう、

玉の識別がつかない程でした。^^

37

38
大爆音!!大歓声!!!

 

いつまでも、

余韻に浸っていたい、

そんな素晴らしいフィナーレでした。

39
飛び散って、

消えてゆく星屑が、

実に美しかったです。。。

 

素晴らしい夏を

ありがとうございました。

|

« 多忙週末 | トップページ | 行灯水母 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1797052/66964867

この記事へのトラックバック一覧です: 三国花火:

« 多忙週末 | トップページ | 行灯水母 »