« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

中年オヤヂの醜態

 

22時を回ったら仕事を切り上げ、

途中、コンビニへ寄ったりしつつ、

22時40~50分には自宅に着く。

 

時間が勿体無い。

荷物を置いたら直ぐ、

大振りのコップに1~2杯の水をガブ飲みし、

おもむろに服を脱ぎ、

パンツと肌着(Tシャツ)1枚になる。

ビンディングシューズを履くので、靴下は脱がない。

『 Tシャツ + パン + スネ毛ボーボー + 靴下 』

の、何とも素敵ないでたちで

底冷えする玄関上がりの板の間へ戻り、

コイツ(↓)に跨るのである。

Dcim0003

半分ハダカの、お腹たっぷんのオッサンが、

ごうんごうん(←この表現気に入っている^^)と自転車を漕ぎ始める。

 

外でやったら・・・

通報されるな(--;)

 

始めは凍える身体も、

直ぐに気にならなくなり、

5分程で上半身に汗を搔きだす。

10分経つ頃には汗だくになり、

額や腕をつたう汗が

ポタリ、ポタリ・・・ と、落ち始める。

あまり車体や床に汗を落としたくないので

時折ハンドルから手を離して上体を起こし、(漕ぎながら)Tシャツで汗をぬぐう。

 

ズボラオヤヂは、

ビンシューズを最期に洗ったのが何年前なのか?なんて思い出せないし、

サドルなんて当然洗わないし、手入れしたことなんて

購入以来約10年一度も無い。

そこへ、

パンツ一枚で跨って、『はぁ、はぁ、』 言うのである。

加えて、一日働いたTシャツと靴下。

で、

その上更に汗だくになるのである。

 

空間全てを、

おやぢの芳香で満たしながら・・・

+ 騒音。

 

家族から 『 NO 』 を突きつけられる恐れ大。

 

こんな時間に長時間は無理なので、

20~30分辺りで

一番重い歯へ入れて、

心臓が辛くなる直前まで追い込んだら、(ものの数十秒で限界が来る)

短時間でも、しっかりと 『 脚パン 』 は焼き上がる。

軽い歯へ上げながら ~ 筋肉へ 酸素を行き渡らせるイメージで

ダウン行程。

 

そして直ぐに、身体が冷えない内に

風呂場へ直行。

 

汗を流したら、

湯船に浸かりながら飲む庶民ビール(発泡酒)は最高!

 

そうして、

気付けば日付が変わっていて、

一日が締めくくられる。

 

 

日、月、火、水。

一応、三日坊主の称号は冠せられずに回避できました。(^^;)

 

どこまで気持ちが続くかなぁ。。。

 

いつまで家族が許してくれるかなぁ。。。。。

 

てか、

ローラーって、

やっぱ、

全然、これっぽっちも、

楽しくない。

 

(ToT)  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月27日 (日)

需給バランス

 

定食屋などではつい、

「大盛りできますか?」 と聞いてしまう私だが、

この日入ったお店の御飯の盛り方は

笑えるくらい凄まじかった。^^; ビックリ

01
ひね鶏のもも丸ごと1本分の炭火焼が最高に美味く、大満足の完食♪

味噌汁のダシも鶏でとってあるようで、コラーゲンたっぷりな感じでした。

 

土曜が仕事になると

お休みモードのお嫁ちゃんが弁当を作ってくれないので、外食になる。

休日出勤だった昨日は

青空を恨めしく見上げながらの外仕事でしたが、

美味しいランチに出遭えて、まあ、

まずまず。^^

 

月間数百~千Km、自転車にガンガン乗っていた頃は

食べても食べても太れない身体だった。

それが、ここ2~3年程は仕事が調子良くて繁忙期が長かったり、

その上、カヤックの趣味を増やしてしまったので、自転車が減って

慢性的な運動不足が続いている。

 

それなのに、

胃袋は中々小さくならず、

食生活は同じ調子。。。

 

そんな訳で、

まあ、

とにかく、

オッサン化一直線。(T-T;)

 

今のままでは、

冬山へ入る資格を剥奪されてしまう。

 

 

で、

ようやく、一大決心をしました。

02
届いたコレは、

03

自転車のローラー台。

 

これまで、長く自転車をやってきましたが、

『 自転車は外で乗り、景色や風を楽しむのが良いんだから 』 と、

屋内でのトレーニングなんて全く興味もヤル気も湧かず、

周囲の仲間達が当たり前の様にローラーを具えて

励む姿を見聞きしても

自分もそれに乗りたいとの思いはこれっぽっちも無かった。

 

のだが、

前述の通り、已むに已まれぬ諸事情により(^^;)

終にローラー導入を検討するに至り、、、

観念した。

 

『ローラーはタイヤが激しく磨り減って飛び散り、室内が汚れる』

とか、

『ローラー用タイヤがある』 とか、

様々な情報を聞くのですが、

貧乏庶民は、

ローラー用にリア・ホィールをもう1セット買うなんて選択種は無く

04
リムに負荷を掛けるタイプのを選択。

これならば現状の自転車そのままでOK。

 

あ、

当然、

ネットオークションで落札の、安モン中古品です。^^

負荷調整のワイヤーリモコンも無し、

必要最低限の機能で充分。

ローラー側を丁度良い負荷にセットしておけば、

リア・スプロケ9枚の庶民号でも

シフト切り替えで問題無く対応できます。

05
アップの軽い漕ぎ出し ~

~ 巡行 ~

~ 終盤は高負荷での追い込み ~

~ 最期は流すようにダウン ~ 。

 

初めてやってみて、

初めて分った、知ったこと。

① どんなに頑張って漕いでも全く風が吹いてくれないから、嘘みたいに、信じられない位に超々汗だくになり、床に溜まるほどポタポタと落ちる。

② 想像はしていたが、やはり結構な騒音が出る。ガレージ内等で出来る環境の人なら良いが、室内でのトレーニングは家族への影響がある。就寝者がいる時間帯は難しいか?

の二点が大きな問題。

 

それと、

漫然と回しているだけでは意味が無いと思うので、

やっぱり、ある程度脚に負荷を感じる状態で踏み続けようとするから、

思っていたより短時間で辛くなってしまう。

初回は、30分を回った辺りで気持ちが切れてしまった。

 

ダイエットの為には、ある程度長時間の有酸素運動が理想なので

過負荷にならない様に時間を掛けて・・・が良いのでしょうが、

一応、そんなに暇人ではないので(--;)

短時間で効率的にやりたい。

筋肉量を増やし基礎代謝を上げる事によって

運動そのものの効果以上がプラスされなければならないので、

今後、

勉強と工夫が必要だ。

 

とりあえず、

経験上、運動による効果は

真面目にやっても、

二週間後に少しは感じられるかな? って程度。

継続が大切ですね。

 

 

さて、

取り入れているカロリーと、消費するカロリーの

需給関係を逆転させる事ができるのか?

 

自信が無いなぁ。^^;

 

だって今日も、

ローラー踏んだお陰で、

御飯もお酒も美味しくって・・・

 

自信が無いなぁ。^^;;;

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年11月20日 (日)

初冬の候

繁忙期となる此の時期の週末は

中々連休にならなかったり、色々考えて気が休まらない事も多く

心身共に疲労回復が難しい。

 

オッサンだから、尚。

 

目覚めると既に朝食の時間はとっくに過ぎていて・・・

のパターンが多く、

油断していると

1日だけの休みなんて、『あっ!』 と言う間に終わってしまう。

 

折角の休みを有効に使わなきゃ。。。ってコトで、

友人との約束がある長男以外の4人でお出掛け。

といっても、

これといった用事や目的地があった訳ではなく

なんとなく、家族でゆる~く過ごすのが、目的。

 

車を走らせながら目的地を考えるなんてのも、

私には珍しい事ではない。

お喋りでお嫁ちゃんの雰囲気・希望を探りつつ・・・

40分程車を走らせ、

小松のいつものお店で、お粥ランチ。

01

今週は、緑豆の入ったお粥でした。(ランチの内容は週変わりです)

02
点心やデザートもいただきつつ、

中国茶を何煎もやりながら、雑誌を読んだり、お喋りをしたり。

03

04
ゆるやか~~~な時間を過ごしたら、

女子を雑貨屋へ送りとどけて、

私は駐車場でうつらうつら・・・

 

満足した女子が戻ってきたら、

空港方面へ車を走らせ、

上がってゆくのを二つと、下りてくるのを一つ眺めました。

05

06

07

08

09
その間、

女子は車内で・・・(^^;)

待たせてスマンね。

コレも父ちゃんの癒しだ。許せ。

 

片山津の足湯へ寄って、

10
冷えた身体を温めて

11
帰宅したらもう夕方。

 

やっぱり、

あっという間に休日は終わりました。

 

 

 

家に着くと、

とある方からの頂き物が届いていて

(^^)♪

12
美味しいお酒を愉しめました♪

13
内子サイコー♪

 

ありがとうございます。

 

感謝。感謝。

 

何だかんだで、

 

良い休日でした。^^

 

 

 

冬の入り口の今週は、

今シーズンの初物を二つ戴きました。

00a

00b
感謝。

感謝。

 

 

がんばって働きます!

 

 

おしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月13日 (日)

紅葉狩

 

今年は、里の色付きが

近年よりも、一週間~十日程早い様です。

例年の感覚で待っていると、名所は見逃してしまうかも?ってコトで、

少し遠出をしました。

20

 

前日は休日出勤だったヘロヘロおやじは、早起きなんて無理で・・・

「どうすんのぉ~~~。。。」 って女子の期待に応えるべく、

朝飯か昼飯かよく分らない様な時間から

高速ブッ飛ばして目的地へ。

01
5年前にも家族で訪れた 『 金剛輪寺 』

湖東三山の一つです。

 

上手い具合に、

見事に見頃♪

04
素晴らしい参道を、奥へと。

05
山際のお寺さんなので、

日照や谷筋の条件によるものか、

未だ緑の鮮やかな場所も在ったので

向こう一週間程はピークが続くのかな?

09
綺~麗~~~

 

登山と言う程ではありませんが、

広い境内奥地の本堂へはそこそこ登りますので

御歳を召された方や、御足の良くない方は

時間を要する参拝となりそうです。

10
道中には、鮮やかな風車が供えられた御地蔵様が並びます。

11

 

最期の階段を昇り上げれば、

本堂前に出る。

12

この坂の手前、参道脇に

バス用の駐車場が在るので、

此処から流入してくる団体さんでチョッぴり渋滞。

 

鎌倉時代(七百二十年以上前)に建てられた、国宝の御堂。

13

 

子供の頭にも煙を掛けて(笑)

14
奥へ。

15
重要文化財の三重塔は、

国宝の本堂よりも更に四十年余り古いそうです。

 

暫し散策しながら、

素敵な雰囲気を堪能します。

16

17

18

19
本堂内へ。

22

23

24
三重塔内に安置されていた如来様や

本堂内の仏様の数々は撮影禁止。

ちゃんと、

感謝の低頭、合掌。。。

25

26
綺麗やなぁ~

27

28

 

御参りが済んだら、

順番に、二天門脇の鐘を突かせてもらいました。

29

ぐわぁんわぁ~ん、わぁんわぁ~~、ん、わぁ~~~んわぁ~~~ん・・・

長~~~く続く余韻に浸り、

お願い事。

 

坂を下って戻ります。

30

31
      

桃山~江戸初期~中期 の三期からなる名勝庭園へ。

32
子供達は、

紅葉よりも、

池のイモリ♪(^^)

33
  

和の、

良さですね。

34

36

37
ゆ~っくり。。。

良い空間。

38

 

こんな龍って、

40
ドコから見ても目が合うんだよね。^^

 

41
ニッポンの秋、堪能。

42

43

44

45
    

境内を出たら、

47
門前で田楽食って♪

48
移動。

 

湖岸沿いへ出てドライブを楽しんで、

こんなトコでオヤツ買ったり。

50

49

 

長浜へ寄って

51

52
名物食べたり。

54

55
とろみ餡に立派な椎茸♪湯葉、麩、三つ葉、おろし生姜に、うどん。^^

 

じゅーちゅ。

56
     

プチ観光終えたら、

 

また移動して、

 

木ノ本近くの山間の集落へ。

57

 

テクテク歩いて、、、

 

『 鶏足寺 』 ♪

58
此処へ家族で訪れるのは七年振り。

それでも、

同じ紅葉時期の訪問、家族達ちゃんと憶えていてくれました。

59
こんな見事な景色、そりゃぁやっぱ、

頭の中に残るよね。

60

62

63
既に夕方近くで少々薄暗いですが、

そんな雰囲気もまた、イイ。(^^)

65

参道奥まで上って、

祠に御参り。

66
見下ろすくだりもまた、

素敵な眺めです♪

67

68
美しい、

素敵な国に住んでいるなぁ。。。

70
家族との幸せな休日に、

感謝。

感謝。

 

境内を後にし、車へ戻ろうとする道すがら・・・

 

神の遣いに遇いました。

72

じ~~~~~っと見つめ合う。。。

逃げるでなし、

威嚇する訳でもなし。

静かに、

じ~~~~~っと。

野犬?ノラ?オオカミ!?

 

 

 

帰宅後は

長女のお誕生会で、ちょっぴり豪華な夕飯。

Dcim0006

いつもの、ご近所のママさんのケーキ。^^ 感謝。

Dcim0003
門前で買ったお漬物と、

豚抜きの豚汁。。。

あると思ってたら、冷蔵庫に入ってなかったんだってさ、肉が。

(--;) さすがお嫁ちゃん。

 

美味しいお酒の夕餉を戴きました。

 

 

おしまい。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 5日 (土)

内水面(其の2)

00
こがねの錦を映すみなも

 

 

カヤックの遊びに出逢った時から、

先輩の話を聞きながら、晩秋の湖面に憧れていた。 

 

自然相手の遊びを楽しむ為には、

週末の好天好条件に合わせて

自分自身の都合が空けられる事が必要。

その上で、

お父ちゃんが遊びに出掛けるには、お母ちゃんの理解(許し)も必要。

子育て世代のサラリーマン家庭人にとっては、

実は結構ハードルの高い条件設定だ。

 

おまけに、紅葉の見頃に合わせようなどと思えば尚。

 

初年度は叶わず。

 

弐年目も、叶わず。。

 

思い溢れて、思い切って自分の舟を買っちゃった今年、

ようやく、その機会が巡って来て、

わくわくしながら降り立った現地は・・・ 

   ( ↓ 拡大します )

01_2
好天で冷え込んだ昨晩からの空気で、湖面からは蒸気霧が立ち、

実に幻想的な光景♪ 感動的。

此処は北米?カナダですか!? 行ったコトないけど。。。^^;

  ( ↓ 拡大します )

02
川の蒸気霧は 『 川霧 』 と呼びますが、湖の場合は? ^^;

あまり聞きませんね。

03
一緒にやって来た長男も、

素晴らしい雰囲気にいたく感激し、テンション急上昇。

04
これだからやっぱ、

自然相手は素敵。^^

 

胸の高鳴りを感じながら、

静かな鏡の水面へ。

05

ダントツで今シーズン№1の滑らかさ。

幸福感が溢れます。

06

滑る。滑る。

07

正に鏡。
08

09

 

『 夢のかけはし 』 へ。

10

11
本州四国連絡橋の瀬戸大橋を造るにあたって、

その前段階の試験モデルとして建造された吊り橋です。

竣工は私が生まれるよりも前。

12

既に50年近く昔の物ですが、美しい姿はそのまま

技術立証は見事に成されていますね。

13

下から見ると、

吊られた枠組みに乗る車道部分(コンクリートの板?)は、

橋のスケール感から比べると、驚くほど薄っぺらいです。

14

15
橋の上には、紅葉狩りを楽しむ方々の姿。

 

我々は、静けさを求めて

源流部へと向かいます。

16
人工音の無い世界へ。

18
森の色付きも、良い感じに深まって

19
水位の低さから露呈している斜面には、草紅葉も良い感じ。

 

どことなく、上高地の大正池的な景色も。

20
      

静かだなぁ~

21
素敵。

22

素敵。。

23
素敵。。。

24
  

源流部へ近付いて水深が浅くなってくると、

巨大な茶柱みたいな流木が多く見られて面白いです。

25
埋まったり突き刺さったりしている訳ではなく、

正に茶柱。立って浮いている。^^

 

瀬が細くなって、舟を進められない場所まで辿り着いたら、

上陸♪

26
ランチだ♪

27

 

隊長が火にかけた、こんな(↓)もの

28
見た目まんま、オイルサーディンなんだが、

29
この、『 キングオスカー 』 、超メジャーなものらしいのだが、

私は何故か今まで出逢っていなかった。(T。T)

そこへ、

レモン汁に、パルメザンチーズ♪

30
湯気を上げてグツグツ沸き始めると、

たまらない!超超!胃を刺激する香り!!!

こりゃぁ、

たまらん。

危険ですね。(TーT)

31
カンパァーーーイっっっ!!!!!

32
あざぁーーーーーっす♪

 

火が有り難い季節になりました。

贅沢な景色の中で

33
おでんも頂いて・・・

34
(正面に見ゆるあの赤いピークは、方角的に、野伏ヶ岳だね。^^ )

贅沢過ぎる昼下がり。。。

 

今日は終日、

在り得ない程の快晴で、

一点の曇りも無い、在り得ない程の青空。

35
ゴロリと寝転がって仰ぐ。

 

横へ目を遣れば・・・

36
(^^)

 

長男が釣りをしたいと言うので

入漁料を払って来たが、

水温が下がってしまって、時期が過ぎてしまったのでしょう、

流れを遡るように

奥へ奥へと、落ち込みの下を丹念に探って行ったが、

魚の気配は全く在りませんでした。

37
残念。^^

 

水切りをしたりして、この場所を堪能したら

38
ボチボチ、ゆるゆる、戻ります。

 

にしても、

ホント、

空が青い♪

39

素敵。

40
幸せ。

41
素敵。

42
幸せ。

43
素敵♪

44
そりゃぁ、幸福過ぎて寝てまうわな。^^;

 

夕方へと傾いてゆく時間帯もまた、

素敵。

45

46

47

48

49
        

長男を納得させるために(笑)

こんな橋の下で竿を振ったりしながら、

50
休日らしい時間を過ごして・・・

(アタリあったのに、残念だったね。^^)

 

さて、

撤収。。。

51
  

先輩船長、

今日も本当にありがとうございました。

 

今日もニコニコと送り出してくれたお嫁ちゃん、

いつもありがとう。

 

最高の条件で受け容れて下さった神様、

感謝。

 

感謝。

52
素晴らしい1日でした。

 

 

おしまい。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »