« 中年オヤヂの醜態 | トップページ | なぜって?そこにローラーがあるから。 »

2016年12月 4日 (日)

茫然自失

 

終了のアナウンスがあった時、

『 えっ!? 』

と、あっけにとられて、

一瞬、

何が起きたのか良く分らなかった。

信じられなかった。

 

正に、『 狐につままれた 』 ようだった。

 

へっ?

嘘やろ?

 

 

10月に無事、どうにか切り抜けた筆記試験。

私的には、筆記の方が全く自信が無く

奇跡的とも思える合格だった。

対して、技能試験の方は、

普段通りを心掛けて、

落ち着いて臨めば、まず大丈夫だろうと、

慢心していたのだろう。

 

『 時間切れ 』 なんて、完全に想定外で、ありえないと思っていたので、

落ち着いて、間違いの無い様に丁寧に作業する事を心掛けていた。

 

段取りの節目節目で、何度も確認を重ねながら、

間違えない事を最優先に、

落ち着いて進めていた。

 

難解な部分から先にやっつけて、

後は、簡単な部分を二手順やれば終わる段階。

もう、2~3分で完璧に終わる状況で、

 

まさかの終了アナウンス。

 

やはり慢心。

『 いつも通りならば大丈夫 』 と言い聞かせ過ぎていて、

一度も、時計を見なかったのである。

試験場には時計が無く、

持参の腕時計は、作業台の隅に置いてあった。

 

茫然自失。

 

自信喪失。

 

完全に実力不足で諦めがつく状態ならば、もっと割り切れたのだろうが

あまりにも悔しい、情けない幕切れだった。

 

アホか俺。

 

どんなに自分を責めても、

情けなく思っても、

後悔先に立たず。

 

打ちひしがれた。

 

 

社会人になって初めて

いや、

これまでの人生で一番位の、

大ショック。

 

 

試験は12:30に終わり、

試験地の金沢へ一緒に着いて来ていた家族と

その後を過ごしましたが、

私は、

心此処に在らずというか、

地面を踏んでいないというか、

もう、

自分で自分がいたたまれない精神状態で

何を食べても、

どこへ行っても、

溜息ばかりでした。

Dcim0003

Dcim0005

Dcim0006
  

何が何だか・・・

自分は、普通に、ベストを尽くしたつもりだったのが、

何で? この結果なのか。

 

自分は、

自分で思っていた程には、

大したヤツじゃなかった。

 

結局は実力不足。

 

結局、

この自分を鎮めて、立ち直るには、

来年もう一回獲りに行くしかないので、

ちゃんと努力して、

勝ちに行きます。

 

向上心は、

いつも忘れず

持っています。

 

|

« 中年オヤヂの醜態 | トップページ | なぜって?そこにローラーがあるから。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1797052/68710613

この記事へのトラックバック一覧です: 茫然自失:

« 中年オヤヂの醜態 | トップページ | なぜって?そこにローラーがあるから。 »