« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月29日 (日)

真冬の春の日

00
長閑な穏やかな稜線から、

大好きな白い山をながむる。

01

二十四節気は未だ節分前。

大寒から立春へは移っていない。

本来ならば厳冬期真っ只中の筈なのだが・・・

雪の少なさ、藪々の景色。

穏やかな天気も相まって、シーズン終盤の様だった。

 

早過ぎるよ。

春山はまだまだ先でいいよぅ。。。

 

 

 

 

 

遡る事・・・

 

 

「なぁーにやってんやってぇーーーっ!」

 

ストックを積み忘れていたことに、

入山地点までやって来てから気が付いた。(T-T)アンポン!

俺の頭の中まで春になっちまったか。

02
同行の友人も予備のストックなど持っておらず、

今からの自宅往復では・・・

「今日はもう敗退決定っす。(T.T) 諦めて帰ります。。。」

 

落ち込む私に、「取り敢えずコレでも食べね」 と、

03
Tac王子が北の大地の御土産を差し出してくれた。

あ、ありがとうぅぅ。。(ToT)

 

 

これで少し心が落ち着いたからか、

脳味噌が復活。

地の底まで沈んでいた気持ちが這い上がって戻って来た。

「そうじゃん!どっかで買ってくるよ!」

「いや、レンタルショップがある!b(><)d」

麓の街は、大きなスキー場の在る町じゃないか。

 

バビューン!!! と下って、

サクッ! と借りて、(ストックだけのレンタル料は500円でした。)

バビューーーン!!! と戻った♪♪

 

慌てて車を停めて、装備を整えて、

行動開始!

 

大した事はない遅れで、林道の途中で友人達に追いついた。

ほっ、

やれやれ。

 

朝一から、えれぇテンパっちまった(笑)  

 

 

この時点での入山者は、

前泊で薄明の中から行動を開始し先行している

まっちゃん。

Tac王子と、Ogtさんと、Fumiの三人が後を追う。

 

 

やはり雪が少なく、地面の凹凸が消えていない。

藪が全然隠れていない。

序盤では、沢の流れも埋まり切っていない場所が多く、

ルート取りには注意が必要。

それでもやっぱ、

雪山は楽しい♪気持ち良い!(^^)

04
のぼれのぼれーっ♪

05
尾根に取り付いてからは

先行のまっちゃんが残しておいてくれたトレースのお蔭で

随分と楽させてもらえました。m(__)m

 

稜線に這い上がれば

青空に絶景♪

06
振り返って、

目指すアッチは・・・ やっぱ相~当~雪少ないね。。。

07

本来ならばこの時期、我々の背丈位のこれらの木々は

全部雪の下にあるんだけどなぁ。

 

ま、いっか♪(^^)

08

 

午後へ向かって下り坂だが、

西から押してくる雲はどれも高く

視界はクリア。

09
爽快な気分で

尾根を詰めてゆく。

 

おっ!

10
後ろからもう一人来た。

あの姿は

「まぁっちゃぁぁぁ~ん!」(^O^)/

そこを登ってくるってコトは、

既にボトムまで滑って登り返してきたんだ。 さすがー!

 

頂上で、

11
まっちゃんと合流

12
雪山で一緒に遊ぶのは、何と2015年3月14日以来だ。

超久々の再会♪(T T) やっぱハグ♪

13
     

さて♪

風下側へ少し下して、

景色の良いランチテラスで

14
やっぱこの儀式。

15
「かぁーっ!うめぇーっ!」

まっちゃん何と、今日この頂上へ来るの3回目なんだって(笑)

途中の尾根からも含めて既に何本滑ったの!?

それでも尚あの登り!

底無しやな。 今日の獲得標高どんだけや。

16
更に驚いた事に、

風邪ひきさんのHmdが後から入山して追いかけて来た!

17
そんな体調で何で山来んの!(笑)

うつさんといてや!

今日はず~っと風下に居てや!

 

んなこんなで、5名パーティー。

 

お腹ふくれたら腰上げて、

行きますか♪

18
  

Go!Go~!

19

20

21

22

23

Dscn3617b

24

25

やはり谷が全然埋まっていなくて狭く、

長く滑れるバーンが殆ど皆無な状況だったが

雪質はまずまず。^^ 気持ち良かった♪

 

 

26
友人との会話を楽しみながら、

ウサギちゃんの足跡がい~~~っぱいのブナの森を登り返して

27
帰路へ。

   

遠方からの来訪で

帰りの時間が気になるまっちゃんは、

ぶっ飛ばしてあっという間に視界から消えた。

 

みんな其々の生活や諸々ありながら、

それでもやっぱ山で過ごすこの時間が好きで、

こうして集う。

 

 

お蔭様で多忙だ。

昨日も休日出勤だった。

自分が必要とされて居場所が在って働かせてもらえる。

幸せな事である。

 

楽しい時間はあっという間。

28
友人とのこんな素敵な時間が頂けること、

本当に幸せな境遇だ。

 

美しい自然に受け容れて下さる神と、

快く送り出してくれる家族と、

仲間の存在に、

感謝。

感謝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前夜は、仕事上がってから末っ子のお誕生日会でした。(^^)

Dcim0076

お嫁ちゃんリクエストのお店へ。

Dcim0081

Dcim0079_2

Dcim0080
日本酒が美味かった~

 

帰宅後、就寝の記憶は不明瞭。

それでも早朝バッチリ目覚めて山へ行く。

そんな、素晴らしい週末でありました。

 

おしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月15日 (日)

started

00

          ( rider : Got  photo : shu-G )

 

 

ようやく、待ちに待った寒気がやってきた。

01
行かなきゃ。

 

『ラニーニャ現象発生中は寒冬になる』

数々の専門家の言葉や文献に胸を躍らせ、迎えた冬だったが、

いざ蓋を開けてみれば

昨年よりも更に雪が少なく、

スキー場すらまともに稼働出来ない状態が長く続いた。

年が明けて、1月半ばになって漸く、

まとまった積雪。

待ちかねたいつもの仲間が集う。

この感じ、久々のこの感じ♪

02
お、Mr.Hooo の板、カッコいいね! 狼ですか。^^

02a
さて、

ハイクアップ!

03
昨年よりも更に酷い運動不足で、

ヘロヘロになって皆に迷惑を掛けちゃうんじゃないかと心配だったが、

ローラー踏んでる効果はあった様で

それなりにちゃんと登れた。 ほっ。

 

んで、Go!Go!

04

05

06

07

08

09
  

んでもって、やっぱ、

コレ! 新年会だ!!!

10
かんぱぁーいぃ!!!!!

11

今年もお願いしまぁぁぁーっす!

12
久々のバカ笑いがこだまする時間。

13
幸せだなぁ。。。

 

めっちゃ寒いけどね。^^;

14
ガタガタ震えながら宴会。PETの飲料が凍ってゆく~!

 

で、また、

Go!Go!Go~!

15

16

17

18

19

20

ボク一人だけ相変わらずヘッタクソ(^^;)

21
今年も向上心を持っていくよ。

お手本にする仲間といつも一緒にいさせて貰えて、

こんな贅沢な時間が過ごさせて頂ける幸せに感謝しなきゃ。

22
ヤル気の無い滑りやなー って言ったの誰?(笑)

 

ボク以外の達人たちは

みんな元気!元気! すごく楽しそう♪

23
おぉ!

24
おぉぉぉっ!!!

25
いやはや。(^^)

やっぱ山でするスキーは楽しいね。

26
出不精で億劫だった気持ちが

一発で吹っ飛びました。

 

 

 

今日は先輩のお蔭でビーコン訓練も出来た。

27
水平方向の平面だけでなく、深度も加わると

本当に難しい事を、身をもって実感。

板を脱いでの行動も、新雪の中では実に大変だ。

2m下に埋まった対象物が、全然見つけられない。

実際には、デブリに埋まって見当もつかない様な状況で、

15分で掘り出せる?

 

ボクは

スキー以外にも、まだまだ努力する必要があるなぁ。

 

 

よし!(^^) 今年も始まった♪

皆さん、ありがとうございます。

宜しくお願いします♪

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 8日 (日)

越前海岸へドライブ

01
嗚呼絶景かな。

 

 

三連休初日は、恨めしく晴天を見上げながら休日出勤でしたが、

01a

日、月は休み♪

とはいえ、天気予報がパッとせず・・・

そのくせ雪も無く、外遊びには不向きな雰囲気。。。

特に何も予定を入れていなかった。

 

デートでもすっか。

 

とりあえず、

自宅から南西へ向いて

福井平野と越前海岸の間の山地へ向かって車を走らせます。

助手席にお嫁ちゃん。

後席に末っ子 (--;) やっぱ付いて来んのか。

 

先ず立ち寄ったのは劔神社。

02
信長で有名な織田一族の発祥の地として知られています。

当地に置かれた荘の荘官であり

越前国二の宮劔神社の神官として仕えていた由緒ある家柄が

織田家の祖先。

神官の子が時の越前守護に見出され家臣として取り立てられて

尾張の国へ派遣され、その後勢力を伸ばし、信長へと繋がります。

『織田』の苗字は、此の地の地名『織田(おた)』からとったもの。

織田家は、氏神として信仰する劔神社と同じ家紋を使っています。

 

御参り後は、

神社脇にある食堂 『 じんべえ 』 へ。

地元のおばちゃん達が切り盛りする、手作りお惣菜のお店。

03
30種類以上のおかずが、

バイキング形式で食べ放題♪(735円)

 

ズボンのウェストを緩め、再び西へ車を走らせます。

 

梅浦へ出たら、

海岸沿いの国道ではなく、細い山道へ入って北上。

山間の段々畑に寄り添う様な血ヶ平の小さな集落を抜け、

峠を越えると在る展望台へ。

04
越前岬灯台を見下ろせる高台に

水仙の群生が広がります。

05

越前水仙の特徴でもある素晴らしい芳香に包まれながら、

暫し散策。

06
青空でないのは残念ですが、

冬の日本海側はこの鉛色が標準。

雨が降らなかっただけでも善しとしましょう。

07

水平線の眺めは胸がすく。

 

お嫁ちゃんも御満悦。(^^)

08
     

展望台からもう少し下った先にあるのが、

有名な梨子ヶ平の千枚田。

09
写真の右側に集落が在ります。

急斜面を開墾した棚田は、昔は食料の耕作地であったのでしょうが、

今は水仙が植えられています。

10
寒に入ったばかりですが、

ここはどこと無く、春の気配が感じられました。

11
   

越廼で海岸道路へ下り、

海と、道中続く水仙畑を眺めながらのドライブ。

 

後ろに車が来たら、路側帯へ寄って譲り、

ゆ~っくり流すように、時間を楽しみながら、のんびり進みます。

 

以前から気になっていた、

鮎川にある 『 ワタリグラススタジオ

12
お嫁ちゃんの要請により、

わざわざUターンして寄りました。(^^;)

素敵なロケーションのお店、工房です。

 

良い物が幾つかありましたが、財布の中身と相談して

首から提げるヤツを一つ、

プレゼント。

13
おばちゃんに成り切っちゃわないで、ちゃんと女性で、

女子でいなさい。^^

 

 

ドライブの最期は、温泉。

 

なんじゃこりゃ!?

14
ほう、

そんなサービス。

15
湯船に10個ほど、プカプカと浮かんでいました。

 

時間が中途半端だったこともあり、湯船に人はまばらで、

末っ子と一緒に、でっかいミカンで遊びながら・・・

の~んびり。

 

湯上りは、200円のマッサージ機に揺られて・・・

16
お嫁ちゃん撃沈。

 

 

そんな日曜日でありました。

 

めでたし。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 4日 (水)

暦。運勢。

 

自宅へ戻って、

年末から溜まっていた新聞に目を通しつつ・・・

 

毎年、新年に合わせて付いてくるコレ。一応気になる。

Dcim0002
どれどれ・・・ 昨年は八方塞だったからなぁ・・・

 

うむ。強勢運。◎

Dcim0003
元日のおみくじも大吉だったし、

今年は何だか良い感じ♪

 

え~っと、

1月は・・・ うむうむ。

飲食は程をわきまえ、ね。^^; 

Dcim0006a
暴飲暴食でスタート切っちゃったな。^^;;;

 

来月は・・・

Dcim0006b
な!なんですと!

冬山や高所には危険が潜む!!!!!

今年は山スキーやヴァイ感じっすか!? (ToT;)

で、

吉方が甲乙(きのえ・きのと)

か、カブトおつ?(ToT)

 

ど、どないん?

 

仕事や諸々、全体的には好ましい内容だが、

二月の運勢だけが、

ちょっと気になる。。。うぅぅ。。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 3日 (火)

3日

帰福します。

 

の前には、南宮さんへ寄るのが恒例。

79

80
今年も家族揃って正月を迎えられた感謝と、

道中の無事を。

81
  

受験生の長男は・・・

82
私自身も受験生の時は此処で願掛けをしました。

 

はてさて。。。

まあ、がんばんなさい。^^

 

御参りを済ませて境内を出たら

83
門前でコレ食べるのも恒例♪

84
八丁味噌は故郷の味。

私は、味噌汁もトンカツも八丁味噌で育ちました。

 

無事福井へ戻って、

妻の実家へ挨拶に伺い、

大晦日~三が日 終了。

 

穏やかな年明けでした。

 

めでたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 2日 (月)

2日

幸福のドクターイエロー
60

初夢は、

仲間と雪山に居る夢でした♪(^^)

でも、

雪が充分に無くってあんまり良くない内容だったような・・・

 

夢って、

目覚めた瞬間ははっきりしているのに、

トイレ行って、洗面する頃には霧が晴れるように消えていて、、、

おぼろげにしか憶えていないんだよね。

 

 

さて、元日の夜も深酒だったので

朝食とって家を出たのは昼前くらいだったかな。。。

ゲームで夜更かしの長男は出動せず、

それ以外の4人で。

 

先ずは、

女子を満足させる為に

アウトレット。

24
勿論男女別行動。

25
末っ子と二人で、「なんか食べるか。」 って時間をつぶすつもりが、

昼はとっくに回っていたのに

余りの人の多さに、どの飲食店も酷い行列で・・・

 

座って休める様な場所も空いていないし、

人混みで、徘徊も疲れてきちゃったので

モールを早々に出て、

ゲート前のタコヤキ屋さんへ。

 

それでも、

ここも酷い行列。待ち時間。。。

 

複数のジェットコースターから聞こえてくる歓声と悲鳴を

何度も何度も聞いては眺め・・・

結局、集合時間にも間に合わなくて

お嫁ちゃんに電話して、

打ち合わせた場所ではなく、コッチへ来てもらう。

 

私のアウトレットモールでの戦利品

26
これだけでーーーす。(ToT) どないや

27
  

駐車場でお腹を落ち着かせたら、

伊勢湾岸道に乗って、ちょっとだけ移動。

木曽川渡って名古屋港へ。

28
コッチが本来の目的地

29
『 リニア・鉄道館 』 JR東海の鉄道博物館です♪

30
鉄道博物館といえば、JR東日本ならば埼玉の博物館、

JR西日本ならば昨年オープンした京都鉄道博物館、

そして、JR東海のリニア・鉄道館。 この三つが飛び抜けた規模で、

男の子ならば是非一度は行ってみたい憧れの場所。

 

名古屋港の此処は、近隣の水族館などとセットで訪れる家族連れが多く

GWやお盆は大混雑するそうなので、

あえて、この時期の夕方前の時間帯を狙っての来訪です。

 

入って最初の部屋が

いきなりの超絶カッコ良さMAXで、女子も男子もテンション急上昇♪

31

この三両は、高速鉄道の時代変遷を象徴しています。

 

戦後初の国鉄特急として東京-大阪間を結んでいだ『つばめ』

33
特急と言いながら、当時は東京~大阪が9時間も要したそうです。

 

蒸気機関車の運転台は

雰囲気満点で、本当にカッコイイですね。^^

34
     

300Xは、新幹線を始め鉄道技術向上に大きく貢献した実験機。

3536

記録した最高速度は440Km/h以上。

新幹線で、時速350Km程度の営業運転が可能である事を証明し、

その後の新幹線車両の改良や開発を飛躍させたプロジェクトです。

 

車内も、いかにも実験機っぽい

37
運転台は、こんな感じ。

39

 

そして、現在既に実現に向けて動き始めているリニア中央新幹線。

その実験実証段階で世界記録を作ったりしたMLX01

40
580Km/h以上を記録しています。

超電導磁石を使った、磁気浮上式リニアモーターカー。

 

現在、世界各地では

既に実用化されているリニアモーターカーが幾つか在りますが

どれも常電導や永久磁石を使っており、

超電導技術で実用化に目途をつけたのは日本だけです。

2015年に更新した世界最高速度は、時速603Km!

ジェット機並みですね。

 

車内は意外と普通な感じでした。

41
       

かっこえ~~~

42
ロマンだなぁ~

43
      

さて、

メインの展示室へ移動すると・・・

44
そりゃもう、

たまらんわな(笑)

45
駅で見ると(ホームの上からなので)そこまででもないけれど、

こうして改めて(下から)見ると、本当にデッカイ♪

 

ピカピカに磨き上げられた車体が壮観に並ぶ様は、

感動モノです♪

46
私が育った岐阜は東海道本線。

学生時代、福井と実家を行き来する北陸線へと繋ぐ特急『しらさぎ』も、

このカラーリングで、運転台が2階のこの形状の車両が走ってたなぁ。

47

 

流石にこんな旧いのは知らんけど、

49
雰囲気は好き。

51
古い車両は内部も素敵♪

 

私が若い頃の標準的なのは、こんな感じのボックスシートだったよね。

52
そうそう、東海道線の見慣れた普通のヤツは、

このカラーリング。

53
これが標準だったなぁ。

 

(笑)かわいい。

54
おっ、

貴婦人♪ (C57)

55
蒸気機関車の代名詞のようなデゴイチ(D51)は

D型=動輪4軸 で摩擦が多い分力強く、主に貨物用。

(C57)は旅客用。

C型=動輪3軸 D型に比べて力が3/4? いやいや、

 4軸に比べて車輪が大きく、トップスピードが出る。

 

隈なく歩き回って、ぐるぐる徘徊しても

飽きることの無い空間です。

56

57
    

普段頻繁に新幹線を利用する人でも滅多に出会えない事から、

いつしか、『見られたら幸せになる』 と有名になった

ドクターイエロー

59
現在も700系形状の車両に引き継がれ、同様の任務を負っていますが、

線路のゆがみや架線の状態、

信号電流などを検測しながら走行する、設備点検用の特殊車両です。

 

幸運期待で携帯の待ち受けにしている人もいる。

 

私は以前、

京都駅に停車中なのを見たことがありますが(現行タイプ)

元祖0系を見て触れるのは初めて♪

何か良い事あるかな。^^

 

屋外展示や

61
運転シュミレーターや、

62
巨大ジオラマや、(実際に模型が走っている)

63

64
パンタグラフや台車の機構の展示など

65

66
面白いものがい~っぱいあります。

 

時間が足りない。

 

2階へ上がると1階の展示スペースが見下ろせるのですが、

これがまた

素敵♪

67

68

69
く~~~っ♪

70
  

ここまで見て、

お気付きの方もおられるでしょう。

『?』 って思う人もいるでしょう。

そう、

500系は居ないんですよ。

JR東海の施設なので。

71
新幹線の進化を語る上で異彩のカッコ良さを放ち、

初めて300Km/h営業運転を実現した特別な存在である500系は、

JR西日本。 京都鉄道博物館へ行けば展示されています。

(--;) なんだかなぁ、、、

300と700の間には、ちゃんと500展示しといて欲しいなァ。

 

って、思っちゃいました。

 

さて、新幹線の先は、リニア。

72
私が子供の頃にテレビなどで見ていた最初のヤツは、コレだ。

73_2
懐かしい。

この辺も記憶にあるなぁ。

74_275_2
で、今はこんなんか。

76_2
営業運転が500Km/hだとすると、

すれ違いの相対速度はマッハですよ。マッハ。

何か恐ろしい。

 

現在、平成39年開業を目指しているそうですが(約10年後)

死ぬまでに1回くらいは乗ってみたいですね。

77_2

まだ、北陸新幹線すら乗っていないケド。^^;

 

 

夜はまた鱈腹飲みました。

78
おしまい。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 1日 (日)

元日

初詣を済ませた後、

お神酒をいただいて、その後も更に飲み続けていたので

ゆっくりとした目覚めです。

 

我が家では、

夜中に初詣をする関係から

元旦の朝食は無く、昼になって皆で食卓を囲む習慣。

14

美濃の雑煮はシンプルで、

昆布だしのすまし汁に正月菜(小松菜)と、餅。具はこの二種類だけ。

そこへ鰹節を掛けていただきます。

関ヶ原より東の文化圏なので、餅は角餅。

ですが、関東と違って焼いていない餅を入れます。

(福井は関西の食文化圏で、丸餅の味噌仕立て)

 

本年最初の食事は、

何と、餅八つも食べちゃいました。(^^;)

(ハンパない暴飲暴食暴飲飲の三が日でした。)

 

恐ろしい見た目に膨らんだお腹をさすりながら・・・

 

食事後は

大きなお宮さんへお参りに出掛けるのも

毎年おんなじスケジュール。

16
伊奈波神社へ。

 

織田信長が斎藤氏に勝って尾張・美濃の両国を治める様になり

居を構えた稲葉山(現:金華山 山頂に岐阜城)の麓にあります。

ちなみに、この土地に 『 岐阜 』 の名を付けたのは信長です。

 

にしても、今年はまた、

すんごい人出。(T-T)

17
入場規制で、一度に上段へ入れる人数を調整していました。

18
列に並んでから約1時間で、無事参拝を済ませ

これも恒例、

年の初めの・・・

19
夫婦揃って大吉♪(^^)(^^) 長男も大吉(^^)

長女、次男は末吉(^^;(^^;)

 

恋愛 

Fumi : ふたりで進め

 嫁 : 楽しい

 

願望思いのままに♪縁談望みの人あり♪家庭吉報あり♪

・・・欲せず働け。そこだけ厳しくね?(--;)

 

御参り後は、露店を冷やかしながら

21

 

ショッピングモールへ移動。

23
完璧なまでに、

毎年同じ行動パターンです。

 

待ち合わせ時間を決めて女子は消えてゆき、

男子チームは超々退屈な辛い時間でありました。。。

何も買わず。何も食わず。

散歩。

散歩。

 

良い腹ごなしになりました。

 

んなこんなで、

夜はまた暴飲暴食暴飲飲 で、ありました。

 

 

 

 

〈 おまけ 〉

岐阜の市街地には、『清流ライナー』 というこんなバスが走っていました

22
混雑する街中を、普通~に車線変更してゆくのを見て、

その迫力にビックラでした。

運転手スゲーな。^^

 

 

 

順調に酔い潰れて、

元日終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »