« 暦。運勢。 | トップページ | started »

2017年1月 8日 (日)

越前海岸へドライブ

01
嗚呼絶景かな。

 

 

三連休初日は、恨めしく晴天を見上げながら休日出勤でしたが、

01a

日、月は休み♪

とはいえ、天気予報がパッとせず・・・

そのくせ雪も無く、外遊びには不向きな雰囲気。。。

特に何も予定を入れていなかった。

 

デートでもすっか。

 

とりあえず、

自宅から南西へ向いて

福井平野と越前海岸の間の山地へ向かって車を走らせます。

助手席にお嫁ちゃん。

後席に末っ子 (--;) やっぱ付いて来んのか。

 

先ず立ち寄ったのは劔神社。

02
信長で有名な織田一族の発祥の地として知られています。

当地に置かれた荘の荘官であり

越前国二の宮劔神社の神官として仕えていた由緒ある家柄が

織田家の祖先。

神官の子が時の越前守護に見出され家臣として取り立てられて

尾張の国へ派遣され、その後勢力を伸ばし、信長へと繋がります。

『織田』の苗字は、此の地の地名『織田(おた)』からとったもの。

織田家は、氏神として信仰する劔神社と同じ家紋を使っています。

 

御参り後は、

神社脇にある食堂 『 じんべえ 』 へ。

地元のおばちゃん達が切り盛りする、手作りお惣菜のお店。

03
30種類以上のおかずが、

バイキング形式で食べ放題♪(735円)

 

ズボンのウェストを緩め、再び西へ車を走らせます。

 

梅浦へ出たら、

海岸沿いの国道ではなく、細い山道へ入って北上。

山間の段々畑に寄り添う様な血ヶ平の小さな集落を抜け、

峠を越えると在る展望台へ。

04
越前岬灯台を見下ろせる高台に

水仙の群生が広がります。

05

越前水仙の特徴でもある素晴らしい芳香に包まれながら、

暫し散策。

06
青空でないのは残念ですが、

冬の日本海側はこの鉛色が標準。

雨が降らなかっただけでも善しとしましょう。

07

水平線の眺めは胸がすく。

 

お嫁ちゃんも御満悦。(^^)

08
     

展望台からもう少し下った先にあるのが、

有名な梨子ヶ平の千枚田。

09
写真の右側に集落が在ります。

急斜面を開墾した棚田は、昔は食料の耕作地であったのでしょうが、

今は水仙が植えられています。

10
寒に入ったばかりですが、

ここはどこと無く、春の気配が感じられました。

11
   

越廼で海岸道路へ下り、

海と、道中続く水仙畑を眺めながらのドライブ。

 

後ろに車が来たら、路側帯へ寄って譲り、

ゆ~っくり流すように、時間を楽しみながら、のんびり進みます。

 

以前から気になっていた、

鮎川にある 『 ワタリグラススタジオ

12
お嫁ちゃんの要請により、

わざわざUターンして寄りました。(^^;)

素敵なロケーションのお店、工房です。

 

良い物が幾つかありましたが、財布の中身と相談して

首から提げるヤツを一つ、

プレゼント。

13
おばちゃんに成り切っちゃわないで、ちゃんと女性で、

女子でいなさい。^^

 

 

ドライブの最期は、温泉。

 

なんじゃこりゃ!?

14
ほう、

そんなサービス。

15
湯船に10個ほど、プカプカと浮かんでいました。

 

時間が中途半端だったこともあり、湯船に人はまばらで、

末っ子と一緒に、でっかいミカンで遊びながら・・・

の~んびり。

 

湯上りは、200円のマッサージ機に揺られて・・・

16
お嫁ちゃん撃沈。

 

 

そんな日曜日でありました。

 

めでたし。

 

|

« 暦。運勢。 | トップページ | started »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1797052/69168808

この記事へのトラックバック一覧です: 越前海岸へドライブ:

« 暦。運勢。 | トップページ | started »