« started | トップページ | 今週もまた »

2017年1月29日 (日)

真冬の春の日

00
長閑な穏やかな稜線から、

大好きな白い山をながむる。

01

二十四節気は未だ節分前。

大寒から立春へは移っていない。

本来ならば厳冬期真っ只中の筈なのだが・・・

雪の少なさ、藪々の景色。

穏やかな天気も相まって、シーズン終盤の様だった。

 

早過ぎるよ。

春山はまだまだ先でいいよぅ。。。

 

 

 

 

 

遡る事・・・

 

 

「なぁーにやってんやってぇーーーっ!」

 

ストックを積み忘れていたことに、

入山地点までやって来てから気が付いた。(T-T)アンポン!

俺の頭の中まで春になっちまったか。

02
同行の友人も予備のストックなど持っておらず、

今からの自宅往復では・・・

「今日はもう敗退決定っす。(T.T) 諦めて帰ります。。。」

 

落ち込む私に、「取り敢えずコレでも食べね」 と、

03
Tac王子が北の大地の御土産を差し出してくれた。

あ、ありがとうぅぅ。。(ToT)

 

 

これで少し心が落ち着いたからか、

脳味噌が復活。

地の底まで沈んでいた気持ちが這い上がって戻って来た。

「そうじゃん!どっかで買ってくるよ!」

「いや、レンタルショップがある!b(><)d」

麓の街は、大きなスキー場の在る町じゃないか。

 

バビューン!!! と下って、

サクッ! と借りて、(ストックだけのレンタル料は500円でした。)

バビューーーン!!! と戻った♪♪

 

慌てて車を停めて、装備を整えて、

行動開始!

 

大した事はない遅れで、林道の途中で友人達に追いついた。

ほっ、

やれやれ。

 

朝一から、えれぇテンパっちまった(笑)  

 

 

この時点での入山者は、

前泊で薄明の中から行動を開始し先行している

まっちゃん。

Tac王子と、Ogtさんと、Fumiの三人が後を追う。

 

 

やはり雪が少なく、地面の凹凸が消えていない。

藪が全然隠れていない。

序盤では、沢の流れも埋まり切っていない場所が多く、

ルート取りには注意が必要。

それでもやっぱ、

雪山は楽しい♪気持ち良い!(^^)

04
のぼれのぼれーっ♪

05
尾根に取り付いてからは

先行のまっちゃんが残しておいてくれたトレースのお蔭で

随分と楽させてもらえました。m(__)m

 

稜線に這い上がれば

青空に絶景♪

06
振り返って、

目指すアッチは・・・ やっぱ相~当~雪少ないね。。。

07

本来ならばこの時期、我々の背丈位のこれらの木々は

全部雪の下にあるんだけどなぁ。

 

ま、いっか♪(^^)

08

 

午後へ向かって下り坂だが、

西から押してくる雲はどれも高く

視界はクリア。

09
爽快な気分で

尾根を詰めてゆく。

 

おっ!

10
後ろからもう一人来た。

あの姿は

「まぁっちゃぁぁぁ~ん!」(^O^)/

そこを登ってくるってコトは、

既にボトムまで滑って登り返してきたんだ。 さすがー!

 

頂上で、

11
まっちゃんと合流

12
雪山で一緒に遊ぶのは、何と2015年3月14日以来だ。

超久々の再会♪(T T) やっぱハグ♪

13
     

さて♪

風下側へ少し下して、

景色の良いランチテラスで

14
やっぱこの儀式。

15
「かぁーっ!うめぇーっ!」

まっちゃん何と、今日この頂上へ来るの3回目なんだって(笑)

途中の尾根からも含めて既に何本滑ったの!?

それでも尚あの登り!

底無しやな。 今日の獲得標高どんだけや。

16
更に驚いた事に、

風邪ひきさんのHmdが後から入山して追いかけて来た!

17
そんな体調で何で山来んの!(笑)

うつさんといてや!

今日はず~っと風下に居てや!

 

んなこんなで、5名パーティー。

 

お腹ふくれたら腰上げて、

行きますか♪

18
  

Go!Go~!

19

20

21

22

23

Dscn3617b

24

25

やはり谷が全然埋まっていなくて狭く、

長く滑れるバーンが殆ど皆無な状況だったが

雪質はまずまず。^^ 気持ち良かった♪

 

 

26
友人との会話を楽しみながら、

ウサギちゃんの足跡がい~~~っぱいのブナの森を登り返して

27
帰路へ。

   

遠方からの来訪で

帰りの時間が気になるまっちゃんは、

ぶっ飛ばしてあっという間に視界から消えた。

 

みんな其々の生活や諸々ありながら、

それでもやっぱ山で過ごすこの時間が好きで、

こうして集う。

 

 

お蔭様で多忙だ。

昨日も休日出勤だった。

自分が必要とされて居場所が在って働かせてもらえる。

幸せな事である。

 

楽しい時間はあっという間。

28
友人とのこんな素敵な時間が頂けること、

本当に幸せな境遇だ。

 

美しい自然に受け容れて下さる神と、

快く送り出してくれる家族と、

仲間の存在に、

感謝。

感謝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前夜は、仕事上がってから末っ子のお誕生日会でした。(^^)

Dcim0076

お嫁ちゃんリクエストのお店へ。

Dcim0081

Dcim0079_2

Dcim0080
日本酒が美味かった~

 

帰宅後、就寝の記憶は不明瞭。

それでも早朝バッチリ目覚めて山へ行く。

そんな、素晴らしい週末でありました。

 

おしまい。

|

« started | トップページ | 今週もまた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1797052/69437797

この記事へのトラックバック一覧です: 真冬の春の日:

« started | トップページ | 今週もまた »