« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月28日 (日)

御陰様で

忙しくしている。

存分に働ける場を与えられる境遇に居るというのは、

幸せな事だ。

それを忘れてはいけないし、

あり難く思い、感謝である。

 

この週末は土日共出勤。

もっと早くに提出すべき図面や見積が遅れていたので、

なんとか、週頭にはお客さんが気持ち良く動ける様にしたかった。

日曜の午後

『大変遅くなり申し訳ありません』 の一文を添えて

添付ファイルと共に送信したメールが3通。

 

本当ならば、

月曜の朝にちゃんと足を運び、顔を見て

頭を下げて手渡しするのが

正しいのだろうと思う相手もあったが、、、

 

月曜にはまた予定が詰まっていて、

そうする余裕が無かった。。。 との言い訳。

 

メールの送信時刻が休日である事に相手が気付いてくれて

許してくれはしまいか? と思っている自分が居る。

 

要は、自分の能力不足であって

『嬉しい悲鳴』 なんて言葉で自惚れてはいけないが、

お客さんからの声掛け、依頼が多く来てくれて、

仕事量がパンパンであるのは、

これまで続けてきた事の結果であると思いたい。

本当に、あり難い。

 

 

仕事ってのは、

書面や口約束や色々だが、契約・約束に応える事の積み重ね。

納期を守るなんて基本なんだから、

遅れるってのは

良くないなぁ。。。

 

この職場で20年以上になるが、

明らかに自分が知らなかった、知識不足を感じる事や

経験不足で判断に迷う事態は、未だに多々起きる。

後輩から指導を仰がれる場面などでは、

一応、経験に基いてアドバイスはするものの

自信を持てない自分が恒に捨てきれず、

堂々とした先輩には中々なれない。

 

最近愚痴が多い。

 

情けない話だ。

 

さて、

情けない疲れたオッサンは・・・  

気晴らしや癒しが欲しい。 

 

日曜は16時に仕事をあがったので、

少しだけ、自分の時間を過ごしに、

寄り道。

釣具屋へ。

 

20~30分程店内を徘徊し、

庶民は結局、見切り品のテンヤを三っつ購入。

Dcim0001
私は、自分の趣味に関る品物であっても、

正規価格で購入したことが殆どない。(^^;) 安売りや中古ばっか。

Dcim0002

一部屋占領し

(斜め対角線に置いて、6畳間にギリギリ収まっている)

邪魔物感が半端無いカヤックの中に座り、

酒を飲みながら釣具を眺めている

病んだオッサン。

Dcim0005
次の休みには、

海へ出たいなぁ。。。

Dcim0003
てか、鯛用のテンヤってなぁ(笑)

鯛の旬はもう終わってるって(^^;)

 

あ、

だから見切り品になってたのか。。。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月20日 (土)

01
長女が、友達と出動しているから帰り迎えに来てくれと言うので

仕事を定時で上がって、夕飯も食べずに三国へ。

02

03

04

05
人混みに揉まれてきました。

06

07

08
何だかんだで、

頭の中は仕事。仕事。

最近ず~~~っと、仕事、仕事。

09
良い気晴らしになるかと思ったが、

どうも、ゆっくりできん。

10

11

12

お囃子より、静かな癒しが必要だ。

13

14
疲れたオッサンは、

人の居ないところへ行って

ゆっくりしたい。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月14日 (日)

備忘録

 

この週末は、

(土) 長女と長男の学校行事が重なってしまい

夫婦手分けしての出動でした。(別々の学校)

長男は高校に入って初めての(PTA総会と)懇談会。

長女は高校最期の年の(PTA総会と)進路説明会。

どちらも大切な時期だから、欠席はアカンか。。。

 

私は長女の方へ。

自分の受験は20年以上昔。

老化が進んだ脳味噌では

勉強を見てやったりという知的技術的手助けは無理なので、

(私自身、お勉強は苦手だったし・・・)

『親として子供にどう接したら良いか』

『親に出来る手助けは何か』 的な話をちゃんと真面目に聴き、資料を読み、

自分自身が受験の時に何が嫌で何が悩みだったのか? を

思い返す努力を忘れない事を心に据えました。

 

あの頃の気持ちを、ちゃんと思い出して

『自分の経験を活かす』 というサポートは、

こんなオヤヂでも出来る。

 

それと・・・

ここからが、

子供達にMAXにお金が掛かるステージの始まりだな。。。

それのサポートも、親の大切な役割。か。。。

 

 

(日) 早朝の高速をブッ飛ばし、

日帰り弾丸出張での仕事。

Dcim0010a

『工場が止まってる時間に・・・』のパターンの現場で、

何が何でも今日中に、

明日の始業には絶対に通常運用が出来る様に、

の、パターンのヤツ。

 

他所の県なので、

早目に終えられたら

見慣れない景色でも眺めながら

の~んびりドライブを楽しみながら帰るつもりでしたが、

当初の予定よりも色々と頼まれて作業量が増えてゆき、

結局、夜の手前まで掛かってしまった。

帰りもブッ飛ばして戻る。

 

大阪ナンバーや神戸ナンバーや、遠方から複数の業者が集まって

一つの事をしている。

それぞれ自分達が請け負った専門部分をやるのだが、

その全てが整って初めて機能する設備なので

『(皆が)終わらなきゃ(自分も)終われない』のは、皆一緒の状況。

助け合いは当然、致し方なし。

って、道徳みたいな話じゃなくって、

元請からはちゃんと追加貰うんだけどね。。。(^^;)

(仕事だから、そのへんの機能がしっかりしていないと

 『ブラック何とか~』 とか言われる事態が始まっちゃう。)

 

とはいえ、

疲れたぁ~~ぁ~~~~~

 

 

週末、

あっという間にお終い。

 

 

 

そういえば、癒される良い事もあった。

(週半ば) 次期の仕事に向けて、

可否を判断する為の調査に来て欲しいと言われ

奥越の現場へ。。。

道中、

田園風景の畦が

何処も彼処もピンク色♪

Dcim0004

雑草繁茂の防止を兼ねて(農家さんの省労働力化)

数年前まで一部の地区で大掛かりに行なわれ風物詩となっていた

シバザクラの植栽が、

知らない間に

大野盆地全体を覆う勢いの取り組みへとなりつつあるようです。

 

既に満開を少々過ぎた頃でしたが、

実に見事でした。^^

 

 

 

GW明けて、

そんな一週間。      

疲労感は一杯なのに、

相変わらずの超運動不足です。  

(T-T)

どうしたもんか。。。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 5日 (金)

AIRPORT WALK

帰省二日目は

昨日の寝不足解消の為に朝寝。

遅めの朝食後、

家族で出掛けます。

 

向かった先は、愛知県営名古屋空港。

かつてはこの地方のメインとなるハブ空港でしたが、

中部国際空港(セントレア)が海上に整備され

役割を取って代わった為、

名古屋空港(通称小牧空港)は地方空港へと変わりました。

子供の頃、

わざわざ飛行機を見に小牧へ連れて行って貰って

ひっきりなしに繰り返される離発着を

飽きること無く見ていた記憶がほんのりと残る私は

少々閑散とした空港に、寂しくもあるのですが・・・

現在、

使われなくなったかつての国際線ターミナルが商業施設に再整備され

新たな賑わいの場所となっています。

Nagoya_airport
飛行場のエプロンがそのまま駐車場にされ、

建物もそのまま。

01_3
『 AIRPORT WALK 』

エアポートウォークというショッピングモールになっています。

展望デッキから見ると、それが良く分り、何だかテンション上がる♪

02_3
駐車場の向こうは、正にまんま滑走路。

03_3
国内線ターミナルは向こうなので、目の前に駐機はされませんが

飛行場の雰囲気は堪能できる。

04_3
滑走路を挟んだ反対側は

(昔と変わらず)航空自衛隊の小牧基地なので、

C-130H ハーキュリーズ がずらりと並んでいるのが見えます。

05_3

日本がPKO(国連平和維持活動)に参加するようになって、

メディアに度々登場した水色の機体がこれ。

07_3
これだけの数が並ぶのは壮観。

海外への輸送任務を行なう第1輸送航空隊が置かれています。

06_3
  

ヘリが飛び立ってゆく向こうに、

小牧山城。

08_3
織田信長が美濃攻めの拠点として築城し居城としたもので、

後に、秀吉と家康が対峙した小牧長久手の戦いでは

家康が陣を張り使用しています。

 

さて、建物内は

ターミナルビルの大きな空間が大胆に再使用されている。

09_3
フードコートの屋根に在るアレは、

10_3
おおっ!よく見るヤツ。

 

女子2人がショッピングを楽しむエリアへ消え、

男子3人は色んなトコを散歩。

父ちゃんの趣味と女子の要求が両立出来るのが素晴らしい。

11_3
いかにも地方空港な、

バス停みたいな時刻表なのですが

21_2
(こんな ↑ 感じ。)

富士山静岡空港で旗揚げしたFDA(フジドリームエアラインズ)が、

今はこちらを主要拠点として使ってくれていて、

そこそこな頻度で離発着がある。

デッキへ出て飛行機を眺めたら・・・

12_3

13_3

14_3
次の便の時刻を確認してモール内へ戻って散歩し、

時間が近付いたら再びデッキへ。。。

16_2
そんな感じで楽しみます。

17_2

18_2

19_2
FDAの使用機材は、ブラジルのメーカーであるエンブラエル

当初あった小松線は5年以上前に運休となっているので、

北陸の私はあまり見慣れない機体です。

20_2

 

ちなみにお昼御飯は、

久々の味噌カツでした♪

22_2

御飯大盛り無料♪

 

ちなみに、

駐車位置を、

家族に断わって、あえて建物から一番遠い処にしたのは、

このため♪♪♪

23
駐車位置の直ぐ後ろをジェット機がタキシング♪

 

タクシー ~ 離陸滑走

24_2

25_2

26_2

27_2

28_2

 

女子組と合流後、

車へ戻って、

更にもう一便見送って帰宅(実家へ)しました。

29_2

30_2
  

 

夜はまた御馳走、宴会。

31_2
ありがとうございました。

 

帰省2日目、おしまい。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木)

GW後半スタート

00

ゴールデンウィーク後半は例年帰省します。

故郷を離れて住んでいるので、

盆と正月は先祖や氏神を参るよう意識していますが、

それだけだと、親兄弟の顔を見るのは年に2回。

家族に逢える機会は結構貴重です。

日本中で、毎年大渋滞すると分っているのに

多くの方々が帰省・Uターンを繰り返すのは、

行楽目的ばかりではなく、やはりそういう事でしょう。

 

とか言いながら、

私も実家へは直行せず、先ずは行楽へ。

01_2

庶民家族は、

毎年実家を訪れるのが家族旅行の代わりみたいなものなので

そのついでに何処かへ寄り道するのが大切な楽しみ。

今回は、長男の受験が無事終わってタイミングが良いので

お伊勢参りへやって来ました。

 

朝4時起きで高速をブッ飛ばしてきましたが、

8時前だというのに既に駐車場は満車で、物凄い人出でした。

02_2
鳥居前で脱帽一礼し、

宇治橋で五十鈴川を渡って、結界の向こうへ。

03_2
私は昨年も参らせて頂いていますが、

家族揃っての参拝は10年以上振り。

前回は未だ末っ子は生まれておらず、

幼かった長男長女も記憶に無いようです。

 

平成25年に式年遷宮が行なわれたので、

正宮もまだ新しい雰囲気が残っています。

04_2
あの先は撮影禁止。

心静かに感謝の参拝。

 

急いでいる訳ではないので、

荒御魂の方へも参拝。

06_2
荒祭宮は、内宮に在る別宮の中で最上位。

正宮(皇大神宮)と同じ天照大御神が祀られています。

『?同じ神様が二つ??』

正宮の方は「和魂」といって、雨や日光の恵みなど

神様のご加護を象徴する優しく平和的な側面であるのに対し、

荒祭宮の方は「荒魂」といわれ、

自然も、恵みばかりではなく災害が表裏一体である様に、

神様の荒々しい面を祀るお宮さんです。

いわゆる祟りのようなイメージを連想させますが、

そういった恐れおののく対象としての意味ばかりではなく、

この荒御魂の持つ強い力は、新しいものを生み出すエネルギーや

勇猛さや決断力、強者から弱者を守る義侠心、強い忍耐力などの

源として働いてくださるとされます。

 

優しさだけではなく、強さも大切。。。

 

歴史を感じさせる大樹からもエネルギーを貰って

05_2
あと気になるのは・・・

08_2
神馬。

過去の来訪はおそらく7~8回だと思いますが、

お馬さんに逢えたのは1回だけ。

(公式HPより ↓)

07_2

残念ながら今回も居ませんでした。

神馬は、毎月1日、11日、21日の8時頃に正宮にお参りするそうなので、

それに合わせて行くと会える可能性が高そうです。

 

御参りを済ませたら、

門前町を観光♪ 主に食べ歩きですね。^^

09_2

 

女子はこんなお店へ

10_2

11_2

12_2

 

私は、老舗が軒を連ねる町並みの雰囲気が好き、

13_2

14_2
昔と変わらぬ同じお店で、

しぐれ煮のお茶漬けをサラサラと。

15

お嫁ちゃんも以前からお気に入りで、

お伊勢さんのおかげ横丁と言えば真っ先にここが思い浮かぶ。

 

お土産や甘味を幾つか買って、

門前町を後にします。

16
  

少々移動して、

鳥羽の水族館へ。

17
ここは、独身時代にお嫁ちゃん(彼女)と来て以来か?

18

最近の水族館って、順路が無いんだね。

自分の好きなものを目指して各々自由に巡ってくださいとの設定でした。

19

エビでかっ!

20
エビ多っ!

21
美味しそう。美味しそう。

22
でも、

ボクが気になるエビはこっちだ。ニホンザリガニ。

24
地味(^^;)

25
ザリガニなんて何処にでも居そうなイメージだが、

身の周りに居るのはみ~~~んな外来種のアメリカザリガニ。

ニホンザリガニが我が国唯一の在来種。

和っぽい名前のウチダザリガニも外来種だ。

 

鳥羽水族館といえば、父ちゃんが子供の頃から

ジュゴンのイメージかな。

26

何でこんなモンを人魚と見間違うんだ(笑)カワイイけど。

27
  

スナメリも凄く可愛い。

28
以前に来た時は、

ガラス越しに顔を寄せてきて相手してくれたのを憶えているが、

今回はそういった素振りは無かった。

29
海獣達にとっては、

人が多い連休は疲れるんだろうな。。。

30

31

33
巨大なセイウチも愛嬌がある(^^)

34

35
何やらMyおもちゃで遊んでいた。

36

37
かわいい。

 

生き物は癒されるねぇ。。。

38

39

40

41

42

43

 

ラッコは餌やりタイムに重なってしまい人垣で近づけなかった。

44
  

スナドリネコも超可愛い。

45

46
前足には水かきがあって、水辺で上手に魚を獲るんだって。

 

あとは適当に、

自分が気になった生き物を貼っておきます。^^

47

48

49

50

51

52

53

54

55

56
おしまいガオー。

57
再び高速に乗って、

実家へ移動し、

夜は宴会でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

懸案解消

 

我が艇

01
タンデムで、私は後席に乗る事が多い。

水平線の眺めと、水を切り進む爽快感は断然前席の方が上なのだが、

舵を決め船を操る感じなのは圧倒的に後ろであるので、

その分、面白さが大きい。

(そんな事言いながら後ろで寝ちゃう事が多過ぎるやろぅ!

   って話はさておき。。。^^;;;)

 

装備を外すと、こんな感じ。

02

前席の前には、

テンションコードで留めておく荷物置き場が在って、

ペットボトルを挟んでおくのに最適なドリンクホルダーがある。

03
それに比べて、

後席の股の間には、大きなスペースが空いている割に

機能的な物が無い状態になっていた。

04
漕ぎを止めての休憩時など、

海が穏やかならば

こんなふうに過ごす事も可能であったが、

05
少し揺れれば直ぐに缶が滑るので

ゆっくり出来なかったし、

進行中に飲みたい場合などは、前席に労働を任せて

1本飲み切るまで自分が手を止めている状態になってしまっていた。

 

で、

ドリンクホルダーを取り付けてみたのだが

05a
350mlの缶ならば問題無しでも、500mlの場合はちょいと不安定

だったのと、

船べりはパドリングの際に水が掛かる事が多く、

味に影響する。

それと、

ドリンクホルダーとか言いながら

船上でオシッコをする場合に、尿を船外へ廃棄する為の

尿瓶を兼ねて、事実使ってしまっていたので(笑)(^^;)

何かもうちょっと良いものに出来ないか?

と、常々思っていた。

 

で、

100均で買ってきたこんな物を

ココに取り付ける工夫をしようかと・・・

06
マジックテープで貼っとけば良いか?とも思ったが、

様々な考察から

やはり、リベット+アイレッツで確実な固定にします。

07
接着剤は、リベットの穴から艇内への水の浸入を

完全に塞ぐ為のひと手間です。

 

タンデム後ろの股の間が空いているのは、

単独で舟を出す場合に

此処にシートを取り付けると船体の中央にくるからとの理由もあるので

その時には邪魔にならない様にする事を心掛け、

アイレッツの頭が水平面(座面)より下になるように位置決め。

 

 罫書き → 細ギリで下穴 → 適正太さでの仕上げ

  → 接着剤塗布 → リベットかしめ → リベット頭に再度接着剤塗布

08

09

10

手順は随分と慣れました。

ハンドリベッターは、コメリ(農家さん御用達ホームセンター)

で購入の格安品(税込み1,100円)。

今回掛かった費用は2,000円程です。

11

 

うむ。できた。

12
イメージ通り、

良い感じ♪

13
テンションコードやカラビナも100均で購入したもの。

同じく100均のドリンクホルダーもセット。

14
箱の底には、四隅に水抜き穴をちゃんと空けて

完成。

 

釣りの際の道具入れなど、

何かと便利に活躍してくれることを期待です。

(^^)

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »