« 休み | トップページ | お盆休み 初日 »

2017年8月10日 (木)

成長のチャンス

『 ダメ出しをする 』 事と

『 人に何かを教える 』 という事は、

行為としては似ている様なのだが、

全く違う。

 

『 怒る 』 と 『 叱る 』 の違いと同様だろう。

 

どうやったら相手に伝わるか?

分ってもらえるか?

気付かせることが出来るか?

 

分って欲しい、気付いて欲しい、

その思いがちゃんと心に在って発信しているのかどうかの差は大きい。

 

人に何かを伝えるには、

言葉の選び方やタイミング、熱意など・・・

テクニックや真心が必要なのだが、、、

 

目に付いた事、気に入らない事があると、

つい感情がまさって、態度に出て、

深慮無く不愉快さに満ちた言葉を発してしまう。

そしてそれを受ける側も、

人から自分の間違いや欠点を指摘されると

中々素直には受け容れられず

不貞腐れて 『 ムカつく 』 気持ちが大き過ぎてしまったり、

何とかして自分を正当化して誤魔化してしまおうとしがちだ。

 

人は、

そんなもの。

 

感情に任せて言葉を発し、

聞く耳を持たない。

 

それは何も、

大人に成れていない子供だからという訳ではなく、

年齢や立場が上がった大人ほど陥り易い。

 

社会へ出て多くの他人が交わる程、大人になればなる程、

人の事は、その人には言わなくなるものだ。

常識や礼儀に外れた事をする他人を叱る大人なんて

そうそう出遭えない。

『 あいつはあんなヤツだ 』 と見切って距離をとるか、

『 あいつはアカン 』 『ムカツク 』 なんて陰口叩くか、

まあ、せいぜいそんなもの。

『 余計な事には係わらない 』 のも大人だとされている。

 

自分自身が恨まれたり面倒な思いをする事を分っていて

それでも面と向かって、相手を思って

「お前駄目やぞ。」 って

ちゃんと諭してくれる強い人なんて、

自分の親くらいのものだ。

 

更に

年月を積んで周りが年下ばかりになり、

肩書きでも付いたりしたら

もう、

誰もマイナスの事を言ってくれなくなってしまう。

 

言われない上に、

逆に言う立場である事を誇るような人物は、

それが当たり前になってしまった大人は

単なる 『 裸の王様 』 。  

陰でバカにされるだけだよ。

 

人は、

自分が大人だと思ってしまうと

それが大人の権利であるかのように自分を曲げなくなって、

人から何かを言われる事を拒否し

自分の自由に干渉するな。なんて思ってしまう。

 

言われない、言わない事が平穏だから、

違うなぁと気付いていても

それで善しだとしてしまう。

 

だけど、せめて、

人には言えなくても、

人から言われた時は

思おう。

 

諭しだろうが、

叱りだろうが、怒りだろうが、

文句小言だろうが、

下らないダメ出しだろうが、

自分へ向けられたマイナスの言葉は、

全て

成長のチャンス。

それが自分の耳へ届いた、言ってもらえたってのは、有難い事なんだ。

それを忘れてはならない。

 

文句や愚痴を言ってたって、

いつまでも同じ事でケチをつけられて

いつまでもそのままだよ。

 

今、

ムカついたそれは、

自分を凹ませたそれは、

成長のチャンスなんだ。

言い訳して正当化してスルーしちゃいけない。

 

そのチャンスは、

とても貴重で、喜ぶべきものなんだ。

自分から遠いところへ押しやろうとせず、

掴まえて自分のものにしなきゃ。

 

たとえ時間が掛かってでも、それを受け止めようとして、

そうじゃない、もう一つ上の自分に成りたいと思う者は、

そうじゃない自分に成ることが出来る。

 

いくつになっても、

自分に降り掛かったそのチャンスを

見逃さず気付ける様に、

 

向上心を失わずにいたいなぁ。

 

|

« 休み | トップページ | お盆休み 初日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1797052/71379601

この記事へのトラックバック一覧です: 成長のチャンス:

« 休み | トップページ | お盆休み 初日 »