« 命と、家族と、人生を実感する日々。 | トップページ | 日曜日 »

2018年5月19日 (土)

yuukyuukyuuka

00a

本来仕事だった土曜日が休みになりました。

00b
この週末は土日共風が強く、

海の遊びには向かない。

そんな時は

お嫁ちゃん孝行のチャンス。

「どうしたい?」 と聞くと、

「滋賀へ行きたい。」 との答え。

「滋賀のどこ?」 と聞くと、

「いや、なんとなく♪(^^)」 と。

そ、(--;)そんなざっくりとした・・・ で、どうしろと。。。

 

で、

彼女のリクエスト通り、滋賀へやってきた。

01

02
『 ヤンマー ミュージアム 』

そう、あの天気予報のヤン坊マー坊のね。^^

03
えっ?

こんなの希望してない?^^

 

おぉ~~~

表に見慣れないのがあるぞ~~~

04
デッカイなぁ~

04a
このドヤ顔は、

07
『 緑の巨人 』 こと 『 ジョン・ディア 』 だ♪

08

09

日本では見慣れない存在だけど、

アメリカでは、男の子達がこれに憧れて

おもちゃで遊んだりするんだよね。

10

11

12
で、何でヤンマー・ミュージアム で ジョン・ディア なのかと言うと

随分昔から業務提携していたんですね。

13

13a

コイツと、

14

15

コイツは、兄弟なんだって。

16

17

15a
 

話を徐々にヤンマーへ戻しましょう。

18

ヤンマーの創業者 山岡孫吉 は

随分とドイツに所縁が深いのですが、

20
それは先ず、

博物館のエントランスホールに展示されている

この巨大な機械から始まります。

22

23
これは、世界初のディーゼル・エンジン。

24
ディーゼルって、人の名前だったのね。

で、

この巨大なエンジンを小型実用化する事に成功したのが山岡孫吉。

7人兄弟の4男3女の6番目に生まれ、

丁稚奉公からキャリアをスタートしながらも

終には、様々な分野で世界を支える大メーカーを創り上げた。

偉人ですね。

19
ちなみに、

『 ヤンマー 』 って名は

てっきり

単純に 山岡孫吉 の名前の頭文字からとったものかと思いきや

あの、オニヤンマのヤンマ

トンボの事なんだそうです。

25

トンボを、農村の豊かさの象徴と捉えていたようで、

戦後業務拡大の中、

新たに増えてゆく工場に、

『 〇〇農村精密工場 』 や、『 〇〇農村家庭工場 』

との名前が付けられています。

 

「 おらぁ、やっぱ!ヤンマーがえぇなぁ!」

「 燃える男のぉ~ あぁかぁいトラクタぁぁ~ 」

私が子供の頃は、やっぱ、このイメージですね。^^

26

 

今のは、こんな感じ。

27
カッコえ~

コックピットは随分とハイテクな雰囲気です。

28

何するヤツだ?

29

ボクには、使いこなすの難しそう。^^;

今時農家のおじいちゃんとかって、何か凄い人達なのかも。

30

 

お嫁ちゃんも乗ってみた。

31
農家の娘♪

 

こっちのはコンバイン。

32
こりゃまた機械が凄い機械。

33

34
なんか、おっとろしい。

 

田植え機の先は、

本当に人の手を再現しているみたいな動きだ。

35
      

おぉ~~

益々『 男の子 』 な気分になるやつ。

36
赤い頭の部分は、何だか懐かしい

昔の耕運機そのままだなぁ。

37
で、

今へと・・・か。

38
  

体験が出来るので、

39
チビッコ達と一緒に列に並んで・・・

 

わぁーい♪♪♪

40
む、難しい~~~

41
他にもシュミレーター系がありましたが、

どれもやっぱ、

子供を差し置いて大人が熱中してました。

41a
この船もやっぱ、

42

操船シュミレーターになっていましたが、

43
大人がいっぱい順番待ちだったので、諦めた。

 

展示でお勉強。

44

45
実際に自分の手でギアを切り替えて回転が見られるんだけど、

何でそんなにスムーズに前後進が入れ替わるのか・・・

感心しきり。

46

47
       

へー。

このタイプの船外機はシリンダーがその向きで

エンジンが詰まってんだ。

47a
なるほどねー

これなら回転軸とクランクシャフトが同じ向き。

自動車とは90度違う感じね。

47b
      

 

このロープワークは

48
実際に、工場内の製造ラインに入る前の

準備運動に使われているものの再現だそうで、

数字の順と矢印の向きにロープをかけていき、速さと正確さを測ります。

49
お嫁ちゃんの全力は、

50

新入社員レベル(^^)

 

父ちゃんの超!全力は、、 ^^;

51

やっぱ新入社員。^^;;;

 

でも父ちゃん、

手回しの人力発電コーナーでは、

54
中々の数字を叩き出しました。(^・・^)

54a
腕が棒・・・

 

息子は、脚が棒(笑)

54c
  

 

こちらは、プレス加工の技術で缶バッジづくりを体験できるコーナー。

52
スタッフさんが教えてくれるので安心。

53
自分で絵柄を選べます。

53a
一人一個ずつ作り、

ちょっとした、いい御土産。^^

 

 

そんなこんなで、

満喫。満足。

55

56

57

58

59
ロータリーだよ。ロータリー。

60
でっかいピストン。ヘッドの形状がそれぞれの工夫。

 

 

屋上の展望台へ出て見ると、

直ぐ隣が工場でした。

61
反対側には琵琶湖を望む。

62
はいはい。

男児の観光はこれにておしまい。

 

ようやく、

 

お嫁ちゃんのお楽しみへ。

63
てか、ここ

GWに来たばっかじゃん。^^;

64

65
しかし今回は、

大型連休の大混雑が嘘のように

落ち着いた雰囲気の街を、じっくりのんびりと巡る事ができました。

66

67
なるほど、

城下町であり門前町。

68
良い風情。

69

70
絵になる景色がそこかしこに在りました。

71
この南北の筋は、旧北国街道。

72

73

74
いいね。

75
いいね。

76
ろうそく屋?

77

78
お嫁ちゃんは色々なお店の中へと消えてゆくので、

私は古い街の観察をしながら、外で待ち。。。

79

80

81
なんだちみは!

82

 

壱番街の通りでは、フリマ的なイベントをやっていて

ちょっと賑やかでした。

84

83

今日は色々と買い食い。

85

西京漬の焼鳥、結構美味しかった。

86
そして、ここのチョコは外せない。

87

88
♪♪♪

これは後で食べよう。

 

お昼御飯は、

お嫁ちゃん御希望のここ。

89
こんなの読んだり

90
こんな写真眺めたりして待ち、

91

92

空腹度最高潮での、

ハンバーグランチ。美味しかったぁ~

93
遠慮を知らない息子は、

画力満点のローストビーフ丼。

94
お嫁ちゃん何気に2枚も肉を横取りしていた。

相~当~美味しかったらしい。

 

 

お腹が膨れたら、

ちょいとドライブ。

95
風が強い。

琵琶湖ざっぱんざっぱん。

96

 

道中チョコ食べながら。

97

 

ここへ。

98
  

例の如く

父ちゃんは何にも物欲無いし、

サイフの中も・・・無いし。

4周くらい、延々と散歩しました。

 

此処へ来ても、

いつも足を止めるのは、

モンベルと、アウトドアブランドと自転車屋さんが並んでる

この一角だけだ。

99

100
物欲、、、無いってば。

 

何見てんだ!

101
      

 

帰りは、

久々に天一のラーメン。

102
今は福井にもあるけど、

学生時代や独身の頃は

わざわざ湖西や京都まで車走らせて食べに行ったなぁ。

103
超こってり。

ニンニクも、夫婦一緒なら問題無し。

 

んな感じで、

21時位に帰宅しました。

 

カーナビが、

「長時間の運転お疲れ様です」 って言ってくれた。

 

はい。

ツカレタです。

 

|

« 命と、家族と、人生を実感する日々。 | トップページ | 日曜日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1797052/73535386

この記事へのトラックバック一覧です: yuukyuukyuuka:

« 命と、家族と、人生を実感する日々。 | トップページ | 日曜日 »