« 近況 | トップページ | 週末。 »

2018年6月17日 (日)

Sunday

まだ薄暗い内に起きて、

早朝から海に浮かんでいた。

01
土曜は仕事だったが、

貴重な休日の今日は 『 父の日限定終日自由券 』 を行使。

 

お嫁ちゃんと次男は

学校の仲間と一緒に、あの芝生の広場で行なわれる

リレーマラソン大会に出場するとの事なので、

その様子を眺められる辺りで竿を出した。

02

開会式~スタートカウントダウンの放送が聴こえてくる・・・

運動会のリレーと違って距離が長いんだから、ゆっくり走るんだよ。

お嫁ちゃんとメールの遣り取りをしながら、、、

芝生の広場の向こうの向こうの、向こうへ目がゆく。

あぁ~。。。白山まだ結構雪在るなぁ。。。

 

水平線方向の空へ眼を向けると・・・♪

03
ね、解るでしょ?

右向きのイルカの顔。^^

 

やっぱ海はいいなぁ。

 

 

やがて、

もしもしリンリンが鳴って、

一旦陸へと漕ぎ戻り、

町内の奉仕作業を終えて走ってきた

麦藁の船長と合流。

04
釣りはお休みで、

ファンライドへと♪

05
幕末に造られた砲台跡を眺めながら

06
奇岩の風景の中を進みます。

07

08
風は然程感じないが

遠方にある台風の影響なのか何なのか?

頭の中でカウントした感じでは

周期が6~9秒位のうねりがあって、船が上下に1m近く揺れる。

実は、釣りをしながらガッツリと船酔いしてました。(^^;;;

 

竿先を眺めていると酔うが、

漕ぎ続けていれば治まる。

09

波の為、浅い岩礁帯の判断を誤り

ちょいと座礁しちゃったり(^^;)しつつ

神の島の橋を潜る。

10
約1300万年前に噴出した溶岩によって出来た

安山岩の島。

11
大きな柱状節理が見事です。

近付くと

素晴らしい迫力。

12

1300万年前と言うと、

近年の研究発表では、『 ヒト 』 と 『 類人猿 』 が

遺伝的に分岐を始めた辺りの時期とされます。

外見・生物としての進化の姿が大きく異なると思われる

『 ヒト 』 と 『 チンパンジー 』 のDNAの差異は実は極僅かで、

99%までが同じ。

1300万年という長い時間を掛けて生まれた

僅か1%の違いが、猿と 『 ヒト 』 の大きな違いを生んでいる。

 

そんな、

人類や地球の歴史にまで思いを馳せられる場所です。

13
外海側へと舟を廻すにつれて

日本離れとも感じられる様な景色が展開し、

非日常感が高まります。

14
そう、

ここは正に、

パゴス!

Galapagos_a17acc747f1bd36f1ce240200

(この画像 ↑ 三度目の登場です。^^; あ、ガラパゴスね。)

15
あの安山岩の一部には、

落雷によって磁化した磁石石エリアもあるんですよ。

 

さて、パゴスを満喫したら

方向を変え、リゾート&探検エリアへ行きましょう。

16
この先は

『福井県みどりのデータバンク(すぐれた自然DB)』によると、

本地域においては新生代新第三紀中新世の米ケ脇累層の下部層とそのスランピング構造,堆積岩岩脈,ピソライト(火山豆石)及び下部層への火山岩の貫入などが観察できる.凝灰岩層が大きくうねるように折れ曲がり,地層が逆転していたり,礫が下位の地層に入り込んでいたりしているのがよく観察できる.また,本層への東尋坊安山岩の貫入状態が観察できる.特に貫入部では,緻密な急冷周縁相や下部層が熱変質して黒色で硬質化している.この地点は,米ケ脇累層からの唯一の貝化石産地であり,化石による地質時代決定と堆積環境の推定に大きく貢献したところである.

とあります。

17
複雑な地形に、

火山岩以外にも複数の地層が複雑に入り混じり

魅力的な景色でした。^^

18

19

20

21
そんな中に在る、

こんな浜で休憩♪

22

23

 

いつもの様に、

ハッピーランチ♪

24
背後の崖には

癒しの花も咲いてくれていて。^^

25

幸せだなぁ。

 

時計の無い時間。

岩の上でゴロリと身体を横たえて、

自然に目が醒めるまで、

ゆ~~~っくりと午睡を愉しみました。。。

26

 

目覚めたら、

27
ぼちぼち行きますか。

28

29

30

31
おっ!

あの鼻の穴ほじっとく?

32
左側の穴から侵入

33
おっ、

右奥へと続いてるよ。

34
おぉ、

行ける行ける

35
進んだ先には・・・

 

青の洞窟♪

36
身近なエリアにも、

素敵な、面白い、知らない場所は

まだまだあるね。

37
風裏で遊んでいたので、

帰路は向かい風。

 

長周期のうねりはやや収まりつつあったが、

風波が立ち始めていて

ざっぱんざっぱんと下半身ずぶ濡れ。

 

手を休めると横波が嫌なので

少々長いj距離を一気に漕ぎ戻りました。

 

「本当はボク海が怖いんやって。」

「これ進んでるんか?」

「本当に進んでる?」

そう何度も何度も聞く麦藁の船長が、

何だか可愛らしかったです。(笑)

 

全然大した事ないですって(^^)

めっちゃ進んでますよ。^^

 

出艇場所へ帰着し、

ゆるゆると撤収作業。

朝は多く見られた他の小舟釣り師達は

皆何処かへ消え去って、

駐車場は空いていました。

 

 

今日は、

よい一日だったなぁ・・・

38
夕飯は、

釣果を刺身で食いました。

超美味♪

 

 

この土地に住まう幸せ。

 

 

6月にして既に、

夏休み明けの子供くらい

真っ黒に日焼けした顔になりました。

 

めでたし。

実にめでたし。

 

 

|

« 近況 | トップページ | 週末。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1797052/73707743

この記事へのトラックバック一覧です: Sunday:

« 近況 | トップページ | 週末。 »