« 釣り | トップページ | 紫電 »

2018年8月25日 (土)

緩 徒然

 

予定通り

今年も順調に仕事が詰まってきて、

週明けからは年末までずぅ~~~っと

残業生活になりそうだ。

 

この週末は思い切って

自分を緩める時間。

 

お嫁ちゃんに我がままを聞いてもらい、

隣県まで少し遠出。

帰りは運転手をお願い。

 

先ずは、いつもの中国茶のお店へ

Dsc_0694
今日は薬膳茶にしました。

Dsc_0696

Dsc_0698
一煎目は2分。

二煎目以降は徐々に時間を延ばして様子を窺いながら、、、

雑誌をめくりつつ、お茶を愉しみます。

 

そして、

お粥ランチ♪

Dsc_0700
身体に優しい。。。

 

どんどんと中年体型が進行してゆくけど、

『 美味しい 』 って、ほんと、素晴らしい癒しだ。

Dsc_0702

Dsc_0705

Dsc_0706
 

お嫁ちゃんサービスで

1軒だけ雑貨屋へ寄り、

お風呂へ。

Dsc_0711

Dsc_0725
川のせせらぎを見下ろす温泉宿で、

立ち寄り湯です。

Dsc_0708

露天風呂も、自然の音と風が心地良く

良い時間でした。。。

 

湯上りは

定番のプシュりとマッサージ機。

Dsc_0716
ゆっくりと後から上がってきたお嫁ちゃんも

Dsc_0719
ぼよんぼよん。

 

その後はマンガ部屋へ移動して

Dsc_0723
ゆる時間続行。。。

 

なんだけど、

Dsc_0727
仕事の事は、中々忘れられないなぁ。。。

 

 

そんな休日でした。

1535326697462

 

 

 

 

 

夕飯は初物の秋刀魚♪

Dsc_0733
美味しい♪

 

 

 

 

この週末は、

少し嬉しい事がありました。

 

高2の長男が、

父の後を追ってきてくれた。

Dsc_0692
まだまだ今からだぞ。

もっと上を目指せよ。

技術者として一人前になるには、15~20年掛かると思え。

25年以上この仕事をしているお父さんだって、

まだまだ知らない事が日々出てくるし、

自信が持てない自分と闘っている。

 

 

私が初めて社会人になった時は、

学生時代にアルバイトに行っていた先へそのまま就職してしまって

親方一人、子方一人の関係でした。

全く畑違いの学部で学んでいたので

この仕事に必要な資格を取ったのは、その後の事です。

 

「〇〇君。電気は絶対にこの世から無くならんでな。

 俺はペンチとドライバー1本あれば生活してゆける。

  家族を養えるだけの腕を、君にも教えてあげるからな。」

私の親方は、

そんなふうに私を導いてくれた人でした。

 

今は、ステップアップ的に

もっと複雑な仕事をする職場に居ますが、

技術者としての心得は、

あの、親方の言葉が

全てです。

 

自分の腕で家族を養うんだ。

 

息子よ、

将来、愛する家族をちゃんと護れるように、

実直に

働きなさい。

 

|

« 釣り | トップページ | 紫電 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 緩 徒然:

« 釣り | トップページ | 紫電 »