« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月27日 (土)

休日の、日記。

 

随分と前からですが、

我が家の庭にウグイスが居付いています。

01
『 ホーホケキョ 』 と鳴くのは

夏までの繁殖期の事で、

この時期は静かです。

02

03
放置してある植木鉢に生えている雑草をついばむのが

日課なようです。

緑の柔らかい葉が好みらしい。

04
ウグイスは、『 Bush Warbler 』 薮でさえずる鳥で、

人目につく高い場所などにはとまらず

林の中の低い場所(薮)で生活する警戒心の強い生き物。

本来姿を見る機会は少ない鳥ですが、

毎日お嫁ちゃんが洗濯物を干しに出る場所にも係わらず

逃げずに居てくれます。

05
とても可愛い。 ^^ 

 

庭に緑があると、様々な生き物がやってきます。

もっと寒い時期になると

ヒヨドリ が南天の実などをついばみにやってきますし、

厳冬期にはツグミの仲間が訪れてくれて、

春先には メジロ のつがいが目を愉しませてくれます。

それ以外にも

様々な生き物が営みをもっていて、

雨が降る前などには

アマガエル の合唱が聴かれたりします。

 

ヤモリ なんかも、とても可愛くて大好き。

 

 

土曜日は、

お嫁ちゃんと一緒にお出掛け。

06
海鮮が食べたくて越前海岸方面へドライブしたのですが、

ここのところの悪天で仕入れが悪く(不漁)

活イカはまた次の機会となりました。。。

07
自然相手だ、

しゃあないね。

 

 

もう一つのお嫁ちゃんのリクエスト、

武生のカフェへと車を走らせ、

緩やかな、癒しの時間。

08

09

10

良い時間が過ごせました。

11

  

とにかく、

 

癒しを欲しています。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月25日 (木)

疲れている時、触れたい言葉。

 

相も変わらずの残業生活。

 

そろそろ、今シーズン最初のピークだ。 

今週から~11月いっぱい位が

とりあえずの頑張りどころ。

 

我々の業界は、

繁忙期と閑散期の落差が大きいので

お盆を過ぎ、秋から年度末に向けての半年間は

毎年こんな生活だ。

 

 

家に帰っても

寝るまでの時間は僅かで、

自分の為の時間を確保したかったら

睡眠時間が削られてゆく。

 

自分を休める事が、

中々難しい。

 

 

後輩もよく頑張ってくれているので

私が弱音泣き言を言ってる場合ではない。

強がり半分で、

「今はゴールドラッシュや!

 掘ったら掘った分だけ俺らのモンやぞ!

  掘って掘って掘りまくれ!!!」

と、半分意味の判らん言葉を与えたら、

ちゃんと笑って受けてくれたので、

こちらも救われる。。。

 

 

私の経験上、(自分の場合)

気分転換の時間も上手く持てない様なこんな時は、

逃げよりも

逆に、

正攻法で立ち向かうエネルギーを如何にプラスするか

との方向性が、

一番の正解。

 

要は、

自分に降り掛かっている問題を

『ちゃんとやっつける』 ことでしか、

良い結果には辿り着けないんです。

 

 

 

過日、

出張先で

気の合う、大好きな若者と酒を飲みながら話していた時に、

お互いが好きな漫画の話になって、

彼は私に『スラムダンク』を勧め、

私は彼に『宇宙兄弟』を読んで欲しいと言った。

 

(実は、スラムダンクは私も途中まで読んでいたので

 彼が力説する良さは、良く分る。

  なるほど、私好みの男だな、と。。。)  

物事に、純粋に向き合う人間は、

好きだよ。(^^)

 

そんな、熱の在る若者との触れ合いは

色んな事を思い出させてくれて、、、

自分も頑張らなきゃな、と、

素直に思えます。

 

 

(以下は、私が随分と前に書いた

 ある日の日記(ブログ))

 

私は、

『 宇宙兄弟(漫画・アニメ) 』 が大好きだ。

その中には、

本当に素晴らしい名言が沢山詰まっている。

登場人物が様々な壁にぶち当たる度に、

それを見守る周囲の人物から投げかけられる言葉の数々が

余りにも素晴らしくて、

そこには、

現実の世界を生きる者、私達にとっても

大切なヒントと、勇気をくれて前向きにしてくれるエネルギーが

溢れている。

 

私が一番大好きな名言は、

南波兄弟が子供の頃からお世話になっているシャロンおばさんが、

頭を抱えて悩む少年ムッタに向かって言った言葉。

迷った時はね、どっちが正しいかなんて考えちゃダメ。

 どっちが楽しいかで決めなさい。

これは勿論、シャロンの中に

ムッタは決して道を踏み外さないとの信頼あってこそが前提の言葉だが

後悔しない、良い想い出となる人生を送る為の

素晴らしいアドバイスだと思う。

私も、こんな大きな愛の目で我が子に接したいと思うし、

自分自身も

夢見る自分の決断を勇気をもって胸張れる自分でいたいと、

そんな気持ちにさせてくれる。

 

とにかく名言が多い宇宙兄弟。

日々の日常、現実の厳しさで心が疲弊してしまった時、

そんな自分を救助する為には

家族の支えや、遊びや、酒や、現実逃避の些細な気分転換や・・・

色々ありますが、

こんな純粋な言葉に触れて、物事と正攻法で向き合う勇気をもらうのも

私にとっては貴重な癒しです。

 

『 俺の敵は だいたい俺です 』

 

『 グーみたいな奴がいて

 チョキみたいな奴もいて

 パーみたいな奴もいる

 誰が一番強いか答えを知ってる奴はいるか? 』

 

『 知りたいことのおおよそ半分は

 ネットや本で調べればわかることだ

 どこにも載っていない「もう半分」を知るためには

 自分で考え出すか 経験するしかない

 誰かに聞いたとしても、それで知ったことにはならない

 それが知りたくなったら・・・

 自分でやるしかないよ 』

 

『 新しいモノ作ろうって話なんだ、最初は何だって”仮説”だろ 』

 

『 いい素材使ってるモノがいいモノとは限らねえんだ

 だけど・・・ 失敗を知って乗り越えたモノなら、それはいいモノだ 』

『 本気の失敗には価値がある 』

 

『 一位と最下位との差なんて大したことねーんだよ

 ゴールすることとしないことの差に比べりゃ 』

 

『 ちょっとだけ無理なことに挑戦してこーぜ 』

 

『 ネクタイを締める理由なんてのは1コしかねぇ

 仕事が無事に終わった後に”緩める”ためだ 』

 

『 悩むなら なってから悩みなさい 』

 

『 私が、夢だった天文学者になれたのはきっと

 若き日の”ドキドキ”を信じたからです

 もしあなたが何かの瞬間抑えきれない心臓の高鳴りをきいたら・・・

 信じてみてください 』

 

『 命を預かる技術者の気持ちを知れと言うのなら

 あんたは命をかける側の気持ちを知ってくれ 』

 

『 リーダーというのはやはり

 安心と興奮を同時にくれる 』

 

『 世の中に”絶対”なんてないんじゃねーかなぁ・・・』

『 そうだな、世の中には”絶対”はないかもな

 でもダイジョウブ 俺ん中にあるから 』

 

『 僕は―――

 自分の父には逆らえますが

 自分のやりたい事には逆らえません 』

 

『 また積めばいいよ

 次はもっと上手く積めるようになってるよ 』

 

『 ”止まる” も ”進む” も

 コントロールするのはお前だ 』

 

『 大きな事を言い切らねえと

 大きな事は実現出来ない 』

 

『 僕はもう決めたんだ、迷ってるヒマなんてない!

 人生は短いんだ! ああそうだ!

 テンションの上がらねえことにパワー使ってる場合じゃねえ!』

 

『 It’s a piece of cake!” “楽勝だよ!” 』

 

『 今のは”心のノート”にメモっとけ 』

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月21日 (日)

青空

 

白山が望める

市街地の山へ。

01
 

今日は

自衛隊の 『 福井市中パレード 』 の日だった。

混雑に踏み込む元気は無かったので、

地上の車両類見学は切り捨て

空を眺めに行きました。

 

長男は友人達と出掛けていったので、

お嫁ちゃんと末っ子と。

市街地を見渡せる山の上へ行きましたが、

同じ様に目論んでいた方が大勢居て

結構混雑気味でした。^^;

 

~~~(苦言)~~~~~

航空祭の時などもそうですが、大きなカメラを持った方々は

自分ファーストなヤツばっか(な、印象)。

場所取りが強引で、

後から来ても結局人の前へ割り込んだり、

後ろの人の視界を堂々と遮ったりする輩が本当に多くて、

辟易とします・・・

9割以上が、

社会に模範を示す立場であるべきイイ歳したオッサンばかりです。

恥を知れよ。

~~~~~~~~~~

 

最初に飛んで来たのはチヌーク♪

02

03
おっ(^^)

らぶらぶアカネとランデブー♪

04

 

陸上自衛隊 鯖江駐屯地 創立50周年記念で

市中パレードが開始された初年度は、

ヘリだけでも

・陸上自衛隊(明野)第10飛行隊のUH-1

17

・(明野)第5対戦ヘリ隊のAH-1

19

・海上自衛隊(舞鶴)第23航空隊のSH-60J

23

・小松救難隊のUH-60Jと、U-125のタッグ

26

と、バリエーション豊かでしたが

6回目となる今年は・・・

チヌーク1機だけでした。。。。

おいおい。^^; 寂しいな。

 

さて、

F-15。

まずは、エシュロン隊形での進入

05

06

僚機が居ない方向へ急旋回など大きな動きをし易いので

実際の作戦行動中にも使われる基本的なやつですね。

07
市街地通過後は日本海側へと旋回して戻り、

次のパスは

ダイヤモンド

08

09
再び海側へ旋回し、

最期は2+2

10

11
F-15のパスは、この3回でした。

 

 

素直に自宅へ帰って、

疲労軽減の為に

ゆるゆると過ごしています。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月19日 (金)

過日

Dsc_0884
この間の休み

お嫁ちゃんと出掛けましたが、

日記を書いている間が全然無いので、

写真を一杯貼って、

備忘録に。

Dsc_0887

Dsc_0889

Dsc_0892

谷筋では

大文字草が花盛り。

Dsc_0893

Dsc_0894

Dsc_0896

Dsc_0899

Dsc_0904

Dsc_0906

Dsc_0909

Dsc_0911

Dsc_0914

Dsc_0915

Dsc_0920
  

 

以前から行きたかった山城へ。

Dsc_0924

Dsc_0928
Dsc_0930

Dsc_0932

Dsc_0933

Dsc_0941

Dsc_0942

Dsc_0945

一向一揆ってのは、

戦国時代当時の武家権力への反対運動だな。

当時、民衆に根ざして広まっていた宗教の指導者達が

扇動しちゃったのも大きな原因みたいだけれど・・・

此処らは特に激しくって、

まあ、結局、

権力側に制圧されちゃって、

300人余りが生け捕りされて磔にされたんだってさ。

Dsc_0949

貧しく抑圧された生活からの解放を夢見て

不満を爆発させながら戦った民衆、農民達の無念は如何ばかりか。

 

戦国時代とは言え、

300人が処刑って、、、なぁ。

Dsc_0943
 

 

帰路、

久々に、

のむら農産さんの黒ゴマきな粉ソフトクリーム食べました。

Dsc_0951

 

お嫁ちゃん孝行で、買い物へも

ちゃんと寄りました。

Dsc_0952
そんな、

ある日の

一日でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月13日 (土)

長男と

Dsc_0876
前夜の約束通り、彼のリクエストで

長男と釣りへ出掛けた。

小舟(カヤック)を出すには波風が厳しい条件だったので

陸っぱりだが、

久し振りに二人の時間。

 

彼はもう高校2年生だが、未だにこうして父親と遊んでくれる。

きっとこのままの関係性で大人になってくれる気がする。

 

反抗期や、難しい時が無かった訳ではない。

 

私自身も、

子育ては『昭和親父スタイル』で体当たりなので、

子供達三人共にかなり厳しく接してきた自信が在る。

勉強や成績に関しての視点で要求や強要をした事は無いが、

生きる力を授けるという事は恒に意識している。

常識や礼儀や感謝など

『人として大切な事』を失した態度には極端に厳しい父親なので、

例えば、「いただきます」をちゃんと言わないとか、

母親に対する言葉遣いが悪いとか、

自分が悪くて人を不愉快にさせているのに素直に謝らないとか、

そういった事は『絶対に許さない』スタンスでやってきた。

つい先日も、

『反抗期で悪い態度の子にも係わらず献身的にしてくれる母親』

に対する感謝の心を欠いた言動に

絶対的な強権を発動し、頭ひっぱたいて

息子が涙を流すまで説教したりした。

 

それでも、

愛し愛されている自信はある。

 

幼い頃から、

一緒に魚とりをしたり、

自転車旅をしたり、

野宿を楽しんだり、

そんな事を積み重ねて来たので

我が家の家族間の距離、信頼関係にはそれなりの堅さがある。

だから、叱る時も

全力で出来るのだと思う。

 

 

今日は、お母ちゃんと末っ子が所用で居なかったので

長男と二人。

彼も、久々に父ちゃんを独り占め出来る

貴重な日だ。

 

昼前に冷蔵庫を開けてみたら

見事なまでに物が無かったので、

昼食は外食にした。

Dsc_0864
超々久々の風月亭。

学生時代、バイト先の先輩によく連れて来て貰った店だ。

Dsc_0865
美味しいことは知っていたのに、

何故だか?自分でも不明だが

ず~~~っと来ていなくって、

二十年以上振り。

Dsc_0867
これこれ♪

この太麺の焼ソバが美味しいんだよ。^^

うわぁ~ 懐かしいなぁ。

ここはお店の方が全て調理してくれる。

必要以上に手を掛けないふわふわのお好み焼き、

もちもち麺におこげが付いた焼ソバ。

昔のままでした。^^

 

お腹を膨らましてから

釣具屋へ寄り、夕方に掛けての時間を狙って海へ。

 

最初は彼のリクエストで雄島へ向かったが、

想像以上に波風が強く

「こりゃぁ・・・ アカンやろ。」

「おぉ・・・、そうやな。」

移動。

 

北向きは厳しかったので

少しでも風裏になる西へ向かう。

鷹巣から南の岩場へ。

 

それでも、

釣り座は時折波に洗われる状況で、

Dsc_0868
ライフジャケット持参で来たが

何だか落ち着いていられず、

海中も全体的にホワイトウォーターで、

強い風でまともに仕掛けも投げられず、

早々に止めた。

彼も納得。

 

 

駐車位置へ戻ると

可愛いノラ(^^)

Dsc_0870
写真撮らしてくれるかな?と近寄ろうとすると、

何と、向こうから来てくれた♪

Dsc_0872

Dsc_0873
長男は猫好きなので

嬉しそうに携帯を向けていた。

 

風が強くて寒々しかったので、

私を風除けにしたり、

股下へ擦り寄って潜ったりしてくれる。

Dsc_0876_2
釣り人が多い駐車場なので、

皆から魚をもらったりして生きているのだろうか。

クーラーBOXの前で座り、匂いを嗅いだりした。

ゴメンな、空っぽなんだよ。

 

手を出して触れても嫌がらないので、

喉を撫でてやりながら

暫く一緒に過ごした。

Dsc_0878

 

可愛いなぁ。^^

Dsc_0879

Dsc_0881
じゃあね、

バイバイ。^^

Dsc_0882
そんな休日でした。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 8日 (月)

秋の山

01
30分遅刻で・・・

後方支援部隊からのスタート。。。(^^;

02

03

人は、静かな山の中に居ると、

黙々と歩いていると、

哲学者になれるから。

ふと、気持ちの整理がついたり

いつもと違う視野を得たりできるから、

色々と疲れたりした時は

人の少ない山、孤独な時間は、

実に良いよ。

 

 

ちゃんと追いついて、

04

05
た~~~っぷり汗掻きながら進みました。

06
前夜ちゃんと、

「マシンを担いでく体力はありません!」

と言ったのに、

「草刈り鋏」!(ハ・サ・ミ!)と言ったのに、

なんで?(T-T)?

集合場所では、Hmd兄ちゃんが

しっかり私の分のマシンも車に積んで待っていた。

!?人の話聞いとるんか?

T。T)

はい。がんばるっす。

 

 

稜線に出ると、

超気持ち良い。

07
時々マッターホルンを振り返りながら、

08
遅々として進む。

09

 

あ、

これは刈らない。^^

10
可愛いなぁと思いながら

見つける度に写真を撮っていたけれど、

11
やがて沢山生えている場所が現れる。^^

12
綺麗だねぇ。

王子!これは『リンドウ』だ。憶えなさい。

Hmd!これは『林道』ではなく『竜胆』です。

(日本にリンドウ属は13種類在るらしい。これは『オヤマリンドウ』)

 

 

頂上への集合時間を気にしながら、

一応ギリギリ間に合って・・・

13

14

 

かんぺー♪(^^(^^(^^(^^(^^)/♪

15
仲間とのこんな時間が

やっぱサイコー♪ 大好き。

 

山上でのこんな時間は、2017年2月12日 以来でした。

 

 

私が居させて貰っている山の仲間は

冬山(山スキー)がメインフィールドのメンバーで、

活動期がどうしても私の職種の繁忙期と重なり

只でさえ遊びの時間確保が困難であった上に、

ここ2年余りは

職場から闘病での長期離脱者が出た事もあり、

無理をしなければ、思う様には

自分の趣味や家庭の時間が作れない日々が慢性化して

仕事、職場への責任からも、

冬山からは遠ざかる結果となりました。

 

自分の時間、友人との時間は、

此処数年、明らかに大幅に減っています。

 

普段から、

『中年化の進化系』

『おっさん化の完成形』

などと自虐を述べ、

妻からも体型を馬鹿にされる日々なのですが、

そりゃね、

自分的にも、

とてもとても不本意なのですよ。

 

そんなもん、

重々わかっとるんだが、

日々残業からヘロヘロで帰って、

ストレスたっぷりで自分を緩めることが困難な状態で、

休日がきたからって、

『運動しなきゃ』って、そんな事分ってるんだけど、、、

あかんのやって。。。

 

体力低下が顕著で、

今回の山は本当に酷かったです。

 

ほんと、

運動しなきゃなぁ。。。

 

楽しい日記の筈が

愚痴になってしまってごめんなさい。

 

 

 

でも、

美味しいランチでしたよ。^^

超贅沢な場所で、

超贅沢な時間。

 

 

帰路は、

労働を休み、

ちゃんと景色を愉しみながら行きましょう・・・

16
てか、

帰り道も遠っ!(ToT)

既にへろへろガクガクのこの脚で

戻るのが一番の重労働じゃねぇのですかい?

17

18

とは言え、

山奥で、オッサンがヨダレ鼻水垂らす勢いでヘロヘロになって

それでも顔がニヤけてるなんて、、、

幸せな時間なんだろうね。^^

 

 

19
「ぐうたらしてないで行ってこいってば!」

ケツ蹴っ飛ばして送り出してくれたお嫁ちゃん、

ありがとう。

 

そして、

やっぱ楽しくて優しかった先輩・仲間に

ありがとう。

 

いつもその懐に受容れて下さる自然に、

感謝。

 

です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »