« ~ 王道観光地の魅力 ~ | トップページ | 父ちゃんの趣味 »

2019年3月23日 (土)

世界遺産を感じる

01_5 

倉敷を後にして

高速に乗り、隣県へ移動。

 

父ちゃんとしては、

本当は

黒くて異質の岡山城を観光したかったのですが、

お嫁ちゃんの要望により

姫路へ。

 

白い城を見に。

02_5

城戸から入ると、

最初はこんな距離感。

03_5

仕事では過去に何度か近辺を訪れているので

この眺め自体は目新しくはないのですが、

中へ入ってちゃんと見た事がないので

結構、テンションが上がっています。

04_5

06_5

近付くにつれて、

見る角度でどんどんと姿が変化し、

大きくなってくるから

05_5

06_6

『 すっげーなー! 』 って感じ。

 

天守への道はぐるりぐるりと向きが変わり、

中々辿り着けない。

07_5

流石のセキュリティです。

08_5

近付いたかと思えば

手前の櫓で隠れちゃったりします。

09_5

石垣の石は割と細かい物が多く、

産地もごちゃ混ぜっぽい印象。

これだけの量の石材を集めるのは大変だったろうからなぁ。。。

10_5

秀吉が若かった時代から

何代かに渡って城主が変わって改築増築されてきたので

石垣も、場所によって三世代位があり、

積み方も自然石を野面積みした場所から

加工石で隙間を少なくした打ち込みハギまで様々です。

11_5

12_5

 

ようやく内部へ入ると、

1階~6階まで急な階段を昇る行程です。

13_5

 

こんな場所では、

14_6

用具掛けや天井、窓の外などをじっくりと見学したいところですが、

15_4

この列から外れたら

16_4

再合流するには強引な横入りが必要になるので

ゆっくりと見学は・・・難しいです。

  

冷える板の間をず~~~っと歩いては

止まって待たされては・・・ なので、

お腹の具合が悪くなっちゃわないかと心配になりました。

入城前にちゃんとトイレへ行っておく事を強くお勧めします。

 

窓には金網が張られているので

網の目の合間に上手く携帯を合わせれば

こんな写真も撮れますが

17_4

自分の眼では

こんなに美しくは見られません。(T-T)

18_4

19_4

20_4

21_3

やれやれ・・・。

結論、

城は、

中より、

外から眺める物です。

22_4

ね。

23_4

24_4

25_4

26_4

ね。

  

ところで、

「 いちまぁ~~~い、

 にまぁ~~~い、、、

  ・・・・ 」 の、

播州皿屋敷は、

この城内に在る 『 お菊井戸 』 の話だったんですね。

知らなんだ。

27_4

厳重に塞がれていましたが、

確かに、身を投げたら只では済まなそうな深さでした。

 

中を覗き込むと・・・

28_4

小銭がいっぱい。

なんで? ^^;

 

 

しかしながら、

現地で見るスケール感と美しさは、

さすが世界遺産に相応しい貫禄と歴史を感じさせるものでした。

29_4

行って、

見て、

感じるって、

大事。

 

 

|

« ~ 王道観光地の魅力 ~ | トップページ | 父ちゃんの趣味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ~ 王道観光地の魅力 ~ | トップページ | 父ちゃんの趣味 »