« ~ 早朝散歩 | トップページ | ~ 王道観光地の魅力 ~ »

2019年3月23日 (土)

散歩続き ~ 宮 ~ モーニング

00_3

女子チームから 「 起きた 」 との連絡はあったが、

長女の身支度にまだまだ時間が掛かるとの事。

 

(大学へ入って化粧をするようになった彼女。

 自分の作り込み具合に納得がゆく妥協点に、

  中々到達出来ないようだ。)

 

んな訳で、

父ちゃんは

平地の散歩に一区切りをつけ、

美観地区の隣に在る鶴形山へと、散歩を続行。

01_3

観龍寺~阿智神社へ。

02_3

静かな、湿った空気の街を見下ろしながら

石段を登ります。

03_3

04_3

やっぱ、

朝の散歩はいいなぁ。。。

05_3

早朝の丘には

日課を過ごす地元の方々がちらほらとおられて、

すれ違う私に

会釈や、「おはようございます」をくださいました。

06_3

境内は、

空気感が尚良い。

07_3

08_3

09_3

〆の子に、この様な意匠が凝らされているのは

初めて見ました。

10_3

美しい。

創った人の手間、丁寧な心に、

ほんのりと感動を覚えます。

 

11_3

お宮さんの参拝は、

拝殿に手を合わせて終わらずに

その裏の本殿を見てみたくなります。

お宮お宮で、個性がある。

こちらの本殿は、屋根が大きく印象的で、

隅々まで手が込んでいるなぁ。。。といった感じ。

木鼻が、

象や獏ではなく、龍でした。

12_3

流造と日吉造のミックス?

立派な檜皮葺屋根の社。

 

土地土地のお宮さんは、

氏神として信仰される小規模な村社から

大きく立派なものまで様々ですが、

人々の願い、信仰心が形となったもの。

商売系の神様だと、人の欲を現したような寄進の塊に感じてしまう事もありますが、

このお宮の本殿は、

経済的に栄えた土地柄が伺えつつも、

実に上品で美しかったです。

12a

 

子供の頃、

いつも氏神の境内で遊んでいたからか、

こんな場所が、

好きなんだよなぁ。 

13_3

14_4

15_2

16_2

 

山頂のお宮さんから

北、西へと下りました。

17_2

雰囲気の在る道。

土地の方が信心深い事がよくわかります。

18_2

祠に花。

19_2

企画開発の神。とな。

 

坂を下ると、

境内とする山への結界の鳥居。

20_2

鳥居を潜った向こうの通りは戎町。

鳥居のたもとには、

恵比寿様が祀られていました。

21_2

商店街のアーケードは

未だ静やかです。

22_2

23_2

人っ気のない通りが良い。。。

のは、さておき。

写真を撮ったら

鳥居に戻る。

 

気になっているのは・・・

24_2

再び階段を上って、

見下ろす側へと・・・

25_2

う~ん。危な過ぎる眺め(笑)

エラい大きいの載ってるぞ。^^; 落ちかけ?

  

鳥居に石を放りあげて

上手く乗れば願いが叶うとの言い伝えは昔から聞きますが、

いくらなんでも、

デカイの投げ過ぎやろ(笑)

びっしり載ってるし。

26_2

どんだけ神頼みが好きな土地なんだ(^^;)

こんなの、

住まう北陸では見た事がない。。。

  

 

  

さて、ようやく

長女の支度が終わり

合流の知らせが来たので、

一旦、宿に近い美観地区の入り口へ戻って待ち合わせ。

  

三人で、

再び美観地区を歩いて過ごしていると

カフェが開く時間になりました。

27_2

モーニングセットを頂きに。

  

素敵な中庭を眺められる席で

28_2

パン+豚汁+コーヒー+ゆでたまご

29_2

起床後2時間程歩き回っていたので、

かな~りイイ感じの空腹度合だった。

たまらないほど美味い。

美味い。

30_2

幸福感。。。

 

 

散歩の続きは、三人でまた山を登り、

また、

お宮さんへ参拝に。

31_2

32_2

33a

 

今度は、

神社正面の参道から山を下ります。

34_1

ほ~ほ~ほ~・・・

こっちの鳥居にも・・・(笑)

35_1

36

どんだけー!

37

山盛に小石が載っていました。

 

すごすぎ。

 

大人がやるの?

子供の遊び?

 

他所の土地を訪れると、

色々と面白いね。^^

 

|

« ~ 早朝散歩 | トップページ | ~ 王道観光地の魅力 ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ~ 早朝散歩 | トップページ | ~ 王道観光地の魅力 ~ »