« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月29日 (月)

GW前半の中盤

この日も女性上位のスタートで、(--;)

ショッピングモールから。

01_13

当然男女別行動。

 

で、おわった?

はい。OK。移動。

 

次は此処。

02_13

おちょぼ稲荷。

いつ来てもお正月みたいな雰囲気で、

新元号迎えるのにも相応しいんじゃ? 

何だか目出度い感じで。

03_12

何度も訪れているけど、

門前町フリークでもある私は、こんな場所がたまらなく好き。

 

海無し県の岐阜の南部。

水郷集落の中に発展した門前町なので、

古来、川魚喰いの文化圏。

鰻や鯰をはじめとした淡水魚介類を供する食堂が多く立ち並びます。

04_14

他にも

生活雑貨や野菜やスイーツや諸々種々雑多な商店が軒を連ね、

退屈しない通りです。

06_15

05_14

(あ、コレ ↑ クロックスみたいなサンダルね。

 水郷集落っぽい?でしょ? )

 

植木を売るお店なんかも在って、

門前町然。

07_11

08_11

あ、

門前町って事は、当然

寺社中心。

ちゃんと御参りしますよ。

09_11

50円で、お揚げとロウソクのセットを買って、ね。

10a_1

ロウソクに火を分けていただき、

御稲荷さんへお揚げを献上。

11_10

12_9

13_9

別に、金の亡者ではないんだけど、

やっぱ仕事の安泰は願いたい。

 

で、

御参り後はやっぱ、

おもかる。

14_10

お嫁ちゃん、何を願ったんだい?

「どうだった?」 と問うたら、

意地でも 「軽い!軽い!」 と言い張っていました。^^

 

門前での食事は

金ピカで有名になったココへ。

15_8

県民ショーや

NHKのドキュメント72時間でも密着されちゃって、

益々人気の様。

こちらの方々は

大晦日~初詣に、

何でか門前で串カツ食べるんだよね。

16_8

名物お父様もおられました。

「お写真いいですか?」 と聞くと、快く応じて下さったのですが、

写真使用の許可までは聞かなかったので、

一応御顔モザイクです。

16a

携帯の待ち受けにでもすると、金運上がるかね?

  

毎度寄るお漬物屋で試食を楽しんで幾つか買ったら、

移動してココ。

17_8

高台の眺望の良い露天風呂で

ゆる~り。

18_7

で、やっぱ、

風呂上がりは夫婦揃ってマッサージ機。

19_7

ふやけて、

今夜も実家へ宿泊。

夜はまた御馳走いただきました。

20_6

ありがとうございます。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年4月28日 (日)

GW前半の前半

貴重な休みを無駄にせぬようにと、

家族達の希望に沿いスケジュールを組んだら、

この連休の間は

とんでもない移動(運転)距離になりました。。。

 

休み初日は、

ようやくタイヤ交換(スタッドレス→ノーマル)2台分を済ませ

長女を迎えに金沢へ。(往復160Km)

01_12

夜9時までアルバイトだった彼女をピックアップし、

アパートへ寄って諸々整えて

自宅へトンボ返り。

翌日以降の準備を済ませたりして

就寝(仮眠?)は午前2時位になりました。

 

5時台に目覚ましをかけ、3時間ちょいの睡眠で6時発。

荷物と、寝ぼけ眼~睡眠継続 の家族達を車に詰め込み、

先ずは

女子二名御所望のアウトレットモールへ向かう。(片道200Km)

渋滞予測がそこそこの確度で出る時代なので

早起き+ノンストップ・・・ どうせ家族達寝てるし。。。

やはり実際に滞り始める高速を

どうにかギリギリ、、、混雑をすり抜けて

オープン時間前に到着。

02_12

朝食後女子達と別れ、

とりあえず父ちゃんは2周程散歩。

04_13

基本買い物嫌いの私は

入りたいと思う店舗が2つ3つ位しかないので、

延々外ばっかりに居たら

半日で顔が見事に日焼けしました。

05_13

06_14

結局私は

なぁ~んにも買わず。

 

にしても、

天気いいな~~~

07_10

未だ雪を頂く南アルプスや御嶽が美しく見えていました。

08_10

袋を幾つも提げ満足顔の女子と合流し、

昼食をとったら出発。 移動開始。

 

次は男児希望のセントレアへ。

 

連休中の名神 一宮~小牧辺りは常に渋滞しているので

名古屋中心部方面へ向かうルートは避けたい。

少々遠回りっぽくなりますが、

東海環状道~伊勢湾岸道~知多半島道~で向かいます。

(約110Km)

 

着いた~~~

09_10

10_9

先ずはスカイデッキへ♪

10a

10c

いいね~~~

11_9

田舎の地方空港と違って動きが多いから

見ていて飽きない♪

12_8

13_8

14_9

15_7

出船入船。

16_7

しかし、やがて女子達が飽きてくるので

建物内へ移行。。。

17_7

18_6

御土産の買い物なども済ませたら、

旅客ターミナルを出て

父ちゃん希望のアッチへ。

19_6

ここに来たかったぁーーー!

20_5

『 FLIGHT OF DREAMS 』  https://flightofdreams.jp/

ボーイング787の初号機が

そのままどーん!と実物展示♪

21_5

すっげーーー

22_6

こんな角度からも間近でマジカ。

23_5

24_5

25_5

ロールスロイス製エンジンも、まじまじ。

26_5

ナルホド、駐機中でも

エンジン回ってる時は

コノ線より前側は立ち入り禁止って事ね。

27_5

この距離で始動音を聴いてみたいな~~~

28_5

29_5

くうううううううぅ たまらん。

30_4

31_4

32_4

まるで、

でっかいクジラのお腹の下に居る感じ♪

33_2

尾ビレ。

34_3

よし、

上も見なきゃ♪

普段は開いている事をあまり見られないR1ドアからの

35_2

コクピット♪

36a

私が初めての海外旅行へ行ったのは

今から25年以上昔のハワイ。

当時は、客室乗務員さんにお願いしたら前方まで入らせてくれて

(夜中、太平洋上を飛行中に)

ドアの後方から覗き込むように

(そうなんです。コクピットのドア全開だった。)

夜景のように美しく計器類が並ぶ様を見学させてもらえました。

安全最優先の今では

ありえない話ですよね。

  

おっ。

暗転したら

37_1

プロジェクションマッピングのショーが始まります。

38

39

40

41

 

満足満足。。。

42

43b

 

最後は、約80Kmのドライブで

実家へ。

夜は三世代揃っての宴でした。

  

あ~ つかれた。。。

 

 

| | コメント (0)

2019年4月25日 (木)

-~+~0

マイナスから始まり、どうにか最後はチャラ。

プラマイゼロ。

そんな日だった。

 

 

朝から電話引っ切り無しで・・・

メンバーが一人欠けているこんな日にかぎってトラブルが重なり、

三つの仕事の遣り繰りを並行処理で、

かなり憂鬱な、嫌になる状況。

 

80Km離れた場所で起きている問題が中々解消せず

電話での伝言ゲームに参加している皆がイライラの限界で、

結局、元請の担当者から

「行って!(来て!)助けて!」 となった。

我々の仲間で言う、いわゆる

『スクランブル(発進)』 ってやつだ。

 

高速飛ばして現着後、

監督官に電話、合流、状況説明を受け、

原因究明作業。

 

未だ完成していない現在進行形の物件で、

複数・多数の業者が絡んでいる現場。

複雑なシステムの場合、

(電気)制御系の仕事である我々が

真っ先に 『頼られる』 のと同時に、

それと同じかそれ以上に 『疑われる』 事が常だ。

 

関わる要因が多ければ多い程

不具合の原因となる要因も多くて複雑で、

判り難いどころか、

結局その原因すら明確に特定出来ずに、

通称 『 オバケ 』 と呼称される様な

『 いつ発生するのか?本当に存在する問題なのか?』 すら判らず

責任の所在、落とし処が

上役の采配如何で

どのような結論にも導ける。

そんな事象を

何度か経験している。

 

こういったケースで問題なのは、

これが仕事上の出来事である以上、

何処かに対しての被害や、賠償や、

それに伴う経費が発生する可能性が大きいという事。

そして、

対応如何によっては

信頼、信用に関わるという事。

 

 

そんな現場へ行くとなったら、

いかにして逃げようか?責任逃れしようか?

なんてことばかり考えていないで、

採算度外視くらいのつもりで、全力で、それにあたる。

それ位の気持ちが大切だ。

  

地道に手順を追って

要因を一つ一つ消してゆく根気と、

それを、スピードをもって間違い無くやる途切れない集中力。

 

文字、言葉で言うのは簡単だが、

とても苦しい辛い仕事です。

 

こんな場面に置かれてしまうと、

技術系の仕事って、負う責任が重くって

あぁ・・・嫌だなぁ・・・って、割に合わないなぁって

思う事も

正直あります。

 

 

結果、

今日の現場は

原因がはっきりとし、

自社の責任ではない事が証明できて、

改めて

信用を護り、信頼に応える事ができた。

 

安堵。

  

向う道中は鬱な気持ちに押し潰されそうだったが、

帰路は晴れ晴れ。

  

 

まぁ、

仕事って皆、

そんなもんなんだろうね。

 

 

 

上階の水盤に水をたたえて

景観を造る。 

Dsc_2326

その水を奇麗に保つ。

そんな仕事の現場。

Dsc_2336

完成したら、

家族で訪れようかな。

Dsc_2342

ものつくりの仕事ってのは

大変だけど、

自分の仕事が形として残るってのは

良いものです。

 

若者来たれ。

 

 

| | コメント (0)

2019年4月18日 (木)

山間の桜の里

01_11

平地の桜が散ってしまうと、

山間の集落に在る枝垂桜の里が見頃を迎える。

私の住まう土地では、桜の〆は

やっぱ此処かな。^^

 

 

しかしながら、 

近年は随分と人気が出て有名になってしまい、

満開時の週末などに訪れようとしても

駐車場までが渋滞渋滞・・の路駐路駐路駐・・・で、

楽しむ前に

ストレスに耐えなきゃならない様な事態になっていたりします。

 

時間的に無理のない行動範囲に住んでいるのであれば、

やはり平日の夜が良い。

 

仕事から帰って、

「竹田が満開みたいだよ。^^ 」 と言うと、

「明日雨降りそうだし、今日の内に行っとこうか。 ^^ 」 との返事。

夕飯後に、お嫁ちゃんの運転で出掛けました。

02_11

気温の低い谷の公園では

未だソメイヨシノも見頃維持♪なんだね。

03_11

で、

目当ての、

枝垂れ桜の森は・・・♪♪♪

( ↓ 拡大します ↓ )

04_11

正に満開!(^o^)MAXに見頃でした。

05_11

06_12 

何度見ても、

今年も、いいね~~~

07_9

ソメイヨシノの桜並木は

今では各地に多く在り、見慣れた感が否めませんが、

此処の桜、枝垂桜の森は、

特に夜桜は、

ここでしか無い、ここに来なきゃ見られない感。

08_9

09_9

10_8

 

山間の小さな集落の小中共同学校は

子供の減少に伴い、

2010年に休校措置となってしまい、

結局その後、2014年の新学期開始前、3月に

廃校となってしまいました。

高齢化が進む土地です。

 

私がまだ若かった時代には、

今の様に石川県境山中温泉との間に

観光バスが走れる様な立派な道は通っておらず、

福井の市街地からも遠い場所で、

この公園も、マイナーな只のキャンプ場・バーベキュー広場だった。

当時、桜の存在はありませんでした。

いつ頃からその取り組みが始められたのか全く知りませんが、

年々徐々に増えていったように思います。

途切れる事無く続けられた活動が

20年以上の時間を経て結実し、桜の木の成長と共に形を現した。

そんな感じです。

木の命は人のそれよりも遙かに長く

時間の流れがとてもゆっくり。

最初に植え始めた人の心に、

スタート時点でこの到達点を描けたとは思えませんが、

その慧眼というか、未来へと向けられた視線が

素晴らしいと思います。

皮肉にも

その20年間は村の衰退の歴史であったのかもしれませんが、

時間の積み重ねの結果、

今では、小さな集落に溢れる程の人が花見にやって来る名所となった。

11_8

毎年訪れる度にピンクの天蓋は高くなり、

年々、その魅力は増しています。

12_7

13_7

新たに植えられた若い木も、

いつの間にか立派に成長する。

14_8

見ているのは 『 今 』 ですが、

そこに至る様々が在り、

15_6

その先へと続く様々が在る。

16_6

時間が掛かって出来たものを見ると、

その営みへと

色々と思いを馳せる。

私も、そんな歳になりました。

17_6

センチなおっさん、桜守に感謝。

 

 

| | コメント (0)

2019年4月14日 (日)

01_10

歳のせいだろうが、

最近、早く目が覚める。

 

残業後の遅い時間に帰宅してから自分の時間を過ごすという

長年の習慣と、

寝ている時間が勿体無く感じ

少しでも長く『何か』をしていたいタチから

元々睡眠時間は短い生活なのだが、

昨晩に至っては

明け方4時頃に寝たのに、

普通に朝食の時間にパチリと眼が開いた。

 

同じく夜更かしをしていた息子達が起きてこないので

『チャンス♪』

夫婦でモーニングへ。

02_10

色々行ってみたが、最近はいつもココ。

長居がはばかられる雰囲気のオシャレカフェとは違い

地元のおじちゃん達が新聞読んでる様な昔ながらの喫茶店なので、

食事後も漫画や雑誌を手にとり

ゆるゆると過ごす事が出来る。

お店側からのプレッシャーも皆無。

 

トーストは、バターだけではなく

あんこやジャムも選べます。

三種混合もOK。

まあ、私は、シンプルにバターだけが好きなんですが。^^

 

 

帰宅後は

パソコンに向かいながら酒。

 

お嫁ちゃんは一人で出掛けてしまったので、

昼飯は私が作った。起きてきた息子二人の分も。

 

 

帰宅した彼女が頑張ってくれて

夕飯を早目に済ませ、

夜はいつもの温泉宿へ。

03_10

宿泊客が夕飯時に当たる時間帯に入ったので

浴場はスカスカ♪

で、

湯上りはマッサージ機で、15分。

04_10

で、

漫画部屋。

05_10

ワンコイン(500円)で

これら全てが含まれるんだから、

もう、普通の銭湯へは足が向かなくなってしまう。

とは言え、

私はついつい館内の高い自販機で酒買っちゃうから

得してんだか損してんだか(^^;)

 

 

ゲームコーナーのマリオカートで

久々に息子と対戦。

06_11

夫婦二人して、

ガチの手抜き無し真剣勝負で末っ子に勝っちゃうという

大人げなさ(笑)

  

 

天気が良ければ

久々の外遊びへ行きたかったのですが、

雨の休日は、

こんな緩~~~い感じも

アリだよね。

 

 

| | コメント (0)

2019年4月13日 (土)

御天守の夜桜

01_9

夕飯後に

家族で花見に出掛けました。

02_9

03_9

霞ヶ城。

04_9

丸岡の。ね。

福島県の二本松城も霞ヶ城と呼ばれるそうですが、

ここは福井県の丸岡。

福繋がりか。。。(^^)福島の桜も、いつか訪れたいですね。

05_9

丸岡城は、夜桜の雰囲気が好き。^^

06_10

07_8

08_8

桜の季節を過ごせるのは

自分の年齢と同じだけの回数。

日本の神様は、

本当に凄い素敵なシステムを造ったなぁ。。。

毎年、

無駄にしない様に、

ちゃんと楽しまなきゃね。

09_8

10_7

今年もこうして家族と眺められる事を、

感謝。

 

感謝。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

もふ × 2

Dsc_2246

お嫁ちゃんの言いつけで、

傷んだ網戸の張り直しをしていただきに。

 

出来上がりを待つ間、

看板犬の二匹に癒してもらいました。^^

さわってーーー

1555135894966

はいはい。

1555135902697

でっかいなぁ~~~

Dsc_2237

でもとても大人しくて優しい。

Dsc_2239

長男君も触れ合いを楽しんだ。

Dsc_2240

65Kgもあるんだって。

それが二匹。 130キロ!

Dsc_2241

1555146774794

手に余る可愛さだ。

Dsc_2248

ありがとうございました。^^

 

 

 

| | コメント (0)

2019年4月12日 (金)

慶雲

今日、

仕事の現場へ向かう途中に

彩雲がみられました。

厳密には、環水平アーク?

Dsc_2235

虹ではないですよ。

虹は太陽を背負って反対側に見られるものですが、

彩雲やアークは、太陽の方を向いて

その方向に現れます。

 

まあ、

普段から好奇心が広く

空を見上げる機会が多い方ならば特別珍しくもない現象でしょうが、

やはり

こんなのに遭えると

何だか嬉しいものです。

 

昔から慶事とされ、

(仏教的にも)

慶雲、瑞雲などと呼ばれ

良い事の兆候とされてきました。

 

過去(むかしむかし)には、

こんな事をきっかけに

元号を 『 慶雲 』 に改めちゃった事もあるとか。

  

で、

その慶事を目撃した私の今日は、

極々平凡な一日であったのですが。

ね。

 

 

| | コメント (0)

2019年4月10日 (水)

休み。

00_4

先日の代休をとりました。

 

休日出勤分はお金で貰った方が家計的には有難いですが、

上が積極的に休まないと

後輩が休みをとり辛くなっちゃうからね。。。

仕事が落ち着いた時期くらい、

上から小言を言われずに

堂々と気持ち良く有給休暇等をとれる雰囲気でなければならない。

人手不足のこの時代、

そういった事も大切だ。

まあ、

私なりの働き方改革・・・かな。

  

体が頑丈な私は

通院などで職場を抜ける事も全然無いし、

有給を全然消化しないので

平日に休む事自体が新鮮です。

 

ちゃんと早起きして朝食後、

学校へゆく長男次男を車で送って

一旦帰宅後、家事を終えたお嫁ちゃんとデートへ出掛けました。

 

 

和食のお店を彼女が予約してくれて、

ランチからスタート。^^

01_8

02_8

二人でおかずをシェアしながら・・・

何から何まで実に美味で、つい、ご飯をおかわりしちゃって

(^^;)おなかパンパン

 

その後、

コーヒー(豆)屋さんへ寄って

サービスの無料コーヒーをいただきながら

03_8

ゆる~~く過ごし、

移動。

 

いつもの温泉へ。

04_8

平日の昼間に来たのは初めてかも?

思ってもみなかった事ですが、

ロビーなどには御老人が多く居て、思いの外お客さんが多かったです。

皆さん、ご友人達と楽しい時間をお過ごしの様。

 

とはいえ、

何故かお風呂は貸し切り的な感じ(^^)

05_8

今日は、

先に一杯飲んじゃって

マッサージ機 → 風呂 → マッサージ機

ゆる~~~~く。。。

湯船のヘリに頭を乗せて大の字で、

浸かりながら・・・うつらうつら。。。。。そんな感じでした。(*^^*)

 

お嫁ちゃんは

誰もいないのをイイ事に、

湯船で泳いだらしいです(笑)50過ぎのオバちゃんが。

 

風呂上がりは二人で漫画部屋。

06_9

そんな感じの休みだったのですが・・・

小一時間に1本くらいの割合で仕事の電話が入るので、

実は、

精神的には全然ゆっくりできませんでした。(T-T)

 

平日の休みって、

休めるようで休めない。

でも、

お嫁ちゃんと二人っきりの時間は久々。

彼女の機嫌も良く、

まずまず、

善し、です。^^

 

| | コメント (0)

2019年4月 6日 (土)

今年も、春。

01_7

福井へ移り住んで幸せに思う事は幾つもあるが、

春の、桜の季節は

殊に、

それを感じます。

 

毎年の様に家族で訪れる

市街中心部の城址、川、山は勿論ですが、

別の街の、噴水が在る公園、

一本桜の老木、校庭の真ん中の大樹、山間の公園、霞の城、

あのお寺とあのお寺の桜、半島の山桜の森・・・

福井県内には桜の名所が多く、

そのどれもが素晴らしいので

毎年、幾つもを見る事は叶わない。

 

桜は、見頃が短いのがまた好いのだけれど。

 

 

好天ぽかぽかの絶好の花見日和だった土曜が

休日出勤になってしまい

その上、明日日曜の予報が良くない。

帰宅して、夕飯後から

家族でお花見散歩へと出掛けました。

  

足羽の小京都、愛宕坂は

桜の時期になると

笏谷石の階段に和蝋燭の行灯が並べられ、

素敵な演出がされます。

 

水道記念館側から登る百坂とを結ぶ路地は人通りが少なく、

ひっそりと、こんな素敵な雰囲気なのですが

02_7

メインの愛宕坂は、

足羽神社へと上り下りする多くの方々で賑わいます。

03_7

年々人気の場所になっているみたい。

 

 

さて、

先ずはお参り。

04_7

で、

これだ。^^

05_7

皆が目指して登ってくる立派な枝垂桜。

坂~境内の雰囲気と相まって、夜は特に、実に素敵です。

06_8

毎年思うのですが、

どの向きから眺めるのが一番なのか

正解が見つけられない。

07_7

今年も家族でこんな時間が持てる事を、

感謝です。

08_7

 

坂を下り、

09_7

足羽川堤へ

10_6

11_6

堤防の桜のトンネルを歩いたら

Dsc_2132

北側の雰囲気が好きだからアッチヘ行きたいとの

お嫁ちゃんの希望で、桜橋を渡って右岸へ。

12_6

 

対岸のこちら側は

堤防上の歩道幅が狭いのですが、

人も少なく

落ち着いた時間が流れます。

13_6

14_7

15_5

いいねぇ。。。

16_5

 

 

九十九橋で左岸へ戻る。

17_5

 

こんな土地に住んでて、

幸せだなぁ。。。

18_5

19_5

 

  

21時半で、

ライトアップは消灯されました。

21_4

 

また来年も、

来られるといいな。

22_5

 

 

 

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »