« GW後半 | トップページ | ランチ ~ 社会科見学デート »

2019年5月 9日 (木)

目的地はどこ?

 

人間関係の中で、

卑怯者の典型や、

余りにも多いダメ上司のパターンとして、

『言った・言わない』 のヤツがある。

 

「俺は○○○・・・って言ったぞ。」 「言ったのに!」

なんて言い草や、

「そんな事言ってない!」

なんてのを言うのは、

只の言い訳で、人のせいにしている卑怯者だ。

と、

私は自分に言い聞かせて、

そうならない事を心掛けている。

 

相手に伝わっていなくて

正しい結果に辿り着いていないのならば、

何の意味も無い。

「言ったのに」 なんて

自分を正当化したところで、進展は無いのである。

そもそも只単に文句を言っただけなのか、 

『大切な事を相手に伝え、分からせる実力が自分に無かった。』

のか、どちらかだろう。

 

何が自分の目指す正しいゴールなのか? の考え、

目指すビジョンが無い人間は

直ぐに人のせいにしたり、困難な事から逃げたりする。

色々とケチを付けて文句ばかり言う人、

やたらと他人にダメ出しばかりして自分は悪くないようなアピールをする人は、

まあ、了見が狭く、

目指すべきステージなど

持っていない、見えていないのだろう。

 

どうなる事が『良い、目指すべき結果』なのか?

と考える人ならば、

文句ではなく、『どうしたら今より良くなるかな?』を考える。

 

『あいつが悪い』 『いつまで経っても言ってもわからない』

ではなく、

例えば人を育てる事が目的であるのなら

厳しさは勿論絶対必要だが、

時には相手の立場を理解する努力をしたり、

時には自分が悪者になったり、

口出ししたいのを我慢して

傷になりかねない大きな失敗を経験させたりしてでも、

如何にしてその相手の身になる実になる経験を積ませようか?

と、心を砕く。

面倒くさいプロセスでも厭わず、

その相手が望むべき姿になる事、解ってくれる事が、

目指すべき場所、それが成功だ。

結果に結びついていないのならば、

己を省みて、他人を責めるべきではない。

 

そんな正論、正攻法の生き方は本当に大変なのだけれど、

私はあくまでも、

それを忘れず、

そこを目指して生きてゆきたいと思っています。

 

 

大人になったのならば、 

自分の思う様に生きたかったら、

人生を自分のものにしたいのであれば、

自分の人生は全て自分の責任。

『人のおかげ』 はあっても、

『人のせい』 は絶対に無い。

それが本当の大人だと律したい。

 

そして、且つ

独りよがりにならず踏み外さない。

  

そんな大人になりたいです。

 

|

« GW後半 | トップページ | ランチ ~ 社会科見学デート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GW後半 | トップページ | ランチ ~ 社会科見学デート »