« 幸せを一緒に | トップページ | 少し離れて、斜めから見なさい。 »

2019年6月25日 (火)

人生は、消去法ではなく、選択。

 

自分の人生は自分のもので、

人のせいではなく、

自分の責任。

 

思い描いた通りの結果に辿り着ければ勿論素晴らしく、

失敗だと気付いても後悔せず

清々しく諦められ、

前向きに次を見つめられる人生を送る為には、

一つ一つの過程に

自分の意思が在る事が大切だと思う。

 

文句ばっかり言って

人のせいばかりにしている人は、

自分の人生を生きていない。

 

 

逆説的に言えば、

私は、

下らない人のせいで、

自分の人生を壊されたくないのです。

そうじゃない自分でいたい。

 

 

長男が

就職活動をしている。

彼が希望するリストを見せてもらって、

会話の雰囲気で察しがついたので、

少し意地悪な質問をした。

 

で、

そもそもお前は、この中のどこへ入りたい?

 

彼は、

通り一辺倒な基準で

募集票の情報だけでリストアップしていたことが明らかで

本命が無く、

この中のどこか・・・ といった感じ。

 

本来、

就職活動なんて、

私の感覚・想像からすれば、

『 今から選ぶ 』 『 選べる 』 段階なんだから、

調べて勉強すればする程、魅力的な選択種が次々見つかって

『 決められない 』 ってのが本当なんじゃないのか?

そんなふうに悩める幸せな時間だろ?

選べる立場でいる若者が、

そんな顔するなよ。

 

選べなくて悩むくらいが本当だ、

もっともっと色々と、

徹底的に調べろ。

それから悩め。

と、

彼に伝えた。

 

それと、

社会人をある程度長くやってきた大人からの

数少ない助言として、、、

嫌な事は続けられない。

どうせなら、仕事は自分の好きな事が良いと思うぞ。

その方が幸せになれる。

と。

 

彼は、

人格的には不器用だが、

ものづくりや想像力には長けている理系の人間だ。

 

『 最近の若者は3年もたない。 』

『 すぐやめる 』 なんてのは

我々ブルーカラーではどこでも聞く話だが、

ゆとり教育の弊害ばかりでもなくって、

(そもそも、ゆとり教育ってもう過去?)

彼らが、仕事に対して

人生に対して、

何で前向きじゃないんだろう?

ってトコを、

大人側も

考えてあげる余地はあるんじゃないのかな?

 

何のためにか? って

本人の実感が伴った目的意識や目標。

『 夢 』 や 『 喜び 』 なんてのは、

やっぱ人生の糧だ。

 

 

で、

最後にもう一つ、

男の人生に大切な助言として、

長男に伝えた。

 

今後お前に

大好きな女性が現れた時に、

その女性をまもって、家族を養うには

仕事ってのは大切で、

堂々と男らしく居られる為の

大切な要素だ。

一生懸命働くってのは、

だから、

当たり前なんだ。

と。

 

少し強く伝えた。

 

 

ある日

道端に、橋本環奈ちゃんが落ちていても、

今のお前では拾えない。

他の男に取られちゃうのがオチだ。

好きな女性を堂々と護れる男になりたかったら、

全力で拾いにいきたかったら、

若者よ、

仕事には、真剣な方が良い。

  

 

 

どうせ悩むなら、

贅沢な悩み方のほうが

良いだろう?

 

 

人生は、

自分の選択だ。

 

 

そう思いたい。

 

  

|

« 幸せを一緒に | トップページ | 少し離れて、斜めから見なさい。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 幸せを一緒に | トップページ | 少し離れて、斜めから見なさい。 »