« 歪んだコミュニティー | トップページ | 熱いものに触れたい »

2019年6月 7日 (金)

まとうもの

 

仕事上の会合・会食に出席する事となったのだが、

主催側からの事前連絡で

ドレスコード有りを伝えられた。

 

『なんやってか?』 (++;)

 

私は普段、仕事の時は

『 作業着 』 と称せられる制服しか着用しない。

 

ちょいと、パニックである。

 

「正装、又はそれに準ずる軽装でお願いします・・・。」

だと。

 

コレが俺の正装だ! と、

作業着にアイロンあててプリーツ創って出向く訳にも。。。

ゆくまい、、、な。

 

今、着られる正装のセットは礼服しかない。

成人式前に親が買ってくれたスーツは

もはやお腹が収まらないし・・・

独身時代に買ったスーツも

もはやお腹が収まらないし・・・

ず~~~~っと何年も出していなかった

それなりの衣類は皆、虫食ったりで

廃棄処分となっている。

  

正装に限らず、普段着に関しても、

ブルーカラー労働者の私は

平日、出勤時はずっと作業服。

家に帰れば、

暑い時期はTシャツにパンツ一丁

又はハーフパンツ程度の部屋着で、

寒い時期ならば、パジャマと呼ぶスウェット。

 

週末に外出用の服を着ても、

洗濯すれば当然また次の週末には着られるので

とにかく、いわゆる 『 私服 』 が極々最低限しか必要無い。

四季それぞれに一揃えが在れば事足りちゃうくらいなので

普段着を全然持っていないのである。

 

(青色系が好きで、

 基本的に気に入ったものばかり着るから

 通称『青い人』

 家族で人ごみへ出かけてバラけてしまっても、

 家族達は『青い人』を探せば良いだけなので

 重宝しているみたいだ。 ^^ )

 

ファッション事体に全然興味が無く

毎週末同じ服でも何のストレスも感じないので、

それが気に食わないお嫁ちゃんが

機を見つけては

「 服買わない?」 「 欲しくない?」 「 買いねや!」

と攻めてくるのだが、

「いらん。」

「もったいない。」

「今のでじゅうぶんや。」

 

当然、

スーツ(+革靴 +ベルト + Yシャツ・・・)なんて

買う気・必要性が全く無い二十数年間を過ごしてきたので、

カジュアル寄りな物すら、1つも持っていない。

 

結婚後は、

正装が求められるシチュエーションと言えば

結婚と葬儀がらみの式だけなので、

黒服1着在れば事足りた。

 

 

さて、

仕事の会食に黒服白ネクタイで行けば、

何のギャグかと思われてしまう。

  

仕方なく、

平日の仕事上がりに購入へと出掛ける事に・・・

 

普段、買い物大嫌いで

パンツや靴下に至るまで一切、

身に着けるものは全てお嫁ちゃんが買ってきてくれたもの。

紳士服売り場など立ち入った事も無い私は、

一旦帰宅後

お嫁ちゃんに同行を願い、仕切ってもらった。

 

「っえ?そうなの?

 ベルトの色と靴の色を合わせるのが基本なの?」

(じゃぁ、靴買ってからベルト合わせるの??? ^^;;;)

親切な店員さんから色々と教えてもらい、

極力安い物を選んだが、

衣料以外に靴やベルトもとあっては

計*万円の痛い出費。。。 何か、申し訳ない。

 

 

そんな訳で、

どうにか整えて、

出席。

01_21

堅苦しい会合の後、

ようやく会食で緩められるかと思いきや、

コッチも中々に堅苦しいヤツだった。

02_20

参加されている方々は皆

食事なんて半ばどうでもよくて、

席次表を熟読?し

次々と席を立ってばかりで

御酌と名刺交換に必死な感じ。

料理を運ぶ方が苦笑するような

完全に空になるテーブルまで出る始末。

まあ、

これは大切な仕事の一部なんだから

そういった方々の立場、気持ちは理解できるのだが・・・

 

私としては、

ガツガツ営業しなきゃいけない職種ではないのと、

有難い事に、

日々忙しく、こなし切れない程に戴けている現状なので、

大切な、重要な客先、担当者様や

一緒になる事のある業者さんと歓談し、

普段はまるで接点が無い上の上の方に御挨拶して

レアな名刺を頂いたら

もう、

無駄な、見苦しい気の毒な程の徘徊は必要無い。

 

何より、技術系の我々は

現場で求められた事にちゃんと応えることと、

期待を裏切らない内容に努めることが何よりも大切で、

それこそが何よりの営業力。

だと信じている。

 

自分なりのノルマを果たし、

挨拶巡りを終えて落ち着いて食事をとっていたのだが・・・

03_19

04_22

各業者さんが次々名刺交換に来たりで、

当然、座ったままでは失礼になるので

その度に箸を置いて席を立たねばならず、

中々ゆっくり出来ない。

 

何だか・・・

そんなのって、

上辺だけに感じてしまって・・・

私は、

身が入らなかったなぁ。

 

 

お金を掛けて身なりを整えるのも、

場をわきまえそれなりに自分を作って振舞うのも、

言葉を尽くして媚びるのも、

社会的には大切な礼儀なのでしょう。

それは分かります。

ですが、

『相手として魅力に感じる』

『お付き合いをしたいと思う』 というのは、

形の礼儀、儀礼ではなく

もっと別のものを 『 纏った 』 方、組織なのだと思います。

末席な立場の私がそんな事を述べるのは僭越で

間違っているのかもしれませんが、

私は、

他人から自分が見られた時に

恥ず事のない、

裸の王様ではない自分でいたいと思います。

 

 

仕事って、

『コレって要るのか?』 とか、

『付き合いでしゃぁねえか。』 とか、

『コッチが立場下だから言う事聞かなきゃならんか。』 とか、

納得していなくても

嫌でも

やらなきゃならない事が多々在る。

 

そんなもんだよね。

 

で、

しかも人間は、

逆の時はムカついていた筈なのに

立場が代わって自分が上になると、

同じ事を下にしてしまったりする。

しかも、

そんなエラそうな自分が誇らしくなってしまい、

その勘違いに気付かない。

 

今回の会合は、

そんなのが端々に見受けられて

ある意味勉強になりました。

  

 

まぁ、

世の中そんなもん。

またちょっと人脈が広がったと、

前向きに考えるのが正解。

なのでしょう。

 

 

 

今日は何気に、

完全 『 ノンアルコール 』 で通した。

全方位に視界を配り、

私なりに、

ちゃんと仕事には徹したのです。

 

 

くぅ。

あ~~~~~~~~~~

疲れた。。。

 

|

« 歪んだコミュニティー | トップページ | 熱いものに触れたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歪んだコミュニティー | トップページ | 熱いものに触れたい »