« 色は匂へど 散りぬるを | トップページ | 冬の序開 »

2019年12月 1日 (日)

師走に入る週末

仕事だった土曜日は、

電車で出勤しました。

Dsc_1427

その駅舎の待合には、

実に有難く、含蓄のある

こんな言葉が貼られていた。

Dsc_1424

肝に命じます。。。

 

予定業務終了 + 小一時間の残業後

PM6:30 集合場所へ。

 

 

この日の夜は長かった。。。

 

食事後は2軒目、3軒目とハシゴし、

日付変更線を派手にオーバーランするまで

7~8時間飲んで喋っていた事になる。

 

仕事の接待ではあったが、

以前より大好きな相手。

この方との時間は楽しい。

私としても、

終わらせたくない

終わるタイミングが難しい相手なのです。

Dsc_1428

私より一回り程上の方なのだが

青春時代からの様々なエピソードや、異性に対する情熱、

家族を愛し大切にする姿勢、

子供達や孫が大好きで可愛くて仕方が無い様子など

一つ一つの会話に驚きや共感が生まれる程、

普通の人よりも、常に少しずつ、

こちらの想像を超える大きさの人情を持った方。

 

これほど愛に満ちた素敵な男性なのに、

人生では

時に

神様の意思が計りかねる様な出来事が起きるもので、

最愛の大切な伴侶を

かなり若くに病で亡くされてしまわれた。

何でもざっくばらんで

懐の大きな人だが、

私は、奥様についての話にだけは

いつも気を遣う。

 

 

本当は私なんかが差しで飲ませて貰えるような相手ではなく

結構大きな会社の社長を務めておられる人だ。

 

いわゆる 『 やり手 』 とか言われるタイプではない。

野心家では全くない。

駆け引きや

パワハラ的に下を押さえつける様な事など無く、

人柄は素朴で、

口もどちらかと言えば雄弁ではない。

純粋な実力と人望で

技術畑からの生え抜きで

そこに立った。

そんな方だ。

  

 

私自身もこの人に対する愛があるので、

ついつい

いっぱい書きたくなってしまうなぁ。。。

  

そして何より、

『 酒 』 に関して、

趣向から、ペースから、

会話の感じから、

何から何までも

感性が合い過ぎる程に合うので

お互い、

非常~~~に

危険なんです(笑)

酔う程に楽し過ぎて。

 

 

この夜は、

先日の

成人した娘と一緒に酒を飲んだ私の話から大いに盛り上がり

お互いの家族愛に酔う様な夜となった。

先輩も、娘さんへの愛がハンパない。

 

 

『仕事の接待だから』 ならば、

どんな相手とでも計算で行く訳ではなくて、

私にも拒否権が在る。

基本、

人間的に尊敬できる人物と、

好きな人と、

有意義な時間が過ごしたい。

 

ビジネスライクな関係だけではなくて、

そこには、

プラスの意味の感情が、

人情が存在して欲しいんです。

 

 

 

言葉優しく

セクハラなんてしない紳士で

愛する先輩は、

当然、

行きつけのお店の娘達にも好かれている。^^

華もいっぱい盛り上げてくれて

Dsc_1431

大好きな大先輩が

にっこにっこで夜を過ごしてくれたのが

とても嬉しい。

Dsc_1432

 

今年も本当にあっという間に12月だ。

 

年々、 

人生は本当に短い。

 

時間は、

万人に平等で限られたものではあるが、

それをどう過ごすのかは、

生きる本人の選択。

 

 

自分が楽しい事だけをする。

自分は楽しくなくても、好きな人の為に何かをする。

好きな人と一緒に、お互い協力して楽しく過ごす。

好きな相手ではなくても、意義あって、その相手の為に何かをする。

どんな生き方にも、

序列なんて無いでしょう。

その時の

自分の気持ちに従って

素直に行動し、

自分に後悔が無ければ正解なのです。 

きっと。

 

あとは、、、

『 人に迷惑を掛けず 』 が本当は大前提なのですが、

私は、(日々酔い潰れて)

お嫁ちゃんに迷惑を掛けまくっているので

あまりエラそうな事は言えないのですが・・・

死ぬまで、その瞬間まで、

自分の持つ向上心と美学が大切かな。。。

と、思っています。

 

尊敬もされず

只嫌われる様な

ダッせぇ男にはなりたくない。

 

 

この夜の最後は、、、

このお酒で

Dsc_1433

イイ感じで、

泥と化す。

 

 

とんでもない時間に

迎えに来てくれたお嫁ちゃん、

本当にゴメンなさい。

ありがとう。

 

 

 

 

|

« 色は匂へど 散りぬるを | トップページ | 冬の序開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 色は匂へど 散りぬるを | トップページ | 冬の序開 »