« 師走に入る週末 | トップページ | 休みの日 »

2019年12月 8日 (日)

冬の序開

早発ちで現場へ向かう朝、

標高300mラインから上が奇麗に化粧をしていた。

01_20191208151501

「お山に三回、お里に一回。」

付き合いのある設備屋さんの社長が

この時期よく使う言葉だ。

 

山間寄りの土地で生まれ、

子供の頃から

年寄り達が言っているのを聞いて育ったそうだ。

麓の村から見える山が

こうして三回雪化粧する頃には、

次は里地にも雪が積もる。

 

 

仕事の現場でも、

こんな光景に出逢う様になりました。

02_20191208153301

 

 

越前海岸沿いの現場で仕事だった日、

お客さんと昼食をとる為に

過疎地でどうにか見つけた食堂(兼民宿?)に入ったのだが、

置かれていたメニューが『越前ガニ』のものだけだった。

一番安いセイコ(雌蟹)の定食でも手が出る価格ではなく、

ズワイガニのものになると18,000円~2~3万超。。。

(おいおい、平日の昼間になんて商売してんだよ、、)

とはいえ、

他に良い店を見つけられるアテも無いので

思い切ってセイコでも食って

会社で領収書を落とそうか・・・ と思ったが、、、

「予算オーバーなんで、何か他の物できませんか?」

と、正直に聞いてみた。

一旦板場へ引っ込んだ女性が戻って来て

「お刺身定食的なのなら出来ますが、2,400円です。

 どうされますか?」 と。

(それでも十分高過ぎなのだが、、、^^;;;

 たかが昼メシで指し値での交渉も粋じゃないしなぁ・・・ )

「じゃぁ、それ二つ。」

 

お客さんとは言え

私よりは随分と年下の男なのだが、

以前から気に入ってる実に気持ちの良いナイスガイなので、

彼にメシを奢り、一緒に会話を楽しむのは

とても嬉しい事だ。

色々あった末

さすが浜の店だけあって

出てきたメシが実に美味しく

(ブリ大根も美味かった、モズク酢もオッサンには嬉しい。)

03_20191208161601

充~分、金額に見合う内容だったので

結局経費では落とさず、ポケットマネーで払った。

彼と二人で

食堂探して右往左往して

刺身定食を食ったこの日の記憶は

後々、意外に強く残る

良い想い出となる気がする。

 

 

にしても、

今年は蟹が高価いなぁ・・・

我が家の食卓にのぼったのは、

まだこの一匹だけ。

03a_20191208163701

脚欠けの安いものでも

鮮度・湯でが良ければ味は一緒。

お嫁ちゃんが私を気遣って

美味しい酒を飲ませてくれた。

内子は本当においしいなぁ。。。

感謝。感謝。

 

 

そんな訳で、

彼女とちょっとデート。

04_20191208164901

マイナーな場所だから

人が少なくていいね。^^

05_20191208165001

06_2019120816500107_2019120816500108_2019120816500109_20191208165101

1年本当に早いなぁ。

仕事仕事、とにかく仕事。

そんな1年だった。

今もその真っ最中。

 

 

徒然の日記に

上手い〆の言葉も思いつかないが・・・

日々、とにかく、

頑張って生きております。

今日は

長男と二人で、

我が家の車二台を冬用タイヤに交換しました。

自動車学校に通っている彼、

楽しそうに手伝ってくれました。

10_20191208170001

どうか、

良い未来が訪れますように。

 

 

 

|

« 師走に入る週末 | トップページ | 休みの日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 師走に入る週末 | トップページ | 休みの日 »