« 中年カップルの週末デート | トップページ | 王と将軍を食した週末 »

2020年7月 5日 (日)

ふくいdeお泊まりキャンペーン の旅

00_20200707203401

福井県民福井県内限定の旅行補助金に乗っかって

家族旅行をしてきました。

Aa

学校が閉じて子供が家に篭ったあたりから

我が家でもギスギスした時間が時々ありました。

GWも大人しくすごし、帰省もせず、

買い物に出るだけでも気を張る日々を過ごしながら、

様々なストレスは確かに増えた。

食費、電気ガス水道トイレットペーパー、、、出費も顕著に増えました。

長女が県外に居を構えたアパートは、此処数ヶ月

住んでもいないのに家賃と電気代を払い続けています。

そんな我が家にとって、

(5,000円+2,000円) × 家族5人分 = 35,000円 の補助は

大きくて有り難かった。良いきっかけになりました。

おまけに、宿の方からは、

こんな一見さんみたいな我々に

「当館を選んでいただいて本当にありがとうございます。」 と

何度も感謝を述べられ

精一杯もてなして頂いてくださっているのが感じられて、

いわゆる 『 Win-Win 』 と言うか、助け合い的に

良いお金の使い方がされている感じが

何だか良かった。

とは言え、

やはりコロナのせいで客室に空きをもたせ

本来は1日7組とる客を週末でも3組に抑えており、

経営的には未だまだ辛い状況であろうな・・・とは、窺えました。

 

 

さて、

前夜から 「早起きしろよ!」 と家族皆に号令を掛けていたのですが、

相変わらず我が家の出発準備はグズグズで・・・

待ちながら、父ちゃんはしっかりと朝食を済ませてしまいました。

下道でノンビリ向かおうかと思っていたのに、、、

時間計算から

高速乗って敦賀へ。

 

気比神宮に参拝し、

01_20200707212801

三方五湖畔まで車を走らせ

昼食は長女リクエストのイカ丼。

02_20200707213101

烏賊、トロロ、山葵、大葉、海苔、、、美味いに決まっている。^^

 

満腹後は、

お嫁ちゃんが以前から来たがっていたココ。

03_20200707213401

私も大変興味はあったものの

子供達が退屈しちゃわないか?と少々心配だったのですが、

それは杞憂でありました。

04_20200707213701

世界でも極めて稀な奇跡的条件により水月湖底に積もって保存された

『 年縞 』 の凄さが明らかになったのは

2006年に開始されたボーリング調査によります。

試行錯誤の末、総延長70m・約16万年分に及ぶ連続した土が取り出され

その後、日本、イギリス、ドイツなどの共同研究チームにより分析されました。

それまでの放射性炭素年代測定の誤差を修正する

正確な 『 ものさし 』 として認められ、

今では地質学的年代決定の世界標準となっています。

この博物館には、

約45m、7万年分の年縞の実物が

薄切り標本にされ樹脂で固められたものが展示されています。

05_20200707220001

年代が古いほど縞模様が綺麗で美しい。

06_20200707220201

06a

遠く離れた山陰や九州の火山活動も

この湖の物差しには正確に記録されています。

07_20200707220401

 

私が感じたこの博物館・展示の素晴らしいところは、

一本の時間軸に載せて地球全体の動き、歴史が感じられた事でした。

私が習った社会の教科では世界史と日本史は別々の時間軸でしたし、

生物や地理も別々のものだった。

こちらの展示を見て、読んでいると

それらを感覚的に結び付けられる不思議な感じを覚えました。

 

現生人類がアフリカ大陸から発生した事は知っていたが、

その人類の歴史の殆どが氷期であったなんて認識していなかった。

( ↓ 拡大します )

07a_20200707221701

氷期とは、いわゆる氷河期の中でも特に寒い時代です。

そのせいで(お陰で)地球上の水が氷として蓄えられて

今より海面が100m以上も低く、

そのため人類も大陸や島をまたいで移動することが出来た。

08_20200707222201

09_20200707222301

10_20200707222301

中国で稲作が始まったのと

マンモスの絶滅が同時期だったなんて、実に興味深い。

11_20200707222601

へ~~~!

マヤ文明が始まったのは

日本に稲作が伝わったのと同じ時代だったんだ。

12_20200707222801

 

江戸時代の天明の大飢饉は

浅間山とアイスランドのラキ火山の噴火が原因だったんだって!

大規模な火山噴火が地球全体の寒冷化を引き起こす。

( ↓ 拡大します )

14_20200707223301

何万年もの物差しを手に入れると、

地球規模の気候変動についても様々な事が分かるんだなぁ。

 

家族皆、少々予定時間をオーバーして様々な展示に見入り

読み耽っていました。

13_20200707222901

 

ちなみに、

立地も中々素敵な雰囲気でした。

15_20200707223701

田舎っていいね~

16_20200707223801

 

 

共通券を買ったので

隣接の縄文博物館へも。

17_20200707224601

18_20200707224601

19_20200707224601

縄文カヤック薄っぺらいなぁー

20_20200707224701

22_20200707225301

こちらでの驚きは、

縄文人の平均寿命が30代前半だったってコト。

21_20200707224901

まあ、そうか。。。

 

ついでにもう一つ話題を書いておくと・・・

更に隣に在る道の駅の敷地に建つ自然観察館みたいなところで

こんな本をいただきました。

23_20200707225301

三方湖じゃなくて北潟湖のね(^^;)

「人気が無くって全然みんな持ってってくれないから・・・」 と、

館内を案内していたおじ様が少々寂しそうに渡してくれたのですが、

文字数多く、中々充実の内容。

24_20200707225801

帰宅して、ゆっくり読ませていただきます。^^

25_20200707225901

 

せっかくだからと予定を詰め込んで

駆け足で博物館を梯子してしまったので、

少し勿体無かったかな。

もっとじっくり見たい読みたい展示がいくつもあった。。。

  

 

まあ、

んなこんなで、

今宵の宿へ♪

25a

26_20200707230401

水島を眺められる民宿です。

27_20200707230501

あいにくの空模様ですがね。

 

早目にチェックインして、

ゆったり時間をMAXに使いました。

28_20200707230701

風呂も済ませ、

父ちゃんは、夕飯前には既に何本飲んだのやら。。。って感じです。(^^;;;

 

桟橋では釣り船の出入りがあって、

多くの人が夜釣りへと出て行った。イカがメインらしい。

29_20200707231101

夜が更けてから帰港。

ってのはお嫁ちゃん情報で、父ちゃんは熟睡爆睡中だったので知らない。

 

 

お待ちかねの夕飯はトラフグ♪

30_20200707232001

31_20200707232101

いきなりヒレ酒からスタートだーーー

34_20200707232201

35_20200707232401

37_20200707232801

おかわりをお願いすると、

熱燗をつけて注いでもらえます。

38_20200707232901

二杯目でも充分良いダシが感じられました。*^^*

 

後半は全然料理の写真撮ってませんが、

〆の雑炊まで大満足のフルコース。

( ↓ お宿HP拝借画像 )

39_20200707233301

もう食べれません!

おなかパンパンで布団に倒れ込みました。。。zzz

 

 

余りに早く寝ちゃったので

未だ真っ暗な時間に目覚めた。

夜明け前に起きて散歩のつもりだったが、

窓の外の天気が宜しくない事を確認し

安心して二度寝。熟睡。。。

 

再び目覚めると

雨は降っていない。

40_20200707234401

子供達は未だ起きる気配が無いので

お嫁ちゃんと二人で散歩へ出掛けました。

 

宿の前に在るお宮さんに参って

41_20200707234601

船着場へ。

42_2020070723470143_20200707234701

覗き込む直ぐ足元には

沢山の小魚が泳いでいました。

44_20200707234801

水の透明度が素晴らしいです。

45_20200707234901

47_20200707234901

色ケ浜は、芭蕉も訪れ句を読んだ場所です。

48_20200707235301

 

地元のお店の看板犬にも癒してもらいました。

49_20200707235501

君に会うのは2年振りか。

今年は水島への渡舟も無いから、静かな退屈な夏だろう?

ん、

足くさい?

50_20200707235701

あぁ、はいはい。

51_20200707235801

はいはいはいはいってば。

52_20200707235901

 

散歩から帰ったら、イイ感じに朝飯前。

子供達を叩き起こします。

 

朝食のメインは鯛でした。

54_20200708000101

焼いたのは脂が美味しく、

味噌汁は出汁が美味い。

55_20200708000201

飲んだ翌朝の旅館の朝飯マジック。

胃袋弱ってるはずなのにメシが美味くて仕方が無い。

ご飯おかわりして三杯も食べちゃいました。。。

この旅で、1kg以上増量かもです。

56_20200708000401

 

 

帰路は気比の松原をちょっと散歩したり、

57_2020070800080158_2020070800080159_20200708000801

 

金ヶ崎で鉄道遺産を見学したり、

60_2020070800100161_2020070800100162_2020070800100163_2020070800100164_2020070800100165_20200708001001

へー、石油の半分以上がアメリカ産で、

しかも未だドラム缶が無くて一斗缶(笑)運搬効率悪くて大変だ。

 

敦賀港今よりも結構海岸線が手前だな~

( ↓ 拡大します ) これは素敵な写真。

66_20200708001401

ランプ小屋を見たら 

階段上って金崎宮へ参拝。

67_2020070800170168_2020070800180169_20200708001901

 

地元の、

ちょっとだけ遠い土地を

コンパクトに巡る旅でしたが、

初めて訪れた博物館など思いのほか楽しめて、

中々に充実の時間でした。

70_20200708002201

泊まりの旅行はやっぱいいなぁ。

 

 

 

|

« 中年カップルの週末デート | トップページ | 王と将軍を食した週末 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中年カップルの週末デート | トップページ | 王と将軍を食した週末 »