« 独楽吟 | トップページ | 立秋~白露~の候 過ぐる を、更に過ぐる候。 »

2020年8月23日 (日)

24時間テレビの週末

01_20200823161401

家族5人で海で過ごしました。

 

コロナ禍の中、

4月以降顕著に低下した売上を取り戻さなければと

一生懸命種蒔き(見積り・設計)を続けて来たのですが、

ここにきて

一気に実り始めてしまい、

仕事が大変多忙な状況になっています。

お盆休みが明けてからは残業生活となりました。

ありがたい事です。

 

この週末も本当は宿題山積だったのですが、

月曜日から本気で頑張る事にして

思い切って休みとしました。

今後当分の間

家族との時間は満足に持てない可能性が高いので。

 

昼食は

バードランドのピザをテイクアウト。

02_20200823163001

03_20200823163001

お嫁ちゃんが 『坂井チアチケット』 を買ってきてくれたので

お得な金額で食べられます。

03a_20200823164001

03b

地元でご商売をされる方々を応援するシステムです。

今は、様々な形で助け合い

より多くの立場の方々が苦況を乗り切れるようにね。

自分が大好きな美味しい料理を提供してくださるお店が

ちゃんと残って欲しいので。。。

 

 

気象情報を調べずに来てしまったのですが、

自宅周辺では全く気にならなかった風が

海ではとても強く、

沖には白兎の群れが跳ねている様な水平線でした。

04_20200823165801

これまで、

結婚前から20年以上使い続けてきた愛用のスクリーンテントが

海でのデイキャンプでは定番でしたが

05a_20200823170801

(私は物を捨てるのが苦手で、同じものをずーーーっと使い続けるタチです)

今日の強風では設営が困難だったかも?です。

今シーズン購入したタープが

設営も撤収も楽で、風に強くて

使い勝手が良く、大変気に入っています。

05_20200823172201

06_20200823172201

これは良い買い物をした。^^

タープの下でハンモックに揺られるのは

極上の時間♪

 

風強くとも水温が充分高く、

波は未だ本格的に強くなる一歩手前な感じで、

何時間でも漂っていられるような海でした。

さすがに濁りが出ていましたが

小魚はそこそこ多く見られて、

シュノーケリングも飽きません。とても癒されました。。。

近年水温が恒常的に高めなこともあり

クラゲはやはり気になりますが、

アンドンクラゲが1匹見られただけでした。

素肌では泳がずに

ラッシュガードを着ていれば

全然大丈夫。

07_20200823174301

 

夕暮れまでのんびりして

08_20200823174501

温泉宿でサッパリして帰りました。

09_20200823174601

宿泊客が夕飯中の時間に入ったので

館内公共スペースに人は皆無で

10_20200823174701

私がこれまでに入った中で一番大きかったかも? な

超立派なお風呂も

男女共家族で貸切でした♪

 

 

 

 

 

日記の表題に 『24時間テレビの~』 としましたが、、、

私は、

こういったもの、この番組の姿勢があまり好きではありません。

時々書いている事ですが、

我が家には 『 障害者 』 と呼ばれる子供がいます。

 

今の日本には

『 24時間テレビ 』 というものが確立してしまった

『 チャリティーの形 』 が浸透していて、

困難な状況に在る人が頑張る姿を

そうじゃない人が見て応援するという図式・風潮が強く感じられます。

結局、社会的なバリアフリーへ向かっている訳ではなく

余裕がある人がそうではない人を見ての、何か。

なんですよ。

ストレートな言い方をさせてもらえば、

マスターベーションにしか見えない。

 

ハンデキャップがある者は、

何か頑張って挑戦しなきゃだめなんですか?

そんな形で、健常者と呼ばれる人の欲求に応えて

そちらの精神的な満足感の為に何かをさせられたくはない。

普通の人より頑張らないと生きてゆけないんですか?

それが当たり前の価値観であるかのような方向性を

決めないで欲しい。

普通に、自分が好きな様に、普通の人と同じ様に、

自分なりの人生を生きてゆければ

それでいいんです。

そうやって生きているんです。

 

区別無く、

只単に、自分も他の人と同様に社会の一員で居られれば

それが良くて、それが当たり前。

 

障害が在ろうと無かろうと、

困っている人や弱者を助けるのは当たり前でしょう?

ただそれだけの事です。

 

 

最近やっと

24時間テレビを平然と見られるようになってきましたが、

1歳の我が子がそうなった時、

その後の十数年は、

このテレビが本当に大嫌いで見ることが出来ませんでした。

 

自分自身、

何もかも、

そうなって初めて知った、気付いた事ばかりなので、

それを知らない他の人に対しての恨みや攻撃的な気持ちなどは

全くありません。

ただ、あまりにも心の温度差がある他人とは

ストレス無く関わることが正直難しい。

 

 

障害に限らず

難病や痴呆など、

また、只の単純な老いであっても、

本人や家族の日常に困難をもたらします。

多くの、苦しい境遇の方達が助けを欲しているのは間違いない。

24時間テレには勿論功罪在って、

様々な方面への金銭的支援が行われている事は

実にありがたい感謝すべき事だと思います。

他人に対して

見返りを求めずにお金を出すという行為は

尊いものです。

 

 

 

毎年、

夏の終わり、

『 24時間テレビ 』 のフレーズを聞くようになると、

複雑な、

何ともいえない気持ちになります。

 

こんな気持ちにさせるこの番組は、

好きではありません。

 

 

|

« 独楽吟 | トップページ | 立秋~白露~の候 過ぐる を、更に過ぐる候。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 独楽吟 | トップページ | 立秋~白露~の候 過ぐる を、更に過ぐる候。 »