« 週末 | トップページ | 独楽吟 »

2020年8月15日 (土)

ウラバンナ

01_20200815204701

お盆休みは自粛生活。

帰省も取り止めとした。

中日に、妻の実家の方の墓だけを参ってきました。

(妻の実家は車で2~30分程の距離。)

 

仮に帰郷するとしても、墓参りだけの日帰りで

実家への立ち寄りは玄関先だけにしようと相談していたのだが、

どうせ日帰りならば

人が最も多く動くさなかに行かなくても、

別の週末へずらすが賢明だろう。

いくらマイカー移動とはいえ、300Kmを超える道中では

トイレや食事で混雑を避けられない可能性が高い。

県外ナンバー狩りが問題となっているが、

実際、正直な気持ちとしては

東名阪を中心とする都会の人との接触は、やはり不安を覚えます。

 

 

私が生まれた時には既に

私にとっての 『おじいちゃん』 はいなかったが、

小学校低学年の頃に他界した 『おばあちゃん』 の記憶は

今でもちゃんとあるし、近年亡くなった伯父への感謝や想い出もある。

先祖を敬う気持ちを表すには、

こちらの世へ還ってきてくださっている

盂蘭盆会の期間に参りたい気持ちがどうしてもあるが、

さすがにこの状況なので、

私の両親もそうである様に

黄泉の国の方々も

「こんな時に来なくていいよ。」 と、

言ってくれるんじゃないかな。

 

結局今年は

正月以来親兄弟の顔を見ていない。

これだけ長く両親にも兄にも会わない期間があるのは、

本当に、

これまでの人生で初めてかもしれない。

 

 

 

まあ、お盆休みに入っても

日々コンスタントに仕事関係の電話が入って、

手元には沢山のメモ書き(休み明けの宿題)が残り、

退屈はしていません。

仕事で忙しいのはありがたい事です。

見積りや設計問い合わせなど、

直接的にはお金を生まない事象も

大切な種蒔きだと思ってちゃんと対応しないと、

数ヵ月後、半年後、数年後の仕事が

自分から逃げていってしまう。

私の脳ミソは常にそんな思考回路で、

日々の生活も

当たり前のようにそれに沿ったものになっている。

それが、此処数年。

 

14日は、

夜半~明け方の落雷によって故障したライフライン施設への緊急対応依頼が入り

私服のまま会社へ寄って道具と部品をかき集め

助手席に妻を乗せたまま現場へと走った。

中間の業者が休んでいる事を気遣った役所の担当者の方から

直接私へ電話が掛かってきたのです。

(^^;)私も休みですけど? ねぇ。。。

コレに関しては、帰省していなくて良かったとも言える出来事だ。

電気や上下水道等、いわゆるライフラインに関わる設備では、

故障して停止してしまう事は当然緊急非常事態なので、

盆も正月も関係無い。

皆が知らないところで、

何処かの誰かがそれを24時間支えているのです。

そんな現場の人の事を、頑張りを、

みんなが知っていてくれたらいいのになぁ。

文句ばっか言わねぇで。

 

電話を掛けてきた役所の担当者は

前職の時から知っている年下の男だ。

都合良く下請け末端の弊社を使っている訳では決してない。

スポーツマンで、偉ぶらず、常識的で誠実な青年です。

普段から交遊がある程の間柄では無いものの、

正式な契約の関係の距離感を超えて

平素から

電気・制御関係の仕事に関して

相談や『教えてください』の電話が時々

直接掛かってくる。

 

人から頼られる自分であることは

素直に嬉しく、誇らしい。

 

所詮仕事であるので、

自分の都合だけで人を使おうとするムカつく野郎の言う事なんて

絶対に聞きたくないのだが、

しかし、

素直に助けたいと思える相手であるのならば、

利益無しでも動きたい。

そんなものでしょう。

 

様々な最前線で働く人々は、

きっと、

同じ行動動機だと思います。

利だけでは、本当に大変な時に、人は動きません。

 

現場対応、復旧を無事負えて、

彼が深々と頭を下げて礼を述べてくれる姿に、

『 あぁ、良かった。』 と、

心から思いました。

 

彼の背中には、更に様々な重荷が乗っているんだ。

 

 

 

 

これは盆前の話ですが、、、

とあるゴルフ場の散水施設の修繕依頼が来た。

コース内に在る設備だったので

「お客さん達が引き上げる15時以降にお願いします。」

との事で、それに合わせて現地へ出向いたのだが

平日にも関わらず

ほぼ満車な駐車場に驚いた。

 

こんな時に何やってんだお前ぇら。

 

作業入場を待つ間

観察していた感じでは、

殆どが

ご隠居さんか社長さん的なおじ様達。

に、見えたのだが、

現場担当者が言うには

半数近くがいわゆる 『 デート 』 で、

「まぁ、素性に関しては詮索できませんが・・・」

との事だが

夜の街のオネィ様や不倫相手を連れたオッサンが

相当数な割合を占めているそうだ。

02_20200816002801

おいおい、

金持ちジジイら、

自粛せい。

 

他人のプライベートに関わる話でしょうが、

結構ムカついたんで、

書いちゃいました。

 

 

 

|

« 週末 | トップページ | 独楽吟 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週末 | トップページ | 独楽吟 »