« ささやかな週末 | トップページ | 善い題が思いつかない日記 »

2020年10月 9日 (金)

近況

00_20201011110601

セントウル(ケンタウロス)は、

好色で酒好きで、不死であったそうだ。

親近感を覚える。

私に足りないのは『不死』だけだ。

疲れ知らずの身体になりたい。。。

 

二週連続で週末も仕事。

今回は私の職歴上最大規模と思われる設備の立ち上げ、

試運転調整に行っていました。

01_2020101111090102_2020101111200104_2020101111200105_20201011112001

客先から投げ掛けられる要求に対して

即興的にプログラム変更をし、様々な設定を調整し直す。

今回のものは4パターンの演出があって、それぞれ1サイクル10分。

変更を加える作業 → 実際に出して見て確認検証

を行うのに、

ともすれば、1つの変更に1時間なんて当たり前に掛かってしまったりする。

1日が本当に短く、あっという間。

限られた時間の中で仕上げるには、

各機器の応答時間差であったり

水圧変化が伝わるイメージを出来るだけリアルに想像する能力が必要です。

絡み合う複数の要素に折り合いをつけて如何に制御するか。

私もそろそろプログラム作業が辛い歳になってくるので

後輩をちゃんと育てておきたいが、それに割く時間が満足にとれない。

芸術的感覚的なセンスも大切なので、

技術面だけではなくそういった部分も求めたいのだが、

言葉で上手く伝わるものでもなく、これは中々難しい。

06_20201011112301

人材不足・後継者不在で廃業を選択する方が私の周囲でも出ています。

仕事はあるのにこなせない、続けられない。

様々な場面で、人材不足は深刻な悩みですね。

 

 

GoTo利用で検索した最寄りの最安宿は

飛行場の中に在りました。

07_20201011113001

連泊だったので

ターミナル内を隈なく散歩し、

夜はほろ酔いで風に吹かれながら

ぼーっと飛行機を眺める時間を満喫しました。

09_2020101111340110_20201011113501

宿で発行されたクーポンは

食事で使える場所が少なく、

12_20201011113601

土産物店や観光施設、コンビニが主な利用先です。

仕事で一緒だった方は

「コンビニでたばこをカートンで買いだめしました。」なんて言っていた。

なんを応援する事業だったっけ?(笑)

使用期限が宿泊当日とその翌日しかないので、

宿で受け取るという事は、実質翌日1日くらい。

飛行機や列車の移動で仕事へ来ている方は

帰りの駅で土産を買うくらいしかタイミングが無く、

吟味して使うことが難しそうです。

 

 

ところでえっと、宿指定の朝食メニューが、、、

湯葉の乗ったお粥の定食しか選択肢がありませんでした。

日替わりしないのね。。。 ま、美味しかったからイイか。

酒飲みの胃袋に優し~~

15_20201011115201

食事後は展望デッキへ散歩。

屋上庭園の花壇がちゃんと手入れされていて

朝の空気感と相まって結構癒されます。

16_2020101111560117_20201011115901

早い時間の空港は

次々と出航してゆく列で賑やかでした。

18_2020101112010119_20201011120101

 

土曜日は丸々現場で仕事出来ましたが、

日曜は作業に制限があったので、待機時間ができてしまった。

調整作業は月曜日へとサスペンデッド。

 

空いた半日ほどがもったいなかったので

ちょいと息抜きへ。

22_20201011120601

人ごみは嫌なので、お寺です。

しかも山の上の奥地。

21_20201011120901

ロープウェイに4分程揺られ、

その先更に

中々の上り坂を結構な距離歩く必要がありました。

23_20201011121101

汗して歩いた価値は十~分。

建物超ごいすー。でした。

24_2020101112140125_2020101112140126_2020101112140127_2020101112150128_20201011121501

特に、

奥の三つのお堂が建つ場所は雰囲気が素晴らしく、

非日常空間というか、トリップ感満点でした。

30_2020101112180131_2020101112200132_20201011122001

そして実は此処、

映画『 The Last Samurai 』のロケ地なのです。

33_2020101112220134_20201011122201

Ken渡辺とトム・クルーズのこのシーンで使われた場所は

写経を行う為のスペースとなっていました。

35_2020101112260136_20201011122601

撮影の時、トム・クルーズはヘリコプターでやって来たそうだ。

一体何処にヘリ降ろしたんだ!?

まさか重要文化財が建ち並ぶこの目の前へなんて有り得ないだろうけど、

他にそんな広場在ったっけかな?

 

 

二階からの眺め・雰囲気もこれまた素晴らしかったです。

37_2020101223030138_2020101223040139_20201012230401

内部には仏像などが展示されていました。

40_2020101223080141_2020101223080142_2020101223080143_20201012230801

静かで、落ち着いた

良い時間が流れます。

44_2020101223100145_20201012231001

更に歩いて

奥の院へ。

46_20201012231201

47_2020101223130148_20201012231301

神と仏が明確に分けられ区別されたのは明治期で、割と最近の事。

古くは神仏習合であったので、

昔から在る古いお寺には

仏様を護る神様?がこんなふうに祀られていたりしますね。

49_20201012232601

以前も書きましたが、

鳥居に小石を放り上げて願掛けする風習というのは

私が生まれ育った土地(岐阜)にはありませんでした。

福井でも聞きません。

以前訪れた倉敷のお宮さんは

もうそれ以上乗らないでしょう!?って位びっしりと石が載っていた。

こちらの鳥居にもかなり載っている。

やはり西日本の文化なのかな?

 

 

奥の院開山堂に参って

50_2020101223350151_20201012233501

 

帰路へと引き返します。

 

52_2020101223360153_2020101223360154_20201012233601

疲れたオッサンの脚には、

帰りの長い下り坂も相当応えた。。。

 

 

宿へ戻って

プログラム変更の続きと、見積もり作業など。

メールを何本か送って・・・

 

プシュりだ。

 

今夜もココで癒されようっと。。。

55_2020101223410156_20201012234201

色んな現場が同時進行なので

福井へ戻ったり、またコッチへ来たり。

此処2週間で関西を4往復しました。

(今のところ健康状態は良好です。)

私の仕事は工具や資材も持ち運ぶので

どんな長距離移動であっても基本全て車。

この時勢で公共交通機関を使わないのはまぁ幸いですが、

出張が続くとやはり、かなり疲れが溜まってきます。

集中力も低下しているのでしょう、

先日、会社の車を当てちゃいました。

バックで。

相手無しの一人漫才でよかた。

 

ホント、気をつけます。

色々。

 

|

« ささやかな週末 | トップページ | 善い題が思いつかない日記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ささやかな週末 | トップページ | 善い題が思いつかない日記 »