旅行・地域

2017年9月10日 (日)

二日目

新しい朝が来た。

26

希望の朝だ。

喜びに胸を開け 大空仰げ・・・

あ、

これ、ラヂヲ体操の歌。。。

27

夜の間中風の音もせず、(たぶん)

虫の音だけが響き続ける素晴らしい静夜、(たぶん)

完全熟睡の、晴れ晴れとした目覚めだった。

 

気付けば、

背後の山並を越え

湾の奥に陽が差し始めている。

28

快晴。無風。

今日も安定の天気予報だ。

久々連休の週末に、二日続けての

在り得ない程の好条件。

こんな素晴らしい自然にいざない受け容れて下さった神様に

感謝。感謝。

 

ちゃんと休めと言ってくれた上役。

快く送り出してくれたお嫁ちゃん、

同行者の存在、

こんな土地に住まう境遇・・・

感謝。

幸福感に満ちた朝でした。

 

 

温めるだけの豚汁や素麺など、

簡素な朝食をとっていると・・・

今日も!

飛翔体が頭上に来襲し、素敵な映像をプレゼントしてくれました。^^

29
( ↑ 拡大します。 )

30
俯瞰で見る、我等の幸福の図。

 

朝っぱらから、とりあえず、

美しい海に身を投げ出して泳ぎました。

31
気持ちイイっ!

20170912125744

もう一日ここで過ごしても良い位の気分でしたが、

水分・食料の残量が心もとない。

のと、

まあ、

明日は仕事だから・・・ (--;) 撤収。

 

素敵浜を後に

32
出発。

33
先ずは最寄の集落へ向かい、

上陸して

自販機で水分を購入。

 

民宿っぽい玄関でお喋り中のマダムに酒はないかと尋ねたが、

集落内には、酒屋もビールの自販機も一切無く

峠のトンネルを越えて

2~3Km先のお店まで行かなければならぬとの事。

 

冷えたビールが最高に美味しい青空なのになぁ。。。

致し方なし。

今日は諦める。

 

再び離岸して、無人島へ渡ることにしました。

34

貸切岩場で生物観察会♪^^

35

36

37

38
休憩しに、波打際で腰を下ろせば、

すぐ傍らの岩の下から魚が顔を出し、ヤドカリが這い回る。

生物数、種類、密度、実に豊かな島でした。

39

 

さて、

の~~~んびりと、

戻ります。

40

41

42

43
今日もあそこ潜っとくか。

44

45

46
『岩の中をくぐる』という、実に単純なアトラクションだが、

この遊びは

何だか楽しくてわくわくするんだよね。

47
  

あ~~~。イイ天気♪

48

 

さいこーーーっ!!!

49

 

顔も手脚も、真っ黒に焼けました。

二ケ月分を二日で取り戻したような、

そんな濃密な夏(?)休みでした。

50

ありがとうございました。(^^)

充実。

癒。

満足♪

 

 

(おまけ)  

帰着した浜に咲いていた花。

50a

50b
ありがとうございました。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 9日 (土)

ばけぃしょん

00
(真ん中で泳いでるの ↑ ボク。)

 

 

この夏前から、

重~く重く私に圧し掛かっていた懸案事項(仕事)に

ようやく目途が立ってきて、

憂鬱で不安な気持ちが少し軽くなった。

 

時間と戦い焦りながら、

一つ一つ手探りで積み上げてきたものが

やっと、形を成したような、

そんな感じ。

 

この歳になって初めて勉強したり

挑戦するような内容が多く含まれていたので、

技術職としてのプライドと

将来へ繋がる様々な意味もあって引き受けはしたものの、

正直、

気力・意欲の維持が大変厳しかった。

そんな、

四拾六歳の夏。

 

が、

過ぎ、

久々に連休♪

01
夏休みの間中、子供と自然の中で遊ぶ事も全く無かったので、

海が久々の末っ子、気が逸ってしまい

出艇前にもうはしゃいで泳いでいた。(^^)

 

仲間との時間も久々♪

02
今日は先輩船長と一緒。

 

褶曲の地層が素晴らしい奇岩の景色の中を進む。

03
水の透明度も最高♪

04

05
探検探検。。。

06

07

08

09

 

の~んびりと楽しんだら、、、

 

夕方前に

程好い浜へ♪

10
上陸し、

小一時間程泳いで遊びました。

身も心もクールダウン。リフレッシュ。。。

11
さあ、

カンペ~♪だ。(^^(^^(^^)

12
だぁ~~~れも来ない(来れない)こんな場所で飲む酒は

最高の御褒美。

 

 

今宵のお宿が設営完了した処へ

14

未確認飛行物体が襲来!

14a
何とコノ飛翔体は、

素敵な映像を沢山撮ってプレゼントしてくれました。^^

14b
わお!

14c

14d

14e
  

黄昏~暮れ行く海を眺めながら・・・

15
素敵な時間が流れます。

16
早くも、宴もたけなわ(笑)

17
  

素晴らしいね。

18

19
ハラヘッタ?

積載量の関係で、今日の食事はカップ麺に・・・

あとはツマミばっかだな(^^;)

20

21
お腹が落ち着いたら、

灯りを消して、

焚き火を楽しもう。

22
この上なし。

極上の贅沢な時間。

23

24
陸から海へと向かって風が吹いているので安心。

自然の浜には流木が多く在るので、

焚き木の補充も苦が無い。

25
こんなに美味い酒は久々だ。

 

こんな時は、

疲労感すら心地良く感じられる。

 

気持ち良~く

シュラフへ滑り込み、

深い深い眠りへと落ちる事が出来ました。 

 

 

1日目 終了

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

お盆休み 真ん中あたり

いつもの様に

家族揃って帰省です。

 

いつもの様に、三世代揃っての宴会。

今年は、就職で東京へ出てしまった甥っ子が戻っておらず

全員勢揃いとはなりませんでしたが、

実家で両親兄弟の顔を見て、

墓参りも済まし、

落ち着いた心持ちになることが出来ました。

 

そしていつもの様に、

女子を落ち着かせる場所へ。。運転手。。。

01_2
食べ過ぎ飲み過ぎの私は散歩が目的です。

 

男子三人で各フロアを2周程して、

ボーリングへ。

03_2

スコアは一応父ちゃんが1番でした。^^

 

長女はこんなトコで何やら買って

02_2
御満悦の様子。

 

 

実家で二泊し、帰路へと。

 

いつものお宮さんへ寄ります。

04_2
長女が受験生なので、神頼みです。

05_2

06_2
まだ気が早いけど、

良い春が来ると良いねぇ。

07_2
自分がやりたい事に合う学科で

魅力的な志望校が中々見つからないそうだ。

まあ、

ぼんやりとでも

目標、目的があって学校を選べるのは良いね。

自分で決めるって大切だ。

 

 

福井へ戻って、

もう一箇所寄り道。

 

次は仏様頼り・・・、ではなく

猫寺へ(^^)♪

08_2
私はどちらかと言えば犬派ですが、

動物全般が好きです。^^

09_210_2
長男は猫派らしく、

とっても嬉しそうに写真を撮っていた。

11_2
凄く可愛いけど、

12_2
気紛れで何考えてるか分らない相手は

どうやって可愛がれば良いのか?よくわからん(--;)

13_2
長男と俺は、きっと女性の好みが違うな。。。

14_2

15_2
  

 

妻の方の墓参りと、実家への挨拶を済ませて

夕飯は外食でした。

16_2
  

やれやれ。。。

やっぱ、

我が家の布団は良いですね。

 

休みは休みで

疲れます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月30日 (日)

身近な幸せ

00
高校生の長男長女は

休みの日でも何かしらの事が有り、

制服や体操服で出掛けてゆく。

 

週末、休みの朝に

学校へ行く長女を夫婦揃って駅まで送って、

二人で喫茶店のモーニングへ。

01
二週続けて、そんな朝だった。

02
一人前数百数十円の、ささやかな贅沢である。

何より、この時間が贅沢。

 

帰宅後、

昼間は結局、

悶々と仕事に頭を支配されて終わり。。。

 

 

夕方、

駅まで長女を迎えに行き、

一旦帰宅後

お嫁ちゃんと末っ子と一緒に、

自宅から10分程の場所へ移動。

 

お休みでも工事の槌音が聴こえてきそうな

こんな場所。

03
九頭竜川の架橋現場。

バカでっけぇヤジロベイ(笑)

04
橋を架ける。

橋が架かる。

って、

何だかワクワクするよね。

男の子は、工事現場や重機が大好きだ。

 

暫し眺めて、、、テクテク。

 

規制で車両進入禁止の堤防にテーブル広げて

夕飯開始。

05
お疲れお休みモードのお嫁ちゃんに

「弁当作って」 なんて言えないので、買ってきたお惣菜だが、

こんな光景の中で食えば

超絶贅沢ディナーだよ。^^

06
イイ感じにほろ酔いになれば、

目の前、頭上に花火が上がり始める。

07

08

09
田舎の、一地区のお祭りなのに、

似つかわしく無い程素晴らしい花火大会。

地元の方々の気概が感じられる。

毎年楽しみなイベントの一つです。

10
こう言っちゃ何ですが、ローカルな祭りなので

混雑の中で戦わなくても、

ゆったりと

結構な近距離から楽しめるのも大きな魅力。

11
尺玉なんて上がらない。

8号玉がMAXなのだが、その近さ故

迫力満点大満足。

12
これまで例年、

フィナーレの8号玉10連発が定番で

皆それが楽しみだったのですが、

今年は何と、30連発!

13
中々の感動でした。

 

感謝。

感謝。

 

 

身近に在る幸福感に気付ける自分を失わずに。。。

それを楽しめる自分を、

ね。

 

 

 

携帯で撮った動画をアップしてみました。

フィナーレの8号玉連発

できれば、イヤホンでも使って

大音量で見て頂くと、現場の雰囲気に近付きます。

全身を突き抜けて後ろへ飛んでゆく爆音、衝撃波を感じながら、

お口あんぐりで上向いて、

ね。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 3日 (土)

喧嘩夜高

00

01

01a

01c

01d


待ちに待った休み。  

気象条件が悪く、残念ながら海の遊びはお預けでしたが、

以前から訪れたいと思っていた

津沢の夜高あんどん祭へと出掛けてきました。

 

久々の休日を噛み締める為、ゆ~~~っくりゴロゴロと朝寝をして

お昼過ぎに家を出る。

「久し振りの休みなんだから好きにすれば?」

と言ってくれたお嫁ちゃんとデートのつもりが、

何故か子供達全員ついてきた。(--;)

 

コンビニへ買い出しに寄ったりしながら、

ゆるゆると下道で移動。

途中、

安宅の住吉神社へ寄って御参りをしました。

02

02a
弁慶の勧進帳の逸話に象徴される様に

難関突破に秀でた神様らしいです。

03
  

向かう目的地は県境を二つ跨いだ向こうなのに、

こんなにもゆっくりと進むのは、目的のお祭りが夜祭りだから。

石川県を過ぎ、富山県へ入ったら

先ずはお買い物(^^;)いつもの、女子へサービスのやつ。

04

05
夏先取りセールとか言ってCM入ってたもんな。。。

男子三人は相変わらず何も買わず何もする事が無いので、

フードコートの奥の畳に上がって寛ぎながらうどんをすすったり

外を散歩したりして時間調整。

06
夕方6時過ぎに、

漸く目的地の津沢へ。

 

来たい来たいと思いながら中々その機会が無かったのは、

一番はとにかく、その開催時間が『遅い』こと。

で、それに加えて遠い。

メインイベントであり、是非見たかった行燈のぶつかり合いは

夜9時を回ってから始まり深夜12時まで。

翌日にも影響するスケジュールになるのは必至です。

本当ならば、泊りで楽しみたい。

 

地元企業の敷地が解放された駐車場へ車を止め、

先ずは、徐々に高まる祭りの空気感を味わいながら

地区の中心部に在る広場へ向かいます。

07
地元の方々が出店するテントが並んでいるので、

美味しそうなものを見繕って

夕飯を軽く採りながら、日が暮れるのを待ちます。

祭りのど真ん中で、周囲は皆ビールなのに

自分は飲めないのが辛い。。。

 

さて、行燈に灯が入り始めたら

少し街を散策しながら、

各町内から中心部へと集まってくる行燈を眺めます。

08

09

10
とても見事で美しい。

11
いつも思いますが、

このような伝統ある祭りの在る町に生まれた若者は、

本当に幸せだと思う。

一生心から消えない何かを得られる事が約束されているようで、

羨ましい。

都会へ出たりしても、

絶対に地元や仲間の事を忘れないだろう。

12
  

町内を練る行灯と、

若者達が拍子木を叩きながら歌い跳ねる姿を眺め

夜祭りの雰囲気が高められてゆきます。

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

 

さて、

夜が更けて、

待ちに待った時間。

夜高あんどん祭りと言えば、

何と言っても喧嘩祭り。

観客も膨れ上がり、

いよいよその時を待ちます。

30
メインの通りで、二つの町内が対峙する形で

威勢を示しながら大型の行燈を揺さ振り、待ちます。

 

この提灯が高く掲げられたら、スタンバイ完了の合図。

31
双方の提灯が上がり、

総裁許の笛が鳴り響くと

互いに突進。

32

33
地響きの様に激しくぶつかる音や、

大きな行燈が揺れ、バキバキと音を立てる様が

迫力満点です。

34
ぶつかる瞬間、

上へ跳ね上がる側の先頭の引き手は上手くかわしているようですが、

タイミングを間違ったり転んだりしたら

大怪我どころでは済みそうも無い。

 

ぶつかり合って重なり合ったら、

上側になった方は掛け声と共に綱を引いて行燈を動かし

相手の行燈を壊します。

35

36

37
対戦は、

相手が入れ替わりながら何度も何度も。

38

39

40

41

42

43

44

突っ込んでく先頭の若者、

勇気が要るなぁ。

45

46

47

48

49
相当歴史の古い、五穀豊穣を願う祭りだそうですが、

未だ道が細かった時代に

巡行する複数の町内が出合ってしまった時に

どちらが退くかで起きた小競り合いが起源らしく、

やはり下がったほうが負けなので

ガンガンやられる下側の最前線でも

しっかりと押し合っています。

50
とはいえ、

勝ち負けを決める訳ではなく、審判もいない。

また、あくまでも行燈の喧嘩であって

人間の喧嘩はやらない、迫力のぶつかり合いだけど清々しい。

そんな、

素晴らしいお祭りでした。

51
末っ子は帰るのを嫌がり、

長女も最期まで見ていたいと言いましたが、

運転するのオレやでよう。。。(--;)

後ろ髪引かれる思いで、

22時半頃に会場を後にしました。

52
帰りは高速に乗ってぶっ飛ばし。

53
深夜帰宅後、漸くの一杯。

祭りの興奮と余韻に浸りながら、

写真や動画を眺め、

飲み。飲み。。。

 

携帯で撮った動画を、YouTubeに上げてみました。

激しいぶつかり合い その(1)

激しいぶつかり合い その(2)

 

 

で、

僅かな睡眠時間で、

日曜は朝早くから町内の一斉清掃作業でした。

 

その後長い長い昼寝?をして、

週末おしまい。

です。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月20日 (土)

01
長女が、友達と出動しているから帰り迎えに来てくれと言うので

仕事を定時で上がって、夕飯も食べずに三国へ。

02

03

04

05
人混みに揉まれてきました。

06

07

08
何だかんだで、

頭の中は仕事。仕事。

最近ず~~~っと、仕事、仕事。

09
良い気晴らしになるかと思ったが、

どうも、ゆっくりできん。

10

11

12

お囃子より、静かな癒しが必要だ。

13

14
疲れたオッサンは、

人の居ないところへ行って

ゆっくりしたい。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 5日 (金)

AIRPORT WALK

帰省二日目は

昨日の寝不足解消の為に朝寝。

遅めの朝食後、

家族で出掛けます。

 

向かった先は、愛知県営名古屋空港。

かつてはこの地方のメインとなるハブ空港でしたが、

中部国際空港(セントレア)が海上に整備され

役割を取って代わった為、

名古屋空港(通称小牧空港)は地方空港へと変わりました。

子供の頃、

わざわざ飛行機を見に小牧へ連れて行って貰って

ひっきりなしに繰り返される離発着を

飽きること無く見ていた記憶がほんのりと残る私は

少々閑散とした空港に、寂しくもあるのですが・・・

現在、

使われなくなったかつての国際線ターミナルが商業施設に再整備され

新たな賑わいの場所となっています。

Nagoya_airport
飛行場のエプロンがそのまま駐車場にされ、

建物もそのまま。

01_3
『 AIRPORT WALK 』

エアポートウォークというショッピングモールになっています。

展望デッキから見ると、それが良く分り、何だかテンション上がる♪

02_3
駐車場の向こうは、正にまんま滑走路。

03_3
国内線ターミナルは向こうなので、目の前に駐機はされませんが

飛行場の雰囲気は堪能できる。

04_3
滑走路を挟んだ反対側は

(昔と変わらず)航空自衛隊の小牧基地なので、

C-130H ハーキュリーズ がずらりと並んでいるのが見えます。

05_3

日本がPKO(国連平和維持活動)に参加するようになって、

メディアに度々登場した水色の機体がこれ。

07_3
これだけの数が並ぶのは壮観。

海外への輸送任務を行なう第1輸送航空隊が置かれています。

06_3
  

ヘリが飛び立ってゆく向こうに、

小牧山城。

08_3
織田信長が美濃攻めの拠点として築城し居城としたもので、

後に、秀吉と家康が対峙した小牧長久手の戦いでは

家康が陣を張り使用しています。

 

さて、建物内は

ターミナルビルの大きな空間が大胆に再使用されている。

09_3
フードコートの屋根に在るアレは、

10_3
おおっ!よく見るヤツ。

 

女子2人がショッピングを楽しむエリアへ消え、

男子3人は色んなトコを散歩。

父ちゃんの趣味と女子の要求が両立出来るのが素晴らしい。

11_3
いかにも地方空港な、

バス停みたいな時刻表なのですが

21_2
(こんな ↑ 感じ。)

富士山静岡空港で旗揚げしたFDA(フジドリームエアラインズ)が、

今はこちらを主要拠点として使ってくれていて、

そこそこな頻度で離発着がある。

デッキへ出て飛行機を眺めたら・・・

12_3

13_3

14_3
次の便の時刻を確認してモール内へ戻って散歩し、

時間が近付いたら再びデッキへ。。。

16_2
そんな感じで楽しみます。

17_2

18_2

19_2
FDAの使用機材は、ブラジルのメーカーであるエンブラエル

当初あった小松線は5年以上前に運休となっているので、

北陸の私はあまり見慣れない機体です。

20_2

 

ちなみにお昼御飯は、

久々の味噌カツでした♪

22_2

御飯大盛り無料♪

 

ちなみに、

駐車位置を、

家族に断わって、あえて建物から一番遠い処にしたのは、

このため♪♪♪

23
駐車位置の直ぐ後ろをジェット機がタキシング♪

 

タクシー ~ 離陸滑走

24_2

25_2

26_2

27_2

28_2

 

女子組と合流後、

車へ戻って、

更にもう一便見送って帰宅(実家へ)しました。

29_2

30_2
  

 

夜はまた御馳走、宴会。

31_2
ありがとうございました。

 

帰省2日目、おしまい。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木)

GW後半スタート

00

ゴールデンウィーク後半は例年帰省します。

故郷を離れて住んでいるので、

盆と正月は先祖や氏神を参るよう意識していますが、

それだけだと、親兄弟の顔を見るのは年に2回。

家族に逢える機会は結構貴重です。

日本中で、毎年大渋滞すると分っているのに

多くの方々が帰省・Uターンを繰り返すのは、

行楽目的ばかりではなく、やはりそういう事でしょう。

 

とか言いながら、

私も実家へは直行せず、先ずは行楽へ。

01_2

庶民家族は、

毎年実家を訪れるのが家族旅行の代わりみたいなものなので

そのついでに何処かへ寄り道するのが大切な楽しみ。

今回は、長男の受験が無事終わってタイミングが良いので

お伊勢参りへやって来ました。

 

朝4時起きで高速をブッ飛ばしてきましたが、

8時前だというのに既に駐車場は満車で、物凄い人出でした。

02_2
鳥居前で脱帽一礼し、

宇治橋で五十鈴川を渡って、結界の向こうへ。

03_2
私は昨年も参らせて頂いていますが、

家族揃っての参拝は10年以上振り。

前回は未だ末っ子は生まれておらず、

幼かった長男長女も記憶に無いようです。

 

平成25年に式年遷宮が行なわれたので、

正宮もまだ新しい雰囲気が残っています。

04_2
あの先は撮影禁止。

心静かに感謝の参拝。

 

急いでいる訳ではないので、

荒御魂の方へも参拝。

06_2
荒祭宮は、内宮に在る別宮の中で最上位。

正宮(皇大神宮)と同じ天照大御神が祀られています。

『?同じ神様が二つ??』

正宮の方は「和魂」といって、雨や日光の恵みなど

神様のご加護を象徴する優しく平和的な側面であるのに対し、

荒祭宮の方は「荒魂」といわれ、

自然も、恵みばかりではなく災害が表裏一体である様に、

神様の荒々しい面を祀るお宮さんです。

いわゆる祟りのようなイメージを連想させますが、

そういった恐れおののく対象としての意味ばかりではなく、

この荒御魂の持つ強い力は、新しいものを生み出すエネルギーや

勇猛さや決断力、強者から弱者を守る義侠心、強い忍耐力などの

源として働いてくださるとされます。

 

優しさだけではなく、強さも大切。。。

 

歴史を感じさせる大樹からもエネルギーを貰って

05_2
あと気になるのは・・・

08_2
神馬。

過去の来訪はおそらく7~8回だと思いますが、

お馬さんに逢えたのは1回だけ。

(公式HPより ↓)

07_2

残念ながら今回も居ませんでした。

神馬は、毎月1日、11日、21日の8時頃に正宮にお参りするそうなので、

それに合わせて行くと会える可能性が高そうです。

 

御参りを済ませたら、

門前町を観光♪ 主に食べ歩きですね。^^

09_2

 

女子はこんなお店へ

10_2

11_2

12_2

 

私は、老舗が軒を連ねる町並みの雰囲気が好き、

13_2

14_2
昔と変わらぬ同じお店で、

しぐれ煮のお茶漬けをサラサラと。

15

お嫁ちゃんも以前からお気に入りで、

お伊勢さんのおかげ横丁と言えば真っ先にここが思い浮かぶ。

 

お土産や甘味を幾つか買って、

門前町を後にします。

16
  

少々移動して、

鳥羽の水族館へ。

17
ここは、独身時代にお嫁ちゃん(彼女)と来て以来か?

18

最近の水族館って、順路が無いんだね。

自分の好きなものを目指して各々自由に巡ってくださいとの設定でした。

19

エビでかっ!

20
エビ多っ!

21
美味しそう。美味しそう。

22
でも、

ボクが気になるエビはこっちだ。ニホンザリガニ。

24
地味(^^;)

25
ザリガニなんて何処にでも居そうなイメージだが、

身の周りに居るのはみ~~~んな外来種のアメリカザリガニ。

ニホンザリガニが我が国唯一の在来種。

和っぽい名前のウチダザリガニも外来種だ。

 

鳥羽水族館といえば、父ちゃんが子供の頃から

ジュゴンのイメージかな。

26

何でこんなモンを人魚と見間違うんだ(笑)カワイイけど。

27
  

スナメリも凄く可愛い。

28
以前に来た時は、

ガラス越しに顔を寄せてきて相手してくれたのを憶えているが、

今回はそういった素振りは無かった。

29
海獣達にとっては、

人が多い連休は疲れるんだろうな。。。

30

31

33
巨大なセイウチも愛嬌がある(^^)

34

35
何やらMyおもちゃで遊んでいた。

36

37
かわいい。

 

生き物は癒されるねぇ。。。

38

39

40

41

42

43

 

ラッコは餌やりタイムに重なってしまい人垣で近づけなかった。

44
  

スナドリネコも超可愛い。

45

46
前足には水かきがあって、水辺で上手に魚を獲るんだって。

 

あとは適当に、

自分が気になった生き物を貼っておきます。^^

47

48

49

50

51

52

53

54

55

56
おしまいガオー。

57
再び高速に乗って、

実家へ移動し、

夜は宴会でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月30日 (日)

呉西サイクリング

01
アウトレットモールの隣に在る道の駅を7時半頃に出発。

後から思えば、先ず先に砺波へ向かえば良かったのですが

(その方が効率良く観光できた)

これは結果論。

この日の私は、高岡へ行きたくて家を出てきたので、

そっちへと足が向く。

福岡を過ぎ、高岡へと向かいます。

 

20Km程走れば高岡の街。

02
古城公園で一息つきます。

03
加賀百万石というと石川県、金沢が思い浮かびますが、

今は別の県となった富山も、同じく前田家が治める領地でした。

信長~秀吉に仕えて出世し加賀藩の領主となったのが前田利家。

その後、利家亡き後に関ヶ原の合戦を経て

120万石を超える日本最大の藩を創り上げたのが二代目の前田利長。

(石高は、面積ではなく農産物の生産力を表すもので、

 一石は大人一人が1年に食べる米の量に相当するとされる。)

外様大名のフラッグシップ?だった為

利家の代から続く、家康との政治的な駆け引きから

家康の内孫の許婚(いいなずけ)となった利常に早々に家督を譲り、

利長は富山へと隠居します。

この時、利常はまだ11歳。

隠居したとはいえ、実際には利長が居城を移しただけ?

高岡入城は1609年。

 

兼六園の3倍という広大な縄張りを持つ高岡城跡は、

Googleで見ると(↓)こんな感じです。

04
最近では、都市開発とともに濠が埋められてしまって

往時の姿を窺う事が難しい城址が多いですが、

高岡城は立派な雰囲気を残しています。

05

06

しかし残念ながら

利長が死んだ翌年に 『 一国一城令 』 が制定されてしまい、

高岡城は築城途中にて廃城となり

天守閣などの建築物はありません。

 

緑豊かな広大な公園として整備されていて、

正に市民の憩いの場といった感じ。

朝の城内は、多くの方々が散歩を楽しまれていました。

 

本丸広場を一周して城外へ。

 

次に立ち寄ったのは大仏様。

07
高岡は、鋳物、銅器で有名な町。

前田利長が入城し町を開いた際に

城下から南へ離れた戸出の鋳造師達を呼び寄せた事から始まっています。

戸出の鋳造師の歴史は室町時代まで遡る。

08
此処を訪れた与謝野晶子が、

「鎌倉大仏より一段と美男」 と言ったそうです(笑)

他の大仏は頭でっかちで顔がデカイけど、

この大仏様は小顔でシュッとしてるもんね。^^

 

高岡駅を回り込んで、更に南へと移動します。

09
は!?ハットリ君!

懐かしい。今時の子供達は知らんでしょう・・・?

なんで?

帰宅後、妻からの情報で

「『忍者ハットリ君』の作者である藤子不二雄Aさんの出身が氷見だから

  氷見線・城端線に走っている。」 と知ったが、

にしても、数ある中から何でハットリ君なんだろう? ^^;

 

さて、

本日の目的地、『 瑞龍寺 』

10

前田利長の菩提寺であり、

加賀藩の財力を存分に示す、江戸初期の建造物が素晴らしい。

仏殿、法堂、山門の三棟が国宝に指定されています。

11

12
プロジェクションマッピングのイベントがあるそうで

テントや様々な装置が置かれ、少々賑やかな雰囲気になっていましたが

Topimg_04
素晴らしい伽藍の数々を嬉々として巡りました。

13

14

15
御本尊は釈迦如来

16

17

 

前田利長は、本能寺の変で亡くなった織田信長の分骨を迎え弔ったそうです。

利家から仕えていた主君への忠義心でしょう。

瑞龍寺造営の際、その利長公も一緒に祀ったのがこの石廟。

18
越前の笏谷石で造られています。

織田信長、信長の側室、織田信忠(信長の子息)、前田利家、前田利長、

加賀藩前田家の創世へと続く象徴のような五人のお墓です。

19
  

座禅の場である僧堂は、

20
神聖を守る為、流石に内部は立ち入りを禁じられていました。

21
  

心の洗濯。

22
良い時間が過ごせました。

23
  

さて、

本日の目的は達してしまった。。。心は満足。

あとは、、、

運動不足解消。

 

走らなきゃ。

 

さて、、、

どうするかな。

 

やっぱ、この時期のこの辺りで思いつくのは、

砺波のチューリップ♪

よし、行こう。^^

 

が、地図や計画無しに出てきてしまった私、

道が全然分っていなかった。

頭の中にある地図と、平野を囲む周囲の山や丘陵地から

自分の方向感覚と道路標識を頼りに

田園風景の中をのんびりと進みますが、

どうやら、ちょっと迷った。^^;

『井栗谷こっち』みたいな標識が現れて、東へ寄り過ぎていた事に気付く。

 

方向修正。

結局、目的地に着くまでに、庄川を二度渡った。

迷って、行って戻って。(^^;;;

 

強風が酷くて、疲労困憊しながら

ようやくお花畑へ。

24

庶民は入場料が必要な場所へは入らず(^^;)

無料エリアと、周辺の農家さんの畑を巡ります。

25

26

27

28
お花はいいね。

 

強風が南風だったので、

ここから追い風に乗って、一気に富山新港へ。

地理的には大きく引き返す感じです。

29
大きな工場の眺めが、何気に好き。^^

30

 

港へ来ると空が広がり、

爽快な気分になる。

31
海王丸パーク♪

32
帆船と斜張橋の向こう側には

雪を頂いた雄大な北アルプスが見渡せるのですが

今日は残念ながら春霞でぼんやり。写真には上手く写りません。

33

 

素敵♪カッコイイ♪

34

35
パークの雰囲気を堪能したら、

新湊大橋へ。

36
エレベーターで上へ。

37
自転車もOK。^^

上は車道ですが、その下のスペースが歩道になっています。

38
高所恐怖症の人は、エレベーターからの眺めで既に後悔するかも(笑)

風がべらぼうに強くて、

『ゆ、揺れてる?』って感じが、更に気持ち悪かった。

39

 

さて・・・

変わってくれないかなと思っていた風向きは、

更に最悪な状況になった。

40

伏木~高岡~小矢部と帰ったが、

ず~~~~~っと、猛烈な、向かい風。(--;)

 

疲れ果てました。

辟易として、

腹が立つほどの超向かい風行程。

 

超運動不足のオッサンに、

いきなりの100Km超ライド、向かい風は

相~当~無理がありました、(T-T)

ケツ痛い。

背中痛い。

首痛い。。。

余りの体力不足を嫌と言う程思い知らされ、

脚は完全に売り切れ、

身体中バッキバッキになっての帰着。

 

途中、

漕ぎ続ける事も困難になって、

コンビニで食べたアイスの美味かったことと言ったら。。。

41
南風で気温が上がり、強風の割に随分と暑かった。

 

 

心身共に満足なサイクリング

ってのは強がり。

身体は、相当満腹、限界だった。

 

やれやれ、

もっと自転車乗ろうっと。^-^

 

 

 

【 余談 】

 

通勤の足に使っている軽自動車を

今年に入ってから買い替えたのだが、

その『エコカー』振りに関心。

今回、片道約108Kmの下道移動で、

平均燃費は30Km/L以上。

43

ちなみに、このての数字を信用しない私は、

過去に満タン給油法で何度か検証しましたが

かなり正確な数字でした。

 

アイドリングストップの時間が積算表示されるのだが、

移動時間に対して、1割強が停止時間となる。

42

アイドリングストップにどれ程の効果が有るのかは知らないが

これまで、信号待ちなどの時間が如何に無駄だったのかを実感。

以前に比べて燃費が1/3なので、

往復共下道移動でのガソリン代は1,100円以下でした。^^

これならば遠出も億劫でなくなるかも。

 

庶民の味方

軽エコカー万歳♪

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月16日 (日)

お花見カヤック

01
最近の私のテーマは、

とにかく、『ゆっくりする』 事。

 

ゆっくりする為に、早朝4時半起床で

高速飛ばして隣県へ向かう。(^^;)?

 

この週末は

琵琶湖北部、奥琵琶湖の海津大崎の桜が見頃との事で

お嫁ちゃんと二人での出動。

 

ネット上の記録を調べると、マキノ側からの出艇が定番な様だが

この時期の週末、桜並木の道路は

マキノから半島を回り込む東の二本松へ向かっての一方通行に規制され

周辺も含めて渋滞することが分かっている。

よって、頑張って早目に移動し、

東外れの大浦に在るマリーナから舟を出すことにしました。

01a

湖北~湖西は

レジャーで自由に使える様な無料駐車場や空き地が無い。

普段遊び慣れている海岸とは違い、

その辺に適当に駐車して・・・という訳にはいきません。

此のマリーナは本来

カートップでの持ち込みは2,000円の料金設定だが、

(釣りの)オフシーズンであるため

この週末までは1,000円にまけて貰えた。

初めての利用でしたが、

スタッフも好印象で、情報交換の会話なども良い感じでした。^^

 

朝7時ジャストの漕ぎ出し。

02
凪いだ湖面は、霧が視界を薄っすらと覆っていて、

静かで良い雰囲気♪

03
私はとりあえず、

朝イチ1本注入です(^^)

04

うん~♪ 最高ーっ!!!

 

少し沖へ向かうと、

こんな標識のブイがありました。

05
一応、このラインより陸側は、エンジン付禁止のようです。

逆に言えば、

人力は、ここから外は遠慮したほうがイイって事かな。。。

桜並木が美しい湖岸沿いへ戻る。

06

07
静かな朝の時間。

の~~~んびりと流します。

08
半島の先を回り込み、

海津大崎の観音様、大崎寺を過ぎると

09

観光遊覧船出発時間の案内放送が入り始めていました。

10

10a
この辺りから、湖面は

マキノ側から出艇してこられた方々が続々と現れ始めて

少し賑やかになってきます。

11
湖岸沿いにも観光客が増えてきて、

9時過ぎ位からは遊覧船も行き交い始め、

朝の静かな空気感は御終い。

12
それでも、

美しい景色は延々♪

13

 

海津の集落までやって来ると、

湖岸には立派な石垣が目立ち始めます。

14

北陸と往来する旧街道が峠越えで琵琶湖の水運へ繋がる要所。

海津湊と呼ばれた場所です。

石垣は、江戸時代の元禄年間に築かれたそう。

15

一旦上陸して、周辺を散策しました。

16

17

18
マリーナの方の話では、前日の午後に猛烈な嵐が来て、

アラレも降ったため、一気に散り始めたらしい。

当初は昨日の予定だったものを延期して正解。

今日は終日安定の予報だが、風向きはやはり要注意だね。

 

再び漕ぎ出して、

マキノサニービーチへ。

19

自転車では何度も来ているが、

まさか水面側から来る事になるとは。^^

20
カヤックのスクールやツアーの拠点になっていて、キャンプ場も在るので

とても賑やかで華やかです。

21

22
田舎もん夫婦二人は

この垢抜けた雰囲気に落ち着かず、、、(^^;)

トイレと軽食を済ませて、そそくさと再出発。

引き返し行程へ。

 

徐々に陽射しが増えて、気温も上昇し

ポカポカのんびり。

23

24
花筏♪ 優雅そうなんだけど・・・

只、

様々な方向からのエンジン音や、

(湖岸道路からはオートバイ、水上からはジェットスキーやモーターボート)

停泊している船からの音楽などが、途切れる事無く耳に入って来て、

ちょっと騒々しい。。。

 

舟もどんどん増えて、

カヤックの艦隊(笑)

25
SUP大量発生中!(驚)

26
どこかの池のスワンボート状態的な密度。

前席に座るお嫁ちゃんが、

「どっち行く? もうド真ん中行っちゃう?(++;)」 って悩んでた(笑)

遊覧船の横波を避けるのに船首を回したり、

対向してくるすれ違いがどっちへ向かって避けるのかバラバラだったりで

時々忙しくなる(笑)

(一応、衝突の恐れがある時のルールは)

 ・すれ違いは互いに相手が左舷側になるように

 ・互いの進路を横切る場合は、相手を右舷側に見る方に回避義務

 

大崎寺前の船着き場~岬を廻って暫くは混雑が続いた。

二本松キャンプ場を過ぎ、エリ(定置網)が見えてくると

ようやく静かに戻る。。。

27
再び、の~んびりと会話。。。

28
二人っきりでのちゃんとしたデートは、

いつ以来だ?

 

何年振り? 思い出せないね。

 

5時間半の水上お花見。

お嫁ちゃんは結構喜んでくれた様子で、すこぶる機嫌が良かった。

29
淡水だと、船体を洗う必要が無いので

撤収も楽々。

父ちゃんもお気楽上機嫌♪

で、ございました。

 

 

 

【 おまけ 】

 

未だ時間に余裕があるので

直帰はせずに、

敦賀へ寄り道。

 

博物館前の通りにあるカフェへ連れて行けと・・・

はいはい。そうですか。

41
  

で、

第3日曜日『家庭の日』で無料開放されていた博物館へ寄って、

30

31

吉継さまのおみくじを引きました。

32

33

34
『 願いごと 』

 望みが高すぎなければ叶う

(--;)だろうね。うん。

『 健康 』

 ネットをやり過ぎて目が疲れはてそうじゃ

(--;)だろうね。(笑)

 

 

近くの、晴明神社へも御参りしました。

35

36
陰陽道で有名な安倍晴明は、敦賀に住んでいた時期があったのですね。

当時の敦賀は大陸貿易の玄関口だったので、

最先端の中国の学問を求めて、京都から敦賀へ移り住んだとのこと。

37

38
中に居られた女性が、「どうぞどうぞ(^^)」と快く上げて下さって、

「初めておいでですか?」と、説明をしてくれました。

正面の祭壇の下、中央下部が開けられていて

中を覗くことが出来ます。

 

中に在るのが何と御神体!?

39
晴明が陰陽道(天文学?)の研究に使った祈念石だそうです。

40
なんぞ御利益あるかな?

 

 

高速は乗らず下道で帰路へ。

夕飯の買い物をして、夕方に帰宅。

 

良い休日でありました。(^^)

 

おしまい。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧