日記・コラム・つぶやき

2017年12月11日 (月)

プチ・トリップ

 

御陰様で仕事が途切れません。

有難い。

 

相変わらず、この週末も

土曜は休日出勤でした。

抜群の安定感を誇る低空飛行。

 

日曜、

仕事を持ち帰っていたものの、

少しは気分転換・リセットをしないと・・・ 

って、

訳で、

いつもと違うお風呂へ入りに

峠を越えて隣県へ行ってきました。

 

隣県ったって、

車で片道30分程の、極々小旅行です。

01
こんなのが置かれている道の駅に寄り、

02

03
漆器が古くからの産業である街をフラフラ。

04
塗り物のお店のおかみさんと楽しそうに談笑するお嫁ちゃんを

店の外の寒空で待ち。待ち。。。。。

散々待たせて、

何やら嬉しそうに袋を提げて出て来る彼女・・・

まぁ、

許す。

 

数え切れない程訪れている土地なので

こんな隠れキャラの場所も熟知してしまっているが

05

06
それでもやっぱ、

此れを見ると、何だか嬉しい。

思わず、

行き交う見ず知らずのカップルや女子旅の娘達に

教えてあげたくなるが、

やっぱ、

人から教えられるより

自分で発見した時の感動が良いだろうなと思い、

教えてあげない。

 

メインの通りの歩道の石畳に在るのに、

意外と気付かれないんだよね。

 

昼下がり、

貸切の温泉大浴場へ浸かり、

07
夫婦揃ってマッサージ機に揺られる。

08

09

 

早目に戻って、

学校行ってた長女を迎えに。。。

そんな

日曜日でありました。

 

 

連休とりたい。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 9日 (土)

の、為に生きる。

 

長男がまだ1歳の時、

医師から

「今、今夜が山かも知れません。

 手は尽くしていますが、ダメかもしれません

 そうなったらごめんなさい。」

そんなニュアンスの事を言われた経験が在る。

 

『今夜が山です』 なんて、

そんなドラマかなんかみたいな事、セリフ、

本当にあるんだ。 言うんだ。

と、

笑いそうになる位の事だったのを憶えている。

 

自分の内臓を切り分けてでも救いたい人がいるのに

何も出来ない。

思わず天井を仰ぐ。

そんな経験である。

 

きっとあの時、

あの医師も、相当苦しんでいたと思う。

 

どうしたら良いのか分らない、

自分に出来る事は無いのかと

どれだけ悩み苦しんでも答えが無い状況ほど、

苦しい辛いものはない。

 

自分に、

出来る事がある。

それは幸運な事だ。

 

それをやれば、

その状況が好転すると分っているのならば、

苦しい状況から抜け出せると分っているのならば、

そうすれば救われる人がいると分かっているのならば、

たとえ、

その可能性が低くても、

自分に出来る事があるのならば、

そうすれば良いだけの事である。

 

 

我が家には一時、

国の難病指定を受けた子供が二人もいた。

 

次男の時も1歳だった。

救急搬送されて、

ナースステーションのパソコンに映された写真を示しながら

先生が淡々と、

敢えて感情を押し殺すように事実だけを告げる光景が

今でも鮮明に蘇る。

 

まるでフィクションのように、

全く実感が湧かないほどの非現実的な大きな出来事で、

何も考えられず、

完全に自分の人生が止まってしまったのを憶えている。

 

それでも、

その状況を乗り越えられたのは、

あの、

長男の時、

自分に出来る事があることは幸運なんだと

分った、

知ったからだ。

 

手を尽くし調べ、

同じ病を持つ人のつてに辿り着き、

アドバイスを戴くことが出来た。

自分に何が出来るのか、

何をしなければならないのかを教えてくださる先輩に出遭う事が出来て

我が子は最良と思える治療を受ける事が出来た。

 

あの時、

親身になって相談に乗ってくれた人の顔を私は知らないが、

電話の向こうの話口、

無償の行動を厭わない雰囲気は、忘れない。

 

その方が紹介してくれた

ベテランの医師、先生も素晴らしい方だった。

私達家族の事を思い遣り、

「 この先、色々と辛いことがあるのは避けられないけど、

 時間薬が救ってくれるから、

 きっと、命があって、生きていて良かったと思えるから、

  ね。

   時間薬は万能だから、大丈夫。

    悲観して、絶望しちゃだめだよ。

     大丈夫。」

と、掛けてくださった言葉は、私の支えになっている。

 

どんなに辛いことがあっても、

『 時間薬は万能 』 100%信じて良い。

 

どんなに辛いことがあっても。

そんなもん、だからなんじゃい。

先の、未来の事を考えろよ。

 

 

 

我が子達には、

人の為に生きることが出来る、

自分以外の為に何かをすることをいとわない人間になって欲しい。

ウチの家族は、

そんな人達に助けられて今があるんだよ。

 

我が家が苦しい時、

両家の実家に支えられ、

職場からも大きな配慮を貰い、

周囲の、様々な人達の好意に甘えまくって、

迷惑掛けまくって

乗り切る事ができたんだ。

 

人は、

自分だけでは絶対に生きてゆけません。

 

仕事が忙しいくらい何だ。

自分の時間が無いくらい何だよ。

 

不平不満言う前に、

自分にやれることがあるなら

やれよ。

 

それは、幸せな事なんだ。

 

大それたことじゃなくていい。

ゴミを一つ拾うことだっていいし、

愛しい人にハグしたりチューしたりだっていい。

挨拶一つ、声掛け一つでもいい。

 

人の為にやれる事があるんなら。

 

お前は恵まれている。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 4日 (月)

しわすってる(師走ってる)

 

今日、今年最後の検査を終え、

次の検査予定は年明け1月。

相変わらずパンパンに詰め込まれた仕事量を抱えてはいるが、

差し迫った大きな危機は

一旦消えてくれた。

 

この週末は

(土曜日) 仕事 で、

(日曜日) は、資格試験。 昨年失敗したヤツの再挑戦だった。

のだが、

連日の残業で先週末も休み無し。

心身共にキツイ生活が続く中で、

何の準備も出来ずに試験日を迎えてしまった。

前夜やっと工具の確認をし、

少しは何かをしなきゃな・・・と、1時間程例題集を眺めた程度。

受験票に貼る証明写真を

前日仕事帰りにようやく撮りに寄っている有様なのだから、

何もかもがギリギリ過ぎる。

 

昨年も似たような感じだったと思うが、

年に1回しか無い試験が、

よりによって、毎年繁忙を極める12月と決まっているので

全くもって、どもならん。

 

とにかく時間が無い。

気力の維持が大変。

 

 

北陸だけでも

おそらく数百~1000人以上の受験者がいると思われる国家試験だが、

会場へ入ってみると

どう見ても私が一番の年長者。(--;)

最近益々 「資格!資格!」 の風潮が強く

実業系の学校では、授業カリキュラム自体が

資格取得を主眼として組まれている為か、

受験者の殆どが高校生や専門、大学生っぽい若者ばかりだ。

 

周囲からは、

『 うわぁ、おっさん。 』

とか、思われているんだろうか・・・。(T-T;)

 

彼等と私では、受験へ向けてのアプローチが全く違う。

時間もふんだんに在って、ちゃんと教えてくれる先生もいて、

そこへ向かって一直線に取り組める学生と違い、

私こと 『 おっさん 』 は、

受験勉強ではなく、長年の実務の中で積み上げた経験と知識で

それに臨む。

 

昨年、試験後に書かれた日記には、

以下の様にある。

 

~~~~~~~~~~~~~~~

〈 以下、一部中略、抜粋 〉

 

普段通りを心掛けて、

落ち着いて臨めば、まず大丈夫だろうと、

慢心していたのだろう。

段取りの節目節目で、何度も確認を重ねながら、

間違えない事を最優先に進めていた。

難解な部分から先にやっつけて、

後は、簡単な部分を二手順やれば終わる段階。

もう、2~3分で終われる状況で、

まさかの終了アナウンス。

『 いつも通りならば大丈夫 』 と言い聞かせ過ぎていて、

一度も、時計を見なかったのである。

試験場には時計が無く、

持参の腕時計は、作業台の隅に置いてあった。

茫然自失。

自信喪失。

アホか俺。

 

~~~~~~~~~~~~~~~

 

故に今年は、

ちゃんと持参の腕時計をチェックしながら作業をしました。

それでもやはり、時間的には結構ギリギリで、

熟考や手直しをしながらでは

絶対に間に合わないだろうなと思える試験問題・内容だった。

一応、作業は完遂できたものの、

仕事としてはかなり雑。

見直しの余裕は無く、

間違いやミスが無い自信もない。

 

あとは野となれ山となれ。 

結果発表は来年である。

 

 

ウチのお嫁ちゃんもそうだが、

緊張する程の大きな受験は、運転免許証の試験が人生で最後

なんて人も意外に多いのだろう。

 

私は、学校の学科が今とは全く畑違いだったので、

今の仕事に必要な資格は社会人になってから勉強して取得した。

人と比べれば、

少々遠回りな人生を生きているのかもしれないが、

『 お勉強 』 ではなく 『 実務 』 で身に着けて進んできた。

自分が 「 必要だ 」 と感じたから、必要な資格を取る。

飾りや肩書じゃないんだ。

同じ国家資格でも、

学校出だちのアンちゃんが持つ紙っぺら1枚と、

現場で揉まれて色々知ってるオッサンが手にする資格証とは、

重みが違うんだ。

 

とは言え、

この歳になっての勉強は、

辛いなぁ。。。ホントに。 気力の維持がなぁ。。。

 

本来その重みがあるべき紙を手にする事が出来た若者には、

是非、将来、

ウチの業界へ進んで、

その重みを背負う人間になって

存分に働いて欲しいなぁ。

とにかく、今のニッポンの現場は、人材不足なんだよ。深刻な。

偉そうな人がいくら能書き垂れたって、

学者が理論を述べたって、

現場がそれを形に出来なきゃ、何にも実現しないんだ。

現場で汗して働くことを、その人々を、

尊い大切な事なんだって、

政治家さんや先生達よ、ね、頼むよ。

 

効率化?

AI?

そんなもんじゃカバー出来ない現場を

俺は嫌と言う程知っている。

 

理不尽な事や文句にも耐えて、

ボコボコに凹まされて、

逃げ出したくなるような場面を乗り越えて、

色々経験して、

現場のオッサンは、

生き残っていくんだ。

 

どれだけ 『 お勉強 』 したって、

そんな現場で頼りになる人はね、育たないんだよ。

 

屁みたいなカッコつけのプライドもどきは要らない。  

大切なのは、

そんな事でへこたれず前を向ける人間力。

 

 

 

試験場に駐車場が無いので、

今回もお嫁ちゃんが送迎をしてくれた。

試験終了後、

雑貨屋さんで待ち時間を使っていたお嫁ちゃんと合流。

ぐったりと疲れた私は助手席に乗り、

彼女が調べておいてくれたインド料理屋へ。

 

結果に自信は無いが、

何はともあれ、とりあえず終わった。

やれやれ・・・

思わず、ジョッキのビールを頼んでしまった。

00
で、私は、

噛み締める程に味の出る

骨付きマトンのタンドリー焼きが付いたセット。

01
あ、

例の如く、

お嫁ちゃんには末っ子がオマケで付いて来ていますので、

デートっぽくはなれません。

 

食後は、行列に並んでメロンパンを買い(私は車中で待ち)

ショッピングモールへ移動。

お嫁ちゃんのお買いものが済むまで

男子二人は退屈ぐるぐる散歩。。。いつもの感じです。

 

帰路、

向かう西の空には

幻日?彩雲?が、ずーっと見えていました。

02
何か良い事あるか、な。

 

運転手の彼女に

夕方の空港へ寄ってもらい

暫し、久々の

深呼吸するような時間を過ごしました。

03
私にとっては、

貴重な、嬉しい癒しの時間。

 

日曜午後~夕方は、

アゼルバイジャンのSWW(シルクウェイウェスト航空)

が来ている可能性が高い。(貨物機)

丁度積み荷を終えて、ハッチが閉じられるところだった。^^♪

 

トラクターに押されてエプロン前方へ出されると

その大きさ、美しさが際立ちます。

05
発着の少ないド田舎空港なので、

上手い時間に合わないと退屈でしょうがないのだが、

まずまず。^^

願ったり叶ったりのタイミングでした。

06

07
飛行場の広大な敷地の向こうに

大好きな白山が雄大に裾野を広げているのが眺められるのも

此処が好きな理由の一つ。

08
雪を頂く冬は、尚善し。

その山並の前を、

飛行機が飛び立って行く。

09

11

離陸滑走に入ってエンジンが高鳴るあの感じ

~クイと機種を上げ、機体が浮くあの感じ。いいよね。

12
夕暮れへと向かう束の間、僅かな間でしたが、

贅沢な心持ちになれました。

 

 

夕飯のお買い物を済ませ(父ちゃんは車内待機)

最後の最後に、

この公園へ寄ってもらった。

15
駐車場は満車で、出入りが引っ切り無し。

多くの方々で賑わっていて、

楽しんでいただけている様子で、

13

(今年MAXの『スーパームーン』だそう。

 良い位置に月が昇ってきてくれていた。^^)

14
喜びと、安堵でした。

 

 

仕事って、

嫌な事も、喜びも、

色々あります。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月23日 (木)

一息

01

02

03
先日の週末は休みがありませんでした。

仕事ばっかりしています。

04
先週から今週頭に掛けて、大きな検査が立て続けにありましたが

無事に乗り切る事が出来ました。

昨晩、

これも懸案だった

公園の仕事が総合試運転を終えて、

安堵の雰囲気を味わっています。

 

とはいえ、目の前の事が片付いたというだけの事で、

少しだけ、楽になった気がしているだけ。。。

まだまだ続きます。

まだまだ、やらねばならぬ事が山盛り。

05

06

今日は思い切って休みましたが、

この週末はまた無休になりそう。

 

辟易とする様な延々の残業生活が

いつ以来か思い出せない程続いている。

慢性的な寝不足とストレスで

体調はすこぶる悪い。

運動不足、中年太り、

アルコール摂取過多。

 

今年の忙しさは異常。

入社以来二十数年で

初の事態と言っても過言ではない。

嬉しい悲鳴も度が過ぎると

単なる悲鳴・・・すら通り越している感じ。

 

社内のメンバーも、

大病病み上がりで体調が悪い中であったり、

赤ん坊がいる若夫婦で

家庭に居る時間がもっと欲しいであろう状況であったり、

皆其々ありながらも、

よく堪えて頑張っている。

今は、一人でも欠けたらアウトだ。

 

 

辛いのは確かに辛いが、 

不平不満愚痴は限が無い。

それよりも先ず、

忙しく働けるという状況を、

本当に在り難い喜ぶべき事だと思いたい。

 

思春期育ち盛りの胃袋を三人分、

受験生が居て、

今後益々家族にどんどんとお金が掛かる状況を

賄わなければならない。

仕事が忙しい事に

何の不満があろうか。  

 

07
とにかく時間が無い上に

土壇場での変更が連発されたりして

頭の中はキレ気味だったが、

とにかく、やらなきゃ終わらないので、

当日ギリギリまで

飯を食う間も惜しんでのプログラム変更、調整。

 

あー雨降ってきた。。。冷える冷える。。。

 

打合せの段階で

紙の上のイメージや話の内容なんて曖昧なもので、

ちゃんとした完成形が分ってくるのは

工期終盤になってから。

実際に目の前で見られる様になって、

今更!?って段階になってから

あれやこれやと注文を付け始めるというのが、

この種の仕事ではよくある事。

分ってはいるが、

『 こっちの身にもならんかい。

 口で言うのは簡単なんじゃい。』

と、いつも思う。

 

照明の演出の方と、

「時間があればもっと良い仕事ができるのにねぇ。」

と、愚痴をこぼしあった。

08
もっと手を入れたいが、

もう無理。身体は一つ。

自分としてはかなり不本意なレベルで時間切れとなってしまった。

09

10

11

12

13

 

こんな壁には、

14
プロジェクションマッピングの演出も。

15
明日、セレモニーがあって

オープンだそうです。

  

 

先週は、

復元工事中で公開前の、

こんな櫓の現場へ入れてもらう機会がありました。

16

17
現場系の仕事に就いていると、

時々こんな役得が回ってきます。

18

19
  

まいにち頑張って働いていたら、

こんな御褒美も戴けました。

20
日本酒ですな。(*^^*)

21
  

 

前回の休日は、

午前中にオイル交換へ行き、

23
午後からは末っ子と日帰り温泉へ。

24
いつもの様に、

宿泊客がチェックアウトした後の時間帯なので

ガラ空きの貸切です。

25
で、

無料マッサージ機。

26
夜は長女のお誕生会でした。

27

28

 

お店のトイレに、

こんなものが貼ってあった。

29

  

ず~~~っと、

連休がとれていません。

 

1日だけの休みは

あっという間に終わります。

 

ゆっくりしたい。

 

何もしたくない。

 

明日からまた、

頑張って働きます。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 9日 (木)

そして、今週も。。。

この間の週末、

世間様は三連休だったようだが、

私は、

(金)(文化の日・祝)仕事・残業

(土)仕事

抜群の安定感だ。

 

貴重な休日となった日曜日は

お嫁ちゃんの希望により、

ヘロヘロの老体に鞭入れて

お買い物の運転手。

Dsc_0005

色々な食材から衣料、家電、アウトドア用品まで

様々な品物が並ぶが、

コレといって物欲の無い私は

この180円が楽しみ♪

Dsc_0006
値段の安さ以上に、

何気に、

美味しいよね。

タマネギとマスタードと、ザワークラウトのトッピングたっぷりで♪♪♪

酸味の強いケチャップも美味しい。

飲料の好みが合わないんだけど・・・そこは仕方が無い

分り易いステレオタイプなアメリカンな感じね。。。

 

満足?

はい。帰ろ。帰ろ。

Dsc_0009

  

帰路、

立ち寄り温泉に入って、

マッサージ機に揺られてから

帰りました。

Dsc_0011
あっという間に、

お休み

おしまい。

 

でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月29日 (日)

今週も

土曜は仕事。

休日出勤なんて、もう何とも思わない。

持ち帰ってだって仕事をする。

気分転換がヘタクソで余裕が無い自分も悪いだろうが、

仕事と休みの境目が無い。

 

そうしなければならない程の状況なのだから、

そうしなければならない。

 

日々のストレスや、先々の心配が

尽きることがない。

 

 

紅葉が見頃なようだが、

山へ歩きにゆく時間が無い。

 

自転車乗る気力も湧かない。

 

その為の体力も、

とうに無くなった。

 

 

おっさん化を責められたって、

体型に文句言われたって、

家庭の事何にもしなくたって、

そんなもん

どうもならんのじゃ。

 

 

ネガティブなこと

この上ない日々。

 

 

父親不在?

あほう、

世の中のお父さんはみんな、

家族からは見えない場所で、

そうやって家庭を守る責任を果たしているんだよ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月22日 (日)

二十周年

先週も今週も、土曜は仕事。 休みは日曜だけでした。

 

先週末は

お嫁ちゃんが友人とお泊り旅行へ出掛けちゃったので、

01

02
父ちゃんが主夫だった。

まあ、

御土産買ってきてくれたので、良し。

03
  

この日曜日は、ゆっくりと朝寝。

目覚めたら、

学校へ行く子供の送り迎えや朝食の世話を済ませたお嫁ちゃんが

ようやく一息ついて、新聞に目を通しているところでした。

 

結婚記念日が近いので

本当ならばゴチソウでも食べに行こうよと相談していたのですが、

多忙な日々で充分な段取りが出来ず、

予定の確約も難しいものだから

予約を入れられずに週末を迎えてしまった。

 

お嫁ちゃんが

足羽山デッキのモーニングへ行きたいと言うので、

遅めの朝食をとりに出る。

04
台風が近付いていて、雨の朝。

店内には、我々以外は二組しか居らず、

とても落ち着いて過ごす事ができました。

05
あ、いつもの様に、

末っ子がオマケで着いて来ています。

 

ゆったりと食事を終えたら、

程近い神社へ。

06
私達夫婦が式を挙げたお宮さんです。

今年で満二十年なので、お礼参りに伺いました。

 

と・・・・ (^^)

あら、

奇しくも、

若いお二人が

式の真っ只中でした。

07
何だか、

不思議な感じ。。。

 

厳かな雰囲気に水を差しては申し訳ないので、

拝殿の外で待ちます。

08
幸せの時間をおすそ分けして頂いているみたいで、

悪くない待ち時間。

09
式が終わり、

集合写真を撮り終えるまで待ちました。

あの写真屋さん、ほんのりと記憶に在る。

おそらく、20年前、私達の集合写真を撮ってくださったのも同じ方だ。

今は、お年を召された御主人はサポートに回っていて、

娘さんかな?と思われる女性がシャッターを切っていました。

 

人が引き、

空気が緩んだ拝殿で、

少々長い御参り。

 

感謝。

感謝。

です。

あ、

そう言えば、

大きな節目なのに

何ぁ~んにも無し・・・(^^;)

え、えーーーっと・・・    

  • 1周年:紙婚式
  • 2周年:藁婚式、綿婚式
  • 3周年:革婚式、糖果婚式
  • 4周年:花婚式、(絹婚式)、皮婚式(皮革婚式)、書籍婚式
  • 5周年:木婚式
  • 6周年:鉄婚式
  • 7周年:銅婚式
  • 8周年:青銅婚式、ゴム婚式、電気器具婚式
  • 9周年:陶器婚式
  • 10周年:アルミ婚式、錫婚式
  • 11周年:鋼鉄婚式
  • 12周年:絹婚式、亜麻婚式
  • 13周年:レース婚式
  • 14周年:象牙婚式
  • 15周年:水晶婚式
  • 20周年:磁気婚式、陶器婚式
  •  
  • 大きな節目なのに?(^^;)焼き物?
  • 茶碗でも買う?
  •  
  • 25周年:銀婚式
  • 30周年:真珠婚式
  • 35周年:珊瑚婚式
  • 40周年:ルビー婚式
  • 45周年:サファイア婚式
  • 50周年:金婚式
  • 55周年:エメラルド婚式
  • 60周年:ダイヤモンド婚式
  • 75周年:プラチナ婚式
  • 次からは何だかお金が掛かりそうだな。。。^^;;;

     

     

    御参り後は、

    投票して帰りました。

    10
      

    結婚生活は、

    何も特別なものじゃなくって、

    日々、わずらわしい日常の積み重ねです。

    日々の暮らしがちゃんとあることが、

    在り難いです。

     

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2017年10月 9日 (月)

    秋深まる

    01

    土曜日は、お嫁ちゃんが友人達とお出掛けだったので、

    私が家守。主夫をしたり仕事をしたりでした。

    まあ、主夫ったって、

    子供に飯食わせたり、駅への送迎程度ですが。

    02

     

    日曜日は、

    お嫁ちゃんのリクエストでお出掛け。

    03
    お気に入りを逃さない為には

    早い時間じゃなきゃダメだからと、

    普通に早起きして、オープン時間の30分前に到着。

     

    彼女は様々な手工芸品を見て回るのが目的ですが、

    私は散歩がメイン。

    04
    静かな、森の奥の方へ。

    05
    あまり人が来ないエリアへと歩いて、

    目立たぬカフェを訪ねましたが・・・

    06
    あれまぁ。

    07
    また今度。

    08

     

    クヌギなど、ドングリの木が多い森。

    この辺りを歩いていると、

    里山から薪を調達していた時代の名残で、

    何度も切られては成長を繰り返した、特徴的な姿の広葉樹が

    ちらほらと見られます。

    上へ伸びている幹に比べて、根元がやたらゴッツイ。

    08a_2
    (↑こんな感じのヤツ↑)

    伐採 → やがて切り株から生えたひこばえが成長

     → 数十年後に、利用できる太さになったらまた切って利用

      → 再びひこばえが出て再生

    のサイクルで成り立っていた時代、此処は瓦の産地だった。

    09

    10
    へ~~~ 北海道にまで福井の瓦が。

     

    お昼御飯は

    イベント会場で買ったお弁当。

    11

    12
      

    彼女はちゃんと、戦利品をゲットできた様です。

    13

    14
      

    穏やかな休日。

    15
    は、あっという間に終わり、

    祝日の月曜は、休日出勤でした。

     

    今週末の日記、

    おしまい。

     

     

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2017年9月23日 (土)

    この間の休み

    台風が来ていましたね。
    Dsc_0001

    天気が悪い休日は

    どうせ外遊びは出来ないので、

    ゆ~~~っくりと過ごす事ができます。

    この日も、学校へ行く長女を駅まで送り

    そのまま夫婦で喫茶店のモーニングへ。

     

    台風は、私が住まう場所では

    東側近くを通過して行ったので、

    進行速度と左巻きの風が上手い具合に相殺されて

    とても静かでした。

    職場では、製作途上の製品で作業場が埋まっているので

    強風で窓が割れたりした場合なども考えて

    色々と移動させたり、シートで覆ったりと、

    備えて迎えた週末でしたが

    雨も思った程ではなく、一安心。

     

    明けた朝も、カフェのモーニング。

    トーストとゆで卵食べた後に

    こんなのまで食べてしまった。。。

    Dsc_0002
    そんなんだからボヨンボヨンのお腹になっちゃうんだよな。。。

     

    最近、身も心も疲れ切っているので、

    『食べる』『飲む』 という手っ取り早い行為は

    とても貴重な癒しになるのです。

     

    先日の土曜は休日出勤。

    Dsc_0005
    とある企業のバックヤードで現場作業でした。

    順調に終えることが出来、

    職場も定時で上がって、お嫁ちゃんへ電話を一本。

    慌てて帰宅したら、シャワーを浴びて

    家族全員で夕飯を食べに出ます。

     

    長男君のお誕生日会。^^

    Dsc_0006
    いつもなら 「 肉食べたい!」 と言う男が、

    今回は何故か?ピザをリクエスト。

    Dsc_0007
    三国のいつものお店へ電話して、空いているか確認し

    飛んできました。

    無事、本人が望むお誕生日のお祝いが出来て良かった。

     

    が、

    長男長女が、店員さんが注文を取っているのに

    ずーっとスマホをいじっていて、

    ちゃんとした受け答えをしなかったので

    マジな説教をくれてやりました。

    勿論、

    店員さんがはけた後に、

    周囲のお客さんへ迷惑にならない様、

    押し殺した声と眼にMAXな怒りを込めて。

     

    逆の立場になれば簡単に分る事です。

    会話もちゃんと出来ないなんて態度が失礼な上に、

    その期に及んで注文内容がふらつくなど、

    忙しく動く店員さんのスムーズな業務を邪魔して

    大切な時間を奪っているのだということを

    分かりなさい。

    何で母ちゃんが通訳に入って店員さんに謝らなきゃならんのだ。

    注文って、人に何かを頼むんだぜ、

    「〇〇をお願いします。」 って伝えるのが当たり前だろう。

    そんな、常識的な立ち居振る舞いが出来ない内は、

    まだまだガキだ。

    一人前の扱いはしてやらん。

     

    店の奥に大きな窯が在って、

    ガラス越しにマスターの調理姿が見られます。

    ピザ窯で焼いて供された甘エビが、

    殻も丸々食べられて超々美味でした。

    味噌の濃厚さと殻の香ばしさが相まって、

    頭が特にたまらない♪(*^o^*)

    ビールと白ワインをおいしく頂きました♪

     

    Dsc_0008
    デザートで〆て、満腹♪満足♪

     

    あ、

    長男のお祝いだった・・・っけ。

     

     

    お嫁ちゃんの運転で帰宅。

    途中、ドラッグストアへ寄ってもらい

    酒を買い足し。

     

    明日は起きられるか・・・?

     

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2017年9月 3日 (日)

    週末

    01
    外遊びには全く不向きな気圧配置だったので、

    土曜日は心置きなく休日出勤。

    02
    中々目途が立たず、もう一日頑張ろうかと悩んだが・・・

    日曜は休んだ。

     

    とはいえ、

    今日も強風収まらず。。。 冬型?

    03
    心置きなく、、、

    アクティブな遊びは諦めて

    お嫁ちゃんとデート。

     

    例の如く、末っ子がオマケでついてきた。

     

     

    04
    諦め悪く、海へ来てんじゃん(^^;)

    偶にはこんな空気吸わないとね。

     

    丸岡藩の砲台跡を散歩。

    05
    ペリーの艦隊が浦賀へ現れる前年に築かれている。

    いわゆる 『 お台場 』 だね。

    東京の品川台場と同時期のものです。

    こうした史跡は全国各地にあるものの、

    此処丸岡藩砲台のように

    現在までほぼ完全な形で残っているものは極めて少なく、

    大変貴重なんだそうです。

     

    石垣の狭間(さま)は、砲眼(ほうがん)と言うらしい。

    06
      

    岩の隙間に、

    秋らしい紫色の花が咲いていました。

    07

    花姿はキク科ですが、

    葉っぱはマメ科の海浜植物みたいな雰囲気です。

    08
    名前わかりません。

     

    岩場へ下りたりして

    暫し散策を楽しみました。

    09
    こんな日に小舟は出せんな。。。

     

    その後は、

    少々冷えた身体を足湯で温めたり、

    10

     

    ねじりまんぽのトンネル眺めたり、

    11
      

    カルナでジェラート食べたり、

    12
    みかん、イチジク、オマケの一口はメロン。

    ここは、おまけの一口というサービスがあるので、

    ダブルで頼んでも、結局三種類の味が楽しめます。^^

     

    街中散策。

    お嫁ちゃんはガラスのショップで何やら注文。

    私は、

    ちらりとしか見られなかった盆栽の専門店がとっても気になる。

    Dsc_0001_2
      

    お昼御飯は、

    雄島近くの、ここ。

    13
    お嫁ちゃんと末っ子は刺身のランチ。

    私は真イカのランチセットにしました。

    14
    味噌汁は赤だし。茶碗蒸し、お漬物、もずく酢、

    刺身とソテーのイカ。食後にコーヒー。

    大変美味。^^ 満足。

     

    窓の外は

    こんな風景でした。

    15
      

    イイ感じにお腹が膨れたら、

    日帰り入浴へ立ち寄り。

    16

    泊り客がチェックインし始める前の時間だと

    スカスカで貸し切りだし、

    大浴場・露天風呂の温泉につかって、

    マンガ部屋やパソコンやマッサージ機も無料で、

    これで500円は安い。

     

    但し、

    館内で買う酒は高いんだケド。。。(--;)2本飲んじゃったョ。

     

     

    夫婦揃って

    ゆるゆる。

    17_2
    ぼよんぼよん。

     

    そんな感じで、

    三国~あわらを徘徊した日曜日でした。

     

    おしまい。

     

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    より以前の記事一覧