家族の時間

2018年2月 7日 (水)

今朝 ~ 先週

朝食をとりながら見ていたテレビのニュースでは、

福井市内で、昨晩から6cmのアップだと言っていたので、

『 その程度なら余裕だな 』 と思っていたのだが、

玄関出てみたら・・・

01
あれ?(++) 30cm以上は増えてるんで?

福井市よりも北部が降ったみたい。

02
道無くなってるし。。。

付近から重機の音も聞こえないし、

当分除雪がやって来る気配は無い。

 

「止め、止め。」

03
職場のメンバーへ電話して、

今日はとりあえず自宅待機と決定。

13日には検査を受けなければならない製品が

いまだ未完成で工場にあり、準備が全然出来ていないので

休んでいる場合ではないのだが

こりゃぁ、どもならん。

 

 

昨日は、

気合の5時行動開始で

始業時間30分前には職場付近に到着したものの、

未だ周辺の市道に除雪が入っておらず、到達不能。

近所のレストランの御主人の好意で車を一時置かせてもらい、

膝上ラッセルで進んだ。

 

この積雪量。

04
社屋前の除雪や、社用車の掘り出しが大仕事。

本業には全然手が付けられず、

様々な予定が狂いまくり。

 

ようやく除雪が入ってくれたのは

昼過ぎになってからでした。

05gif
  

帰宅の道路事情も考え、

思い切って

定時前の夕方4時で切り上げて 「帰ろう!」

06
ヘロヘロで帰宅しました。

 

で、

今日は自宅から出られず、、、

仕事がピンチです。

 

 

 

先日の週末(土)は休日出勤でしたが、

(日)はお休み。

街の昔ながらの銭湯へ行き、

07
ちょっとだけ息抜。

08
『長生きしたけりゃ銭湯だぜ!!』(笑)

  

湯上り後は

足裏マッサージしながら・・・ゆるゆる。。。

09
夜は、少々日にちが過ぎてしまいましたが

末っ子のお誕生会でした。

10

大ジョッキカンペー

11

13

 

先週は、娘の私大受験などあり、

慌しい朝が続きました。

14
寝不足の日々。

朝、お空の眺めが 微かな癒し。

15

16
  

雪のお陰で

今日はゆっくり過ごしていますが、

その分の仕事が後ろへ圧縮されてゆく。

また週末が消えちゃうなぁ。。。

 

いつになったら連休とれるんだろう。

 

心から、

ゆっくりしたい。

  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月30日 (火)

休み

(土)は休日出勤だったが、

頑張って午前中で目途をつけた。

PM3時前には帰宅。  

翌(日)曜は予定が無い。

超々久々の、

休日がやってきた。

 

取敢えず

仕事帰りに酒を買い込み、

帰宅後は

翌日を気にせず

心ゆくまで酔った。

ネットでドラマか何か見ていたのだが、

就寝までの記憶は不明瞭である。

 

日々の殆どが残業生活で帰宅が慢性的に遅い父ちゃんは

お嫁ちゃんとは生活リズムが全く合わず、

(母親は寝る間際まで家事があり、その上朝が早い。

 父は、深夜しか自分の時間が無く、

  朝は出来るだけギリギリまで寝ていたい。)

別々の部屋、別々の時間軸で寝起きしているのだが、

連休がとれれば

少しは家族と一緒のリズムになることが出来る。

 

日曜は、

キッチンの隣室に在る

お嫁ちゃんの布団で目覚めた。

 

台所のPCの前で泥酔してしまい、

自分の寝室が在る二階へ上がることが出来なかったのである。

時々・・・ よくあることだ。

 

朝方気付いたが

二度寝をして、

遅めの起床。

 

せっかくなので、

デートに出掛けた。

 

和食のランチを戴き、

01

02
昼下がりの温泉旅館で

03
ゆったりと過ごしました。

 

バレンタインには少々早いが

パティスリーを2軒はしごして、

04
少し散在。

 

1軒目はお嫁ちゃんが、

2軒目は父ちゃんが、お支払い。

 

好きなの選んで。^^ 10コまで。

Image

 

休み。

あっという間におしまい。

 

でした。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日)

正月休み終わり

00
仕事始めの出勤日から帰宅すると、

世間一般的には三連休が始まる暦。

まだまだ正月気分が続く雰囲気です。

 

が、受験生の長女には、

正月も休みも関係無し。

休み中も連日学校へと行く娘を、

送るついでに、

お嫁ちゃんと一緒に出掛ける。

休み、時間は貴重だ。

 

妻の希望により

石川県の小松方面へ行く事が決まっていたので、

坂井平野を北上し

県境を越える。

 

前に、

ちょいと寄り道。

 

時間的な組み立てに無理が無い限りは、

私は基本下道移動。

寄り道道草が好きなんです。

 

『 時は金なり 』

確かに時間は大切だけど、

単純に効率を追求して 『 早くやれ 』 って意味だけではない。

仕事の場や、損得の判断基準においては、

効率が正義で、早い方が儲けられるって事象は多いが、

人生は、損得や勝負だけで出来ている訳ではないので、

急ぐだけでは、

豊かになれない。

 

急いでいる時も、それ以外の時も、

限られた時間を無駄にせず如何に意味あるように使うか。

その辺の 『 オマケ 』

オプションを上手くプラスできるかどうかが、

私にとっては大切な事。

なんです。

 

一番良い時間の使い方は、

好奇心を満たすこと。

 

この日は、

北の隣県へ向かう道すがら

細呂木から国道8号線へ合流する

山間の田園風景の中に在る、

こんなトコへ寄り道。

01
細長い谷の様な地形の中を流れる川に沿った県道をゆくと、

脇道から川向こうへと

車一台がやっと通れるような

コンクリート製の細い橋が架かっており、

その向こうに大きな木が見えます。

001
沢地区の、春日神社参道の大杉。

自転車で方々へ走っていた頃から気になっていたいた場所ですが、

自転車のツーリングでは、安全の観点からも

幹線国道を避けるのが定石で、

8号線での県境越えをコースに取り入れる事は在り得なかったので、

北潟湖沿いに走って

吉崎から大聖寺へと抜けるのが定番でした。

車では過去何度も通り過ぎていた場所ですが、

ちゃんと足を止めたのは今回が初めてです。

コンクリート橋の上まで車を進めましたが、

橋を渡る手前で 『 コリャあかん 』 と思い、後退。

あの枝の下は、車でくぐれない(笑)

02
案内看板によると、

春日神社として祀られたのは1110年。

Np907826
2018 - 1110 = 908

この杉の木は樹齢900年以上とのことなので

神社が先か杉の木が先かと言えば、

計算上の数字的には神社が先だけど、

おそらく木が先?微妙(^^;)

土地のシンボル的な木を南に見下ろす場所に村社を構えたのかなぁ?

などと想像。。。

04
いずれにしても、

平安時代から生きている存在。

凄いよね。

03
あ、例の如く、夫婦二人っきりのデートではなく、

末っ子がオマケでついてきています。

『末っ子』とは言え、もう中3なので

お母さんの背を追い越している。

 

今回は社殿へは参っていないので、

いつかちゃんと参拝したいなぁ・・・ と、思いつつ

小松のショッピングモールまで車を走らせ、

お嫁ちゃんのお買い物につきあいました。

05
私は三連休ではない。

成人の日の明日は、仕事でーす。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 3日 (水)

大晦日 ~ 迎春

 

例年通り、

一年の締め括りは家族揃って岐阜の実家へ移動です。

 

道中、長浜へちょいと寄り道。

01
大通寺の門前町に在るチョコレート屋さんへ。

02
(深夜、年が明けてからお酒と一緒にいただきました。*^^* 美味♪)

03
  

夕方には実家へ到着し、

夜は三世代11人揃っての宴会。

いつもの年越しの光景です。

 

紅白歌合戦が終わったら身支度を始め、

除夜の鐘を聴きながら家族で夜道を歩き、

近所のお宮さんへと向かいます。

04
幼き頃から、境内で

虫採りやザリガニ釣り、かくれんぼから三角ベースまで、

毎日のように友達達と日が暮れるまで遊んだ

想い出いっぱいの場所です。

05
お正月だけは

普段は入ることの出来ない拝殿の奥が開放されます。

(実は、子供の頃には

 大人にナイショのルートで潜り込んだりしてました(笑)

 昔の木造建築は、板をずらしたり外したりが出来る箇所があったりして、

 子供が身体を入れられる秘密の隙間が作れたんです。

 縁の下潜ったり、屋根登ったり、随分好き放題させていただきましたが、

 バチが当った憶えはありません。子供には寛容な優しい神様なのでしょうね。)

本殿前の左右両柱には龍の彫り物が巻き付いていて、

これにまつわる民話が昔から語り継がれています。

元寇の際は朝廷の使者が、

戦国時代の永禄年間には織田信長が戦勝祈願を行なっており、

社殿の瓦や幕には、寄進を受けた織田木瓜が施されています。

06

07
本殿の前まで進んで、新年の御挨拶。

産土神は土地の守護神ですが、

生まれる前から死んだ後まで、更に

他所に移住したとしても一生を通じ護ってくださる存在だそうです。

毎年、こちらへの初詣が済むと

何だか安心した心持ちになります。

 

複数在る境内社も

本殿に近い方から順に御参りして巡ってゆき、

最期は大鳥居脇の弘法堂へと御参りするまでが一連。

08
いつも通り。

 

無事、神仏への新年挨拶を終えたら、

振舞いの甘酒を戴きながら火にあたります。

09

10

今年も、穏やかな良い正月だ。。。

良い一年になりますように。

 

再び暗い夜道を歩いて戻り、

家の神棚に参って、

父(じいちゃん)がお参りの際持参してきたお下がり(御神酒)を一口頂いて、

年越しのルーティンが終わります。

「今年も宜しく~」

皆それぞれの時間へ。

子供達は賑やかに夜更かし。

私は、甘いもの食べたりしながら酔い続け。。。

 

1月1日はそんな感じなので、

この家では元旦の朝食がありません。

皆ゆ~~~っくりと朝寝をして、

再び家族が揃って食卓を囲むのはお昼。

ここでようやく、おせち料理・雑煮が登場します。

 

今年も、

食べ過ぎ食べ過ぎ。。。の正月。。。

あ、飲み過ぎ。。。。。

 

 

さて、

例年ならば元日は

市中心部の金華山の麓に在る伊奈波神社へ初詣に出掛けていましたが、

とにかく物凄い人出なので・・・

受験生の長女が(家族も)風邪を拾っちゃったら困る。

今年は方角を変えて、少々山の奥の方へと車を走らせました。

11
たにぐみさん(谷汲山華厳寺)へ。

市街地からは結構な距離があるので

人は少なかろうと思ったのですが・・・

12
あれまぁ(^^;)

 

おまけに、山際は時雨模様で

13
拝殿へは入場制限などもあって、寒い辛抱の時間となってしまいました。

14

 

此処たにぐみさんは、西国三十三所巡りの最後の札所。

『 満願霊場 』 と呼ばれる場所です。

娘の願いも、どうか結願しますように。

15
常香炉から立ち上る煙を、娘の頭に掛けまくりました。

 

そうそう、ここへ来たら

ちゃんと鯉をなでなでしなきゃ。

16
なんでだか、そんな慣わし。

何度も何度も来ている場所だと尚更、『お約束』を外すと気持ち悪いから。

 

さてさて・・・

年の初めの、

17
うむ。

18
ちいさい吉だったけど、書かれていたお言葉は中々悪くなかった。^^

今年もがんばります。

 

昔は、市街地から山奥の参道入り口まで線路が繋がっていて、

今も終着駅が保存されています。

19
懐かしいチンチン電車。

20
そうそう、私が子供の頃は、

まだこの板張りの車両があったなぁ。

21
昔の岐阜の街は、路面電車にこの赤いのが走っていました。

22
  

たにぐみさんの参道には、

お土産屋さんや、昔ながらの旅館や食堂も数多くあって、

風情がありますよ。

23
  

夜はまた御馳走。宴会(*^o^*)

 

 

今年も良い郷帰りができました。

福井へ戻る日は、

なんぐうさん(南宮大社)へ参るのがお約束。

24

25

26

今日も小雨の中御参りして、

27
長女は絵馬に祈願。

(父)「絶対に落ちんよう、がっちがちに結んどけ!」

(娘)「外す人が困るやろ。」

おいおい、(^^;)そんな事心配するより、

それくらいの強い気持ちで臨めって。

 

父は、

何気に『小さい吉』が不本意だったらしく、

ここでも。

28
『 小 』 が 『 末 』 になった。(T-T)

こ、小舟危き!

 

はい。

心してがんばりまっす。

 

 

門前で八丁味噌のおでんを食べて

29
うん。やっぱこれやな。

 

北陸へと戻りました。

 

 

例年通り、

良い迎春です。

 

本年も、

宜しくお願い申し上げます。

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年12月11日 (月)

プチ・トリップ

 

御陰様で仕事が途切れません。

有難い。

 

相変わらず、この週末も

土曜は休日出勤でした。

抜群の安定感を誇る低空飛行。

 

日曜、

仕事を持ち帰っていたものの、

少しは気分転換・リセットをしないと・・・ 

って、

訳で、

いつもと違うお風呂へ入りに

峠を越えて隣県へ行ってきました。

 

隣県ったって、

車で片道30分程の、極々小旅行です。

01
こんなのが置かれている道の駅に寄り、

02

03
漆器が古くからの産業である街をフラフラ。

04
塗り物のお店のおかみさんと楽しそうに談笑するお嫁ちゃんを

店の外の寒空で待ち。待ち。。。。。

散々待たせて、

何やら嬉しそうに袋を提げて出て来る彼女・・・

まぁ、

許す。

 

数え切れない程訪れている土地なので

こんな隠れキャラの場所も熟知してしまっているが

05

06
それでもやっぱ、

此れを見ると、何だか嬉しい。

思わず、

行き交う見ず知らずのカップルや女子旅の娘達に

教えてあげたくなるが、

やっぱ、

人から教えられるより

自分で発見した時の感動が良いだろうなと思い、

教えてあげない。

 

メインの通りの歩道の石畳に在るのに、

意外と気付かれないんだよね。

 

昼下がり、

貸切の温泉大浴場へ浸かり、

07
夫婦揃ってマッサージ機に揺られる。

08

09

 

早目に戻って、

学校行ってた長女を迎えに。。。

そんな

日曜日でありました。

 

 

連休とりたい。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月23日 (木)

一息

01

02

03
先日の週末は休みがありませんでした。

仕事ばっかりしています。

04
先週から今週頭に掛けて、大きな検査が立て続けにありましたが

無事に乗り切る事が出来ました。

昨晩、

これも懸案だった

公園の仕事が総合試運転を終えて、

安堵の雰囲気を味わっています。

 

とはいえ、目の前の事が片付いたというだけの事で、

少しだけ、楽になった気がしているだけ。。。

まだまだ続きます。

まだまだ、やらねばならぬ事が山盛り。

05

06

今日は思い切って休みましたが、

この週末はまた無休になりそう。

 

辟易とする様な延々の残業生活が

いつ以来か思い出せない程続いている。

慢性的な寝不足とストレスで

体調はすこぶる悪い。

運動不足、中年太り、

アルコール摂取過多。

 

今年の忙しさは異常。

入社以来二十数年で

初の事態と言っても過言ではない。

嬉しい悲鳴も度が過ぎると

単なる悲鳴・・・すら通り越している感じ。

 

社内のメンバーも、

大病病み上がりで体調が悪い中であったり、

赤ん坊がいる若夫婦で

家庭に居る時間がもっと欲しいであろう状況であったり、

皆其々ありながらも、

よく堪えて頑張っている。

今は、一人でも欠けたらアウトだ。

 

 

辛いのは確かに辛いが、 

不平不満愚痴は限が無い。

それよりも先ず、

忙しく働けるという状況を、

本当に在り難い喜ぶべき事だと思いたい。

 

思春期育ち盛りの胃袋を三人分、

受験生が居て、

今後益々家族にどんどんとお金が掛かる状況を

賄わなければならない。

仕事が忙しい事に

何の不満があろうか。  

 

07
とにかく時間が無い上に

土壇場での変更が連発されたりして

頭の中はキレ気味だったが、

とにかく、やらなきゃ終わらないので、

当日ギリギリまで

飯を食う間も惜しんでのプログラム変更、調整。

 

あー雨降ってきた。。。冷える冷える。。。

 

打合せの段階で

紙の上のイメージや話の内容なんて曖昧なもので、

ちゃんとした完成形が分ってくるのは

工期終盤になってから。

実際に目の前で見られる様になって、

今更!?って段階になってから

あれやこれやと注文を付け始めるというのが、

この種の仕事ではよくある事。

分ってはいるが、

『 こっちの身にもならんかい。

 口で言うのは簡単なんじゃい。』

と、いつも思う。

 

照明の演出の方と、

「時間があればもっと良い仕事ができるのにねぇ。」

と、愚痴をこぼしあった。

08
もっと手を入れたいが、

もう無理。身体は一つ。

自分としてはかなり不本意なレベルで時間切れとなってしまった。

09

10

11

12

13

 

こんな壁には、

14
プロジェクションマッピングの演出も。

15
明日、セレモニーがあって

オープンだそうです。

  

 

先週は、

復元工事中で公開前の、

こんな櫓の現場へ入れてもらう機会がありました。

16

17
現場系の仕事に就いていると、

時々こんな役得が回ってきます。

18

19
  

まいにち頑張って働いていたら、

こんな御褒美も戴けました。

20
日本酒ですな。(*^^*)

21
  

 

前回の休日は、

午前中にオイル交換へ行き、

23
午後からは末っ子と日帰り温泉へ。

24
いつもの様に、

宿泊客がチェックアウトした後の時間帯なので

ガラ空きの貸切です。

25
で、

無料マッサージ機。

26
夜は長女のお誕生会でした。

27

28

 

お店のトイレに、

こんなものが貼ってあった。

29

  

ず~~~っと、

連休がとれていません。

 

1日だけの休みは

あっという間に終わります。

 

ゆっくりしたい。

 

何もしたくない。

 

明日からまた、

頑張って働きます。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月22日 (日)

二十周年

先週も今週も、土曜は仕事。 休みは日曜だけでした。

 

先週末は

お嫁ちゃんが友人とお泊り旅行へ出掛けちゃったので、

01

02
父ちゃんが主夫だった。

まあ、

御土産買ってきてくれたので、良し。

03
  

この日曜日は、ゆっくりと朝寝。

目覚めたら、

学校へ行く子供の送り迎えや朝食の世話を済ませたお嫁ちゃんが

ようやく一息ついて、新聞に目を通しているところでした。

 

結婚記念日が近いので

本当ならばゴチソウでも食べに行こうよと相談していたのですが、

多忙な日々で充分な段取りが出来ず、

予定の確約も難しいものだから

予約を入れられずに週末を迎えてしまった。

 

お嫁ちゃんが

足羽山デッキのモーニングへ行きたいと言うので、

遅めの朝食をとりに出る。

04
台風が近付いていて、雨の朝。

店内には、我々以外は二組しか居らず、

とても落ち着いて過ごす事ができました。

05
あ、いつもの様に、

末っ子がオマケで着いて来ています。

 

ゆったりと食事を終えたら、

程近い神社へ。

06
私達夫婦が式を挙げたお宮さんです。

今年で満二十年なので、お礼参りに伺いました。

 

と・・・・ (^^)

あら、

奇しくも、

若いお二人が

式の真っ只中でした。

07
何だか、

不思議な感じ。。。

 

厳かな雰囲気に水を差しては申し訳ないので、

拝殿の外で待ちます。

08
幸せの時間をおすそ分けして頂いているみたいで、

悪くない待ち時間。

09
式が終わり、

集合写真を撮り終えるまで待ちました。

あの写真屋さん、ほんのりと記憶に在る。

おそらく、20年前、私達の集合写真を撮ってくださったのも同じ方だ。

今は、お年を召された御主人はサポートに回っていて、

娘さんかな?と思われる女性がシャッターを切っていました。

 

人が引き、

空気が緩んだ拝殿で、

少々長い御参り。

 

感謝。

感謝。

です。

あ、

そう言えば、

大きな節目なのに

何ぁ~んにも無し・・・(^^;)

え、えーーーっと・・・    

  • 1周年:紙婚式
  • 2周年:藁婚式、綿婚式
  • 3周年:革婚式、糖果婚式
  • 4周年:花婚式、(絹婚式)、皮婚式(皮革婚式)、書籍婚式
  • 5周年:木婚式
  • 6周年:鉄婚式
  • 7周年:銅婚式
  • 8周年:青銅婚式、ゴム婚式、電気器具婚式
  • 9周年:陶器婚式
  • 10周年:アルミ婚式、錫婚式
  • 11周年:鋼鉄婚式
  • 12周年:絹婚式、亜麻婚式
  • 13周年:レース婚式
  • 14周年:象牙婚式
  • 15周年:水晶婚式
  • 20周年:磁気婚式、陶器婚式
  •  
  • 大きな節目なのに?(^^;)焼き物?
  • 茶碗でも買う?
  •  
  • 25周年:銀婚式
  • 30周年:真珠婚式
  • 35周年:珊瑚婚式
  • 40周年:ルビー婚式
  • 45周年:サファイア婚式
  • 50周年:金婚式
  • 55周年:エメラルド婚式
  • 60周年:ダイヤモンド婚式
  • 75周年:プラチナ婚式
  • 次からは何だかお金が掛かりそうだな。。。^^;;;

     

     

    御参り後は、

    投票して帰りました。

    10
      

    結婚生活は、

    何も特別なものじゃなくって、

    日々、わずらわしい日常の積み重ねです。

    日々の暮らしがちゃんとあることが、

    在り難いです。

     

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2017年10月 9日 (月)

    秋深まる

    01

    土曜日は、お嫁ちゃんが友人達とお出掛けだったので、

    私が家守。主夫をしたり仕事をしたりでした。

    まあ、主夫ったって、

    子供に飯食わせたり、駅への送迎程度ですが。

    02

     

    日曜日は、

    お嫁ちゃんのリクエストでお出掛け。

    03
    お気に入りを逃さない為には

    早い時間じゃなきゃダメだからと、

    普通に早起きして、オープン時間の30分前に到着。

     

    彼女は様々な手工芸品を見て回るのが目的ですが、

    私は散歩がメイン。

    04
    静かな、森の奥の方へ。

    05
    あまり人が来ないエリアへと歩いて、

    目立たぬカフェを訪ねましたが・・・

    06
    あれまぁ。

    07
    また今度。

    08

     

    クヌギなど、ドングリの木が多い森。

    この辺りを歩いていると、

    里山から薪を調達していた時代の名残で、

    何度も切られては成長を繰り返した、特徴的な姿の広葉樹が

    ちらほらと見られます。

    上へ伸びている幹に比べて、根元がやたらゴッツイ。

    08a_2
    (↑こんな感じのヤツ↑)

    伐採 → やがて切り株から生えたひこばえが成長

     → 数十年後に、利用できる太さになったらまた切って利用

      → 再びひこばえが出て再生

    のサイクルで成り立っていた時代、此処は瓦の産地だった。

    09

    10
    へ~~~ 北海道にまで福井の瓦が。

     

    お昼御飯は

    イベント会場で買ったお弁当。

    11

    12
      

    彼女はちゃんと、戦利品をゲットできた様です。

    13

    14
      

    穏やかな休日。

    15
    は、あっという間に終わり、

    祝日の月曜は、休日出勤でした。

     

    今週末の日記、

    おしまい。

     

     

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2017年10月 1日 (日)

    海蛇成敗

     

    この週末、土曜日は普通に仕事だった。

    休みの日曜はまずまずの天気だったものの

    海は波が高い予報で、父ちゃん外遊びの予定を入れなかった。

    お嫁ちゃんは仕事で夕方まで居ないので、デートも無し。

    さぁ、どうすっかな・・・

     

    とりあえず朝食を食べ、パソコンへと向かった。

     

    正直、ず~~~っと疲れているので

    せっかくの休みが来ても、

    『 さあ!どっか遊びに行くぞっ!』 って気力が中々湧いてこない。

    朝は早起き出来ないし、(したくないし)

    『山いいなぁ。行きたいなぁ。。。』 とは思っていても、

    『自転車気持ちえぇ季節やな~』 となっても、

    とにかく腰が重いのである。

     

    大抵、週末を迎えて 『 明日は休み!』 となっても、

    明日の事を考える気力・体力が絶対的に不足した状態での帰宅なので

    「明日は?」 と聞かれても、

    「起きたら考える・・・」 になってしまう。

     

    『前夜準備して・・・』 なんてのは、それだけでもう重大ストレス。

    その上 『 早起きして出動!』 なんて事やらかしたら、

    このオッサンはもう、故障してまう。

     

    『休みたい、でも遊びたい。でも、とりあえず休みたい。』

    寝たいけど、時間を無駄にするのは大嫌い。

    もう、自分がどうしたらいいのか分らないんだ。

     

     

    昼が近付いても

    娘はいつまでも起きてこなかったので放っておいて、

    男児二人に飯を食わせながら会話。

    久々に、三人で釣りへ行く話になった。

    高1の長男と遊ぶのはいつ以来か分らない程久々。

    昨日は末っ子の学校行事だったが、仕事で行けなかったので

    その埋め合わせの意味もあって、重い腰を上げる。

     

    昼を回ってからの出発で、

    餌をワンコイン分だけ買い、

    自宅から20分の川へ。

    01
    潮は干潮へ向かう時間帯。

    入れれば直ぐにアタリがあるが、小さな餌取りが多い様で

    乗ってくるのは、

    スズキの子、クロダイの子、ヒイラギなど。

    黒鯛ベイビーは結構な数が釣れたが、

    幸いどの子も掛かり方が良かったので、

    上手く針が外せて魚体が痛まず、元気に帰す事ができた。

     

    魚焼きグリルに入る程好いサイズが1匹だけ釣れたので、

    脳天ぶっ叩いて痙攣したのをクーラーBOXへ。

    02

    塩焼きだな。^^

    掛かったのは末っ子の竿。

    道具が一番ちゃっちい(笑)ので、父ちゃんが巻くのに難儀する位

    めちゃくちゃ良く引いた。

    足元岸際がテトラ帯なので

    取り込み時に元気良く走ったり潜られてしまうと、ラインが切れてしまう。

    長男が網を持ち、ちょいと興奮のやり取りだった。

     

    長男はルアーロッドを振ったりしているが、

    私は、投げっ放しのぶっ込み竿先眺めボーっとスタイルなので、

    いつもならば、の~んびり午後からの出動なら

    アオイソメ500円分で夕方まで遊べるはずが、

    次から次へとアタリがあって、

    短時間で餌が無くなってしまった。

    これでの帰宅では、子供達が全然納得してくれなかったので、

    再び釣具屋へ行き、餌をもうワンコイン。

    場所を変えて、海へ。

    03

    04
    此処でも小さなものが多く、

    リリース。リリース。リリース。。。

     

    夕暮れになってきて

    そろそろ帰ろうかという時に、

    また手応えのある物が掛かった。

    上がってきたのは長尺物。

    05
    この辺りでは夜釣りでよくアナゴが釣れるので

    珍しくは無い。

    帰宅後に捌く労力や時間を考えて、

    黒鯛の塩焼きならば大した手間では無いのだが、

    やはりアナゴは少々強敵。

    この時間にこんなのを持ち帰ると

    夕飯の準備をするお嫁ちゃんの邪魔になるので、

    夕飯が済んでからの作業(捌き、下ごしらえ)で、

    明日のおかずになってしまうのだ。

    (明日からも帰りが遅い私は、食べられない。)

    しかも、こういった長尺ものは、

    持ち帰っても相当な時間活き続けているので、

    クネクネ動いたり噛み付いたりするヤツをやっつけなければならず

    大変なのである。

    疲れている今日は気が進まなかった。。。

    それなのに、

    コイツ、

    針を飲んじまっている。(--;)

    うん。責任もって、

    ちゃんと命を頂こう。

     

    同じく針を飲んじゃったカワハギも合わせて、

    3匹のお持ち帰りとなった。

    06

    今日三人で釣れたのは、

    ・クロダイ

    ・スズキ

    ・ヒイラギ

    ・フグ

    ・カワハギ

    ・オニオコゼ

    ・アナゴ?(×)

    五目どころか、七目釣り。^^

    にしてもなぁ・・・

    まだクネクネと動くコイツ、

    07
    見慣れたアナゴと違うんだよなぁ。。。?

    顔周りの感じとか、身体の側線に沿った模様とか、尻尾とか、

    違うよな~~~?

    って、

    ネットで調べたら、

    アナゴではなくて、ウミヘビでした!(笑)

    『 ホタテウミヘビ 』 という種。

     

    ウミヘビと呼ばれるものには大きく二種類あって、

    いわゆるヘビ(爬虫類)の仲間のウロコが在るヤツは

    噛まれたら毒が命にかかわるヤバイやつなのだが、

    もう一種の方はウナギ目ウミヘビ科で、魚類。

    ホタテウミヘビはウナギの仲間。

     

    味もウナギそっくりで美味なのだが、とにかく骨が強力で

    ハモのような骨切りをしても、食べるのが面倒だとの情報が多い。

    レシピを検索しても、圧力鍋で煮て・・・とか。

    私は、あんま手間掛けたくないので(^^;)

    失敗の少なそうな唐揚げに決定。

     

    まだ動くヤツを丈夫なビニール袋に入れ、

    粗塩と酢を投入し、よ~~~~~く揉んでやったら、

    三途の川を渡ってくれた?よう。

    袋から出すと、体表面のヌメる部分が酢で白く変色しているので

    スチールたわしで洗えば綺~麗~に取れて、

    ヌルヌルは無くなり、すべすべキュッキュの気持ち良い肌になる。

    後は他の魚と同じ様に開いて処理。

    なのだが、やっぱ驚くほど骨が硬い!!!

    中骨は、キッチンばさみを使ったりしなければ

    身から綺麗に分離できませんでした。

    この骨も、低温でじっくり揚げて

    二度揚げしたら美味しくならんかな?

    とりあえず、使える材料にして、冷凍保存です。

    あとは揚げるだけ。

     

    カワハギは、

    その名の通り

    嘘みたいに綺麗に剥けて、とっても処理が簡単。

    08

    これは味噌汁の具かな。

     

    黒鯛は、ウロコを取って、

    お腹の中を綺麗にして、頭も落として、冷蔵庫へ。

    09
    明日、塩焼きになってくださいな。

         

    あぁ。。。疲れた。

     

     

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2017年9月23日 (土)

    この間の休み

    台風が来ていましたね。
    Dsc_0001

    天気が悪い休日は

    どうせ外遊びは出来ないので、

    ゆ~~~っくりと過ごす事ができます。

    この日も、学校へ行く長女を駅まで送り

    そのまま夫婦で喫茶店のモーニングへ。

     

    台風は、私が住まう場所では

    東側近くを通過して行ったので、

    進行速度と左巻きの風が上手い具合に相殺されて

    とても静かでした。

    職場では、製作途上の製品で作業場が埋まっているので

    強風で窓が割れたりした場合なども考えて

    色々と移動させたり、シートで覆ったりと、

    備えて迎えた週末でしたが

    雨も思った程ではなく、一安心。

     

    明けた朝も、カフェのモーニング。

    トーストとゆで卵食べた後に

    こんなのまで食べてしまった。。。

    Dsc_0002
    そんなんだからボヨンボヨンのお腹になっちゃうんだよな。。。

     

    最近、身も心も疲れ切っているので、

    『食べる』『飲む』 という手っ取り早い行為は

    とても貴重な癒しになるのです。

     

    先日の土曜は休日出勤。

    Dsc_0005
    とある企業のバックヤードで現場作業でした。

    順調に終えることが出来、

    職場も定時で上がって、お嫁ちゃんへ電話を一本。

    慌てて帰宅したら、シャワーを浴びて

    家族全員で夕飯を食べに出ます。

     

    長男君のお誕生日会。^^

    Dsc_0006
    いつもなら 「 肉食べたい!」 と言う男が、

    今回は何故か?ピザをリクエスト。

    Dsc_0007
    三国のいつものお店へ電話して、空いているか確認し

    飛んできました。

    無事、本人が望むお誕生日のお祝いが出来て良かった。

     

    が、

    長男長女が、店員さんが注文を取っているのに

    ずーっとスマホをいじっていて、

    ちゃんとした受け答えをしなかったので

    マジな説教をくれてやりました。

    勿論、

    店員さんがはけた後に、

    周囲のお客さんへ迷惑にならない様、

    押し殺した声と眼にMAXな怒りを込めて。

     

    逆の立場になれば簡単に分る事です。

    会話もちゃんと出来ないなんて態度が失礼な上に、

    その期に及んで注文内容がふらつくなど、

    忙しく動く店員さんのスムーズな業務を邪魔して

    大切な時間を奪っているのだということを

    分かりなさい。

    何で母ちゃんが通訳に入って店員さんに謝らなきゃならんのだ。

    注文って、人に何かを頼むんだぜ、

    「〇〇をお願いします。」 って伝えるのが当たり前だろう。

    そんな、常識的な立ち居振る舞いが出来ない内は、

    まだまだガキだ。

    一人前の扱いはしてやらん。

     

    店の奥に大きな窯が在って、

    ガラス越しにマスターの調理姿が見られます。

    ピザ窯で焼いて供された甘エビが、

    殻も丸々食べられて超々美味でした。

    味噌の濃厚さと殻の香ばしさが相まって、

    頭が特にたまらない♪(*^o^*)

    ビールと白ワインをおいしく頂きました♪

     

    Dsc_0008
    デザートで〆て、満腹♪満足♪

     

    あ、

    長男のお祝いだった・・・っけ。

     

     

    お嫁ちゃんの運転で帰宅。

    途中、ドラッグストアへ寄ってもらい

    酒を買い足し。

     

    明日は起きられるか・・・?

     

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    より以前の記事一覧