家族の時間

2019年4月18日 (木)

山間の桜の里

01_11

平地の桜が散ってしまうと、

山間の集落に在る枝垂桜の里が見頃を迎える。

私の住まう土地では、桜の〆は

やっぱ此処かな。^^

 

 

しかしながら、 

近年は随分と人気が出て有名になってしまい、

満開時の週末などに訪れようとしても

駐車場までが渋滞渋滞・・の路駐路駐路駐・・・で、

楽しむ前に

ストレスに耐えなきゃならない様な事態になっていたりします。

 

時間的に無理のない行動範囲に住んでいるのであれば、

やはり平日の夜が良い。

 

仕事から帰って、

「竹田が満開みたいだよ。^^ 」 と言うと、

「明日雨降りそうだし、今日の内に行っとこうか。 ^^ 」 との返事。

夕飯後に、お嫁ちゃんの運転で出掛けました。

02_11

気温の低い谷の公園では

未だソメイヨシノも見頃維持♪なんだね。

03_11

で、

目当ての、

枝垂れ桜の森は・・・♪♪♪

( ↓ 拡大します ↓ )

04_11

正に満開!(^o^)MAXに見頃でした。

05_11

06_12 

何度見ても、

今年も、いいね~~~

07_9

ソメイヨシノの桜並木は

今では各地に多く在り、見慣れた感が否めませんが、

此処の桜、枝垂桜の森は、

特に夜桜は、

ここでしか無い、ここに来なきゃ見られない感。

08_9

09_9

10_8

 

山間の小さな集落の小中共同学校は

子供の減少に伴い、

2010年に休校措置となってしまい、

結局その後、2014年の新学期開始前、3月に

廃校となってしまいました。

高齢化が進む土地です。

 

私がまだ若かった時代には、

今の様に石川県境山中温泉との間に

観光バスが走れる様な立派な道は通っておらず、

福井の市街地からも遠い場所で、

この公園も、マイナーな只のキャンプ場・バーベキュー広場だった。

当時、桜の存在はありませんでした。

いつ頃からその取り組みが始められたのか全く知りませんが、

年々徐々に増えていったように思います。

途切れる事無く続けられた活動が

20年以上の時間を経て結実し、桜の木の成長と共に形を現した。

そんな感じです。

木の命は人のそれよりも遙かに長く

時間の流れがとてもゆっくり。

最初に植え始めた人の心に、

スタート時点でこの到達点を描けたとは思えませんが、

その慧眼というか、未来へと向けられた視線が

素晴らしいと思います。

皮肉にも

その20年間は村の衰退の歴史であったのかもしれませんが、

時間の積み重ねの結果、

今では、小さな集落に溢れる程の人が花見にやって来る名所となった。

11_8

毎年訪れる度にピンクの天蓋は高くなり、

年々、その魅力は増しています。

12_7

13_7

新たに植えられた若い木も、

いつの間にか立派に成長する。

14_8

見ているのは 『 今 』 ですが、

そこに至る様々が在り、

15_6

その先へと続く様々が在る。

16_6

時間が掛かって出来たものを見ると、

その営みへと

色々と思いを馳せる。

私も、そんな歳になりました。

17_6

センチなおっさん、桜守に感謝。

 

 

| | コメント (0)

2019年4月14日 (日)

01_10

歳のせいだろうが、

最近、早く目が覚める。

 

残業後の遅い時間に帰宅してから自分の時間を過ごすという

長年の習慣と、

寝ている時間が勿体無く感じ

少しでも長く『何か』をしていたいタチから

元々睡眠時間は短い生活なのだが、

昨晩に至っては

明け方4時頃に寝たのに、

普通に朝食の時間にパチリと眼が開いた。

 

同じく夜更かしをしていた息子達が起きてこないので

『チャンス♪』

夫婦でモーニングへ。

02_10

色々行ってみたが、最近はいつもココ。

長居がはばかられる雰囲気のオシャレカフェとは違い

地元のおじちゃん達が新聞読んでる様な昔ながらの喫茶店なので、

食事後も漫画や雑誌を手にとり

ゆるゆると過ごす事が出来る。

お店側からのプレッシャーも皆無。

 

トーストは、バターだけではなく

あんこやジャムも選べます。

三種混合もOK。

まあ、私は、シンプルにバターだけが好きなんですが。^^

 

 

帰宅後は

パソコンに向かいながら酒。

 

お嫁ちゃんは一人で出掛けてしまったので、

昼飯は私が作った。起きてきた息子二人の分も。

 

 

帰宅した彼女が頑張ってくれて

夕飯を早目に済ませ、

夜はいつもの温泉宿へ。

03_10

宿泊客が夕飯時に当たる時間帯に入ったので

浴場はスカスカ♪

で、

湯上りはマッサージ機で、15分。

04_10

で、

漫画部屋。

05_10

ワンコイン(500円)で

これら全てが含まれるんだから、

もう、普通の銭湯へは足が向かなくなってしまう。

とは言え、

私はついつい館内の高い自販機で酒買っちゃうから

得してんだか損してんだか(^^;)

 

 

ゲームコーナーのマリオカートで

久々に息子と対戦。

06_11

夫婦二人して、

ガチの手抜き無し真剣勝負で末っ子に勝っちゃうという

大人げなさ(笑)

  

 

天気が良ければ

久々の外遊びへ行きたかったのですが、

雨の休日は、

こんな緩~~~い感じも

アリだよね。

 

 

| | コメント (0)

2019年4月13日 (土)

御天守の夜桜

01_9

夕飯後に

家族で花見に出掛けました。

02_9

03_9

霞ヶ城。

04_9

丸岡の。ね。

福島県の二本松城も霞ヶ城と呼ばれるそうですが、

ここは福井県の丸岡。

福繋がりか。。。(^^)福島の桜も、いつか訪れたいですね。

05_9

丸岡城は、夜桜の雰囲気が好き。^^

06_10

07_8

08_8

桜の季節を過ごせるのは

自分の年齢と同じだけの回数。

日本の神様は、

本当に凄い素敵なシステムを造ったなぁ。。。

毎年、

無駄にしない様に、

ちゃんと楽しまなきゃね。

09_8

10_7

今年もこうして家族と眺められる事を、

感謝。

 

感謝。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年4月10日 (水)

休み。

00_4

先日の代休をとりました。

 

休日出勤分はお金で貰った方が家計的には有難いですが、

上が積極的に休まないと

後輩が休みをとり辛くなっちゃうからね。。。

仕事が落ち着いた時期くらい、

上から小言を言われずに

堂々と気持ち良く有給休暇等をとれる雰囲気でなければならない。

人手不足のこの時代、

そういった事も大切だ。

まあ、

私なりの働き方改革・・・かな。

  

体が頑丈な私は

通院などで職場を抜ける事も全然無いし、

有給を全然消化しないので

平日に休む事自体が新鮮です。

 

ちゃんと早起きして朝食後、

学校へゆく長男次男を車で送って

一旦帰宅後、家事を終えたお嫁ちゃんとデートへ出掛けました。

 

 

和食のお店を彼女が予約してくれて、

ランチからスタート。^^

01_8

02_8

二人でおかずをシェアしながら・・・

何から何まで実に美味で、つい、ご飯をおかわりしちゃって

(^^;)おなかパンパン

 

その後、

コーヒー(豆)屋さんへ寄って

サービスの無料コーヒーをいただきながら

03_8

ゆる~~く過ごし、

移動。

 

いつもの温泉へ。

04_8

平日の昼間に来たのは初めてかも?

思ってもみなかった事ですが、

ロビーなどには御老人が多く居て、思いの外お客さんが多かったです。

皆さん、ご友人達と楽しい時間をお過ごしの様。

 

とはいえ、

何故かお風呂は貸し切り的な感じ(^^)

05_8

今日は、

先に一杯飲んじゃって

マッサージ機 → 風呂 → マッサージ機

ゆる~~~~く。。。

湯船のヘリに頭を乗せて大の字で、

浸かりながら・・・うつらうつら。。。。。そんな感じでした。(*^^*)

 

お嫁ちゃんは

誰もいないのをイイ事に、

湯船で泳いだらしいです(笑)50過ぎのオバちゃんが。

 

風呂上がりは二人で漫画部屋。

06_9

そんな感じの休みだったのですが・・・

小一時間に1本くらいの割合で仕事の電話が入るので、

実は、

精神的には全然ゆっくりできませんでした。(T-T)

 

平日の休みって、

休めるようで休めない。

でも、

お嫁ちゃんと二人っきりの時間は久々。

彼女の機嫌も良く、

まずまず、

善し、です。^^

 

| | コメント (0)

2019年4月 6日 (土)

今年も、春。

01_7

福井へ移り住んで幸せに思う事は幾つもあるが、

春の、桜の季節は

殊に、

それを感じます。

 

毎年の様に家族で訪れる

市街中心部の城址、川、山は勿論ですが、

別の街の、噴水が在る公園、

一本桜の老木、校庭の真ん中の大樹、山間の公園、霞の城、

あのお寺とあのお寺の桜、半島の山桜の森・・・

福井県内には桜の名所が多く、

そのどれもが素晴らしいので

毎年、幾つもを見る事は叶わない。

 

桜は、見頃が短いのがまた好いのだけれど。

 

 

好天ぽかぽかの絶好の花見日和だった土曜が

休日出勤になってしまい

その上、明日日曜の予報が良くない。

帰宅して、夕飯後から

家族でお花見散歩へと出掛けました。

  

足羽の小京都、愛宕坂は

桜の時期になると

笏谷石の階段に和蝋燭の行灯が並べられ、

素敵な演出がされます。

 

水道記念館側から登る百坂とを結ぶ路地は人通りが少なく、

ひっそりと、こんな素敵な雰囲気なのですが

02_7

メインの愛宕坂は、

足羽神社へと上り下りする多くの方々で賑わいます。

03_7

年々人気の場所になっているみたい。

 

 

さて、

先ずはお参り。

04_7

で、

これだ。^^

05_7

皆が目指して登ってくる立派な枝垂桜。

坂~境内の雰囲気と相まって、夜は特に、実に素敵です。

06_8

毎年思うのですが、

どの向きから眺めるのが一番なのか

正解が見つけられない。

07_7

今年も家族でこんな時間が持てる事を、

感謝です。

08_7

 

坂を下り、

09_7

足羽川堤へ

10_6

11_6

堤防の桜のトンネルを歩いたら

Dsc_2132

北側の雰囲気が好きだからアッチヘ行きたいとの

お嫁ちゃんの希望で、桜橋を渡って右岸へ。

12_6

 

対岸のこちら側は

堤防上の歩道幅が狭いのですが、

人も少なく

落ち着いた時間が流れます。

13_6

14_7

15_5

いいねぇ。。。

16_5

 

 

九十九橋で左岸へ戻る。

17_5

 

こんな土地に住んでて、

幸せだなぁ。。。

18_5

19_5

 

  

21時半で、

ライトアップは消灯されました。

21_4

 

また来年も、

来られるといいな。

22_5

 

 

 

| | コメント (0)

2019年3月23日 (土)

父ちゃんの趣味

 

一応、

まだ、家族旅行の話です。

 

帰路、わざわざ途中で高速を下りて、

夕方から夜に掛けて渋滞する町を

どうしても行きたい目的地へと、辛抱強く移動します。

その間車内で

家族達は映画観賞を満喫。

渋滞でイライラする父ちゃんへの当てつけなのか?

『 ワイルドスピード 』 を3話分も借りてきていた。

(--;) 俺は全然アクセル踏めんのやが。

 

 

で、

着いた目的地はココ。

Dsc_0194_1

また夜景が見たいの?

いやいや・・・ 本当はもっと明るい時間に来たかった。

大阪国際空港(伊丹空港)の

32Lエンド(滑走路端)です。

 

最寄りのコインパーキングに車を入れ、

家族に、

「此処で映画観てる? 一緒に行く?」 と問うと

「行く!」 との統一意見だったので、

エンジンを切り、上着を着込んで

皆で夜道をテクテク歩いて・・・

ここへ。

Dsc_0199_1

このフェンスの向こうが滑走路。

 

いわゆるここは 『 聖地 』 なんです。

飛行機を 『 見る 』 『 撮る 』 ことが好きな方々なら

必ず一度は訪れたい場所。

おそらく、一般的には、

日本で一番近くで着陸が眺められる場所。

  

明るい時間ならば、

それはこんな感じ(↓ネット拝借画像)

Photo_1

ね? 石投げたら当たりそうな位の距離感でしょ?

 

私も、

我が子達も、

『 飛行機が通過する風に煽られる 』 って経験は初めてでした。

すげぇーよ!

長女長男も興奮気味だった。(^^)

  

田舎の空港と違って、

数分おきに次々と進入してくるので

飽きる事無く眺めていられる。

Mov_0002a_1

Mov_0002b_1

Mov_0003b_1

Mov_0003c_1

Mov_0003d_1

Mov_0003e_1

Mov_0004a_1

Mov_0004a1_1

Mov_0004b_1

Mov_0005a_1

Mov_0005b_1

Mov_0005c_1

Mov_0005d_1

Mov_0005e_1

Mov_0005f_1

Mov_0005g_1

『 ジェットストリ~ム~~~ 』(城達也さんでお願い)な感じね。

遠い地平線が消えて、
深々とした夜の闇に心を休める時、
遥か雲海の上を、音もなく流れ去る気流は、
たゆみない  宇宙の営みを告げています。

満点の星をいただく果てしない光の海を、
豊かに流れゆく風に  心を開けば、
煌く星座の物語も聞こえてくる、夜の静寂の、
なんと饒舌なことでしょうか・・・

 

くぅーーーっ

子供達にはわかんねぇだろうな~

Mov_0006a_1

お、ターボプロップ。

Mov_0006c_1

ボンバルディアのQuiet

Mov_0006e1_1

Mov_0006g_1

自分のライトで円く光るプロペラが

何かイイ感じ。^^

Mov_0006h_1

  

お~~~

デカイの来たよ~~~

Mov_00071a_1

トリプルセブン♪

Mov_00071b_1

真下で待ち受けてると

怖くなる位のど迫力。

Mov_00071c_1

たまらんな~~~

Mov_00071d_1

満足♪

 

次は明るい時間に来ようね。

 

 

さ、帰るか。

 

 

 

 

| | コメント (0)

世界遺産を感じる

01_5 

倉敷を後にして

高速に乗り、隣県へ移動。

 

父ちゃんとしては、

本当は

黒くて異質の岡山城を観光したかったのですが、

お嫁ちゃんの要望により

姫路へ。

 

白い城を見に。

02_5

城戸から入ると、

最初はこんな距離感。

03_5

仕事では過去に何度か近辺を訪れているので

この眺め自体は目新しくはないのですが、

中へ入ってちゃんと見た事がないので

結構、テンションが上がっています。

04_5

06_5

近付くにつれて、

見る角度でどんどんと姿が変化し、

大きくなってくるから

05_5

06_6

『 すっげーなー! 』 って感じ。

 

天守への道はぐるりぐるりと向きが変わり、

中々辿り着けない。

07_5

流石のセキュリティです。

08_5

近付いたかと思えば

手前の櫓で隠れちゃったりします。

09_5

石垣の石は割と細かい物が多く、

産地もごちゃ混ぜっぽい印象。

これだけの量の石材を集めるのは大変だったろうからなぁ。。。

10_5

秀吉が若かった時代から

何代かに渡って城主が変わって改築増築されてきたので

石垣も、場所によって三世代位があり、

積み方も自然石を野面積みした場所から

加工石で隙間を少なくした打ち込みハギまで様々です。

11_5

12_5

 

ようやく内部へ入ると、

1階~6階まで急な階段を昇る行程です。

13_5

 

こんな場所では、

14_6

用具掛けや天井、窓の外などをじっくりと見学したいところですが、

15_4

この列から外れたら

16_4

再合流するには強引な横入りが必要になるので

ゆっくりと見学は・・・難しいです。

  

冷える板の間をず~~~っと歩いては

止まって待たされては・・・ なので、

お腹の具合が悪くなっちゃわないかと心配になりました。

入城前にちゃんとトイレへ行っておく事を強くお勧めします。

 

窓には金網が張られているので

網の目の合間に上手く携帯を合わせれば

こんな写真も撮れますが

17_4

自分の眼では

こんなに美しくは見られません。(T-T)

18_4

19_4

20_4

21_3

やれやれ・・・。

結論、

城は、

中より、

外から眺める物です。

22_4

ね。

23_4

24_4

25_4

26_4

ね。

  

ところで、

「 いちまぁ~~~い、

 にまぁ~~~い、、、

  ・・・・ 」 の、

播州皿屋敷は、

この城内に在る 『 お菊井戸 』 の話だったんですね。

知らなんだ。

27_4

厳重に塞がれていましたが、

確かに、身を投げたら只では済まなそうな深さでした。

 

中を覗き込むと・・・

28_4

小銭がいっぱい。

なんで? ^^;

 

 

しかしながら、

現地で見るスケール感と美しさは、

さすが世界遺産に相応しい貫禄と歴史を感じさせるものでした。

29_4

行って、

見て、

感じるって、

大事。

 

 

| | コメント (0)

~ 王道観光地の魅力 ~

01_4

朝の散歩から戻ったら

未だ夢の中だった男子二人を起こし、

荷物をまとめてチェックアウト。

開館時間の9時に合わせて

美術館へ。

02_4

今回の旅行に当たって、

子供達にはちゃんと学生証を持って来させました。

 

昭和初期に

日本初の西洋美術館として開館したことで有名な大原美術館。

西洋、東洋、オリエント~

モネ、セザンヌ、ミレー、・・・数々の大きな名前が並びますので、

一度は訪れてみたかった。

03_4

館内の写真は勿論無しですが・・・

点数も多く、見応えがありました。

04_4

日本庭園を眺められる建物での時間も良かったです。

05_4

06_4

07_4

08_4

 

美術館を出ると、

街に数々ある御土産屋さんや工芸品店も開いており、

観光客も徐々に増えてきて賑やかな雰囲気になってきました。

度々気になる店内を伺いながら

街ブラを楽しみます。

09_4

10_4

11_4

12_4

13_4

同じ街を、

夜、朝、昼と、三度味わうというスケジュール。

ちょっと変ですかね。

14_5

美観地区は徒歩で巡れる範囲の規模ですが、

飲食店やカフェも多いので

気になるお店を隈なく回ろうと思うと

1日では絶対に足りない。

本当は、

老舗カフェとかでゆったりとした時間も欲しかったのだけれど、

その為にはもう一泊しなきゃならなくなっちゃう・・・

魅力見どころが多過ぎて計画に苦慮するなんて、

凄い贅沢な観光地。 

動物カフェ系とかも行ってみたかったり。。。

 

まあ、今回は、

街の景色を堪能する旅としました。

 

昼食は、

鶏料理が美味しいお店。

15_3

食事や買物はやはり女子主導。

事前にお嫁ちゃんや娘が調べたお店などを巡ります。

16_3

17_3

倉敷はデニムが有名なんだよね。

18_3

女子がお店に入ると、

男子は外で立って待ち。です。

基本、買い物嫌いなんで。

 

待ち時間も苦ではない景観。

19_3

20_3

柳の花も、可愛いね。

21a

街路の桜はまだ咲いていなかったけれど、

街の方が到る所に花を活けてくださっていたのが

とても好印象。

 

とにかく、

どこにいても絵になって

22_3

23_3

裏路地を人力車が塞ぐ様な(笑)

そんな街。

24_3

 

そんな裏路地を歩くだけでも、

こんな発見が在ったりして

25_3

楽しいなぁ~ 名前何なんだ?!コレ

26_3

27_3

 

こんなのも。

28_3

我が子達、

電話BOXから掛けた事なんてないんだろ?

  

 

さて、そろそろ出発時間を気にしながら、

御土産調達へ。

29_3

30_3

31_3

(帰宅後飲んだのですが、

 この店(たな)のお酒、本当に美味しかったぁ~~~です。)

 

 

この地の最後は、

娘リクエストのカフェへ。

32_3

33_1

 

 

昨晩から昼過ぎまでの滞在。

濃密な時間を過ごさせて頂きました。

34_2

家族旅行はまだ続きます。

 

次目的地へ移動。

 

 

| | コメント (0)

散歩続き ~ 宮 ~ モーニング

00_3

女子チームから 「 起きた 」 との連絡はあったが、

長女の身支度にまだまだ時間が掛かるとの事。

 

(大学へ入って化粧をするようになった彼女。

 自分の作り込み具合に納得がゆく妥協点に、

  中々到達出来ないようだ。)

 

んな訳で、

父ちゃんは

平地の散歩に一区切りをつけ、

美観地区の隣に在る鶴形山へと、散歩を続行。

01_3

観龍寺~阿智神社へ。

02_3

静かな、湿った空気の街を見下ろしながら

石段を登ります。

03_3

04_3

やっぱ、

朝の散歩はいいなぁ。。。

05_3

早朝の丘には

日課を過ごす地元の方々がちらほらとおられて、

すれ違う私に

会釈や、「おはようございます」をくださいました。

06_3

境内は、

空気感が尚良い。

07_3

08_3

09_3

〆の子に、この様な意匠が凝らされているのは

初めて見ました。

10_3

美しい。

創った人の手間、丁寧な心に、

ほんのりと感動を覚えます。

 

11_3

お宮さんの参拝は、

拝殿に手を合わせて終わらずに

その裏の本殿を見てみたくなります。

お宮お宮で、個性がある。

こちらの本殿は、屋根が大きく印象的で、

隅々まで手が込んでいるなぁ。。。といった感じ。

木鼻が、

象や獏ではなく、龍でした。

12_3

流造と日吉造のミックス?

立派な檜皮葺屋根の社。

 

土地土地のお宮さんは、

氏神として信仰される小規模な村社から

大きく立派なものまで様々ですが、

人々の願い、信仰心が形となったもの。

商売系の神様だと、人の欲を現したような寄進の塊に感じてしまう事もありますが、

このお宮の本殿は、

経済的に栄えた土地柄が伺えつつも、

実に上品で美しかったです。

12a

 

子供の頃、

いつも氏神の境内で遊んでいたからか、

こんな場所が、

好きなんだよなぁ。 

13_3

14_4

15_2

16_2

 

山頂のお宮さんから

北、西へと下りました。

17_2

雰囲気の在る道。

土地の方が信心深い事がよくわかります。

18_2

祠に花。

19_2

企画開発の神。とな。

 

坂を下ると、

境内とする山への結界の鳥居。

20_2

鳥居を潜った向こうの通りは戎町。

鳥居のたもとには、

恵比寿様が祀られていました。

21_2

商店街のアーケードは

未だ静やかです。

22_2

23_2

人っ気のない通りが良い。。。

のは、さておき。

写真を撮ったら

鳥居に戻る。

 

気になっているのは・・・

24_2

再び階段を上って、

見下ろす側へと・・・

25_2

う~ん。危な過ぎる眺め(笑)

エラい大きいの載ってるぞ。^^; 落ちかけ?

  

鳥居に石を放りあげて

上手く乗れば願いが叶うとの言い伝えは昔から聞きますが、

いくらなんでも、

デカイの投げ過ぎやろ(笑)

びっしり載ってるし。

26_2

どんだけ神頼みが好きな土地なんだ(^^;)

こんなの、

住まう北陸では見た事がない。。。

  

 

  

さて、ようやく

長女の支度が終わり

合流の知らせが来たので、

一旦、宿に近い美観地区の入り口へ戻って待ち合わせ。

  

三人で、

再び美観地区を歩いて過ごしていると

カフェが開く時間になりました。

27_2

モーニングセットを頂きに。

  

素敵な中庭を眺められる席で

28_2

パン+豚汁+コーヒー+ゆでたまご

29_2

起床後2時間程歩き回っていたので、

かな~りイイ感じの空腹度合だった。

たまらないほど美味い。

美味い。

30_2

幸福感。。。

 

 

散歩の続きは、三人でまた山を登り、

また、

お宮さんへ参拝に。

31_2

32_2

33a

 

今度は、

神社正面の参道から山を下ります。

34_1

ほ~ほ~ほ~・・・

こっちの鳥居にも・・・(笑)

35_1

36

どんだけー!

37

山盛に小石が載っていました。

 

すごすぎ。

 

大人がやるの?

子供の遊び?

 

他所の土地を訪れると、

色々と面白いね。^^

 

| | コメント (0)

~ 早朝散歩

01_2

知らない土地では、

深夜や早朝など

人があまり居ない時間に散歩を楽しむのが好きです。

 

昨晩しっかりと飲んだ割には

5時頃にパチリと目が開いた。

カーテンの外が未だ暗かったので

もう少し・・・ まどろんだりしながら、、、

ゆっくりと着替えて、

寝ている息子二人を起こさない様に

静かに外へ出ました。

02_2

一緒に散歩すると言っていた女子二人は

連絡を入れても反応が無かったので

1人で徘徊を開始します。

03_2

忙しない日常の中では

こんなふうに過ごせる時間は無いので、

貴重な朝です。

気の向くまま、

足の向くまま。。。 愉しいなぁ。

04_2

 昨晩と同じ街の、

違った風景を堪能しました。

05_2

06_2

07_2

08_2

09_2

10_2

11_2

何処をどう切り取っても絵になる。

そんな街です。

12_2

13_2

14_3

15_1

16_1

17_1

18_1

19_1

20_1

21_1

22_1

23_1

24_1

25_1

26_1

27_1

28_1

29_1

30_1

31_1

 

随分と御年輩の庭師さんが

長梯子をするすると昇って作業をしておられました。

32_1

見ているこちらが怖くなる。

 

女子から

支度が出来たとの連絡が入ったのは

1時間程後でした。

  

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧